« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

姓名判断で遊んでみました。

忙しくて現実逃避気味な今日この頃。晩御飯作りの最中、野菜の火の通り具合を見るためになべを覗き込んでいたら、

髪の毛数本が焦げました(爆)。

当たり前やけど、チリッチリでした(先っちょだけやけどね)。即行散髪。
それにしても、髪の毛が焦げると結構臭いですね (´Д`)

さて、忙しいくせにちょこちょこブログをアップしているわけですが、今日は先日の毛沢東ドに引き続き、「姓名判断」をやってみました。暇そうに見えるでしょうが、これは所謂現実逃避というヤツです(確信犯)。だって心理学の単語が生物チックでろくに覚えられやしないんだもの!!何やねん、adrenocorticotropic hormoneて!?(ホルモンの一種であるらしいが具体的な働きが未だ理解出来てない)覚えてられませんし、言うたびカミます。まぁ、うちの愚痴というか心の叫びはさておき…。

【天格-その家に課せられた運命や家柄】
家系は盛衰が激しく、一代で天下を取り滅びてゆく傾向あり。

……一応、天下は取れるらしい(重要)。あ、でもウメコの親の代で天下を取られたら、ウメコ自身の代は下降気味なのか…?!

【人格-中年期の運勢に影響し、意志や決断力などの性格】
丸顔で笑顔さわやか。世話好きだが、本心は意外と寂しがり屋。

丸顔っていうのはあってるけど(ただ単に太ってるだけだが)、笑顔は
断じて爽やかではない。力説するのも変な話だが、どちらかと言えば胡散臭いと思われる。後半は何とはなしにウメコっぽいですなぁ。あぁ、でもコレは中年期の話だから良いのか。ってか、中年期もウメコは太りっぱなのか?!(痛)

【地格-幼年期から青年期に影響し、親子の信頼関係や健康状態】
親思い。親から見ると頼りになる。親の犠牲となることがあり、
自分の子には意外と淡白。

やったね、ダディ&マミィ(誰)でも自分の子供に淡白って…

【外格-その人の外観や対人関係、夫婦関係】
女性相手の仕事、職場を選ぶとよい。水商売なら成功。

水商売という新たな可能性が浮上 Σ( ̄□ ̄;)
うん、でも人の話を聞いたり、他人のために何かをするという点では心理学に近いものがあると思う…。あれも形は違えど、「癒し」の一種であるだろうし。
嗚呼、水商売を始めて、北新地(もしくは歌舞伎町)に店を構えて、めっちゃ繁盛してそのまま衰退するんだな!うん、天下取れるよ☆(違)

【総格-幸福感、金銭、健康、家庭環境、性格形成など総合的な運勢】
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く、金銭トラブルが多い。

水商売出来ひんやん!!金銭トラブルが多いって…(汗)。それにしても、ウメコは確かに愚痴が多いなぁ…。大体、この記事の出だしからして愚痴だしなぁ。うん、気をつけねば。

こういうのをぐだーっとやっていると非常に現実逃避出来ます。まぁ、逃避した後、ちゃんと戻りますけどね(この辺が何故だかキッチリしている)。ウメコのようにぐだーっと現実逃避してみたい方はコチラからどうぞ~。

よし、勉強に戻るぜ!もう、hippocampusでもamygdalaでもcorpus callosumでも何でも来いっ!!…と気合を入れている時点でどれもコレもあまりちゃんと分かってません。大体、日本語でなんて言うかすら不明やしね。ちなみに全部脳味噌関係の何かです(激アバウト)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

不具合?

閉鎖&再開に際して、何らかのトラブル?がある模様で、バックナンバーがきちんと出ない事が判明!色々ご迷惑おかけいたします。

見てみたら、長文系の記事が全部途中で飛んでます(爆)。さすがのウメコもビックリです。何がいけないのか良く分かりませんが、niftyさんに少々伺っておきます。どうもすみませんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛沢東度チェック

久々に晴れ渡ったバンクーバーなのに、何故か自室に篭り、アレコレ課題に関するリサーチをかけていたウメコです。なんて暗い学生生活|||○| ̄|_
でまぁ、パソコンに触る=それなりに脱線するというわけなのですよ(過去のフランスファイブの一件の如く)。そんな逸れまくりなウメコが発見した今回のブツは、

毛沢東ドチェック!!(爆)

どっかから撃たれそうで怖いんですけど一応やってみました。余談ですけど、カナダにはすんごい数の中国スパイが潜んでいるそうですよ。中国人の動向を見張ってるとか何とか。嘘くさいけどそれに負けじと中国も胡散臭いので…。で、で、でっ、結果は…

mao-result .

