« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

春休み 其の拾【Victoria】

Mapmainland2 バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の中には、バンクーバー・アイランドがあり、その中にはビクトリアという街があります。バンクーバーからはフェリーで行く場所なのですが、春休みというコトで行って来てしまいました!!うむ、時間があるって素晴らしい!詳しい場所は左の地図で確認してくださいねー(クリックで別窓表示…なハズ)。

今回はウメコがよくしてもらっている姐さんと2人で行って来ました。事前にしっかりとバスやフェリーの時間を調べ、乗り継ぎの具合を調べ、何処に行くかなども綿密に決めて、いざ当日!

まさかの午前4:30起き |||○| ̄|_

こっ…こんなに早起きをしたのは高校の時以来です。更に驚いたんですが、

階上に住んでる大家さん、起きてました。

上からごそごそと音がします。奥さんを呼ぶ大家さんの声までしました…。イコール、夫婦で起きてたってことです。Stay up late なのか、Wake up earlyなのか不明ですが。
さて、そんな大家さんにビビりつつも、行きのフェリーで腹が減っては困ると思い、さくっと御飯を炊いて、おにぎりも用意しました(用意周到)。ちゃちゃっと用意して、6時に家を出ました。それから近所のバス停まで歩いていたのですが、途中にあったマクドナルドには既に客の姿が…(6時開店)。日曜の早朝にマクドに行く理由がウメコには分かりませんが、何か年齢層が物凄い高めだったので、何と無く納得しました

127_2750 それから市内バスをキャッチ。空港近くのバス・ステーションまで一気に行きまして、姐さんと合流。Tsawwassen(ツァワッセン?)という所からフェリーで1時間半くらいかけてビクトリアへ。フェリーに乗り込むと、まさかのJTB観光ツアー集団が視界に飛び込んできました。よくよく回りを見てみると、案外に日本人が沢山居ました。ツアー集団始め、バックパッカー、ウメコ達のような個人旅行者、しまいには語学学校から来たのだろうと思われる集団(大量のアジア人+白人の引率者)までいました。凄いね…さすが、国籍のちゃんぽん、BC州(何か違う)。写真はフェリーの甲板から撮った小島。ビクトリアに行くまでに、沢山の小さな島々の間を縫うようにしてフェリーは進んでいきました。

1時間半後、空は快晴、風も涼しげ、絶好の小旅行日和の中、フェリーはするすると船着場に到着しました。其処でビクトリアのOne-day Bus Passを購入し、ブッチャート・ガーデンと呼ばれる大庭園にバスで向かいました。ビクトリアのダウンタウンから随分離れている為、バスの外に広がる景色は本当にのどかな田舎の風景。ポツリポツリと建っている家々はどこか可愛らしいカントリー調で、姐さんと2人で「可愛いね、あんな家に住みたいね」と始終話していました。写真も撮ろうと頑張ったのですが、何せ揺れるし、止まらないしで、結局良い写真は撮れず…残念。

そうしてバスに揺られる事30分、ブッチャート・ガーデンに着きました。

127_2754_1 今年で100周年を迎えるみたいです、ブッチャート。春というコトもあって、庭園内は沢山の種類のチューリップが咲き乱れていました。赤、黄、白、ピンクの他にも、品種改良されたのか、赤×白のチューリップや、茎の長いチューリップ、茎が短く、花部分も小振りになっているモノ等、その種類の多さには驚かされました。勿論、チューリップ以外にも春を代表する花々が綺麗に咲いていて、何だかもう心和む空間、といった感じ。下に並べているのがココで撮った花々です。

127_2758_2 127_2760_1 127_2765
127_2766 127_2772 127_2767

全部はココには載せきれない!他にも色々見たいという物好きな方は右のメニュー・バーより、【Victoria】をクリックしてくださいねー♪(大分下の方にあります)

ウメコは乙女でも花好きな人間でもましてや蜂でもありませんが、素晴らしかったです、ブッチャート・ガーデン。同時に、おじいちゃん&おばあちゃんグループを引率していたツアー・コンダクターのお姉さんにも素晴らしいと一言言ってあげたい。おつかれっしたー!!…で、そんなツアコンのお姉さんの勇姿を横目にブッチャート・ガーデンを去り、今度はビクトリアのダウンタウンに向かうバスに乗り込みました(あっさり)。

127_2782 ビクトリアのダウンタウン…軽く一目惚れするぐらい素敵でした!ヨーロピアン調の素敵な街造りと建物がシックでとっても格好良いのですよ。本当、バンクーバーのダウンタウンに比べれば月とスッポンです。何と言っても凄かったのが、BC州議事堂(写真奥のブツ)。そらもう、日本の国会議事堂よりも百倍風格があって、重みがあって素敵なつくりなのです。近くまで行って、見て参りましたが、軽く城みたいでした。ついでに、正面には噴水があって、ラブラブ・カップル(死語)がそこでイチャこいてました。州議事堂の真ん前でイチャこけるその度胸がすげぃ。っていうか、誰かツッコまないのかな~、としばらく観察していたのですが、誰もがシカトでした。隠れ身の術よりよっぽど隠れられていた2人です。拍手。

127_2787 それからミニチュア・ワールドという観光スポットに行ってまいりました。そこは歴史的なシーンをミニチュアで再現している場所で、それはそれはよく出来た“小さな世界”が大きなショーケースの中いっぱいに広がっていました。写真はサーカスが街に来た時の様子。…きっと歴史的一瞬だったのでしょう。何が何だか…。まぁ、もう少しマトモな所を言えば、昔の貴族の家の中、アメリカの南北戦争の様子、昔のBC州内にあった炭鉱の様子などがありました。9割以上の展示が繊細なものだったのですが、何故か貴族の家の中の様子を表したミニチュアの人形だけがえっらい手抜きでした(明らかに頭部がデカかった=異常頭身)。製作者の調子がここで崩れたのか…謎は深まるばかりです。

それからグルリとダウンタウン内を回って、夕食を取る事にしました。何せグルグルグルグル歩き回っていたし、ろくに食べ物を食べていなかったので(昼はサンドイッチだけ)激空腹状態。どこのレストランで食べようかなーと海沿いの道を歩いていると、セクシーなお姉さんが呼び子をしている所があったので、そこに入る事にしました(爆)。
127_2792 シーフード・レストランとしっかり表に書いているだけあって、ディナーメニューもほとんどがシーフードでした。それでもメインのモノは少々値が張っているし、量が半端じゃなさそうだったので、ウメコはシーフード・パスタを注文、一緒に腹ペコしてくれていた姐さんはシーフード・キッシュを注文しました。で、軽いであろうと思って出て来たのが写真のブツ。パスタ以外にもガーリック・ブレッドとこんもりサラダが付いてきました!よっしゃ、と意気込み、パスタを一口。それがとってもクリーミィで美味!!写真じゃ分かりにくいですが、エビやホタテ、なんぞの貝が沢山入っていて、贅・沢!少々こってりしたパスタとは正反対に、サラダはビネガーがよく効いているさっぱりドレッシングで、とっても味のバランス良く食べる事が出来ました。あ、勿論ガーリック・ブレッドも美味しかったですよ♪…しかし、このパスタの乗った皿…何気に2cmくらいの深みがあって、食えども食えどもパスタが減らない。今更ながら、『白人の1人前って多いな』と実感、涙を呑みながらほんの少し残してしまいました…。あー…勿体無かったなぁー…。

