« 長い人生の中で10回はやっちゃいそうな事 | トップページ | アレがくる »

それは高価すぎるやろ

イースターあたりに、以前お世話になっていたホストファミリーを訪ねる予定だったのですが、ばっちりテスト前なので断念して、今日、ソレの代わりにチョコレートを贈ろう!と思い立ち、チョコレートを買って、包装して、郵便局まで行ってきました。

カウンター「Regular mail? (普通郵便ですか?)」
ウメコ「Yes」
カウンター「What's inside? (中身は?)」
ウメコ「It's chocolate. (チョコレートです)」
カウンター「and value?(いくら位の価値のもの?)」
ウメコ「Two Fifty(2ドル50セントかな)」

カウンター「TWO FIFTY!?(250ドル!?)」

ウメコ「NO!!Σ( ̄ロ ̄lll)」

まさかの英語ミス…っていうか、向こうの理解ミス?言われてみれば、$2.50も $250も日常会話だとTWO FIFTY だし、間違えるのも仕方ないかな…と一瞬納得しかけましたが、そんな高価なチョコレート無いだろう、一般的に(汗)。少なくとも、もっさいアジア人(女)はそんなモンを誰かに送るなんてしません。

キチンとdollar とcent を使って、英語の教科書並みの正しい英語で言いなおしたら、「あーそうだよね、そんな高いチョコレート無いよね」って理解してくれました。$250(約2万5千円)するチョコレート…あるかもしれないのに、敢えてそうやって言ってくれたカウンターのお兄さんとウメコの間に庶民臭が漂ったのは言うまでもありません。異文化コミュニケーションの中に生まれる庶民臭……素晴らしいです(謎)。

ちなみに、高級チョコ=GODIVAな気がして、検索してみたら、余裕で$260のチョコレートにヒット。まぁ、チョコレート以外のトコロにもお金がかかってますけどね。

|

« 長い人生の中で10回はやっちゃいそうな事 | トップページ | アレがくる »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/9422719

この記事へのトラックバック一覧です: それは高価すぎるやろ:

« 長い人生の中で10回はやっちゃいそうな事 | トップページ | アレがくる »