« イイモノ | トップページ | 日焼け~ »

スペルは遺伝

生物の時間に先生がつぶやいた、関係無さ過ぎなトリビア:

英単語のスペルが出来ないのは遺伝的なもの!

例えば、いくら注意しても複数形を表す"S"を語尾に付けるのを忘れる人(ネイティヴ・スピーカーでもいるらしい)、"S"と書くべきところで何故だかいつも"C"と書いてしまう人なんかがいますよね?まぁ、英語が第二言語の人についてはさておき、ネイティブ・スピーカーでこういう間違いをするのは遺伝的なものなんだそうです。

言い換えるならば、親が複数形の"S"を良く忘れるのなら、子供も"S"を忘れるわけです。更に言うならば、スペルに弱いのはその人の所為ではなく、その家系の所為なのです!

ママ「もう!どうしてあんたはいっつもスペリングのテストでそんなに悪い点ばっかり取るのよ!?ねぇ、どうしてよ!?」
子供「そういう血筋だからだよ

って会話も成り立つ、って寸法です。ってか、腹立つな、こんな子供(爆)。

はっきりとは分かりませんが、スペルミスが遺伝的なものなら、漢字間違いも遺伝的なものと言えるのではないでしょうかね?あー、どっかの学者さんが調べてないかな…。漢字じゃないけど、たまにド忘れが酷いと、ウメコは平仮名の【ぬ】とか【ね】とか書けなくなります(痛)。何だろう…2年に1回ぐらいの割合で。

|

« イイモノ | トップページ | 日焼け~ »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

そ。。。そんな遺伝なんて(笑)ひどい話ですな・・・・

投稿: さお | 2006/06/27 14:42

この話を聞いて気分が萎えました(苦笑)。「頑張ってるウチって一体…」て思った訳ですよ。スペルに対する苦労は無駄である!みたいな主張のように聞こえて仕方ない…。

投稿: umeco | 2006/06/29 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/10697117

この記事へのトラックバック一覧です: スペルは遺伝:

« イイモノ | トップページ | 日焼け~ »