ようやくお腹が落ち着いた頃、レストランを後にしてフェリー乗り場に向かう為のバスに乗り込みました。コレがなんと2階建てバス!!それならば当然…とばかりに、2階席の最前列に腰を下ろしましたvv真下には運転手。目の前はガラス1枚。いつもとは違う目線でバスの外に広がる景色を楽しんでいたのですが、さすがに20分ぐらいするとトロトロと眠気がやってきました(心地良い揺れと気温があるとすぐに寝る体質)。フェリー乗り場に着き、すぐに閉じようとする目をこじ開けつつもフェリーに乗り込むと、ウメコも姐さんも爆睡。フェリーがTsawwassenに着くと、ようやく眠気も消えて、2人してバスの中でキャイキャイお喋りし始めました。そうやってバスを乗り継ぎ、乗り継ぎ、喋っては黙し、黙しては喋り、何とかかんとか家に着いた時は既に深夜12時を超えておりました。いやー久々に20時間くらい起きてましたね。そこからはもう、化粧を落として、即・就寝。3分くらいで寝たような気がします。

はい、大した旅行記でも何でもないのですが、最後まで読んでくださった方、お疲れ様でしたー。他にも色々撮った写真は全部【Victoria】にありますので、暇があれば、見てやってください<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み 其の九【オープン】

溜まっていたコメントへのレスを一気に書き上げました。大した事は書いてませんが、レスが気になる方はどうぞー。関係ないけど、気がついたら【津軽海峡冬景色】を口ずさんでましたー。フル・コーラスでー(爆)。

さて、今日は久しぶりに中国人のお友達と電話でお喋りしてました。当初、1人でブラブラする予定だったのですが、何せまた雨降りな日なので、延期。家でぼーーっとしてたら、掛かってきました。結論から言いますと、その電話に出るべきではありませんでした(後悔)。彼女、怖ろしい程の勢いで喋るのですが、今日の電話は話してくれる内容までもが怖ろしく深かったのです。

下ネタ含みますので、読みたくない人は腹黒度チェックでもしていてね★ちなみに、コレより先の記事とリンク先は何の関係も無いですよー(適当)。

付き合い始めてかれこれ1ヶ月経つかなぁと言う彼女とそのカレシ。気がついたら、そのカレシに関する話ばかりを聞かされていました…無駄に詳しく。

友達「でねー、ジョンソンってば何だかんだと文句が多いんだよー。もう少し女の子らしくしろとか何とかってさー。あたし、十分女の子らしいよねぇ!?」
ウメコ「うん、大丈夫だよ。うちより全然女の子してるよ!(自虐)まぁ、そんな風に言うのも、あんたのコトが好きだからだろうしー」
友達「うーーん///(照)。確かに昨日も相当ヤったしね
ウメコ「…はぁ(汗)」
友達「昨日はしつこかったのー!1回だけ、って言ってたのに、結局ダラダラしちゃって、気付いたら夜中12時前で、バスも無くって、だからジョンソンの家に泊まらせてもらってさー。そっから立て続けに2回ヤって……」
ウメコ「うん。っていうか、そんなディテール要らないから!(滝汗)」
友達「良いのよ、気にしないでー」
ウメコ「(こっちが気にするっちゅうねん!!)」
友達「で、今腰が痛い
ウメコ「知らんわ!!!」
友達「でも、体重ちょっと減ったよーvvv」
ウメコ「………くっ…(引き下がらない!)」
友達「1回ヤったら、ホットドック1個分のカロリー消費なんだって知ってた!?」
ウメコ「知らなかったよ。っていうか、痩せ狙いなのか、お前わっっ」
友達「んーー、そうとも言う」
ウメコ「ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ」

もう、ツッコめん…と思って電話を切りました(爆)。確かに、何でも言い合うような仲ですが…ここまで言われると。その後、別の友達に電話をかけて、今しがたあった事を話すと、

「あのコ、いつもああだよ。
学校のカフェテリアでもそんな話してるし」

っていう、怖ろしい返答が返ってきました。鬼や。公共の場でも、己のセクシャル・ライフを語れる彼女がスゲェとも思えました。が、周囲にいる人間としては「控えてくれよ」というのが誰しも本音のようです。うん、オープン・マインドも程ほどが大事ですね。ていうか、わざわざ電話してきてそんな話を延々聞かされるのは御免です…(-ω-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春休み 其の八【Individualismなんで】

昨日のプレゼントのぬいぐるみ、ベッドサイドにポジション決・定★
一応、ご報告です。更に不思議な事に…

ずっと見てたら、段々可愛く思えてきたよ★★

さて、出だしとなんら関係ありませんが(爆)、カナダで放映されているTV番組は、ドラマ(昼ドラ含)、コメディ、ドキュメンタリー等など、色々なモノがあります。今あげたモノは日本でも勿論あるものなのですが、日本よりも断・然多い(とウメコが勝手に思っている)のが競争/オーディション系の番組。異常に多いです。まぁ、大体の番組はアメリカ番組なので、つまるところ、北米の番組の傾向と言えるでしょうね。

ウメコが以前お世話になっていたホストファミリーのマザーとその娘2人が大ハマりしていたのが【American Idol】。平たく言えば歌手のオーディション番組で、毎週毎週候補者が歌を披露し、1人だか2人だかずつ脱落して、最後の1人を決めると言うものです。見事American Idolの座につけた人は、歌手デビューこれ、いつのまにやらシリーズ化していて、【American~】の他にも【Canadian~】【Australian~】などまであります。ついでに、元祖【American Idol】はかれこれ5回以上行われております。が、ぶっちゃけ、歌手として成功しているのは、今の所Kelly Clarksonくらいです。その他のAmerican Idolは見かけません。…元の生活に戻ったんだね★

Tyra 歌手の他にも皆が憧れるモノといえば、モデル。【America's Next Top Model】はモデル・オーディション番組です…名前の通り。一般の人達からの応募の中から、最終候補者達(20人くらい)が選出されまして、その彼女達が毎週1つの写真課題に取り組み、駄目な人間がボツられていくというもの。確かに皆さん顔もスタイルも抜群です。でも、物凄い性格ひん曲がってます(爆)。女社会の怖さを実感出来る番組です(趣旨はそこじゃないですが)。でも、唯一「格好イイ!」と思えるのが、司会の現役モデル、Tyra Banks(タイラ・バンクス/写真参照)。彼女はこの番組のプロデューサーでもあると同時に、司会も務めています。更に彼女、他にも自分のTV番組を他にも持っているから驚き(=“喋り”も出来るという事)。しかもモデル業もバリバリこなしているのだから、まさにデキる女。そして何より、色っぽーーーいっ!