.

.

.

.

.

.

.

よし、全然毛沢東じゃないっ☆…-210毛沢東(←単位)だから、相当です。てか、「興味ないでしょう?」ってツッコみが返ってくるなんて思わなんだ…。それに、その後に続く、「そんなウメコ同志、毛沢東ドをUPしたいと考えているようならかなりの無理をしないといけません。とりあえず、何も考えずに手当たり次第に階級闘争ですよ。」っていう提案がまた凄いです。
そして同じサイト内に「紅衛兵ドチェック」も存在したのでやってみました(勉強そっちのけですよ)。正直に設問に答えていった先に出た結果が

crimson-result.

.

.

.

.

.

.

.


-850造反有理。何が痛いって、引きこもってるのがバレてる!!こんな些細なチェッカーにまで引きこもり具合がバレてるなんて、痛い、痛すぎる。そして、妙な最後の慰め具合がまた癇に障る( ̄□ ̄;)皆さんも暇がある時に是非やってみてくださいね~。

毛沢東ドチェックへ飛びたい方はこちら。(My Favoriteにも追加しました)

結論:ウメコは中国人に見た目間違えられることが多々あっても中国人になるのは不可能である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初めて食べたアレ。

祝・再開(というかもうただ単に吹っ切れただけな気が…)。タイムリィな記事が無いので(爆)、2日前の話を致します。

相変わらず中途半端な空模様まっしぐらだった金曜日、ウメコは友達のベトナム人のお宅にお邪魔してました。何をしていたかというと…ベトナム料理をご馳走になっていたのです!!ウメコの友達は皆お食事好きで、「○○にある××っていうレストランが美味しいらしい!」と聞きつければその週末には皆でチェックしに(っていうか食いに)行ってしまうほど。で、更に遡る事数日前、ダウンタウン内にあるベトナム料理屋で一番美味しいのは何処か?という話題になったのですね。ここで、頑なに「どこも美味しくない!!」と主張してきたのが、そのベトナム人。

「ダウンタウンのベトナム料理屋なんて、どこもチャイニーズが経営してるのよ!!あんなのちっともベトナム料理じゃないし、第一マズイ!!あたしが作った方が断・然・美味しいわよ!!」

ベトナムの悪口を言った訳でもないのに、何故かブチギレの彼女。( ̄Д ̄;)
で、彼女のこの一言が発端となりまして、彼女がマジでウメコを含む友達グループにベトナム料理をご馳走してくれたという訳なのです!(前置き長くてすいません)

余談ですが、ウメコは一度友達とベトナム料理屋に入ったことがあります。美味しいと思ったんですが…(爆)。しかも、チャイニーズ経営って知らんかったし!!(泣)

さて、そんなこんなで彼女が作ってくれたのは
ベトナムの揚げ春巻きと、生春巻き♪
spring_rolls やや少ないのは、大分食べた後にウメコがカメラを持ち出してきたからです。悪しからず。流石に、「あたしの作った方が断然美味しいわよ」宣言をしただけのことがあって、マジで普通に美味しかったです。揚げ春巻きの方には豚肉が、生春巻きの方にはエビが入ってましたvvんでまた、何が美味しかったって、春巻きにつけるタレ!!揚げと生でつけるタレが違ったんですが、それぞれのタレがそれぞれの春巻きに合うように作られていて、絶妙なコンビネーションでした。結局ですねぇ、1人あたり20本ぐらい春巻きを食べたと思います。皆お腹すかしていったので(笑)。

さて、適当(以上)にお腹が一杯になった頃、ベトナム人の彼女が何やら怪しいものを取り出して、新たに生春巻きを作ってくれているのが視界に入りました。
pigs_earウメコ「ソレ何?」
ベトナム「え、知らない!?」
ウメコ「え、見たことないし、食べたことも無いと思うんだけど…。」
ベトナム「あり得ない!!」
中国A「そりゃそうだよ~、ウメコは日本人だもん」
中国B「え、日本人は食べないの?」
中国A「日本人はグロテスクなものは食べないの」

はい、コレ(↑)何だか分かりますか?
ウメコは最初、本気で何が何だか分かりませんでした。ちょっと、パッと見がスルメっぽかったし。でもね、流石に正体聞いたらビックリしましたよ。ずっ、ズバリ!!

