« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

ビバ☆老いぼれの体

今日、マッサージに行ってきました(爆)っていうのも、学校で

「マッサージ90%OFF」

のチケットが売られててですね…。買いましたよ、えぇ、思いっきり。だって$10だったんだもん。カレッジ始まってから、肩バッキバキにこってんだもん。∑( ̄ロ ̄|||)ってか、何でカレッジでそんなモン売ってるやつが居るんだ、っていうツッコみはさておき、学校が終わった後、直行でマッサージをしてくれるお店へ。知らなかったのですが、家から徒歩10分の所にありました(爆)。が、気が付かないのも当り前、だって

めっちゃ地味やったよ、店構え☆

うん、住所控えてなかったら、普通に迷ってたわ。でもお店の中は普通に綺麗で、インド街らしく、インディアン系統の人が経営しておられました。店主が妙に威厳のあるおっちゃん(笑)。で、そのおっちゃんに受付で予約した旨を伝えると、個室に案内されました。

「え、おっちゃんがマッサージすんの!?」

って思い、一瞬焦りましたが、次の瞬間、綺麗なお姉さんが入れ替わりに入ってきてくれたので物凄く安心しました

「じゃ、このローブに着替えてくださいね♪」

ってニコヤカに言って、お姉さんはローブを手渡し、部屋を出ました。パサ~っと広げてみてみると

病院で手術を受ける人が
着るようなローブが
。∑( ̄ロ ̄|||)

「……やっぱし$10なだけあるな」

と妙なところで納得し、言われた通りに着替え、ちょっと患者気分を味わいつつ、ベッドにうつ伏せに寝ました。間も無くしてお姉さんが入ってきて、リラクゼーションミュージック(波の音付き)と共にマッサージが始まったのですが、

ヤバい―――!!
気持ち良い―――――!!!!

もう、久しく感じた事の無かった、ゆったり感と脱力感!!そして快感!!!肩だけかと思っていたら、背中も結構ヤラれていたみたいで、お姉さんがグーって押すたびにかなりの快・感に襲われました☆ あんまり気持ちが良いから、途中から半寝状態だったんですが、肩のマッサージが始まった途端、変な音が聞こえ始めた故、流石のうちも目が覚めました。

グ…ゴリゴリ……ゴッ…ゴリ………ゴッ……ゴッゴッ……

てか、マジで何の音―――!?!?!?(泣)
心の中でかなり焦りつつも、リラックスしているフリをし続けました。1時間して、マッサージが終わると、お姉さんが開口一番、

「あなた、肩めちゃくちゃこってるわよ♪」

って物凄い笑顔で言われました。

「うん、知ってる♪」

って負けじと笑顔で対抗。とりあえず、あの鈍い音を聞いたら誰だって肩がこりまくりなのを察するだろうともさ。でも、ありがたい事にマッサージのおかげで肩が多少軽くなりましたvvうん、これで$10は最高。また来ようかなぁとも思うけど、次は$10じゃないし、聞けば$40だっていうし、諦めます
あ~日本の自宅のマッサージ・チェアが恋しいよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘘、見抜きます?

久々の更新です。来週、中間テストなんで、バタバタしっぱなしのウメコです。さて、今、心理学のクラスでは人間の感情について勉強しているのですが、そこで驚きの事実!っていうと言い過ぎですが(笑)、まぁ軽く「おぉ」と思える事を教えてもらいました。

人間は他人の顔の表情から、その人の感情を読み取る事が出来る生物なのですが、なんと、人の感情って顔の右側よりも左側に多く現れるそうなのです!というのも、人の感情の大部分が右脳でコントロールされているから。右脳は体の左半分のコントロールも任されている為、右脳が(表情を作ろうと)活動する事によって、体の左側、表情のは顔の左側の方が活発的に表情を作るみたいです。何か、嘘ついてんじゃないかと思える人間が居たら、喋りながらヒッソリ左側を見るのもありなんじゃないかなぁと(笑)。

あと、普通に笑う時と、嘘笑い(お愛想笑い?)をする時で、使われる脳の部分が違うって知ってました?(知るわけ無い∑( ̄ロ ̄|||))もし、嘘笑い部分に何らかの衝撃があって、そこがもう機能しなくなった場合、

ココロから笑える時以外は
笑えなくなるんです…!!

……困るよね、そうなると(爆)。そんなドキドキな結果にならないよう、日々気をつけて過ごしていきたいと思った次第であります(゚ロ゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初☆楽しみまくりな夜のバンクーバー

昨日の夜、新しく出来た友達と映画を観に行きましたーvvメキシコ人の女の子&その友達(うちから見たら他人だったけど、すぐ仲良くなった)。待ち合わせの映画館前でぼーっとしてたら、「ユミ~♪」って駆け寄ってきて、メキシコ式の挨拶・頬にチュー♪してくれた(笑)。キスっつっても、頬を寄せてきて「チュッ」って音を出すやつね。フレンドリィな感じが良いよ~メキシコ人!!そっからキャッキャ(?)しながらホラー映画・「The Exorcism of Emily Rose」を見ました。怖かったってかね、いちいち驚き個所があって妙にビクゥッ!!ってしました…汗。この映画、実話を元にして作ってあるらしく、映画の冒頭で

「This movie is based on true story」

って文字が浮かび上がったんですね。そしたら両サイドに座ってたメキシコ人2人が口をそろえて、

「はい、嘘―――――!!」

って…笑。大阪人並にツッコんでますよ、彼女ら。気に入った!でも、困ったのがホラー映画なのに、怖い個所で「きゃっ!」って驚いたり怖がったりせず、

「うぉっ!?ってアッハッハ、
めっちゃ驚いたぁ
ハハハハハハ!!

って笑いまくりだった事。 周りの人の目がチョッピシ気になったよ
あ、余談ですが、映画自体は可も無く不可も無くですが、Emily役の女の子が
ちぃとも可愛くなかったよ★ ∑( ̄ロ ̄|||)。

んで、映画が終われば「お腹すいた~」とか言うので寿司屋に。何でか寿司が好物らしいんですね。うちはビールだけ頼んで、彼女達はアボカド巻きを頼んで、恋愛トーク炸裂!(笑)っつっても、うちは聞いてたほうですけどね。っていうのも、友達が唐突に「Now I have kind of boyfriend」なんて嬉しそうに言い出すから。「kind of 」ってどういう事ー!?って感じで盛り上げだしたら、「ユーゴスラビア人の素敵な人がね、すっごく私について聞いてくるの~vv」って。んで、彼女も彼の事が好きらしくて、もう「秒読み」段階みたいなんです。妙にノロけてて、「あぁ、メキシコ人の惚気って可愛いなぁ」なんてボンヤリ思ってました。

っていうか、
ユーゴスラビア人って――――!?
∑( ̄ロ ̄|||)

一瞬、脳内で世界地図広げちゃった。その後も、好みの男について話したり、過去の面白バナシを聞かせてもらったりでかなりおもろかったです。彼女達は白人に興味は無く、アラブ人・中央アジア人がツボだっつってました。………アラブ人?

メキシコについても色々教えてもらいました♪
「メキシコ遊びに行こうかなぁ」ってポツっと言ったら、

「普通に銃声聞こえるし、下手したら巻き添え食らうから危ないよ~って普通に言われた。リアルにデンジャララスさがそこにはあったね。で、それからやんややんやとハシャいでいたら、11時になったので、バスで帰る事にしました。20分近く待って、やっと来たバスに乗り5分ほど走った頃、

マリファナの匂いをプンプンさせた
カナディアン(3人)が乗車――――!!
(゜ロ゜)

マリファナの影響で無駄にハイテンション!!ジャンプしながら大声で国歌を歌いだす始末(爆)。国家が終われば、適当なメロディーで「F**kin' England, f**kin' states」って言い出す始末!でも、こっちはこっちで無駄にテンション高かったから、「うぜぇ」なんて思う事も無く、最終ちょっと会話(みたいなモノ)までしましたよ。っていうか、友達が声かけたからね★ さっすが、フレンドリィなメキシコ人vv(爆)喋ったけど、完璧にトんでたねぇ…向こうは。んで、やっとこ家に着いたら時刻は1時前。でも楽しかったから良いのさ~vvバス停降りたトコで、男2人組に「Hi, sweety」って一声掛けられたのにちょっと驚いたけど、とりあえず、陽気な夜を楽しめました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UBC & SFU

麗らかな午後の日差しに目もくれず、友達とカフェテリアでモソモソと勉強していた時、ふと大学の話になりました。えっと、知らない人にとっちゃ、何のこっちゃさっぱりなので簡単に説明を…。ウメコのいるバンクーバー周辺には、

University of British Columbia (UBC)…
ブリティッシュ・コロンビア大学

そして

Simon Fraser University (SFU)…
サイモン・フレーサー大学

があります。前者は日本でも名の知れている大学だと思いますが、SFUもちゃんとした大学です!アホ大学じゃないよ、ってコトね。ビジネス関係に強いSFUは、マーケティングやアカウンティング(会計)を専攻している学生が、挙って行きたいと言う大学で、反面、UBCは理系に強い大学です。まぁ、前置きはこの辺で。そんな2つの大学についてあーだこーだ言ってたのですが、突如、UBCにいるアジア人、ひいては中国人の生徒の多さについてツッコみ始めました。ちなみにそのうちの友達も中国人(爆)。UBCの方が世界的に認知度が高いため、どうしても中国人の殆どがUBCに行くんだとか。で、ウケてしまったのが、中国人の思考を皮肉ったブラックジョーク♪うちの友達が考えた奴じゃなくて、なんかもう中国人の間で広がってるジョークらしいです。そのジョーク曰く、

UBCUniversity of British Columbiaの略称じゃなくて、

University of

Brilliant

Chinese

訳して、秀才中国人大学の略―――――!!!!!!!(ウマいよね)
それに反してSFU

Stupid

F**kin'

University

の略―――――!!!!!!!(伏字でお願いします <(_ _)>)
ちなみに中国人の発想なんであって、現実、SFUは良い大学ですよ!授業料なんかUBCよりはるかに安いし!!ってか、奴らそこまで行きたくないのだろうか、SFU…。まぁ、そんな感じで中国人達の間では言われているみたいです……汗。一つ確かに言えるのは、中国人も大概多いですが、

日本人も負けじと多いという事!∑( ̄ロ ̄|||)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コントローラは元祖タイプがいいなぁ…

息抜きがてら、ネットサーフィングをしていたところ、東京ゲームショウ2005の記事にバッタリ出くわしました。んで、驚いたのが、任天堂が出す予定の次世代ゲーム機「Revolution(仮)」のコントローラ!!!(ってかネーミングが安易だなぁ)何かリモコンチックだよ…。うっかり形が iPod shuffle とカブってる気がするよ…。先入観…固定観念なんでしょうが、コントローラは左に十字キィ&右に4つボタンがしっくり来る気がします。その次に見た「Play Station 3」(負けず劣らず安易な名前)のコントローラにも大概驚きましたが…。っていうか、

ブーメランやん!!!!∑( ̄ロ ̄|||)

写真見たら分かると思いますが、ブーメラン以外の何物でもない…汗。いやぁ、でもゲーム業界盛り上がってて良いですね☆(無理矢理な締め)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に好き……?

マザーの都合で少々遅めの夕食だった今日、アイススケートが何故か夕食時の話題でした。どうやってその話題が始まったのかも分かりませんが、アイススケートの話もいつの間にやら延長線上にある、ホッケーの話になりました。

マザー「アイススケートを始めるとね、こっちの男の子は大抵アイスホッケーも
     始めるのよ~♪あ、そうよそうよ、ウメコもアイスホッケー観ないとね!
     すっごくエキサイティングだから!!1度観たらハマるわよ!!」

ファザー「うん、面白い」

ウメコ「日本じゃ全然メジャーじゃないから、観てみたいとは思ってるよ~!
     そういや、もうそろそろシーズンなの?」

マザー「いや、全然わかんない☆」

ウメコ「!?」

マザー「ねぇ、ホッケーのシーズンっていつから?もうやってるっけ?」

ファザー「……さぁ?」

ウメコ「……………(食事続行)」

黙々と遅めの夕食を頂きながら、

あんたら、ホッケーのファンちゃうんかぃ!?