他にもまだまだありますが、とにかく競争が大好きな北米TV番組。ぶっちゃけ、途中で上記2つを観戦放棄したのですが(単に飽きが来た)、こっちの人は結構熱心に見ております。こういうのって、きっと文化の違いなんでしょうね。個人主義の北米だからこそ、勝ち負けを前面に押し出したモノが面白い番組に成り得るのだと思います。特に、誰かを蹴落とし、上に上にと上り詰めていく様はまさにINDIBVIDUALISM(個人主義)。日本のように、「和」を大切にするCOLLECTIVISM(集産主義)な国ではあまり見られないのは、蹴落とし・蹴落とされ~が受け入れられにくいから…かもです。詳しい事は分かりませんが、ウメコ的にこういうのは物凄い早くに飽きが来ます(爆)。毎回展開が同じなのでねー…。

そんな飽き性のウメコは最近もっぱらドキュメンタリーにハマり中。昨日なんか、朝から【ピラニアの生態】なる番組を観てました(ピラニアって賢い!)。んで、今朝は警察のドキュメンタリー番組を観てました。自動照準銃を持った犯人達との熾烈な銃撃戦を繰り広げたアメリカの警察の話だったんですが、もう、凄まじかったです。…朝から何を見ているんだって感じですが、面白いです。カナダに居る人は是非、Discovery Channelを★(ドキュメンタリー専用チャンネル)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み 其の七【プレゼント】

大家さんが家の鍵忘れて外出してたよ★
…彼から電話があり、「裏の戸を開けてほしいんだけど」と言われ、開けてあげました。うむ、これで前回の借りは返せたぜ!!(誰)

しかして、今日もどんよりしているバンクーバー。友達との約束もキャンセルになって、何だかツイていない模様。しょうがないので、家でのんびり小説を読んでおりました。ウメコがご贔屓している森博嗣さんの【迷宮百年の睡魔】というミステリィ。激しく格好良いです。

さて、読書をしていると大家さんの奥さん(閉め出されてた人#2)が「ポストに入ってましたよ」とウメコ宛の郵便を届けてくれました。請求書だろうと思いきや、友達からの小包。な、な、なんとビックリ、ウメコの友達がわざわざ誕生日プレゼントを送って来てくれたのです!(感動)キャー!ウメコの友達は何故か皆、こういうところが物凄いキッチリしています。律儀です、ハイ。そして、そんな律儀な友達が沢山いるので、今年は何かしら色々な誕生日プレゼントを色々な律儀さん達から頂きました(感謝)。ちょっとご紹介。

127_2719_r1_1 127_2720_r1
上の2つはバースディ・カードです。北米にはえげつないぐらい沢山の種類のバースデイカードがあります。その中から「これはウメコ向けなカードだろう」と時間とお金をかけて選び、買ってくれただけでも、十分嬉しいです!

127_2718_r1_1 127_2723_r1 127_2722
左上のプレゼントは、この前日本に帰ってしまったお友達が、別れ際に「少し早いけど、誕生日プレゼントねvv」と言ってウメコにくれました!まさかもらえるとは思っていなかったので、かなり嬉しかったです。青いビーズで出来た小物入れ。でも、大して小物やらアクセサリィを持っていないので、現在、一時的にペンたてとして使わせていただいております(爆)。2つ目のぬいぐるみはウメコが大好きなGaspard&Lisa(ガスパールとリサ)のリサです!!案外乙女なんだな、とか思うなよ。高校の時はコレの手帳を持ち歩いておりました。フランスから来たキャラクターかな。何かとにかく可愛い!で、コレをくれた友人は、ウメコがコレ好きなのを知っていて、お店で見かけてすぐにコレだと思って買ってくれたそうです。彼女の記憶力に拍手!それから、3つ目のプレゼントはオーブントースター。軽くウメコのリクエストです(笑)。コーヒー・メーカーとオーブントースターを随分前から欲しがっていて、見かねた(?)お友達のちゅーちゃんとロバさんがプレゼントしてくれました~♪

そして今日、ついさっき届けられた小包の中には…………

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

127_2734_r1

どーーーーーーーん!!(爆)

なんでやねーーーん!!!!

っていうか、怖いわ!!!!

予想だにしないプレゼントが小包の中からコンニチハ。ヤバい…新しすぎるぜ、このプレゼント…。意表を突かれて、不覚にもマジで驚いてしまったウメコは、30秒ぐらいしてからようやく↑のようにツッコめたのでした。やれやれ、何てこったい(誰)。

とか何とか言いつつも、送り主とは仲が良いし、彼女の意図する所もキチンと理解しているので問題無く、普通に受け取ります。いつの頃からか、ウメコと親しい友達の間で贈られるプレゼントは「ウケてなんぼ」なモノになってきたので、こういうの、正直懐かしいです。はい、そこ、「お前の友達関係大丈夫か」とか思わないように。

まぁ、これだけでは面白くないので、ちょっと写真を撮ってみました。

127_2728

つぶらな瞳。
すらっとのびた睫毛。
ピンクの頬。

127_2731

ちょっと女の子っぽく見えないことも無くはない訳ではない(苦)。

127_2733_r1

たらこ。

ひたすら遊んだ後(爆)、家のどこに設置しようか考えつつ、色々な場所に置いてみたのですが、何せ色濃い存在感があって、どこに行っても妙に浮いてしまってます。例えば、

127_2742
ソファの上。

127_2744
ドーーーーン!

N
テレビの上。…リサが少しよけ気味に見えるのは気のせいですか(爆)。

まさか、贈った本人もここまでブログ的にのっけられると思ってなかったでしょうね。彼女とウメコの間には意外性が常に求められているのです(適当)。そして、やられたらやり返します(ビバ★ハンムラビ)。当人、驚いているに違いない(フフッ)。

まぁ、でも今日一番のツッコみ所は、
この人形相手にシャッターきりまくってるウメコ
ですけどね!(爆)あまりその辺はリアルに想像しないように。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

春休み 其の六【まったり嘘つき】

歩き回った所為で疲れてたのか、えらい遅くに起床しました、ウメコです。12時に寝たのに、まさかの10時起き。寝すぎだ。しかも今日は天気もガタ崩れだったので、家でのんびり読書してました。あと、友達が来たり、御飯を家で一緒に食べたり。うん、普通の一日でしたね。と言う事で、今日はどうでもイイ話。

ウメコは嘘吐きです☆

虚言症じゃないですよー。ただ単にバレない嘘を吐くのが上手いんですよ。昔から妹相手に物凄いくだらない嘘を何百回と吐いて、何百回と妹を騙してきました。勿論、深刻な嘘なぞ無くて、大体は物凄いくだらない嘘だったんですけどね。しかも、すぐに嘘を認めるという…。例えば、

ウメコ「マンボウって寝る時横向きになるんやで
妹「そうなん!?」
ウメコ「嘘。

みたいな。即行自白です。相手が信じた瞬間、自白してがっかりさせてました。
超 サ デ ィ ス テ ィ ッ ク ☆(爆)
何やらそれが良い訓練になっていたのか、知らぬ間に嘘が上達してました。親の前ではそんなに嘘を吐きませんが(ばれるから)、身内以外なら結構騙せます。ちなみに、上記の例は子供の時に吐いていたレベルの嘘ですのでご了承下さいませね。今現在、こんな嘘吐きませんから(今もこんな事してるなら、相当頭の弱いコですね★)。

嘘が上手い、と言っても、やたらめったら嘘を吐き回ってるわけじゃぁありません。そんな事してたら後始末が大変だし、辻褄合わせの為に嘘を重ねなければならないし、面倒くさい。

さて。誰にオススメしているのか不明ですが、嘘を上手に吐くには

100%バレない嘘を吐く事です。

当たり前だ、と思うでしょうが、案外やってない人多いです。彼女に嘘をついて、別の女の子とデートする場合、どこかで友人に見られるという可能性がある訳で、つまり100%隠し通せるものとは言えません。また、浮気相手を家に呼ぶ、というのも100%ではありません。浮気相手が女性の場合(つまりアナタが男性の場合)は特に。女性は基本的にお喋りです。女の「ここだけの話なんだけど…」ほど、ここだけの話じゃないです。うん、ウメコも女ですよ、だから敢えて言ってるんですよ(爆)。そんな訳で、その浮気相手がそのまた友達にこっそり「ココだけの話…」をしている可能性が無きにしも非ず、イコール、いずれ何処かでボロが出る可能性があるのです。100%バレない嘘というのは、つまり、他人と共有しない嘘です。事実を捻じ曲げ、その捻じれを知るのが自分だけなら、自分が言うまで、絶対にバレません。

あとは適度な演技力度胸頭の回転さえあれば、どんな嘘でも可能だとウメコは思います。嘘吐き講座みたいになってきましたなぁ(笑)。演技力のない人は不自然に見え、度胸のない人は落ち着きなく見えます。頭の回転が遅い人は、辻褄を合わす事が出来ずに自爆します。

こんな事言いつつも、最近はちっとも嘘ついてません。吐く必要が無いし、からかうような相手もいないし。でも、嘘を吐けるって少し大事な事だと思います。相手の立場を考え、相手を傷付けない為に吐く嘘は時として必要ですし、他人に与える被害を最小限に抑えられるのなら、嘘も大事なコミュニケーション・ツールの1つです。逆に、他人に何かしらの深刻な被害を与える嘘は絶対に吐いてはいけないと思います。詐欺なんかがそれの良い例ですね。

また、(他人から見て)深刻でもなんでもない嘘を吐く人がいたりしますが(きっと他人に知られたくない何かがあるのでしょう)、そういう人に限って物凄いバレバレな嘘をついてます。他人に「嘘吐いてるな」と悟られてしまう事ほどイタい事はありません。見ているこっちは楽しいですがね(Sッ気発動)。

何故にこんな話題になったのかは不明ですが、とりあえず終了。節度ある嘘吐きライフを送りませう!(謎)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春休み 其の五【MAIN TO OAKRIDGE MALL】

127_2702_r1 今日も快晴なバンクーバー。春休みと言う事で、とりあえず今までの「行きたくてもいけなかった場所」めぐりをしようと企てているウメコは、今日はMAIN streetに行って来ました。一口にMAINと言っても、そりゃぁ長~~い通りなのですが、注目すべきはMID MAINと呼ばれているトコロ。アンティークショップ、カフェ、それにユニークな小物屋さんで埋め尽くされているこの地域は、他の人と同じなんかイヤだわっ!と言う人向け(多分)。

ウメコはダウンタウンに行く時に、MAIN streetを通るのですが、今日まではずうっとバスからの景色を眺めているだけでした。ちなみに、右の写真は家とMID MAINの中間辺りの景色。大体、どこもこんな感じで、木々が道の両サイドに生えていて気持ちが良いです。うん、春って感じ。

「休みに入ってから、全然動いてない」というファクターを気にして、そこまで歩いて行ってきました(笑)。っつっても30分弱しかかからなかったので、大した運動になってませんけどね~。Mr.Childrenの曲を聴きながらのお散歩(こういう時にぴったりのB'zの曲が見つからなかった)。

127_2703_2 127_2704
大体、どのお店も「いかにも!」という雰囲気が出ていて素敵です♪左上の写真はビーズ系統のお店だったような(うろ覚え)。派手なお店ではなくて、本当にこぢんまりとしたモノ。置いているものもユニークさはあれど、派手さはあまりありません。アンティーク物のお店はもっとどっしりした感じ。大体渋い茶色のお店です。置いているものも茶色、ベージュ、黒、白と、シックな色が多いです。まぁ、アンティークだしね。掘り出し物もあるんでしょうが、いまいちアンティーク通でもないので、良し悪しが分からない…。

127_2705 127_2706
左上の写真は今回気に入ったお店。MY ORANGE BAGというお店で、ハンドメイド系のクラフトと、おしゃれ~な洋服を取り揃えておりました。何も買わんかったけどね!(爆)。お店の人とお客さんがフレンドリィに会話してました。だからって「お前、何か買ってくんだろうなぁ」と押し付けがましい訳でもなく、「最近、天気良いわよねぇ♪」みたいな、非常に良い雰囲気。そうそう、右上の写真は、とあるアンティークショップの外に置いてあったチャップリン。気に入ったので撮ってみました。ある意味、今日一番の掘り出し物。

127_2709 その後、「携帯の使用料金払いに行こう」と思い立って、MAIN streetをぐぐっと外れて、OAKRIDGE MALLというショッピング・モールに目的地を設定。今更バス代も勿体無いわ、と思い、やっぱり歩く(ケチくさい)。方向音痴なウメコでも、「こっちの方かなぁ~」ぐらいの思い切りで進めば何とか目的地にたどり着けるので、この辺りの地理というか、道のひかれ方は結構好きです。

そんな訳で、方向だけを頼りに、全く知らん道をズンズンと歩いていくと広い原っぱに出ました。こんなもんが住宅地のど真ん中にガーン!とあるんだから凄いわ、カナダ。見れば、ちびっ子が楽しそうにサッカーやってました。で、お母さん方はベンチでお喋りしたり、ねっころがってたり。良いですねぇ、休日っぽくて。

127_2711 さらにさらに進んで行くと、スタジアムが見えてきました。NAT BAILEY STADIUM…。行った事無いし、名前を聞いた事もないので何とも言えません。形から察するに野球場?でも、カナダって全然野球が盛んじゃないしなぁ…。野球…昔は嫌いだったけど、高校の時ぐらいになるとたまに普通に観てました。巨人-阪神戦(後者の応援です)。日本の実家の近くには、元・近鉄バッファローズの2軍ベースである野球場がありましたが、今はどうなってるんだろう…っていうか、誰か使ってるんだろうか(爆)。物凄いボロい記憶が…。

127_2715 で、そのスタジアムを通り越して、ぐんぐん歩いて、QUEEN ELIZABETH PARKという、ゴツい名前の公園を通り抜けて行きました。写真の中に何気にアヒルがいました(パソコン上で見た時に初めて確認した)。何か、こんな写真ばかりだとバンクーバーがちっとも都会じゃないように見えますが、実際、全然都会じゃないです(爆)。でも、自然と街が良い感じで共生している場所ではあります。まぁ、ダウンタウンは別としてね。

結局今日は4時間ほど歩き回って家に帰りました。天気も良かったし、気分はリフレッシュ出来たし、良い一日でしたっ!今から晩御飯だー!何作ろう…(鶏肉を買いに行くのが)面倒くさいから豚丼だな(爆)。それから【ダヴィンチ・コード】を読もう~(まだまだ序盤)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春休み 其の四【遠出の先にあったもの・懐かしき場所?】

ここ3日、快晴続きのバンクーバーより更新しております、ウメコです。

今日は友達のちゅーちゃんのガイドでバンクーバー市よりも遠くにある、コキットラム(COQUITLAM)に行って来ました!個人的には久々の遠出です。まずはちゅーちゃんと待ち合わせの為にNEW WEST MINSTERという所に。

そこまで行く途中、ウメコはバスに乗っていたのですが、突如として、そのバスが物凄い勢いでバス停に人が居ても止まらなくなりました。「え!?今のバス停、物凄く沢山人が待ってたやん!」っていうバス停も素通り。ガンガン素通り。何がどうなっているのかと疑問に思い始めた頃、バスの車内放送で運転手が

「このバス、予定よりも10分遅れている為、今から終着駅のバスターミナルまでノンストップで参ります。バスターミナルまでのバス停で降りたい方は、次のバス停で一旦止まるので、そこで降りて、次のバスを待っていてください」

って…日本じゃありえないよね☆流石にビックリしました。ソレを聞いて、何人かは「やれやれ」といった感じでしたが、それ以上何も言わず。コレが許容範囲なのはありなのか!?と思うのは、きっとウメコが日本人だからでしょう。

ソレより何より悲惨だ…と思ったのが、車内放送の意味が分からなかったのであろう中国人。ラスト・ストップから轟々と走り出すバス内で、必死に停車リクエストをしたのですが、それをよそに運転手が気持ち良いほどの無視!!バンクーバー、多いんですよ…英語出来ない中国人のおじいちゃん&おばあちゃん。出来なくても生活できてしまうこの環境もどうかと思うのですが、やはりこういったアクシデントの時に困りますな。ウメコとしては、「だから止まんないんですよ、ターミナルまで」って言いたかったんですけど、英語は通じなさそうだし、中国語も通じないし(うちが初心者な上に、彼・彼女らは広東語を喋ってた)、悪いなぁと思いつつ放置してました。うん、途中から諦めの表情を浮かべていたし(爆)。

126_2685 そんなアクシデントもありつつNEW WEST MINSTERに着くと、待ち合わせよりも15分早く着いてしまってました。時間つぶしにちょっとウロウロしよう!と決め、NEW WEST MINSTER MARKET…川沿いにある、小ぢんまりとした市場に行ってまいりました。そこで例の【ダヴィンチ・コード】を購入。本屋のお姉さんが囁く様に喋ってくれてたのが印象的でした(汗)。市場はちっとも繁盛してなかったんですが(爆)、川沿いにあるし、天気も良いという事もあって、オープンカフェは少々賑わっていました。本当に今日は暑いくらいの日で…。キャミソール姿の女性もチラホラ、ノースリーブの男性もチラホラでした。カナダ人的に快晴=夏なんだろうか…。
126_2683_3    126_2686_1
ついでに、マーケットの横には船上型カジノがあります。動きはしないらしいです。うん、興味ないからよく知りませんけど。イマイチ、カジノにはロマンを感じないのですねー…麻雀好きだけど、賭けないし。余談ですけど、中国方式だと“リーチ”って無いそうです(雀師の友達談)。常に黙って、こっそりアガるくさいです。

126_2690_r1 さて、15分で本を買って、写真を撮って、時間を潰して、駅に戻ってちゅーちゃんと合流。コキットラムに向かって出発しました。まぁ、そこから10分弱で着いたんですけどね。一応、遠出です。んで、モールでウィンドウショッピングし、憎きWAL-MART(弱いもの虐め代表)も見学だけして、スタバでフラペチーノをオーダー。天気の良い日は冷たいものに限ります。ちなみに写真はモールの入り口。何だっけ…ローヒー・モール?日本語で書くと不思議な感じ。あぁ、写真の左下に写ってしまっているのはウメコのスプリング・コートです…あしからず(多分、風でブァッとなった)。モールの中はグランマと呼ぶに相応しいおばあさんが沢山いらっしゃいました。どうして、白人は歳をとるのが基本的に上手いんでしょうね。少しずつ少しずつシワを書き足していくような年のとり方に比べて、アジア人って顔やら何やらをグシャ!!って握り潰したかのごとく年をとる気がします。えぇ…こんな事言いつつも、将来自分もグシャ!!って年とるんですけどね。何かこう…もう少し優雅に年をとれたら良いなぁ(20で既に歳のとり方を考えているうちって一体…)。

そうそう。

大体何でココに連れてきてもらったかと言うとですね、
126_2691_r1 126_2692

ココ、何を隠そう、コリアン・タウンな訳ですよ。昔、韓国に在住していたウメコとしては、少々ハズせないスポットだということで、来てみた訳です。ちゅーちゃんは親切にも(?)コリアン・スーパーマーケットに連れて行ってくれました(写真↑右参照)。コッテコテの韓国スーパーで流石に焦ってしまいました。何しろ、入った瞬間、韓国海苔に使われているごま油の匂いがヌオーンとしたんですからね。凄いです。この近くに住んでたら、間違いなく毎日コリアンだわ…っていう勢いで色々そろってました。

126_2694_1 126_2695_1

うむ…コッテリです。

126_2693

ついでに、お店の中にホットクと呼ばれる、シナモン焼き…とでも申しましょうか、とにかく韓国のお菓子が売っていたので、思わず買ってしまいました(右写真参照)。モチモチした生地の中に、シナモンシロップがトロリと入っている、とっても美味しいお菓子。韓国に住んでいた時も、母親と出かけた時によく買ってもらいました。ご当地では4つで100円ぐらいだったと思うんですが、ココは1つで100円ほどでした。うん、ショウガナイヨネ。ちゅーちゃんは韓国風たい焼きを買ってました。日本のと何が違うの?と思われるでしょうが、強いて言うなら、日本のたい焼きの方が甘いです。うん、きっとソレ位の違い。

スーパーも巡った後、少々早めの晩御飯を、そのスーパーの近くにあった韓国料理屋で済ませました。久々にスンドゥブチゲ(辛い豆腐のナベ)を頂き、満足満足。そこでしばらく(何故か)小学校の時に流行った事、給食、小さい頃の将来の夢、寛大な心とは等、ツラツラと喋って、帰って来ました。久々に充実した1日でした~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春休み 其の参【モテてる?】

心理学と社会学の成績通知が遅くて、ちょっとイラついてます、ウメコです。もうそろそろ出ても良いんだけどなぁ…結果。ちなみに、成績は全てオンラインで表示されます。物凄いあっけないです。ああいうのは、手紙で来て、無駄にワクワクドキドキしながら封を開ける方が楽しいと思います!(結果はさておき)

さて、前回に引き続き、ウメコのお友達の話。

ウメコのお友達の中には、【美人】の部類に入るベトナム人の女の子がいます。ぶっちゃけ、彼女自身も己の美貌には自信を持っております。そんなナルシストの彼女の傍にはいつも誰かしら男の子がついてるんですねぇ。そうなんですよ、モテるんですよ…

ブサイク格好良くない男の子に…!!(爆)

こう言っちゃなんですが、取り巻きの男の子達はお世辞にも格好良いとも、ウメコの趣味とも言えません。主観的に見ても客観的に見ても、格好良くない。渋くも無ければ可愛くもない。人を外見で判断する訳じゃないんですが、とりあえず、外見だけについて言わせて頂くなら……「下」レベルです(遠まわし)。

それで彼女は満足なのか?と思われるでしょうが、彼女、
120%満足してます。Σ( ̄ロ ̄lll)

「○○に誘われた」
「××が好きだって言ってきた」
「●●のコト、前にフったのに、まだしつこく言い寄ってくる」

なんて話を、さも「美しいって罪ね」ばりの雰囲気で話してきます。どっちかと言えば、「美しい彼女の周りにいる男達の顔が犯罪ね」って感じですけど、彼女はお構いナシです(爆)。まぁ、そんな話、ウメコは正直聞いてませんけどね。必殺☆聞き流し…です。

さてさて。

ちっともモテないのと、辛うじて(?)格好良くないのに沢山モテるのとでは、どちらが良いのでしょう?前者の方は、高確率で独り身まっしぐらですが、後者は高確率で誰かとオツキアイできます……選り好みさえしなければ(爆)。

ウメコは前者希望です。「梅」レベル10人に迫られるよりも、1人でブラブラと気ままにやってる方がずっと良いと思われます。もし、ベトナム人の彼女の立場なら、我が身を呪ってるところです(酷)。外見重視な訳ではありませんが、せめて「竹」は欲しい…と思うのです。そう、普通って大事。

そうそう、一度、彼女に「ウメコに格好いい人紹介してあげるよ」と言われ、強引に会わされた人が物凄くアウトだったコトがあります。「タイプじゃないから」と言って逃れましたが、あれは私的に「梅」以下だった。個人の好みの問題か?と思い、その男の子を知っている友達に聞いてみた所、余裕で

HE IS SOOOOO UGLY!!(超ブサイク!!)

と、容赦無い返答を頂いたので、とりあえず、コモン・センスで彼は格好良くないということになりました。ていうか、会わされた時、軽く騙されたと思いました。性格も子供っぽくて無理だったし。

そんな訳で、最近彼女には近づいてません…色んな意味でついて行けないし、訳分からんのを紹介されても堪りませんからね(平和主義)。きっと彼女は、今日も誰かとディナーなんかしてたんだと思います。やぁれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み 其の弐【お好み焼きと甘みと雀師】

激内輪な誕生日パーティーをしてまいりました!何とウメコの友達、モカ味のバースデイ・ケーキを買って来てくれました!(ウメコがコーヒー好きだと知っての判断)感謝感激雨あられです。
Mochacake

お楽しみは後にとっておいて、まずは2人からのリクエストであるお好み焼きを作りました~。ホットプレートを持っていないウメコは、普通にフライパンで焼いていたのですが、お好み焼きが出来る過程を見たことが無い彼女達は興味深々で、ウメコの背後に立って、無言でフライパンの上のモノを見ていました……緊張した(汗)。何故か大阪人=お好み焼きを華麗にひっくり返せる、と思っている2人だったので、ヘタにひっくり返せなかったのです。

さぁ、緊張の一瞬!
物凄いプレッシャーを感じながらも、
ヒョイッ!と綺麗にひっくり返すと同時に

おぉぉぉぉっっ!!

……手品を目の前で見ていたのに、タネが分からない観客みたいな声を上げられました。でも、ちょっと嬉しかったり(笑)。ダウンタウンにある、彼女達のお気に入りの日本料理屋さんには、お好み焼きがメニューにあるのですが、あのお好み焼きよりも全然フワフワで美味しい!!」と感激してくれました。当たり前のことが凄く思えるのは異文化ゆえの事。何しろ、お好みソースをシマシマにかけてあげただけで、「SO PRETTY!!」と言ってハシャいでくれた2人。もう、どっちが至れり尽くせりだったのか…笑。

その後、TV見ながらお喋りして、ウメコのパソコンをいじっていると、友達の片割れがウメコのデスクトップにある麻雀のアイコンに気付きました。

友達「ウメコ!!麻雀やるの!?」
ウメコ「うん、ちょっとだけだけど」
友達「やっていい!?」
ウメコ「え、出来るの!?」
友達「決まってんじゃん!!高校ん時、バリバリやってたんだよね!」
ウメコ「Σ( ̄ロ ̄lll)」

流石、チャイニーズ・カナディアンだな、と思いました。

で、彼女、やり始めたんですけど、唐突に
「これって“サンガン”?それとも“チキン”?」
って聞いてきました。タダでさえ、ちょっとパソコンの麻雀にハマってる程度のウメコなのに、そんなサンガンやらチキンやら分かる訳がありません。説明を要請すると手短に説明してくれました。それを更に大雑把に言うと、サンガンは上級者向けのルール、チキンは(名前の通り)初心者・中級者向けのルールってとこですかね。サンガンの方が1局が長引きます(簡単にあがれないから)。
ココで分かった事。

日本のルールはチキンである。

……何かしら悔しい気がするのは何故なのでしょうね。
「まぁ、チキンでも良いや、ちょっとやらしてね」と彼女は言い残して、麻雀を始めました。しょうがないと思って、ウメコは横で見てました。

そしたらビックリ、彼女、物凄い強いんです!!
麻雀は如何に早く、“ハン数”の多い役柄(組み合わせ)を作るかが目的なのですが、大体は2~5ハン(初心者だからウメコはこの位が普通だと思ってます)。なのに彼女、

1局目、ロンあがりで、それが
5ハン(清一色…1種類の牌だけで出来た役柄)+2ハン(ドラ…ボーナス)。

しかも、ポリシィなのか、絶対に見た目が良い役しか作ろうとしませんでした。対戦者の役が見た目的にアウトならば「うわっ、しょぼっ!」「汚い~!」「最低~」と文句たれまくり。この時は彼女が友達って言うか、雀師に見えましたね

あんまり熱心にやってるので、ウメコはもう1人の友達に頼まれて、またまたネイルアートをやってました。人にやるのも中々に楽しいvv自分の爪じゃないから、物凄い慎重にやらなくちゃいけないから大変ですけどね。

ひとしきり対戦していた雀師(ネット麻雀までやってた)が適当に飽きた頃、もう1人の友達に彼氏からのコールが入って、お開きになりました。いやぁ、楽しかったです。麻雀の勉強にもなったし、ネイルアート出来たし。でも…でもね、

あいつら、ホールで買ってきたケーキの半分を、普通にうちの冷蔵庫に置いて帰りやがったよ☆★☆

友達呼んで、片付けなくちゃ…1人でアレ全部は多すぎる…|||○| ̄|_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み 其の壱【招かれる客達】

クラムチャウダーを鍋で温めてて、しばらく放置していたら底が焦げてたよ☆ウッカリ者なウメコです。いやぁ、春休みですね。日本にいらっしゃる皆さんは新年度ですねぇ。まぁ、だから何だといわれれば何も無いんですが(爆)。

昨日、お友達が3人我が家にやってきてくれました。まず、年上お姉さん。いつもお世話になっております。何したわけではないのですが、おしゃべりして、彼女の爪にネイルアートをほどこさせて頂きました。かなりショボい出来になってしまったのですが、彼女は非常に喜んでくれました。嗚呼、良かった(汗)。
そんな彼女は宗教に非常に興味があって、キリスト、イスラム、ユダヤ、仏教、etc...に関する細かい事まで知っています。そんな彼女が大ハマりしているのが、裁判沙汰になってちょっぴり大変な状況の【ダヴィンチ・コード】。2週間強かけて、英語バージョンで読破したらしいのですが(尊敬)、彼女、「もう、今のキリスト教なんかありえないよ!!」と豪語しておりました。天地ひっくり返るぐらいの事実がそこにはあるらしいです。
彼女に1時間ぐらい【ダヴィンチ・コード】について熱く語っていただき、ウメコもすっかり買いに行く気満々です。映画もじきに出ますが、「本をモトにした映画よりも、その原作本の方が常に面白い」と思っているウメコは本を読むつもりです。春休み中に読み切れたら良いなぁ。あ、でもオドレイ・トトゥ(【アメリ】を演じた女優)が出てるから、映画も観たいかも…トム・ハンクスも(ミーハー?)。

続いてのお客様。

高校時代からのお友達ことちゅーちゃんと、現在同じカレッジに在籍しておりますロバさん。誕生日プレゼントを貰いました。ななな何とオーブントースター!!(感涙)…後生大事に使おうと思います。そのお礼…にはなりませんが、ウメコが晩御飯をご馳走しました。大阪人丸出しでお好み焼きです。たまに食べると美味しいです♪
その後、ロバさんはご帰宅され、ちゅーちゃんとウメコはとあるプロジェクトを完成さすべく、夜10時から深夜1時までフル回転で作業に没頭しておりました。作業完了後、即行就寝。

…最近、夜更かし出来ない体になってます。
昔は1時になっても眠くなんかならなかったのに…。

あ、何か今日の記事は日記っぽい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FINAL EXAM終了!10代も終了!

デュワーーー!!(謎)やっと、終わりました、final exam。今日から春休みです。とりあえず、部屋の掃除しないと…(現在えげつない状態です)。一応、ヘタな点数は取りはしないだろうという所でしょうか。社会学に関しては何とも分かりませんが、先生の好きそうな単語をふんだんに使ったエッセイを書き上げました。「傾向と対策」的です。しかもヤマが当たって絶好調でした☆

ついでに20回目の誕生日もテスト期間中に迎えました。

テスト直前だった事もあり、日にち感覚も狂っていたので、自分の誕生日だと気がついたのは、当日の午後11時ごろでした(爆)。慌てて、その日1日何をやっていたかを振り返ると、

①テスト勉強

②【ノルウェイの森】再読

③TVドラマの【FRIENDS】【SEX AND THE CITY】を観賞

…忙しいんだか、そうじゃないんだか、さっぱり分からない1日となってました。うん、でも③に関して言うならば2時間だけだし…。

ここで、気がついたこと。

【ノルウェイの森】の主人公の設定が、丁度19歳から20歳だったのです。ウメコが言うのも変な話ですが、あんな19歳おらんわ(´□`|||)
それから、大人になった証拠なのか、この本の内容に対する思いみたいなものが、少々変わりました。一番最初に読んだ時(中学)は

終始、主人公がまぐわっている悲恋小説

ぐらいにしか思ってなかったのですが、テスト前の緊迫した状況の中で、20歳になった時に読むと、流石にもっと深く哀しい所まで読み込めました。うん、恋愛小説は基本的に大嫌いですが、【ノルウェイの森】は良いです。うん、終始一貫してまぐわっている事に変わりは無いけれど…。嗚呼、村上春樹ってスゲェ…(ウエイトの感じられない発言)。

ちなみに、「“まぐわう”って何?」って思った人、もしくは「そんな単語知らない」って人、まだまだ若いです。素敵です。分かった人、アダルトです(色んな意味で)。

それにしても、もう20年も生きたのか、と思うと異常に長く感じられます。思えば、小さい頃から変わり者でした(爆)。うん、記念としてちょっと書いておこう~。

【出生時】
チンパンジーの赤ちゃんにそっくり(写真参照)。Ukobaby_3   親がしょっちゅう言っていたのですが、「それは言い過ぎやろう!」と思って、ウメコが大きくなった頃に写真を見せてもらったら、間違い無くチンパンジーの赤ちゃんみたいでした。っていうか、軽くショックだったのを覚えている…繊細だったのですよ、当時は(笑)。ちなみに、写真のオランウータンの赤ちゃん…誕生日が4月だそうです。どんなニアピンや(汗)。

【幼少時】
趣味:スベスベした石ころ集め。
お気に入りスポット:家の近所の細い溝。
…なんか、家の周りに幅30cm位の細い溝があったのですが、そこにスポッとハマってました。敢えて。何がしたかったんだろう…きっと、そのフィット感の虜になったんだと思います。

【7歳…小学1年生】
読書にはまりだしました。無駄に図書館に通ってた記憶が…。この頃はおとなしく絵本でしたけど。あと、隣の席の何とかちゃんが物凄い怪力で椅子を振り回していたのを覚えています。変なコ大集合。

【8歳】
己の不注意で頭蓋骨をカチ割りました。その所為で頭蓋骨後頭部にひびが入りました。初めて縫われました(しかも頭)。梨やらリンゴやらについているのに良く似た、メッシュを被ってました(包帯のズレ防止)。色々初体験な年だったYO★(爆)

【10歳】
父親の仕事の都合で韓国に。最初、マジで行きたくなくって、駄々をこねていた記憶があります。これが最初の引越し。でも、住めば都だったなぁと今は思う。しかして、また住めるか、と言われれば、「それは別問題だ」と答えるに違いない。英語もこの頃始めました。

【12歳】
初めて文庫本を読みました。今じゃ絶対に読まない赤川次郎の【三毛猫ホームズの黄昏ホテル】。でも、このシリーズに何故か当時ハマってしまい、日本に一時帰国するたびに本屋で大量に買い集めてました。レジに15冊くらいの文庫をドンと持っていって、
店員「…本のカバーいかがいたしましょう?」
ウメコ「全部、つけてください」
店員「かしこまりました」
というやり取りを繰り返してました。物凄い本屋殺しの小学生。それから、母親の本棚の中から吉本ばななの【キッチン】【うたかた】を借りてきました。現在進行形で借りてます。

【14歳】
今までの人生の中で一番病んでました(爆)。所謂、反抗期だか思春期だか。学校も嫌いだったし、行きたくなかったです。いや、ちゃんと行ってたけどね…似非優等生だったから(笑)。恐ろしく無感情・無感動だったし、全てがどうでも良いと思ってるジメジメした時期でした。その割に生徒会の書記なんかやってました…楽だし、中学を牛耳れる、という理由だけで。実際、牛耳る=自分のやりたいように出来るって感じだったので、モラルの範囲内でやりたい放題でした。何で書記の分際で牛耳れたのかは秘密です

【16歳】
韓国より帰国して、高校生に。片道2時間通学。午前4:30起床。午前1:30頃就寝。今はそんな事出来ません。したら死ぬ。土曜と日曜は目が腐るほど寝てました。実際、「目ぇ腐るで」って何度も親に言われてました。貯め寝なんて不可能なんでしょうが、あの当時は可能だと自信を持って言えてました。初めて自分の携帯電話を持ったのもこの時。使わなさ過ぎて、2週間ぐらいは充電せずともOKでした(爆)。何せ、最初は勿体無くて、自分が電話をかける時以外は電源切ってましたからね。うん、ありえないよね、帰国子女の発想って(違)。

【17歳】
ニュージーランドに1年間留学。激太りして帰ってきました。プラス13kgかな!ハッ!でも、この留学で将来の方向性を見出した気がします。心理学とか、英語とか。一度NZで、学校帰り、制服を着ていたのにもかかわらず、バスの運転手に銀行員と間違われ、大人料金を請求されました。生徒手帳が全てを解決しましたが、思えば、この頃から「老け」まっしぐらです。

【18歳】
激しく遊び呆けてました。まぁ、卒論の時期は流石に寝てなかったけど、それ以外の時は一応遊びまくってました。うん、今までの中で一番楽しい年でした。研修旅行先(ベトナム)では馬鹿騒ぎだったし…若さゆえのパワーがあの時はありました。仲の良かった友達と泊りがけの旅行に行ってたのもこの頃。カラオケ、お泊り、色々でした。ついでにこの頃には心理学が己のやりたい事だと自覚していた次第です。

そんな訳で今はもうハタチです。だからって何かが変わる訳でもなければ、何かが落ち着く訳でもありません。でも、周りの人、友達、家族からのお祝いの言葉には大きな意味があるのです。誕生日は自分の為に喜ぶのではなくて、そういう周りの人からの言葉に喜びを感じるものなのだなぁと少し思った今日この頃なのでした。よし、真面目に終われた。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

バイバイ

テストの山場を越えました、ウメコです。ややお久しぶり。ブログのテンプレートも新しいのにしてみました。…何がサイコティックって、上の女の子の目がパチパチ動く所★真夜中のフランス人形的なホラー具合ですΣ( ̄ロ ̄lll)

今日はお友達が日本に永久帰国する日だったので、彼女を空港まで見送りに行ってきました。彼女はお友達が沢山いる人で、当然ながらお見送りに来る人も沢山。人当たりの良い、気さくなお姉さんでした。来学期から寂しくなります、本当。

彼女がゲートをくぐる直前にゃ、1人1人にハグしてお別れの言葉を残して…ついでに男衆が彼女の頬にキスをして、えっらいカナディアンちっくなお別れになりました。きっと、日本でやってたら周りがドン引きです。そして彼女がゲートの中に消えていくのを見届けた直後、変な音が…。

チュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッ

友達全員でキョドってたら、うちらの横で娘とその父親と思われる人がハグしてお互いの頬をくっつけた状態でキス音を連続的に出しているのを発見しました。…普通、そこは1回だろ、っていうツッコミをよそに、豪快に続くキス音。

チュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッ

母親らしき人が物凄い微笑んで2人を見守っています。

チュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッチュッ

友人「…あのぐらいやれば良かったね」

全員「「「うん」」」

連続キス音親子の所為で、いやに地味なお別れになってしまったのでした。比較対象があるって怖いね。でも、彼女には日本でも頑張って行って欲しいと思います。そしてウメコはもう1つのテストに向けて頑張ろうと思います。あーストレス溜まりまくりで、髪の毛抜けてるわ、爪が短くなるわ、部屋が汚いわ、とにかく散々です(全部自業自得)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アレがくる

学期末試験まで、いよいよ1週間を切りましたので、ブログの方もしばらくお休みさせていただきます。波乱万丈の今学期ももう終わり…。次回の更新は14日あたりかと思われます。ってことで、

逝ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは高価すぎるやろ

イースターあたりに、以前お世話になっていたホストファミリーを訪ねる予定だったのですが、ばっちりテスト前なので断念して、今日、ソレの代わりにチョコレートを贈ろう!と思い立ち、チョコレートを買って、包装して、郵便局まで行ってきました。

カウンター「Regular mail? (普通郵便ですか?)」
ウメコ「Yes」
カウンター「What's inside? (中身は?)」
ウメコ「It's chocolate. (チョコレートです)」
カウンター「and value?(いくら位の価値のもの?)」
ウメコ「Two Fifty(2ドル50セントかな)」

カウンター「TWO FIFTY!?(250ドル!?)」

ウメコ「NO!!Σ( ̄ロ ̄lll)」

まさかの英語ミス…っていうか、向こうの理解ミス?言われてみれば、$2.50も $250も日常会話だとTWO FIFTY だし、間違えるのも仕方ないかな…と一瞬納得しかけましたが、そんな高価なチョコレート無いだろう、一般的に(汗)。少なくとも、もっさいアジア人(女)はそんなモンを誰かに送るなんてしません。

キチンとdollar とcent を使って、英語の教科書並みの正しい英語で言いなおしたら、「あーそうだよね、そんな高いチョコレート無いよね」って理解してくれました。$250(約2万5千円)するチョコレート…あるかもしれないのに、敢えてそうやって言ってくれたカウンターのお兄さんとウメコの間に庶民臭が漂ったのは言うまでもありません。異文化コミュニケーションの中に生まれる庶民臭……素晴らしいです(謎)。

ちなみに、高級チョコ=GODIVAな気がして、検索してみたら、余裕で$260のチョコレートにヒット。まぁ、チョコレート以外のトコロにもお金がかかってますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長い人生の中で10回はやっちゃいそうな事

今日は朝から晴天♪朝ごはんを食べながら、何の気無しに窓を開けてみると、案外暖かい。午前中はドラッグストアに行って、チョコチョコっと買い物をする予定だったので、「流石にこの気温じゃ、いつものジャケットだと暑く感じるだろうなぁ」と思い、春モノのコートをひっぱり出してきました。久々に着る春コートvv身支度もしっかりして、鞄を持って家のドアをガチャンと閉め切ったその時…!!

ハッ!!家の鍵、忘れたああ!!!(滝汗)

そう、何を隠そう(?)家の鍵をいつもの冬ジャケットのポケットに入れた状態で出てきてしまったのです!衣替えの時期に起きる、まさかのドッキリ。「え、鍵かけたんじゃないの?」と思うかもしれませんが、うちの家のドア、中で鍵を掛けた状態でドアの外に出て、そのままドアノブを回さずに閉めれば鍵がかかる仕組みなんですよ。要するに、車と同じ仕組み(中でロックして、そのまま外でドアを閉める)。

運悪く、大家さんが外出中だったので、「ヤベェ、連絡取らんと!」と思って鞄を開けたら

携帯も無い……!!!(お約束)
何故だ…!?

.

.

.

充電中だったんだ!!!(阿呆)

色んな意味でやる気をなくしましたね。

ですが、「ドタバタしてもしょうがないな」と思い、とりあえずドラッグストアで洗顔料とヘア・ケア用品を買って、ついでに近くの中華料理屋で昼御飯を食べました。適当に近所のお店をブラブラ見て回って、時間を潰して、「もう良いかなぁ~」と思った頃に家に戻ってみると、

大家さんがしっかりと庭でガーデニングをなさってらっしゃいました。

よし、予感的中!とばかりに事の成り行きを5秒で説明して、ちゃっちゃと合鍵でドアを開けてもらいました。結果オーライなんですが、その時の5秒間の自分がうっかりさん☆っていうか、小物な雰囲気で切なかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲泥の差

明日からDSTです。1時間時計を進めないといけません…損した気分。通常と同じ時間に起きても、実質は1時間少なく寝てることに…。

今日は雨降りで、でも家にこもっててもやる事なかったので、METROTOWN(ショッピングセンター)にある、中国系スーパー・T&Tまでお買い物に出かけました。そこで偶然にもお友達のちゅーちゃんに会いました。彼女の母上と弟君が彼女を訪ねてきてて、色々な所を案内している途中でした。

…今朝、化粧して出かけようか否か迷って、結局化粧をした自分に乾杯(爆)。これぞニアミス。休みだからといって、出かける時に気を抜いてはいけないというのが今日の教訓です。

家族水入らずの所を邪魔してはいけないので、ウメコはそそくさとその場を去って、ちゃちゃっとお買い物を……と思ったら、全然スムーズに行きませんでした。何が悪いってね、中国系スーパーの中の無秩序さ!!(怒)奴ら、止まりたい所で止まって、止めたい所でカートを止めて、もうやりたい放題。わめくし…ボンボン当たってくるし…。「周りの人の邪魔にならないようによける」という発想が無いくさいです…。

そんな訳でちょっとくたびれ気味でそのスーパーを後に。

帰りのバスが来るバス停に向かっていると、向こうからウメコの友達が彼氏と楽しそうにやってきました。明らかにデートです。

友達「あ、ウメちゃ~ん♪」
ウメコ「うわーぐうぜ…(∑ハッ!)」

ウメコ:くたびれた顔つき with 買い物袋2つ

友達:物凄く幸せそうな顔つき with 彼氏

.

.

.

.

何、この差 |||○| ̄|_
離婚直後の女 VS 新婚カップルみたいな雰囲気出てました(爆)。10年後のデジャヴかもしれません……うん、有り得る有り得る(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »