« バイバイ | トップページ | 春休み 其の壱【招かれる客達】 »

FINAL EXAM終了!10代も終了!

デュワーーー!!(謎)やっと、終わりました、final exam。今日から春休みです。とりあえず、部屋の掃除しないと…(現在えげつない状態です)。一応、ヘタな点数は取りはしないだろうという所でしょうか。社会学に関しては何とも分かりませんが、先生の好きそうな単語をふんだんに使ったエッセイを書き上げました。「傾向と対策」的です。しかもヤマが当たって絶好調でした☆

ついでに20回目の誕生日もテスト期間中に迎えました。

テスト直前だった事もあり、日にち感覚も狂っていたので、自分の誕生日だと気がついたのは、当日の午後11時ごろでした(爆)。慌てて、その日1日何をやっていたかを振り返ると、

①テスト勉強

②【ノルウェイの森】再読

③TVドラマの【FRIENDS】【SEX AND THE CITY】を観賞

…忙しいんだか、そうじゃないんだか、さっぱり分からない1日となってました。うん、でも③に関して言うならば2時間だけだし…。

ここで、気がついたこと。

【ノルウェイの森】の主人公の設定が、丁度19歳から20歳だったのです。ウメコが言うのも変な話ですが、あんな19歳おらんわ(´□`|||)
それから、大人になった証拠なのか、この本の内容に対する思いみたいなものが、少々変わりました。一番最初に読んだ時(中学)は

終始、主人公がまぐわっている悲恋小説

ぐらいにしか思ってなかったのですが、テスト前の緊迫した状況の中で、20歳になった時に読むと、流石にもっと深く哀しい所まで読み込めました。うん、恋愛小説は基本的に大嫌いですが、【ノルウェイの森】は良いです。うん、終始一貫してまぐわっている事に変わりは無いけれど…。嗚呼、村上春樹ってスゲェ…(ウエイトの感じられない発言)。

ちなみに、「“まぐわう”って何?」って思った人、もしくは「そんな単語知らない」って人、まだまだ若いです。素敵です。分かった人、アダルトです(色んな意味で)。

それにしても、もう20年も生きたのか、と思うと異常に長く感じられます。思えば、小さい頃から変わり者でした(爆)。うん、記念としてちょっと書いておこう~。

【出生時】
チンパンジーの赤ちゃんにそっくり(写真参照)。Ukobaby_3   親がしょっちゅう言っていたのですが、「それは言い過ぎやろう!」と思って、ウメコが大きくなった頃に写真を見せてもらったら、間違い無くチンパンジーの赤ちゃんみたいでした。っていうか、軽くショックだったのを覚えている…繊細だったのですよ、当時は(笑)。ちなみに、写真のオランウータンの赤ちゃん…誕生日が4月だそうです。どんなニアピンや(汗)。

【幼少時】
趣味:スベスベした石ころ集め。
お気に入りスポット:家の近所の細い溝。
…なんか、家の周りに幅30cm位の細い溝があったのですが、そこにスポッとハマってました。敢えて。何がしたかったんだろう…きっと、そのフィット感の虜になったんだと思います。

【7歳…小学1年生】
読書にはまりだしました。無駄に図書館に通ってた記憶が…。この頃はおとなしく絵本でしたけど。あと、隣の席の何とかちゃんが物凄い怪力で椅子を振り回していたのを覚えています。変なコ大集合。

【8歳】
己の不注意で頭蓋骨をカチ割りました。その所為で頭蓋骨後頭部にひびが入りました。初めて縫われました(しかも頭)。梨やらリンゴやらについているのに良く似た、メッシュを被ってました(包帯のズレ防止)。色々初体験な年だったYO★(爆)

【10歳】
父親の仕事の都合で韓国に。最初、マジで行きたくなくって、駄々をこねていた記憶があります。これが最初の引越し。でも、住めば都だったなぁと今は思う。しかして、また住めるか、と言われれば、「それは別問題だ」と答えるに違いない。英語もこの頃始めました。

【12歳】
初めて文庫本を読みました。今じゃ絶対に読まない赤川次郎の【三毛猫ホームズの黄昏ホテル】。でも、このシリーズに何故か当時ハマってしまい、日本に一時帰国するたびに本屋で大量に買い集めてました。レジに15冊くらいの文庫をドンと持っていって、
店員「…本のカバーいかがいたしましょう?」
ウメコ「全部、つけてください」
店員「かしこまりました」
というやり取りを繰り返してました。物凄い本屋殺しの小学生。それから、母親の本棚の中から吉本ばななの【キッチン】【うたかた】を借りてきました。現在進行形で借りてます。

【14歳】
今までの人生の中で一番病んでました(爆)。所謂、反抗期だか思春期だか。学校も嫌いだったし、行きたくなかったです。いや、ちゃんと行ってたけどね…似非優等生だったから(笑)。恐ろしく無感情・無感動だったし、全てがどうでも良いと思ってるジメジメした時期でした。その割に生徒会の書記なんかやってました…楽だし、中学を牛耳れる、という理由だけで。実際、牛耳る=自分のやりたいように出来るって感じだったので、モラルの範囲内でやりたい放題でした。何で書記の分際で牛耳れたのかは秘密です

【16歳】
韓国より帰国して、高校生に。片道2時間通学。午前4:30起床。午前1:30頃就寝。今はそんな事出来ません。したら死ぬ。土曜と日曜は目が腐るほど寝てました。実際、「目ぇ腐るで」って何度も親に言われてました。貯め寝なんて不可能なんでしょうが、あの当時は可能だと自信を持って言えてました。初めて自分の携帯電話を持ったのもこの時。使わなさ過ぎて、2週間ぐらいは充電せずともOKでした(爆)。何せ、最初は勿体無くて、自分が電話をかける時以外は電源切ってましたからね。うん、ありえないよね、帰国子女の発想って(違)。

【17歳】
ニュージーランドに1年間留学。激太りして帰ってきました。プラス13kgかな!ハッ!でも、この留学で将来の方向性を見出した気がします。心理学とか、英語とか。一度NZで、学校帰り、制服を着ていたのにもかかわらず、バスの運転手に銀行員と間違われ、大人料金を請求されました。生徒手帳が全てを解決しましたが、思えば、この頃から「老け」まっしぐらです。

【18歳】
激しく遊び呆けてました。まぁ、卒論の時期は流石に寝てなかったけど、それ以外の時は一応遊びまくってました。うん、今までの中で一番楽しい年でした。研修旅行先(ベトナム)では馬鹿騒ぎだったし…若さゆえのパワーがあの時はありました。仲の良かった友達と泊りがけの旅行に行ってたのもこの頃。カラオケ、お泊り、色々でした。ついでにこの頃には心理学が己のやりたい事だと自覚していた次第です。

そんな訳で今はもうハタチです。だからって何かが変わる訳でもなければ、何かが落ち着く訳でもありません。でも、周りの人、友達、家族からのお祝いの言葉には大きな意味があるのです。誕生日は自分の為に喜ぶのではなくて、そういう周りの人からの言葉に喜びを感じるものなのだなぁと少し思った今日この頃なのでした。よし、真面目に終われた。

|

« バイバイ | トップページ | 春休み 其の壱【招かれる客達】 »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

ウメちゃんの20年をありがとう。
ちゅーが20年を迎えたとき、覚えていたら、同じことをします。笑
溝にはまる気持ち、分かるわぁ。
うちは、5、6歳の頃、近所の溝(結構深い)を飛び越えるのがマイ・ブームで、一人度胸試ししてた。うん、溝には計り知れない魅力があるよね。ビバ・溝☆☆

20歳、おめでとう!
Final exam終了、おめでとう!

投稿: ちゅー | 2006/04/20 02:00

ファイナル、そして誕生日おめでとうございます!
20歳・・若いですね!!(って自分の老け具合を暴露してるわけじゃないけど)
私は幼少の時、ばあちゃんの家の裏手にあった糞溜めにはまりました。
・・・下品な話ですみません。

投稿: つっちー | 2006/04/27 07:12

下品な話、welcomeです!(笑)面白ければ多少下品でも何でもありです。正直、コメントを読んだ時に吹き出してしまった次第です(反省)。溝と糞溜め…えらい違いです!

投稿: umeco | 2006/04/29 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/9679011

この記事へのトラックバック一覧です: FINAL EXAM終了!10代も終了!:

» ペンション菜の花 [http://kei-tai.biz/baby/]
千葉県の赤ちゃん歓迎の宿の紹介です。 [続きを読む]

受信: 2006/04/24 02:44

« バイバイ | トップページ | 春休み 其の壱【招かれる客達】 »