と物っ凄い心の中でツッコんでました。イメージしていただくならば、めっちゃ阪神タイガースファンやのに、「六甲おろし」を知らない人みたいな感じでしょうか(多分違う)。とりあえず、どっか抜けてるうちのホストファミリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理学から見た効率的な勉強の仕方とハゲそうなウメコ。

専攻している心理学がハゲ忙しくなってきました、ウメコです。カレッジ生活始まってまだ
1週間ですが、まさかこんなにしんどくなるとは……( ̄ヘ ̄;)あぁ、でも授業自体は楽しかったですよ。お題はずばり、『心理学的観点から見た、効率的な勉強の仕方』!!!為になりますvv使えますvv

「勉強」=「理解し、覚えるというプロセス」

と今日は定義していたのですが、これを効率的に行うには、ただ繰り返し書いたり読んだりするだけじゃなくて、それを日常化し、さらに元からあった自分の知識と結びつける事が必要なんですと。だからアレだ、英単語を覚えようと思って、ただひたすらに英単語を紙に書いてるのは効率的じゃないしツマンナイ訳ですヨ。寧ろ忘れやすいし…。だから、英単語を効率良く覚えるようにするには、日常生活の中でその単語を(無駄に頻繁に)使ってみたり、何かと関連付けたりする方が覚えやすいし、忘れにくい訳です。例えば"dye"(髪を染める)なら、最近髪の色を変えた人を思い浮かべながら紙に書くとか、"dye"を使った文章を書くとか、『ダイ?え、死んじゃう?イヤイヤ、そっちのダイ(die)じゃなくて、髪の毛の色変える方やん!』などと一人ボケ突っ込みで覚えるなどしてみましょう。……最後のはアホいけど、元からある知識に関連付けてるということで。( ̄Д ̄;;まぁ、これが今日学んだ事です。もう、授業中しきりに「あ~なるほど」と一人で猛烈に感心していました。心理学って結構幅広く日常生活で使えるので好き~vvが、その感心の直後、先生がニコヤカに

「じゃ、今日の宿題は、教科書の
第13章読んでくるコトvv水曜日にテストしますvv」

って言い放ちやがりました

第13章……32ページあります∑( ̄ロ ̄|||)
しかも教科書のヤロウ、図体デカいのに字が小さい!!っていうか、教科書の内容が授業内で全く触れられていなかったのに、いきなりテスト!!もう、意味分からん、本気でハゲる……とか思ってたら、他の教科を取っている友達も似たような宿題(1章丸まる読んで来い)を貰ってました。こっちじゃ普通みたいです。32ページ…読めないことは無いですが、内容を理解し、覚える事が難しい……だって水曜日って明後日なんだもん!!

日常生活化する余裕すら
与えられてないよ、ママン!!(誰)

それに専門用語多すぎるよ!!(○○症候群、○○症、神経&体の部位の名称etc)そんなウメコに与えられた選択肢は、

①必死の努力

まさにDead or Alive!!(どっちの選択肢にも『死』が入ってる事は無視して下さい)
……①の方向で頑張りマース。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語にもまれ、心理学にもまれ……

レギュラー・クラスがスタートして3日目を迎えるウメコです。

【1時間目:英語】

実力テスト。以上。∑( ̄ロ ̄|||)

【2時間目:中国語】

前回に引き続き、発音の練習しました。グレード・アップしちゃったような難しい発音の母音がワンサカ出てくる…泣。ってか、四韻がめっちゃムズい…くっそぅ、本気で悔しい。先に言っておきますが、本気で3ヶ国語スピーカーになりたいので、どんだけ怪しかろうとも、中国語は落としませんし、やめません…マスターするまで。多分きっと(弱っ)。…中国語の文法は簡単なんです。ぶっちゃけ英語よりも楽です、文法は。シンプルで良いですよ。それに比べて何、あの異常なまでの発音の仕方の多さ!!英語にも日本語にも無い発音が出てきやがります。遠慮も無しに。それ故にますます教室内が怪しい音に包まれ、ますます怪しまれるんですね(外野から)。まぁ、適度な宿題を貰って、今日は終了しましたよ。やれやれ。帰ろうかなぁと思っていた所に、しばらく会ってなかった中国人の友達を発見急いで駆け寄り(詰め寄り?)、発音について物凄い勢いで質問。で、その子の後について発音練習をしたのですが(小声で)、何回やっても「Good」とは言われず、代わりに「Close enough」と言われました。……何これ、やったらめったら悔・し・いvv そいつにいつか「Great」って言わせるべく、精進しようと固く心に誓ったウメコでした。ってか気が付いたら中国語の話題ばっかり…( ̄ロ ̄|||)

あ、昨日は心理学やってきました。クラス内に44人が集結。で、殆どがカナディアン!うん、結構ドキドキでしたね。何か孤独感?いきなり大海原に放り出された気分でしたよ。でも先生は普通に優しい感じのおばあちゃんvvだったので安心しました。隣に座ったカナディアンの女の子とも喋れたしね。ふぅっ。ただ気になったのが、この先生、ことあるごとに「心理学的に(Psycholgically)」って言ってました。あと、決して「ちょっと考えて~(Think about it for a while)」って言いませんでした……代わりに 「Use the back part of your brain」…つまり、後頭部使ってーーー♪って(爆)。一応、(心理学は)生物学ともリンクする部分があるので分からないでもないですが、何もそこまで専門的な方向で言わなくても…(汗)と思ったり。「やっぱり心理学取る人って変わってるのか…?」と考えてしまった昨日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四韻で合唱、怪しさ100倍。

カレッジが今日から新学期。ウメコもESLのクラスから、レギュラーコースにランクアップ☆憧れのカレッジ・ライフの幕開け~~~(って言ってみたかっただけ)

がっ、これがまたそう簡単に行かないのが世の常。新学期という事もあり、キャンパスは新入生で

大・混・雑!!!!!

女子トイレは列が出来る程混んどるし、廊下は生徒らがせわしなく移動してるし、何より屋内に大人数なもんだから

妙に蒸し暑い!!( ̄Д ̄;;

ひぃ……何だか、想像していたキャンパス・ライフじゃないなァ。いや、まだ授業がある……授業はカレッジっぽいに違いない!!…とまぁ、妙に「カレッジっぽい」というコトに授業が始まる前から憧れを抱き、ENGLISHのクラスへ出陣。このENGLISHクラスは準備コースとも言えるもので、正規の大学・カレッジレベルの英語を勉強するにはまだ力が足りない人達、つまり留学生や英語が第一外国語ではない人達の為にあるクラスなのです。それ故にいるのは東アジア系、中央アジア系、南アメリカ系etcでした。うん、流石バンクーバー。多国籍です。楽しかったなぁ、見てて。イラン人は皆眉毛繋がってたし

そして先生がとっても感じの良さそ~~うな人でした!ヽ(´▽`)/ もう本当、怖い人だったらどうしようかと…。その先生のお蔭で「あ、カレッジって結構イイ感じ~~♪」なんて思えました(単純)。そしてコースの概要説明と簡単な自己紹介で授業が終了。気合もそのまま、次のクラスである中国語の教室へ移動しました。アジア人半分、白人半分ってとこでしょうかね、結構生徒は居ました…30人ぐらい。先生がしばらくして現れて、授業スタート(余談ですが、あんまりウメコの好きな先生ではないです)。これが

半端なく怪しかった。

もう、難しいとか易しいとかいうレベルじゃない。とにかく怪しい。これに限った。まず、母音の発音の練習。これは許せる範囲でした。「ア」「オ」「ウ」なんてやってね。次に子音の発音練習。これもまぁまだ許せましたよ。「ブァ」「プァ」「ムァ」「ファ」っつって少々音がおかしかったけど。何せ生徒30人が先生のあとについて発音練習するんです…。「ブァ」「プァ」「ムァ」「ファ」の大合唱(爆)。……怪しいレベルが上がり始めましたよ~。んで、極めつけにキちゃったのが四韻の練習!中国語って同じ「ア」でも4つの発音の仕方があるんですね。

① まっすぐに発音する「ア」

② 上がり調子の「ア」

③ 一旦下がって、また上がるように発音する「ア」

④下がり調子の「ア」

「アー」「ァア」「アァア」「アァ」の大合唱。

想像してみてください…30人のイイ歳した学生が集まって、声を大にしながらアーアーアーアー繰り返し言っている状況。しかも教室のドア全・開★(爆)もう、怪しいとしか言いようが無い。ぶっちゃけ、生徒の大半が苦笑まじりでしたよ。しかもコレ、難しいんです……練習する事自体が∑( ̄ロ ̄|||)

家でこれを練習しようもんなら、隣の部屋のシスター達に怪しまれるし(っていうか多分頭がイっちゃったと思われる)、カレッジのライブラリーでやろうもんならハタ迷惑だし、余計に色んな人に怪しまれるし。でもどっかでアーアー言って練習しなきゃ…。そんな中国語のクラスの今日の宿題は、『ニィハォ』って漢字で書けるようにしておく事。ウメコはありがたい事に日本人なので余裕ですが、コレ、漢字使わない国の人的にはエラ難しいと思います。多分、日本人がいきなり「アラビア語書け」って言われるぐらい難しいんじゃないかと。まぁ、そんな感じで1日目が終了。が…頑張ろう。色々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケツが痛くなるまで乗った2人乗りの自転車の素晴らしさ。

ホストファミリーの家のネットが一時的に使えず、更新も遅れ、色んな人から頂いたメールの返信も出来ず、踏んだり蹴ったりなここ5日間でしたが、漸くネットが復帰。いやぁ…Internet is all な世の中になってきたなぁと痛感。

さて、今日はチュー(高校からの同級生)と遊んで参りました。始めはBLENZというコーヒーショップでお喋りしてただけだったのですが、その後、唐突にバンクーバーで一番大きな公園・Stanley Park に行こうという事に。※ BLENZから歩いて10分程度。で、乗ってきました、

縦一列の2人乗り自転車!!

ウメコが前、チューが後ろでこぎ始めたのですが、これが愉快、愉快!!いつもと違うチャリの感覚がツボったのか、2人乗り自転車に乗ってるという事実が何だかウケるのか、とにかく何が楽しいのか良くわからないまま、テンションだけが猛烈に上昇し、不気味に笑いながら、「オモロイなぁ、コレ!!」て喋りながら、っていうかニヤつきながら楽しみました。Stanley Park…公園といえど、実際のところは森林+公園(遊び場)+ビーチetc、という兎に角デカい、市民の憩いの場&観光名所。そこを

2人乗り自転車で駆け抜ける、
怪しい東洋女2匹
 ∑( ̄ロ ̄|||)

もう、何がしたいのか…。
最初のうちは景色を楽しんだり、たまたま来ていた花嫁さん&花婿さん(記念写真をとっていたと思われる)をわざわざ自転車を止めてまで見てみたりしてました。えぇ、非常に良かったんです、途中までは

公園の自転車ルートを半分行ったか行ってないかの辺りで、自転車レンタルの料金が『$13/ hour 』だという事を思い出し、「ちょっと速度上げんと、1時間で帰れない」「追加料金は払いたくない」 という結論に達し、

突然にスピードアップ

途中にあったビーチも、可愛い花畑も、素敵な古い丸太の橋も、全部マッハで後方へ飛ぶように消えて行き、ビーチ付近のベンチで腰掛けていたお婆さんに少々笑われるのも横目でやり過ごし、自転車レンタルショップに着いた時には2人とも異常なほど

髪を振り乱していました

笑いながら2人乗り自転車に乗っていたのも大概怪しかったでしょうが、髪の毛を振り乱しながら物凄い真剣にソレを飛ばしているという状態も有り得ないぐらい怪しかったでしょうね。もしStanley Park で怪しい2人組みが2人乗り自転車に乗っていたのなら、きっとそれはウメコ&チューでしょう。えぇ、間違い無く。でもこれ、思った以上に面白かったです(色んな意味で)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »