« 死に物狂いで得た解放---Side Story | トップページ | ビックリする位集まらなかったので、3人で。 »

就活セミナー in Vancouver

今日はBCJSN(British Columbia Japanese Student Network)さんが企画した、就活セミナーに行ってきました。留学生のために就活情報をご提供~っていう企画です。ありがたや、ありがたや。まぁ、ウメコは専門職種希望なので、企業に就職する訳ではないのですが、興味があったので行ってまいりましたよ~♪

午前11時半。現地に早く着きすぎたので、まずは会場の向かいにあったBLENZ(カフェ)でコーヒー&クロワッサンを買い、遅めの朝食にありつきました。課題のショートストーリーを読みながら、パクパクとクロワッサンを頂く土曜の朝。…響きだけは適当にオサレです。まぁ、課題やりながら過ごす朝ほど切ないものはありませんが…。

さて、適当な時間になったので、クロワッサンだけ食べ切り、コーヒー片手に店を後にした直後、悲劇がウメコを襲いました。なんと、

カナディアンに後ろからぶつかられ、持っていたカップより、コーヒーがビシャッとブラウスに飛び散り、豪快に茶色のシミがっっっ!!!

幸先悪い~……でも、わざとやられた訳じゃないので、怒るにも怒れない。諦めて、上着で微妙に隠しつつ、会場入りしました。嗚呼、恥ずかしい。

セミナーが始まるまで、1時間弱ほど時間があったので、セミナー会場である小さめのレクチャーホールの席について、読みかけだった課題を再開。常に課題が付きまとうなんて、背後霊に憑かれるぐらい悲しいですよ。

で、1時過ぎにようやくセミナー開始。

セミナーの内容としては、

  • 留学生の就活の仕方
  • 就活のポイント
  • キャリア・フォーラムの活用

ってトコでした。キャリア・フォーラムって全然知らなかったんですけど、何と、アメリカのボストンの方で毎年日米バイリンガル(留学生)対象に行われている、就活大会みたいなモンらしいんですよね。色々な企業さんが集まって、大きな会場でそれぞれのブースを持ち、就職希望者はそこで企業さんらと面接をし、内定を貰うっていう。1つの会場内で、色々な企業さんの紹介を聴いたり、面接を受ける事が出来るみたいなんですよ。へぇ。すげぇ。

しかも、中にはSony、電通なんかの、日本国内ではまずそんな就活イベントに来てくれない人気企業さんも来てくれるみたいで。国内に比べりゃ、競争率も低いそうで、これは留学生ならではのメリットですよ。

ボストンのキャリア・フォーラム…行ってみたいけど、ぶっちゃけ、ちゃんと就職する意思が無いと、行ってもしょうがないってプレゼンターさんが仰ってたので、行きません~。大体、ウメコ、就職じゃなくて大学院進学希望だしネ。途中で、気が変わって、まずは就職だー!ってなったら行きますけど。

あとは、質疑応答の時間があり、セミナーは1時間半ぐらいで終了しました。途中、プレゼンターさんの例え話がよく分かりませんでしたが、まぁ、良いでしょう(何様?)。

そんな訳で、今日はなかなか有意義なお昼を過ごす事が出来ました。就職するのは先だ、と言っていても、いつ何時ウメコの進む道が変わるや分かりませんからね。それに、いつかは自分だって何かしら職を持つわけですから、やはりこういう話をしっかりと聞いて、それなりに就職観を持つ事は大事だなぁと思ったりなんかしちゃったり。

あー早く天職・適職に就きてぇー!

あ、余談ですが、うちに最も不向きな職種は営業です!
(人見知りが激しいし、疑り深いし、押しが弱いので)

|

« 死に物狂いで得た解放---Side Story | トップページ | ビックリする位集まらなかったので、3人で。 »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/12196495

この記事へのトラックバック一覧です: 就活セミナー in Vancouver:

« 死に物狂いで得た解放---Side Story | トップページ | ビックリする位集まらなかったので、3人で。 »