.

.

.

.

豚の耳!!Σ( ̄ロ ̄;)

ウメコ「えぇっ!?」
ベトナム「ちょっと、ウメコ、食べなきゃだめだよ、美味しいから!」
ウメコ「え、うん…とりあえず美味しいならトライしてみる~」

ここで「嫌だよ、そんなもん食えないよ」とも言えず、大体それを言ってしまったら、彼女達の文化を否定しているような気がして、何事も挑戦だよなぁとか、何かとにかく豚の耳1つにえっらい色んな考えを頭の中で巡らせつつ、豚の耳の入った生春巻きを食べてみました。

……………………美味しいヽ(´▽`)ノ

ウメコ「え、普通に美味しいね♪」
ベトナム「でっしょー!?」
中国A「ってか、日本ぐらいだよね、豚=肉っていう発想は」
ウメコ「??」
中国A「豚ってば、マジで捨てるとこないんだよー。うちら(中国人)は頭も食うし、顔も食べるし、豚肉はもちろん、豚の足だって尻尾だって食べるんだよ~。あ、あと内臓も」
ウメコ「豚(と中国人)って凄いな!」

中国B「あと、男はオス豚のブツも食べるよ」
ウメコ「Σ( ̄ロ ̄lll)」

全然聞いてないのに、凄い情報が漏れてきました。

中国B「元気になるからね(いろんな意味で)。ウフフッvv

いや、だから聞いてないし、興味が無いから!!(汗)
ウフフじゃねぇよ、全く…。
pig_ear_inside
何か物凄い話を食事中に聞かされながら、ウメコはしっかりと豚の耳の入った生春巻きを食べていたのでした。←の写真は豚の耳入り生春巻き。春巻き内、右側に見える茶色っぽいのがそれです。何かコリコリしてたなぁ。

とりあえず、今度はウメコが何かしら日本料理をご馳走してあげたいなぁと思ってます。ワラビモチが食べたいとか妙なリクエストがありましたけど、そんなもん作り方分からんので却下です。茶碗蒸しとか無難な気がする…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

腹をくくりました。

唐突に閉める、と宣言してから数日たちました。結論だけサラリと言わせて頂きますと、再開することにしましたっっ!単なる気まぐれ!?とも思われるかもしれませんが、とりあえず、気まぐれでは無いのです。結果、気まぐれのようですが…。具体的な理由は下記の通りですが、面倒くさいという方、見なくても全然結構です☆つまるところの言い訳なので…。

あと、閉める直前に書いた記事「独り暮らしにおける最大の恐怖」が1つあります。多分、見てる人少ないと思われるので。まぁ、こうやって告知してみるほどのものでもないんですけどね(爆)。軽く流す程度に見てやってください。

再開するにあたって、メールアドレスを作ってみました。個人的に何か聞きたい事がある方、文句がある方、その他の御用がある方、umeco-psycho@hotmail.comまでメールをお送り下さいっ。改めてヨロシクお願いいたします。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ウメコはこっちに来てからずーっとずーっとこのブログをつけていたのですが、コレをやってる事をこちらの日本人友達には一言も言っていなかったのです!!大体、大基礎に戻って話をしますと、このブログは日本にいる大事な人達にウメコの生活の様子を知らせるために作ったのです。まぁ、今となってはカナダの他地域に居る人や、ネット上の他ブログの管理人さんとのコミュニケーション・ツールにもなっておりますが…。とにかく、これは離れている人達に送っている公開日記なのであって、毎日顔を合わせている人達に送ってるものなのではなかったのです!ぶっちゃけ、毎日顔を合わせている人達のこともチョコチョコ書いているので、知られては多少マズかったのです!(苦笑)そんな訳で黙っていたのですが、ある時点からウメコの通っているカレッジ生数名がですね、どのようにしてか知りませんがコレの存在を知っていたらしいんです(泣)。知っていたなら、一言「知ってるよ」と言ってくれればいいのに、彼是2ヶ月3ヶ月位はダンマリだったのですよ(大泣)。もう、この恥ずかしさは何にも例え難い…強いて言うなら……んー、学校で後ろの席に座っている男の子にラブレターを書いている時に、一語一句をその男の子によって後ろから黙って覗かれている位の恥ずかしさなのです。

もちろん、ネット上に出してる時点でいつかはバレるだろうとは覚悟してましたが、まさかダンマリを決められるとは思っておらずで…。その間もヘラヘラと阿呆なコトを書いていたのかと思うと、穴があったら入って、上から誰かに土を被せてもらって、更にその上に鉄板を敷いて、地面とその鉄板を頑丈に螺旋で留めて、絶対に出てこられないようにしてもらいたい位の勢いで恥ずかしいんです!!で、その恥ずかしさに耐え切れず、冷静な判断さえ出来ずに唐突に閉めてしまったというわけです。

自分で言うのもなんですが、ウメコは普段は短絡思考じゃないです。小心&内気者なので、いつもはもっとしっかり(最悪のパターンを考えて)生きてます。色々な事を予想しながら毎日を送っています。でも、一度今回のように「予期せぬ出来事」が勃発してしまうと、どうにもこうにもパニクるわけです。冷静な判断も下せなくなるのです。嗚呼、嘆かわしい!

そんな訳で、一旦閉めたのですが、ソレに対する反応が予想以上にあり、やめる理由とソレによって引き起こされる結果があまりにも不釣合いだと思ったし、何よりこうやってカナダで過ごす毎日の様子をくだらなくも綴っているのは大事だと思い、再開するという結論に至ったわけです。ドタバタしてしまって申し訳ないです。ソレと同時にコメントをくれた方、メールをくれた方、本当に有難う御座いましたっ!(感涙)

最後に見てるかどうか不明ですが、ウメコと同じカレッジに通っていて、ウメコと現実世界で接触したことがあるのにもかかわらず、黙って閲覧している友人、お願いだから申し出てください……もう、泣きそうですから|||○| ̄|_

| | コメント (4) | トラックバック (1)

独り暮らしにおける最大の恐怖

今日は久しぶりにバンクーバーにもお日様がお目見えいたしまして、ウメコの機嫌も適度に良かったです。ぶっちゃけ、晴れてるだけで心まで晴れてしまいます(純真ぶってみる)。

が、

そんな日和良き冬の午後に悲劇が起こりました。って言うかなんかもう、自分の不運さを呪うしかない様な出来事です。
何と、唐突に独り暮らしにおいて一番重要な部分が壊れてしまったのです!!……何処かお分かりですよね?分かりますよね?っていうか、人類はコレがあって初めてキチンとした生活がおくれるのです!っていう位重要なアレですよ。

そう!

.

.

.

.

.

.

.

トイレ!!!!

.

.

.

.

「なめてんのか、コルァ!?」と思ったそこの貴方!真面目に、冷静になって考えてください。キッチンが壊れても、食うことには困りません。玄関のドアに穴が開いてしまっても、一時的にダンボールか何かでカバーすれば生きられます。窓が割れても同じことです。寝室のヒーターが動かなくなっても、着込めば寒さぐらいしのげます。電気が壊れても、スーパーに走ってロウソクとライターを買えば何とかなります。

でも排泄物だけはどうにもなりません!!!(爆)

ちょっと今までに無い焦りで相当(脳内が)ヤられました。ちなみに言うと、いきなり唐突に動かなくなったのです。っていうか、朝は爽やかに流れていたのに、カレッジから帰ってきたら動いてなかったんです。…もう、ぶっちゃけ、「後」に気づきましたよ(´□`|||)

猛烈な勢いでヒネリをカッタンカッタン鳴らしながら動かしても、

ェ…ゴッ…

っていう意味不明な音しか聞こえてこない。寧ろ、近所で誰か溺れてる様な感じの音で、聞いててヤリキレナイ。考えられるだけ考えて、階上に住む大家さんに電話をかけて、「トイレのパカパカを貸して下さい」って告白しました(爆)。優しい大家さんは快く貸してくれましたが、あんまり笑顔でパカパカを「はいっ♪好きなだけ使って♪」って手渡されても、切ないですね(教訓)。何なんだ、好きなだけって(-ω-;)
 そんなやり場の無い&どうしようもない思いとパカパカと共にバスルームに戻り、ウメコは力の続く限り、髪の毛をマジで振り乱しながら、

パカパカをプッシュし続けました。

久々に見た太陽の存在や、
空の青さや、
清清しい空気をよそに、

プッシュし続けたんです。ゴッポン・ゴッポン・ゴッポン・ゴッポン

明日は社会学の課題の提出日なのに、
明後日には心理学の中間試験があるのに、
その次の日には英語のとある文学に関する小テストがあるのに、

プッシュしてたんですよ!!!!(泣)

軽く現実が嫌いになりかけた、その時…………!!!!!

グッボンッッ。

という不気味としか言いようが無い音が便器の遥か下の方から聞こえてきました。何かしら変化という点では違いが無いので、とりあえず祈りながらヒネリを捻ってみました。

.

.

.

ジャァァァァァァァァァ……

.

流れたーーーー!!!!。゚ヽ(´Д`)ノ゚。ヤッターン

久々に感動しました。安堵感に包まれました。緊張感が解けました。物凄い歓喜が心の奥底から湧き出てきました。「俺は俺の使命を果たしたぜ…」程の達成感も何故か加わって、笑顔で大家さんにパカパカを返しに行きました。

そういうわけで、独り暮らしにおいて、トイレのトラブルは物凄いクリティカルです(力説)。いつ何時また意味不明に突然に何かが起こるかわからないので、週末、とりあえず配管屋に電話しようと思います。毎回毎回、壊れるたびに、30分のプッシングタイムがあるかと思うと、切な過ぎて生きてられませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀江さんが!!

カナダは23日の今日、選挙が行われていて朝からニュースが張り切ってたんですが、ちょっとそれどころじゃない!!

好きでも何でも無いライブドア社長、ホリエモンこと堀江貴文が証券取引法違反で逮捕!!あらぁ…悪いことしてたのねぇ。最近の落ち目具合にトドメ、ですな。盛者必衰の理、ってね。平家物語はうまい事言ったもんです。世の中上手くいくばかりじゃ無いのです。さて、これからライブドアはどうなってくんでしょうか。株は余裕で最安値を更新していくだろうし、やはり社のトップが逮捕されたというのは(再建の際に)やはり致命的だと思います…。んで、あと数十年したら「あの人は今!?」的な番組なんかに出てきたりするんだろうなぁ。近鉄バッファローズのあたりまでは良かったのかもしれませんけど、嗚呼、終わってみると(勝手に終わらせてますけど)物凄いドタバタだった気がします。

まぁ、そんな事をよそにウメコは勉強しますけどね
…99%カカオチョコ食べながら(爆)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

99%カカオチョコレート

木曜日に早速心理学の中間試験を控えた今日この頃、バンクーバーは雨ばかりで物凄い憂鬱です。「私、結構雨の音とか好きだよv」なんて言ってる女子も、バンクーバーの雨の多さの前ではただただ鬱陶しさを感じるしかないように思えます。カワイコぶる暇なぞ無いのです(爆)。

さて、そんなご機嫌斜めも絶好調(?)な今日、近くのスーパーで買い物をしていました。いつものスーパーと言えど、まぁ買い物は結構楽しいもので、でかい肉の塊が200円前後で売られているのを見たり、その肉の真横で同じくらいの大きさの鮭が1000円前後で売られているのを見たりしてソコソコにテンション上がってました(一人で)。あー鮭食いたい。でも高い…そんなコトをぼんやりと思っていると、目に飛び込んできたものが!!

package  99% CACAO!!!

めっちゃダークチョコやん!!Σ( ̄ロ ̄lll)
ってか、ダーク過ぎるやろ!!

でも、興味が沸いてしまったので、買ってみました
安直と言われようと知ったこっちゃ無ェ!
うろ覚えもイイトコロな健康志向が頭をもたげてきて、「カカオて体に良いんだよ~」とどこぞで聞いた情報を脳内の引き出しから引っ張ってきたんですもの!!
買わないわけにはいかない!!(非論理的)

さて、家に帰って買った物を冷蔵庫にきちんと入れ、意気揚々と(↑)の写真を撮りました。で、直後にそのパッケージを開けてみてビックリ。

black 黒いーーーーーぃぃぃぃΣ( ̄ロ ̄lll)

思っていたより黒い黒いぞ!99%カカオチョコレート!!!さすがにもう少し茶色い面影を残していて欲しかったよ、99%カカオチョコレート!!!ダークって言うか、ブラックそのもの!!!ぱっと見、うちが小さな黒いタイルでも持っているかのように見えるぞ、この写真…(汗)。少なくともチョコレートのあるべき姿ではないな。

この黒さにほんの少しビビらされ、食べるのをやめようかと思いましたが、買った以上、食わないといけません(当たり前)。恐る恐る口の中に1ピース放り込んでみました。

.

.

.

.

Σ( ̄ロ ̄lll)

.

.

.

.

苦いぃぃぃぃぃぃーーーーーぃっ!!!(泣)

ダークチョコレートのスウィート・ビターな美味しさを期待していたのに、流石99%なだけあって、何の甘みも無い!皆・無!しかも心なしか、普通のチョコレートよりもネトネトしていて、いつまでも口の中に苦味が広がっている……まさに99%カカオチョコの恐怖!

頑張って3ピース食べてみましたけど、1日にそれ以上は食べられません。もう、敗北感で一杯で…。っていうか、何でラスト1%をカカオにしなかったのか謎で仕方ない。あぁ、他の微々たる材料が入っていて、それが1%を占めているのか…?気になってパッケージの裏を見てみると(↓)

材料:カカオパウダー、カカオバター、
    チョコレート、ブラウンシュガー
.

ビックリするほどあっさりな原材料です( ̄□ ̄;)
凄いな、99%カカオチョコレート…。とりあえず、明日から1日3ピースをノルマに頑張りたいと思います…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アンチ・ソーシャルという固定観念が今…!

今日、目の覚めるような真っ赤なコート(←この色)を羽織った物凄い猫背の学生を見かけ、嗚呼、姿勢はまっすぐでないとなぁ…服もある程度の周囲との調和が必要だなぁと痛感したウメコです。ごきげんよう(誰)。最近、本気で家と学校の行き来しかしてません。なんて若者離れしてるんだ…汗。

現在、社会学の授業で物凄く注目している人が居ます。っていうか、クラス中からある意味注目されています。名前も知らない人なので、うちは勝手にパンクと呼んでます。何でって?まんまパンク・スタイルのファッションだから(どーん)。勝手にGREENDAYのファンだと予想。トゲトゲしたバングルとか付けちゃってて…。全身黒固め。ピアスも太めのがガツガツささってて。そんな彼女(あ、女ですよ)の何が凄いって、「パンク=反社会」のイメージを覆すほど社会学に通じてるコト!!!!!80人弱ほどの生徒で埋められているレクチャーホールの中、彼女は毎回必ず発言しています。それが(長いけど)とても深読みな意見で凄いのですが、たまに教授vsパンクみたいな絵ヅラが出来ちゃっててさぁ大変(汗)。最近では彼女が発言するたびに周りが苦笑しています…「またアイツだよ」的な。そんな彼女に関してもうひとつ、物凄い発見をしてしまいました。それは、

彼女も心理学を取っているという事!!!

この間のレクチャー中の発言の中で「私がとってる心理学の中では●●なセオリーがあって…」って発言していたのです。しかも、その心理学が「心理基礎」のクラスではなく、もう少し専門的な2回生レベルの心理学のクラスを指していたので、彼女、物凄い確立で

心理学専攻者。

来学期、もしかしたら彼女と心理学に関するアンケートの統計なんかとってたりするかもしれません……。社会に対する考察が鋭いパンキッシュな心理専攻生……。お笑いの判定が辛い精神年齢56歳の心理専攻生とはえらい違いですね☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

極端な例

現在、心理学(専攻)と平行して社会学も勉強しているのですが、その社会学の教科書の中でツッコまずにはいられない例が出ておりました。何についての例かといえば、Mores(社会における基本的な倫理)とFolkways(一般的な人間関係・交流のマナー)についてのこと。平たく言えば、Moresは行動の善し悪し(right or wrong)を取り決め、Folkwaysは品の有無(right or rude)を取り決めます。いや、こんな事は深く分からなくても良いんです。問題なのはこれを上手く説明するハズの例。

『例えば、ある男性がフォーマルなパーティーにネクタイをせずに出席した場合、最悪な結果を想定しても、それは“マナーが無い”という風にしか思われません(poor folkways)。しかし、もしその男性がパーティーにネクタイしかせずに出席した場合、社会における倫理をおかす事になり、極めて難しい状況に陥ります(poor mores)』

……もっとマシな例が出せたはずだ、
     出版社&編集者一同!!
(汗)

何をどうしたらこんな極端な例が出てくんねん!!!もう、焦らずにはいられませんでした。……当たり前すぎる例を出されるとここまで馬鹿馬鹿しくも見える、というのが教科書を読んで学んだことです。いや、パーティーに全裸で出席するなんて、寧ろ数えるほどしか事例が無いように思える…。北米大陸ではこんな感じの思い切った例が好まれるのでしょうか?(汗)流石、「白黒ハッキリつけようぜ」な文化圏。

でも個人的にはもう少しマイルドな例が好きだなァ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

階上の修羅場

去年の末にとある場所に引っ越して、それから独り暮らしをしているウメコです。日本のようにアパートを借りているわけではなくて、とある一軒家の半地下室を借りさせてもらっています。キッチン・バス・トイレ付。インターネットもあってメッチャ快適

が、しかし、最近大家さん(上の階の住人)の家庭事情がよろしくないのか、やたらと喧嘩している声が聞こえてきます。

基本的な対戦組み合わせ

①旦那 vs 嫁

②父(旦那) vs 息子(次男・三男)

・・・・・・・・・一家の大黒柱は家族とうまくやっていないようです(爆)。
余談ですが、次男はアフロです。

んでまぁ、喧嘩の声が下まで聞こえてくるってどんだけ大袈裟な喧嘩やねん!とお思いでしょうが、その辺あんまり気にならず、普通に集中して勉強できているウメコです。嗚呼、己の図太さに乾杯☆でも、
イスラエル語で喧嘩されるのはどうにも落ち着きませんね。

大家さん一家……イスラエル人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪い癖。

中国語の勉強のおかげで、漢字「ブドウ(葡萄)」が書けるようになった今日この頃。バナナまでも漢字(中国語)で書けるようになりました。このまま行けば、漢検1級も取れそうな気がします(違)。さて、新年&新学期早々、昼寝癖がつきましたー!!何も「!」マークをつける必要は無いんですけどね。

コレが何を意味するのかと言うと、学問に於ける死を意味します。
確実に減ってくる勉強量。
……不安以外の何物でもない!!|||○| ̄|_

とりあえず、週末に治してまいりますー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新装開店2006(遅)

2006年になったという訳で、何の意味も無くリニューアル。めちゃサイキックにしてみましたが、如何でしょうか。ぶっちゃけ、タイトルすら変えてますからね。えぇ。やりたい放題です。今学期は英語・中国語・心理学・社会学を取ってます。妙に小慣れた所為もあってか、やや余裕ぶってます(フフッ)。その割に、時差ぼけがすぐに治りません(一時帰国した故)。

そんな時差ぼけのウメコに衝撃を与えてくれたのが、中国語のクラスにいる、とあるカナダ人。「○○ですか、それとも□□ですか?」という質問文の作り方についてやっていたのですが(平たくいうと"or"の使い方)、その男、機敏に挙手し、作った例文を堂々と発表しました。

「あなたは映画館に行きたいですか、
         それとも中国に行きたいですか?」

・・・何だこの差はΣ(´□`;)

彼の頭の中では映画館に行く事と中国に行く事は同じ位簡単な(もしくは難しい)ことなんか!?明らかに労力に差があるやろ!!と猛烈に(心の中で)ツッコんでいたら、先生が真面目に

「文法的には何の問題もありませんが、
     内容は許容範囲外ですね

と仰いました。分かりきってます。てか、許容範囲外なんですね。相変わらず変な面子の多い中国語のクラスだなぁと思いながらウメコの新学期は楽しく過ぎていきます……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »