« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

なめくさってんじゃねぇよ★

*お詫び*
しばらく、メールボックスを開いてなかったもんで、Hotmailアカウントが消えてました(爆)。一応、11月20日以降にメールをくださった方には、お返事を返してるんですが(Nさん、Tさん)、それ以前にウメコにメールを送ったんですけど…って方は、申し訳ないんですが、もう1度送ってくれませんでしょうか。それかもう、見捨ててください…。本当、ごめんなさいです。よろしくお願い致します。
------------------------------------------------------------

はい、ってなワケで、昨日はブチ切れてました、ウメコです。今日はやや呆れ気味です。はい、事の始まりは哲学の授業でした。

哲学のクラスで、ウメコの隣によく座る中国人の女の子が、かれこれ2週間ぐらい哲学のクラスに出てなかったんですね。学期の終わりだし、中間テスト(2回目)の後から、ぱったりと消えちゃったので、「あー…きっと、テストの結果が良くなかったから、もう哲学のクラスを落としたんだろうな~」なんて思ってたんですよ。

そしたら、今日、来ました。物凄い久しぶりに。で、授業が終わった後、何で来なかったのか、って理由を聞いたら、

「中間テストがあって……ゴニョゴニョ(←聞き取れなかった)」

と申されまして。まぁ、大変だったんでしょうよ、他の教科が。そっかーそうなんだー大変だねーって言って(適当/ 爆)、次のクラスに行こうとしたら、何故か彼女にガッチリ捕まえられまして。

中国人「1週間で随分進んだのね」
ウメコ「いや、2週間ぐらい来てなかったじゃん」
中国人「ううん、1週間だけよ」
ウメコ「あ、そう?(どっちでもエエわ)
中国人「多分、遅れを取り戻すの、大変だよね」
ウメコ「そりゃ、そうでしょ!(あーあー絶対くるよ、この流れからして…)
中国人「ねぇねぇ」
ウメコ「ん?何?(あーもーホラ、来たー)

中国人「一緒に勉強しない?(ニコッ★)」

ウメコ「(えーー!?何この子、対等な立場でそんな提案してきてんのーー!?何か、エラそうだし!!勉強一緒にするってか、ウメコが一方的に教えんといかんのでしょーー!?モノの頼み方ってもんがあんだろーー!?) いや、この後、授業あるから…」

中国人「じゃ、…そうねぇ、明日の午後とかどう?」

ウメコ「(うわー…しかも、どっちかっていうと、自分の都合優先気味だよーー!教えてほしいなら、まずウメコの都合の良い時間とか日とか聞けよーーー!!)いや、明日の午後も授業あるから」

段々、呆れてきました。呆れついでに、ウメコのS本能がムクムクと覚醒しだしまして。

中国人「じゃ、週末は?月曜日は?

ウメコ「(しつけぇーーー)ごめんね、来週の月曜日にスペイン語のテストがあるから、この週末はそっちに向けて勉強したいし、うちって、人に教える時以外は基本的にに1人でないと勉強できないから、ごめんねっ」

やんわりストレートに可愛く断ってみました。ここで、「勉強教えて…」って素直に来るかなぁと思ったら、

中国人「あ、そっか…分かったわ」

ってちょっと悔しそうに引いてました。うわー…絶対ヤバいですぜ、あの子。此処2週間でやったコトが、最強に難しいのに…。複雑なのに…。

はぁ…。

こんな風に書いてるとね、すっごいウメコが意地悪みたいに見えるんですけどね、いや、実際、腹黒いんですけどね(爆)、うちだって彼女が素直に、

「今まで忙しくって、哲学の授業にこれる時間が無くって、本当に悪いんだけど、ちょっとだけ、今までやったトコロ、教えてくれないかな?」

って言ってきたら、普通にOK出しましたよ。でもね、

教えてほしいんだけど、教えてほしいって言うのは物凄い癪だから、一緒に勉強するって言ったら良いでしょ、何とかなるでしょ、教えてくれるでしょ

みたいな態度丸出しで言われると、いくら“仏のウメコ”でも、NOって言いますよ。いや、誰もうちのコト、“仏のウメコ”って呼んだ事無いけどもさ。

大体、他の教科が忙しくって、出られなかったって…自分の責任ですしね。タイムマネージメントぐらいちゃんとしろよ、もしくは、自分である程度哲学の教科書読んで勉強しとけよ、って話です。

厳しすぎる?うん、だって、うち、ドSですから。素直で可愛い女の子には喜んで手を差し伸べますが、モノの頼み方がなって無い奴なんて、全然相手にしません★(激笑顔)

人のふり見て我がふり直せ…と自身を戒めつつ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

カレッジの適当さにまたもイライラ

いや、ほんと、有り得んですよ!(のっけからキレててすんません)

この先、進むごとに物凄い勢いでキレてますので、『キレてるブログなんて興味ねぇよ』って人は、また明日来てください(読み返して、書いた当人が焦ったぐらいキレてます)

来学期の履修登録の話なんですがね。

ウメコの履修登録日は月曜日だったんですよ。で、月曜日、時間通りにきっちり次の学期に取りたいコースを登録していきましたらですね、何故だか1つだけ、『登録出来ません』ってエラーが出るんです。あの、例の数学のプレースメントテストが必要だった教科です。

絶対取れるはずなのに、取れない…おかしい…

おかしいけど、月曜日は学校が休みだったので、どうする事も出来ず。次の日の火曜日も休みで、またまたどうする事も出来ず。今日(水曜日)、やっと学校に行って、心理学部の副ヘッドと話したらば(ヘッドが居なかった)、

「あ、そのコースに関しては、数学部に行ってね」

って言われたので、数学部に出向いたらば、

「それは心理学のコースだから…心理学部の方に聞いてみるべきでしょ」

って言われて(怒)、しかも、こっちのコト厄介者みたいに扱うし、事情すら説明させてくれないし、しょうがないからまた心理学部に戻って、オフィスに戻ってたヘッドと話すと、

「あぁ、このコースねぇ…うん、これは数学のプレースメントテストの結果によって判断される事だから、数学部に行かなくちゃいけないね~~~」

だから、たらいまわすな!!!!!!!!
(注:たらいまわしにするな)

頭来て、数学部のヘッドオフィスの隣のオフィスのドア叩いたら、すっごい無愛想だけど、すっごい親切で一番人間的な数学者サマが、助けてくださいました。全く…このカレッジには(怒)。

絶対、数学者なんか、信用しねぇ!心理学者も信用しねぇ!っていうか、1月までヘッドがバケーション取ってるっていう、ふざけた数学部はもっと信用しねぇ!!そして、うちのカレッジのシステムを金・輪・際、信用しねぇ!!

んでね、家に帰って、もう一回履修登録してみたら、

しっかり出来てやんの(爆)。

ナメとんのか!!!出来んかったら、出来んかったで腹立つけど、ちょっと言いに行っただけで、何とかなってるこのアヤフヤで適当でF**Kなシステムは何なの!?

しかも、そんなコトがあったから、うち、

【キャンセル待ち】状態なんですけど!!(怒怒怒怒)

そら、そうだ。ウメコの後には沢山のカナディアン&移民の学生が履修登録した訳で。ウメコがクレームを付けれたのが今日な訳で。軽くその間、2日あったワケですから、30人ぐらいペロッとそのコースに入っちゃいますよ!!!いや、問題はそこじゃないんすよ。

登録できた生徒の中から、4人キャンセル出てくれないと、ウメコ、そのコース取れませんからね!!
(キャンセル待ちナンバー4番だから/ ウメコの前にまだ3人いるとも言える)

くっそーーー!!!!

マジ、腹立つ!!

むっさ腹立つ!!

めっさもーゴリゴリ腹立つ!!!

この教科、取れなかったら、あたい、

大学編入の時期を1学期分、
遅らせないといけなくなるんですけど!!

(それか、編入時期をずらさずに、大学で詰め込む)

人の寸文の狂い無き、完璧なる人生プランを狂わしとんちゃうぞ、へぼカレッジ!!くっそーくっそー。腹たつわぁーーーー。特に数学部ぅぅぅぅっっ!!!!

腹立つついでに、またバンクーバー、雪降ってきましたからね(怒)。雪が降っても嬉しくない、はい、もう大人ですよ。ウメコは新たな大人の階段を上ってしまったんですよ、ダディ!(何)雪降ってきても嬉しくないなんて有り得な~いって思ってた、ケツの青かった頃が懐かしいってもんですよ。あぁーあぁー。1月にゃぁ成人式とかあるしよー(出ないけど・今、関係皆無だけど)。気が付きゃ半年もしないうちに、また年取るしよー。

あ、ちょっと編入時期が遅れるかもしれないってだけで、ガタガタ言ってんじゃねぇ、とか思われる方がかもしれませんが、

THAT'S NOT THE POINT!!
(問題はそこじゃねぇ!)

寸文の狂い無き、完璧なる人生プランが、カレッジのしょーもないコンピュータシステムの所為で狂わされた、ってところが大事なんですよ!!あーくっそー…でも、あのコースを取るって人は、心理専攻の人だろうから、キャンセルする人出て来ないだろうなぁ…あーもーマジで狂う…我が寸文の(以下略)。

大学院卒業するまで、しっかり計画立ててたのにぃっ!!!キェェイッ!!
(変なトコでA型っぽい/ 本当はO型です)

教育再生会議はろくな案、出しゃしねぇしよおっ!!何やねん、いじめ加害者を出席停止にするとか、傍観者も加害者と同じ扱いとか!!脳味噌無い奴でも分かるわ!!

あーもー…キレるわぁ…。カレッジも大概にしとけよ、って話ですけどね、本当、教育再生会議の面子は何を考えているのか…。その場しのぎが出来れば良いと思ってるのか?ってか、話すり替わってて申し訳ないですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寒空・Granville Island

Img_3274 さっぶいのに、道ツルツルなのに、出かけてきました♪(勉強はどうした)Granville Island♪観光地です。アイランドとか言いつつ、別にアイランドじゃないトコです。

目的地はソコだったんですが、メイン目的(?)は、そこに行くまでの散歩道でした。Sea Wallって呼ばれてる遊歩道?があるんですけどね、そこがとてもキレイだと友達からお声かかりまして。行って来ちゃいました☆でも、本当にキレイでしたよ(←写真)。遠くに見える山が真っ白で、金持ちが所有する船やらヨットやらがプカプカ浮かんでいて。空はほんのり晴れていて。犬は走り回ってるし、結構散歩してる人がいるし。カナディアン、元気ですよ。何考えてんだか…こんな日に、って自分もだけど。

Granville Islandでは、タコサラダを食べて。クリームブリュレを食べて。クレープを食べて。何か喰いまくりでした。あ、タコサラダって、蛸じゃないですよ。タコスの“タコ”…メキシカン料理です。器状に揚げられたトルティーヤらしきもの(薄いナンみたいなの)に、豆、チキン、トマト、アボガド、サワークリーム、レタスをこんもり盛ったサラダです。美味しかったvv

友達はインディアン・カリーを頼んでました。バターチキン。良いよね。

クリームブリュレとクレープは2人でシェア。どうでも良いけど、クリームブリュレって言いにくいです。かみそうになります。あれ、うちだけ?

クレープはバナナ&チョコでした。最初、甘くなくって良い!と思って食べてたんですけど、何のこっちゃ無い、単にチョコが一方にめっちゃんこ寄ってただけでした。そんなだから、最後の2口が物凄い甘かったです。うーん。コテコテです。

Img_3277 水辺の所為でか、異常に外が寒かったです。Granville Islandにいた鳩たちも首が無くなってました(笑)。顔が…身体にメリ込みまくり。

写真みたいな鳩たちがありとあらゆる所にいて、なーんか面白かったので、思わず写真に収めました。鳩だって寒いんです。人間も寒いんです。さて、明日は普通に学校だーっ(やっとだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日も

学校休みですってよ!!!!

おい、バンクーバー!日本の東北&北海道地方の学校を見習えよ!大雪ぐらいじゃ、休まねぇぞ!大雪?SO WHAT?(だから何?)って感じだぞ!

………って道産子が言ってました。

うわー…願ってもないのに4連休だぁー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水が飲める 道で滑(りそうにな)る あんまんが蒸れる 雪が積もる

やっとこ水が普通に飲めるようになりましたー!
CBCnews記事参照

こっちに住んで無いと、何のこっちゃ分かんないと思いますので、説明しますと…

実は、時をさかのぼる事2週間ほど前、バンクーバーとその周辺は大雨だったんですよ。で、それの影響で、上水にとっても細かい土(シルト)が混じりこんじゃって、『直接飲むのは、危険ですので、飲むなら一旦水道水を沸かして下さい』ってなことになってたんです…かれこれ2週間ほど。

大雨如きで水がダメになるなんて……とは思いますけどね。

何はともあれ、まぁその警報が解除されたんですよ。ようやく。やれやれです。

やれやれですけど、水が飲めるようになった!と思ったら、今度は雪ですからね。大変です。何なんだ、これは。自然災害だから、どうしようも無いけども…。雪の所為でか、停電も二次的な被害として出てるみたいで。

昨晩、UBCにいる友達のサオさんと電話をしていたら、いきなり「え、停電や!」って事になりまして。あ、ウメコんとこは大丈夫だったんですけど、どうもUBCの方がダメみたいで。

停電も大変だし、学校やら職場に行けない人達も大変なんですけど、ぶっちゃけ、誰が一番大変って、ホームレスだと思うんですよ。

バンクーバーのダウンタウンから少し東に行った所には、“カナダ国内で一番貧乏な場所”とも言われている場所があるんですが、そこには常に大勢のホームレスが路上生活をしています。昨年の冬には、凍死してしまったホームレスがいて、一時期、バンクーバー市のホームレス対策の甘さや非道さ等が問題になりまして。これからまた問題になりそうな時期だなーって思ってたら、雪!雪!!雪!!!ですからね。

ホームレス達にしっかりとシェルターが提供されると良いんですけれど…。

あ、ちなみに積雪量なんですけど、軽く50cmいってるみたいです!大家さんは、今朝、ザックザックと雪かきしてました。あーもー、どうしようー食料買いに行かないといけないのに、行きにくいなあ…決死の覚悟で行って来ようかなあ。

うん、行ってこよ~(決断早っ)。ついでに写真も撮って来ます!













ってか、こんな日に外に出るもんじゃ無ェ!!(爆)
Photo_8 マジで危なかった!っていうのも、道が凍ってるんすよ!滑る滑る…。かなり恐る恐る歩いて、近くのチャイニーズ・スーパーまで行ってきました。

スーパーがある、メインストリート沿いは、案外キチンと雪がかかれておりました。ついでにちゃんと市内バスも走ってました!!ビックリー!(カナダをナメすぎてたね)徐行運転でしたけどね。

そして、結構人が歩いてました。結構…というか、いつもどおりでした。大雪セールとかしてくれたら良いのに、全然そういうのはありませんでした(当たり前)。ちぇっ。

スーパーでは、お米とカレールウと、何故か惹かれてしまったあんまんを買って、家に帰ってきました。帰宅途中、マジで「あぶねぇ!」って瞬間が2,3回ありました。辛うじてコケなかったけどね。『氷の上を歩くポイントは、多分、地面に対して垂直に足を踏み込む事だ。垂直に足を地面につけたら、左右前後に掛かる力が減るから、滑りにくい!』………とか考えつつ、歩いてました(爆)。でも、この歩き方だと、かなりドシドシ歩いてる感じなんですよねー…。

Photo_9 で、今、あったかい部屋の中で、PCに向かいながら、あんまん喰ってます。チャイニーズのあんまん。Red Beans Bunsです(“小豆包”)。6個入りで$3.00。だから、1個50円くらい。安い~vv

お皿に水を少~しだけひいて、濡らしたキッチンペーパーをあんまんにかけて、電子レンジでチンすると、蒸し器であっためたようなあんまんが出来上がります。家に蒸篭が無いので、いつもこのやり方で、あっためてます。

あー…551の豚まんが食べたくなってきた!!!シューマイも!!!

では、うちの庭に放置されてあるテーブルの写真でシメさせていただきます。
Photo_10

| | コメント (3) | トラックバック (0)

気が付いたら

雪の所為で、明日、休校ですってよ!!

積もりまくりですよ、バンクーバー。
やばいなぁ。あんまり雪が積もられても困るんだよなぁ…授業数減る事になるから、期末試験にも影響が出かねん。

でも、まぁ、とりあえず、ひゃっほーーーーーーーい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の朝

Img_3246 まだまだ雪が降っております、バンクーバーです。凄いです。写真じゃ分かりにくいですけど、この写真を撮った時も雪が深々と降ってましたよ。

写真撮らなくちゃ!と思って、外に出て、歩き始めたら3回ぐらい滑りました(爆)。コケなかったけど。んで、道ですれ違ったおばあちゃんと「大変ですね」「そうですね」「こけそうですよ」「本当ですよ」って笑顔で挨拶。


ご近所で撮ってみた写真達(↓)。
クリックで別窓拡大表示。カーソルを写真の上に置くと、ちょっとした説明が出ます。
Img_3248_2 Img_3245 Img_3252 Img_3254_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Let it snow

Img_3242 バンクーバー、
雪降ってきたよ!

ガツガツ積もってるよ!15cm位積もってんじゃないかな(現段階で)。

今日は、久々にちゅーちゃんと晩御飯を食べに行こうとしていたのですが、雪の所為でか、バスが全然来ず、結局2人でウメコの家の近くの店で、チャイニーズをテイクアウトして、ウメコの家で食べる事にしました。

で、帰り際にちゅーちゃんが撮ってくれたのが左の写真。写ってるのはウメコです。左手にぶら下がってるのが、テイクアウトした、チャイニーズです。$4.25で御飯とおかず2品とスープをドーンと入れてくれます。これが美味いのなんの♪

この日、ろくに御飯を食べてなかったウメコは、ペロッと全部食べきりましたが、ちゅーちゃんは普通に残してました。うん、通常の日本女子なら、1人では食いきりません。そういう量です。

チャイニーズはさておき、写真に写ってる、木がキレイです。枝に雪が積もって、白い枝みたいです。また明日の朝、明るくなってから、写真を撮ってきまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悲観・楽観・憂鬱・適当

お友達のちゅーちゃんと話してたら、色々とウメコについてツッコまれたので、忘れないように記念に書いておきます(このブログはウメコの備忘録でもあるので/ 爆)。

① 「ウメコがイジイジ悩んでるトコって想像しにくい」
うん。基本イジけないので、想像するのは難しいかと思います…。テストの出来やら点やらが悪かった時には、ベッコリ凹みますが、ヘコむのは、その日だけです。次の日には絶対に持ち越しません。凹んでたって、採点済みのテストの点が上がるワケ無いんでね。それに、1つの事で凹んでいると、次に頑張らなくちゃいけない事があっても、頑張れなくなるので、“ガッカリ”は引き摺りません。ガッカリを引き摺るのは悪循環の元ぉっ!ってなワケで、短期集中型凹み。

ちなみに、凹みは短いんですが、愚痴が多いし長いです。
人様に被害が及びます。申し訳無いデス…<(_ _)>

② 「ウメコって泣く?どういう時に泣く?」
基本的には泣きません。他人に弱いところを見せるのが大嫌いなので、人前じゃ泣きません。その辺、変なプライドがあるので、泣きません。

カナダに来て、辛い時に泣いたのは1度だけです。受からないと非常にマズい事態に陥るテストで見事に受からなかった時に、学校から帰ってきて、自室で泣きました。何て情けない存在なんだ、自分は…ってな感じで。でも、気が付いたら寝てました(爆)。ホームステイしてた時なので、マザーの「晩御飯ですよ~」って言う声で起きて、ガツガツ晩御飯食いました。食い気だけはしっかりあるのです。……泣いたけど、食欲無くなるほどじゃなかったから、今思えば、ちょっと気分が盛り上がってただけなんだと思います。悲劇ぶってたんだろうな。

あとはー…たまに、本読んで(感動して)泣きます。浅田次郎さんの【天国までの百マイル】という本があるのですが、コレで、初めて【本読んで泣く】っていうのを体験しました(当時中2か3)。もうね、めっさ泣きました。あと、小川洋子さんの【博士の愛した数式】のラスト2文でも泣きました。読んだら分かるんですけどね…とにかく、あのラストはきます。小川洋子さん、最高です。あと、もう少しなんかあったけど、思い出せないな…。

それから、戦争映画で泣きます。去年観た、【男達のヤマト】はめっさ泣きました(館内で)。あのね、戦場に向かう戦艦(船)の上で、自分達は“捨て駒”なんだ・死ぬんだ、って分かってる少年達がですね、日本の方に向かって「おかあさーーん!!!」「おかあさーーーん!!」って泣き叫ぶシーンがあったんですけどね、そこでガッツリきました。

…とか何とか書いてますけど、単純に【泣き】をカウントするならば、最後に泣いたのは、余裕で1年以上前の話です。この年になると、そこまでガツガツ悲しい事に遭遇しない…と思う。あ、うちが単に変化の無い日常を送ってる所為ですかね?

③ 「ぶっちゃけ、ウメコって悩むことあるの?」
あります…多分。うん…。ただ、悩み方がすっとぼけてるだけです!多分。根が物凄いネガティヴなので、嘘でも何でも良いからある程度すっとぼけてないと、リアル鬱になるので、それを阿呆さで阻止してるだけです。多分。あと、基本的に「なるようになるさ」思考なので、確かに悩むことは少ないですね。考えることによって現状を変えるコトが出来るなら考えるけど、考えてもどうにもならんことは考えない人だしね。

来学期何の教科とろう~?アレ(心理学)も要るし、コレ(心理学)も要るし…

みたいに悩むというか、考えることはありますが(どのチョイスも心理学なのに)、

大学に編入するまでにGPAがガタ落ちしたらどうしよう…

っていう風には悩みません。ってか、そんな恐ろしいこと考えません!!現実的に考えて、かーなーりー有り得る事態ですが、あくまでも今の段階では可能性の話だから、そんなモノをリアルには考えません。GPAを下げるのは勉強不足。だから、ウメコが真面目に勉強してるうちはGPAは下がらないハズだから、しっかり勉強しておけば良いワケです。うん、割り切りまくりだゼ(誰)。悩まないというか、【凹み要素・悩み要素】を避けて生きてるわけです。

ってことは、悩んで無いって事だな!
だから、このツッコみに対しての答えはNOですな。前言撤回だ(あっさり)。

世の中には色んな人がいるから、色んな悩み方やら、凹み方やらが存在すると思います。そして、どれが良くて、どれが悪いってことは無いと思うのです。人それぞれの生き方の一部が、人それぞれの悩み方・凹み方でしょうからね。泣く人、笑う人、悲しむ人、嘆く人、楽しむ人、笑い飛ばす人…十人十色です。どのやり方を取っても良いと思います。大事なのは、そこからまたちゃんと前に進むことです。どんだけ時間が掛かったとしても、前に進めるならば、それはそれで良い悩み方・凹み方なんだと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

心理学の先生から、サイコロジストを目指す生徒へ

ウメコの心理学の先生は、とってもダミ声&ブリティッシュ・アクセントな人でかなり格好良いです(女性です)。バックグラウンドが面白い人で、病院・刑務所・個人クリニック・更生施設etc...とまぁ、とにかく色んな所で働いたコトがあるんですよ。故に、経験豊富でとっても聡明な人です。そして、授業中の説明は分かりやすい。素晴らしい。そんな彼女が、今日、授業中に何故かウメコ達生徒に向かって、かなり悟りが開けてます的なお言葉をくださいました。

「もし、貴方達が将来心理学者として生きていきたいと思い、

ソレと同時に結婚して、家庭を作りたいと思うなら、

心理学者をパートナー(結婚相手)にするのはやめなさい

腹の探り合いになるわよ。

あたしの旦那は普通のオフィスで普通に働いてる、普通のおじさん。

あたしが何やってるか、とか、心理学ってどういう勉強なのか、とか、

一切知らないの。貴方達より知らないの。

そして、あたしはあたしで、

彼が仕事で具体的にどういうコトをやってるのかなんて知らない。

だ・か・ら、お互い気が楽だし、とてもハッピーなの。

でもね、あたしの知人の何人かは、職場で知り合って、心理職同士で

結婚してるけど……

…うん、やっぱり、まぁ、色々あるわね…

………先生、リアルな話が怖いです(汗)。最後の濁し具合も気になります|||

でもまぁ、確かに、心理職同士が結婚するとそういうコトになるでしょうね。

―――THE 夫婦喧嘩―――――
“浮気を隠せ!浮気を暴け!怒涛の2時間心理戦”

みたいな(↑ドラマティック仕様)。お互い、相手の思考や動作のクセやら傾向やらを知ってるでしょうから、夫婦喧嘩も凄そうです。いや、喧嘩というか、冷戦?そのまんまですが、精神的にしんどいだろうなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カナダのダラダラ

うちのカレッジで、数学のプレースメントテストを受けるには、ゴチャゴチャと色んな書類が要ります。その中でも、何かやたらと重要視されているのが、高校&今現在通っているカレッジの成績証明。

まぁ、オフィスに行って、「成績証明のコピーください」っつったら済むんだろう…

と思ってたら、大間違いでした
何が大間違いって、ウメコの思考ですよ。カナダに来て1年半経ってんのに、何でかその時、日本基準で、コトのテキパキ具合を考えてました。

「あ、成績証明のコピー貰ってこないと」

そう思い立ったある日(?)、いそいそとカレッジのオフィスに向かい、窓口で、カレッジの成績証明書のコピーが欲しい旨を伝えました。まぁ、ここはすんなりコトが進み、次の日に成績証明書がもらえる事になりましたよ。でも、高校の時の成績証明書のコピーも要る…。

今通ってるカレッジに入る時に、ウメコの高校時の成績証明書は確実にこっちに送ってるので、普通にもらえるだろうと思って、「あの、高校の成績証明書も要るんですけど、コチラで貰えますか?」と言ったら、

窓口のおばさん「それは、高校で貰ってきてください」

って言ってきやがりました(爆)。
いや、原本じゃなくて、コピーだよ!!

ウメコ「いや、コピーで良いんですけど」
窓口「高校の成績証明は簡単にはコピーできませんので。はい、次の方~

ウメコ「!?」

な ん で す と ? !

まさかの扱われ方。ちょっと……いや、結構カチンと来ましたよ。でもまぁ、想定の範囲内の出来事です。だって、カナダだし(爆)。で、こんな時に駆け込むべき所が、International Education Office。窓口とは別の棟にある、留学生のためのサポートセンターみたいな所です。
Iraira2_2 
別棟にあるので、移動。

ウメコ「すみませーん。数学のプレースメントテストを受けるんで、高校の時の成績証明書のコピーが要るんですけど、オフィスの方でコピーは渡せないって言われまして…。あの、何処で証明書のコピーは貰えるんでしょう?」
スタッフA「え~~ぇ?成績証明って、オフィスで貰えるものなんだけどな…おかしいなぁ…。うーん…。あ、ちょっと待ってね。数学部のアドバイザーに、証明書が絶対要るかどうか聞いてみるから」

そういって、スタッフの女性は電話をかけてくれました。

スタッフA「・・・・・・・・・・・・出ないなぁ」
ウメコ「はぁ…」
スタッフA「あ、ねぇ、ねぇ。数学テストに成績証明って必要だった?」
スタッフB「えぇ~どうだったかしらねぇ?ちょっとウェブで見てみる?」
ウメコ「いや、要るんですよ。書いてますよ。ウェブにも、テスト案内にも」
スタッフB「ほんとだわ」
ウメコ「(嘘なんかつかねぇよ!!!!)

2人で「うーんうーん」と首を捻り始める始末。そしたらスタッフAさんが、数学部のヘッド(一番偉い人)に会ってみたらどうだろう?との提案をしてくださいました。ヘッドの名前と彼のオフィスナンバを書いた紙を貰い、いざ数学部へ。
Iraira
オフィス棟に逆戻りです。

しかも、数学部、オフィス棟の3階(最上階)の奥まった所にあって、ちょっと探すのに苦労しました。で、数学部ヘッドのオフィスに着きましたらば、ドアの所に

I'M ON VACATION UNTIL JANUARY~~!!!
(1月まで休暇とってま~~す!!)

の文字が。

……もっと働け、数学部ヘッド!!!!!

しかも、一応彼の代わりとして、日替わりで数学部の先生達が臨時ヘッドとして、働いているみたいで、ドアの所に臨時ヘッドリストなるものがあったんですが、何故かウメコが訊ねたその日だけ、誰もいませんでした。

数学部、もっと働け!!!!
っていうか、臨時ヘッドのリストもなんか適当に作ったんじゃないかね!?

やれやれ…と思いつつ、International Education Officeに逆戻り。
Iraira2_3

ウメコ「彼、1月まで居ないそうです。ついでに今日、誰も彼の代理で働いて無いです」
スタッフA「えぇぇ!?困ったわねぇ…」
ウメコ「困りますね、単純に…わたしが
スタッフA「じゃぁ、数学部の方にもう一回確認とってみるわね」
ウメコ「お願いします」

Aさん、しばらく電話で会話 with 数学部の誰かさん。

ウメコ「やっぱり、成績証明書ないとダメですか?」
スタッフA「そうみたい。ん~~~じゃぁ、オフィスの方の留学生担当の人にコンタクトとってみるわ」

お手数かけさせます………うちが、というよりも、オフィスが(爆)。

スタッフA「じゃぁ、オフィスに行って、彼女の名前を言ってね」
そういって、Aさんはまた紙に名前を書いて、ウメコにくれました。
Iraira_1
ウメコ「すいません、××××さんって人に会いたいんですけど」
窓口「留学生の方?」

さっきのおばさんとは違って、ちょっと若い感じの女性が対応してくれました。

ウメコ「そうです。数学のプレースメントテストを受ける際に、高校の成績証明のコピーが要るんですけど、さっき、ここで聞いたら『渡せない』って言われて、IE Officeの方に行ったら、彼女に会えって言われたんで、来たんですけど」
窓口「高校の成績証明書?」
ウメコ「はい」
窓口「ID持ってます?」
ウメコ「えぇ。………(ゴソゴソ)……はい、これです」
窓口「ちょっと待っててくださいね」

10分も待たされました(怒)。

窓口「はい、コレですね」
ウメコ「はぁ…どうもです」

この窓口の人が、ウメコが会うべき人だったのかどうかは定かじゃありませんが、とにかく、物凄い手間でした。何なんだよ…結局オフィスで貰えるんじゃねぇか!!

そんなこんなで、かなり苦労して手に入れた成績証明書。
テスト当日、会場に入って、テストを受けて、採点されて、結果がアドバイザーから発表されて、早々に帰って…………………

って、成績証明書、使わんかったし!!!!!(怒)

なめんなー!!!もーマジでF**Kやし!!!

カレッジの成績証明書なんか金払ってゲットしてんのに!!!

時間と労力と金を返せ!!!

なんかもう、ぐったり疲れました。カナダの適当さには救われる時もありますが、大抵、救われません。普段は、「カナダだしなぁ」で済ましてますけど、今回は金と切羽詰ってる時の時間が絡んだので、普通にブチ切れでしたよ。やれやれ…。久々に経験したよ…たらい回し的なのを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウォーーーーッッ!!!

終わったあアアアアアアァァァァァッッッ!!!!

いやぁ……書いた書いた…。2000wordsいかんだろうと思ってたら、結局余裕で超えてました。うちにしては書いた方です…。あぁもう書きたくねぇ。心理学は好きだけど、ペーパー書くのは勘弁願いたい……いや、心理学専攻の時点で、エッセイ書くのは避けられない事なんですけどね。

あ、ついでに数学のプレースメントテストも受けてきました。

ウメコみたいな、【カナダで数学を勉強したコトが無い人】が、うちのカレッジで数学のクラスを取ろうと思ったら、プレースメントテスト(レベル分けテスト)を受けんといかんのですよ。で、前から取らねばいかんと思ってたんですが、まぁ、エグい事に高校時に数学ⅠAしかやってないっていうウメコは、渋ってたんですよ…受けるのを。

そしたらね、実は数学のプレースメントテストじゃなくて、統計学のプレースメントテストを受ける必要があるって事が発覚したんですよ。この2つ…何が違うかというと、簡単さ(爆)。ウメコはウェブサイトで統計の練習問題を見て、軽くニヤつきましたからね(簡単すぎて)。

ぶっちゃけ、余裕ぶっこいて、何の勉強もせずにテスト受けてきました。

受かりました。

【テストに出てきた問題一例(↓)】

0.91を百分率(%)で表しなさい。

24分の8を小数点を使って表しなさい。

3分の1+5分の2=?

√4+√9=?

いや、カレッジってか、小学校~中学校レベルですやん。高校関係ないやん。

しかも、これ、計算機使ってもOKでしたよ。
むしろ、使ったほうが面倒なのに……。そして、隣でテスト受けてたカナディアンは余裕で計算機使ってましたし。どこで使ったのか気になる(汗)。

何はともあれ、取りたい教科が取れます。統計学っつっても、心理学のコースの1つなんですけどね。

あぁ、結局、来セメスターは心理学のクラスを4つ取りそうです。
やり過ぎです。
でも、楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かもう当然の如く

白髪あるよ、って指摘された。末期だと思った。悔しいから抜いてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摂食障害

1つ目のエッセイ終了。と同時に2つ目のエッセイ開始。
目が痛い(←PC見続け過ぎだから)。視力が日に日に0.05ずつ位落ちてる気がする。

鬱について書こうと思ってたんですが、よくよく考えたら、1から新しいモノをスタートさせるより、適度に土台が出来てるモノの上に何かを足す方が絶対早い、という考えにいたりまして、1つ目のエッセイと同じ、摂食障害についてのエッセイを書くコトにしました。でも、1つ目よりもマトは絞ってます。過食症について書きます。

あ、摂食障害といえば、ブラジルのファッションモデル、アナ・カロリナ・ヘストンさん(21歳)が拒食症で死亡するっていうニュースを昨日発見しました(参照記事へはコチラから)。

身長:172cm。
体重:40kg
BMI値:13.5

BMI値……【身長(m)】÷【体重(kg)】÷【体重(kg)】で出す肥満度指数。
        18.5~25なら普通。18。5未満は痩せ過ぎ。

13.5って有り得んぞ。ちなみに、医師によると、この体重は、身長が150cm以下の12歳の女の子の平均体重だそうです。

1950年代までは、マリリン・モンローのような、ふくよかでセクシーな女性が【理想の女性像】として西洋メディアの中に君臨していたのですが、20世紀後半からは、

美しい女性=細い女性

という認識になり、ハリウッドスターやファッションモデル達は、どんどんと痩せていきました。ちなみに、当時大人気だったマリリン・モンローの服のサイズは【14】。今のモデルさんやら女優さんだと…どの位?【4】とか【6】とか?とにかく、えらい違いです。

痩せ過ぎも、それを強いる環境も、それに憧れを抱かせるメディアも、痩せ=美しさと考える思考回路も良くないんです。色々絡んでんですよ、摂食障害…。


更に余談(エッセイはいいのか?/ 爆)。
アメリカの心理学者さん等の凄い発見。

男性が求める【理想の女性像】は、女性が描く【理想の女性像】よりも太めです。早い話、痩せてる女の子よりも、ちょっと肉がついてる位の女の子…平均体重やや強って感じの女の子の方がセクシーだと思われるわけです。もっと分かりやすく言うと、

ホリプロよりイエローキャブなワケです。Σ( ̄ロ ̄lll)

まぁ、アメリカでのデータなので、日本でも同じコトがいえるかどうかは分かりませんが、とりあえず、グラビアアイドルさんらが適度にムッチリしてる事を考えても、やはり、男性と女性の【理想】の間には、ギャップがありそうです。

さっ、リサーチしてこ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1番セクシーな彼

忙しいんだけど、People誌が毎年やってる【The Sexiest Men Alive】。セクシー度No.1の男性スターを決めるアレを見たら、書かずにはいられなかったのよ。何てったって、今年のナンバーワンは

Georgeclooney

ジョージですからね!

ジョージですからね!!

ジョージですからね!!!!:ジョージ・クルーニー)

マジで格好イイ!!私的にはセクシーかつダンディーかつ劇的に渋いトコロがツボ!!NZに居た時に見た、【O Brother, Where Art Thou?】っていう映画で惚れたのです。それ以来、ショーン・コネリーと並んで、ウメコの中での男前ランキング(ハリウッド編)No.1です。鬼渋いよ、彼~vvvvv

ちなみに2番はパトリック・デンプシー。Grey's Anatomyっていうドラマに出てます。ドラマは見てないけど、彼も渋い。良し。
Patrick_dempsey

3番はアシュトン・カッチャー。渋くないので、個人的に却下です(爆)。
Ashton_kutcher

4位以下が気になる人はコチラからどうぞ~。

ジョニー・デップも頑張ったっぽいけど(?)、5位止まり~。うーん…セクシー度は低めな彼なので、まぁ納得かな。ワイルド部門なら1位確実でしょうな。あと、何でジェイク・ギレンホール(Brokeback Mountainに出てた人)が10位なのか納得がいかん!!渋いし、セクシーじゃんよ~!

ってな訳で、皆さんも、是非Peopleのウェブサイトをチェックです!ところで、ハリウッドでいう【SEXY】って、絶対日本で言うところの【渋い】に相当すると思います。渋めの人たちばかりがエントリーしてます。たまに「は?」って言いそうになる人もいますが、全体的に萌え~ならぬ、渋~(嬉々)です♪

ちなみに、ショーン・コネリーが分かる人、多分、ちょっと大人です(爆)。ちなみに、晩年の彼(というか、今の彼)も良いんですが、ウメコが好きなのは、若かりし頃の彼です。
007最高(分かる人にしか分からないネタ)。

さて、エッセイエッセイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤバイヨヤバイヨ

Research Paperの提出日迫るっっ!!!

ってコトで、しばらく更新滞ります。
ところで、research paperって、日本語で言えば何に当たるんですかね?

小論文?論文?いや、違うな。レポート?

と…とりあえず、1200words以上書かんといかんヤツが、なんとビックリ、2つもあるんですよ。1つは英語の課題。1つは心理学の課題。うーん、週末で何とか良いトコまで終わらせたい。

関係ないですけど、昨日かおとついか、米国に留学中の友達・A氏が電話をかけてきてくれました。2人で高校時代の思い出話をしていたのですが、途中、A氏がしっかりと覚えている素敵な(?)思い出を、ウメコが全く覚えていないという恐ろしい事態になりました。曰く、彼女の家におとまりした時に、【オペラ座の怪人】(DVD)を見たらしいんですが、ウメコは記憶に御座いません(爆)。泊まりに行ったのは覚えてんですけどね。
あー…これだから年はとりたくないよ(違)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーバーワーク?

(下にある記事の余談です)
当たり前ですけど、学部が1つあれば、そこには少なくとも7~8人の先生がいると思います。で、その先生方が都合を調整しつつ、無理せず、なるべく沢山のセクションを生徒に与えようとしていると思います。例えば、ウメコのカレッジの英語のクラス。

Img_3236

セクション数が豊富です。先生の人数も沢山です。これが通常です。でも、ぼーっとしながら、何の気無しにコースリスト(冊子)をパラパラとめくっていたらば、

Img_3232_1 Img_3234

恐ろしい位、少ない人数で猛烈にセクションを開いているコースを発見(汗)。ちなみに、コレ、物理学のコースです。大丈夫だろうか…物理学部…。

あ、ちなみに、写真画像がちょっと暗くないか?と思われるかもしれませんが、コレ、冊子が藁半紙で出来てますので、何かもう、致し方ないんです(爆)。
藁半紙~わ・ら・ば・ん・し♪懐かしい響きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来セメスターの授業を決めなきゃいけない……んだけど、なかなか決まらないこの苛立たしさと言ったらもう(以下略)

ってな訳で、またまた履修教科のアレコレを考えねばいけない季節となりました。次はSpring Semesterなので、2nd-year course…1年生コースを取らないと、取れないようなコースが沢山あります。コレは、ウメコにとっては吉報♪っていうのも、ウメコがあと取らなくちゃいけないのは、殆ど2年生コースなのでね。

で、コースリストを開いて、自分の取らねばならんコースを見てみると…

Img_3230_1

それぞれ1セクションしかない!!!
=(イコール)ウメコには先生を選ぶ権利も、時間を選ぶ権利も無い!!!

うーわー…3つも取らなきゃいけないヤツがあるのに、時間カブったらどうしようー!?って焦りつつ、それぞれの時間見てみたら、神の仕業か、全くカブってませんでした(驚)。ありがとう、必修教科の神!(誰)

そして、今に至り。あともう1つ、何をとろうか考え中なのです。

取らなきゃいけないモノ候補としては:

●英語
●文系教科1つ
●2年生レベルを2つ

というふうになってます。英語はねぇー…取りたくないんですけど、カレッジ卒業扱いになる、Associate Degreeっていうのを取る為に、必要なんですよ。はぁ…考えただけでも鬱。じゃぁ、さっさと英語とってりゃ良いじゃん、って思われるでしょうが、さっきも書いたように、次のセメスターは2年生レベルコースが沢山あるので、やはりココは、2年生レベルを1つばちんと…選択肢の多い時に取っておいた方が良いと思うのですよ。

じゃ、2年生レベルのコース、何が取れるの?って話なんですけどね、

心理学か社会学からしか、選べないんですよ。
(あ、あと一応、考古学基礎が取れるな)

それ以外の教科で、ウメコがまともに1年生レベルの教科クリアしてるの無いから(爆)。ってか、嫌いだったけど、しょうがなく取ってた社会学がココに来て活きてくるっていうのが、凄い癪||| 何て皮肉。くそおぅっ。………でも、取れるだけ、マシかなぁと思って、社会学のコースリストを拝見。時間的に取れそうなモノを見てみたらば、

●Intro to Modern Social Thought (近代社会的思考 基礎)
●Racism& Ethnic Relations (人種差別と民族関係)

しかない。うーーーーわーーーー………悪いけど、あんまり興味持てないヨ|||。後者の方がまだ好きかもだけど、先生が…微妙(前に取った事のある、パワフルなおばちゃん)。

うーん…そうなるとやっぱり心理学取ろうかなぁ…。でも、そうなると、
毎週火曜日、夕方6時半から夜の9時半までレクチャー
だしなぁ…。

…とまぁ、こんな感じで頭を抱えておる次第です。こういう事態に直面すると、いかに自分が【好きな事以外にはトコトン興味が無い人間】かが分かります。この性格は損だー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どれをやっても

うさうさ【右脳左脳占い】。手の組み方&腕の組み方で、アナタの性格が分かります。カテゴリは全部で(男女それぞれに)4つ。

ウメコは【さう女:世話好きな、みんなの姉御】でした。
コレだけに限らず、基本的にどんな性格診断占いをやっても、ウメコは必ず

●姉御肌
●世話好き

●冷静
●落ち着いている

みたいなカテゴリに収まります。
姉御肌というよりは、おばちゃんタイプなんですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空気の読めない人間

ハッキリ言いますが、空気の読めない人は苦手です。行き過ぎた場合は嫌いです。女の子は【少し空気が読めないの★】っていう感じの天然ちゃんなら多少許しますが(贔屓)、こちらも行き過ぎた場合は嫌いになります。

そんなウメコがテストを1時間後に控え、カフェテリアでコリコリとかなり真剣に足掻いていた勉強していた時、【Mr. 空気の読めない男】の称号を与えるに相応しい、インドネシア人のお友達が、テーブルを挟んで、ウメコの前に腰を下ろしてきやがりました。先に言っておきますけど、悪い人じゃないんですよ。むしろ、親切だし、面白い人なんですよ…









病的に空気が読めないだけで(爆)。










そんな彼は、一生懸命ペンを走らすウメコが見えていないのか、普通に豪快に話し始めました。しかも、流せる内容じゃない話ばかり。彼が来年、中国に移住するとか、そういうちょっとシリアスな話。でも、正直、こういう時は、相手のスネを蹴ってやりたくなります(テーブル下で)。テストまでの残り時間と、彼とのお別れまでの残り時間を相対的に考えると、当たり前ですが、テストの方が大事なんですよ、ワタクシ。冷たい人間といわれようが、薄情なヤツだと言われようが知った事かっ!!!

まぁ、最後の【優しさ機能】が作動して、「邪魔や」とは言わなかったけどね。

でも、ウメコはイライラし始めると、オーラ(?)が出るので、友達には、「ウメコは空気読めない人に対して冷たいよね」って言われます。

好きで出してる訳じゃないです。
出さなきゃ分かってくれなさそうだから、出してるんです。

まぁ、ウメコがいくらイライラオーラを出した所で、相手が空気読めない人間なら、意味は無いんですけどね。ネシア人の彼も然りで…|||○| ̄|_

余談ですが、【空気が読めない人】は、悪循環の元に成り立ってると思われます。

空気が読めない

周りの人間がヒき出す・離れていく(放置状態)

社交性&空気を読む機会が低下

空気の読めなささに拍車が掛かる

更に多くの人がヒく



って感じで。そうなる前に手を打つのが大事な事だと思われます。
具体的な解決法は知らないけど(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとさし指とくすり指を比べてみてください。

とある心理学者さんらの発見によると、

男の人とレズビアン(男っぽい女性)の【くすり指】は【ひとさし指】よりも長く、
女の人&ゲイ(女っぽい男性)の【くすり指】と【ひとさし指】は長さにほとんど違いが無いか、【ひとさし指】の方が若干長い

そうです。

Photo_7

……あたい、くすり指の方が、若干ひとさし指より長いですけど。

彼らの大発見を鵜呑みにして、「スゲー!」と思ってましたが、今、物凄く嘘くさく思えてしかたないデス(御都合主義)。

レズビアンじゃないけど、うーん、男っぽい女っていうカテゴリには入れるとは思います。男っぽい女というか、女っぽくない女っていうか。

あ、そう、【女のコらしくない】っていうカテゴリだ!(爆)

でもねー、確かに、女にはモテます。年下の女の子限定で、ですけど。【女のコ】らしくはないけれど、【おばちゃん】っぽいので、その能力(無駄なお節介&面倒見の良さ)が発揮されると、年下が寄ってきます。

思い返せば、ウメコが中学3年生の頃、、年下の女の子達(特に2年生)の間で、ウメコと手紙交換する】っていうのが、ハヤってました(爆)。女の子達が物凄いクセ字&丸文字で、世間話やら、相談事やら、恋愛話やら、秘め事やらを可愛らしいメモ帳4~5枚に渡って書きまして、ウメコに渡す、っていう…。で、ウメコはソレらに対して、お返事を書くっていう…。

ウメコは、当時、ヨン様の母国にある日本人学校に通っていたんで、1学年、20人ぐらいしかいなかったんですね。で、その内の約半分…つまり10人前後が女の子だったんですよ。…だったにも関わらず、手紙交換のピーク時、ウメコ、
軽く8人と手紙交換してました(爆)。
1 vs 8ですよ。ペンのインクの無くなりの早いこと、恐るべしですよ。

しかも、そうやって手紙交換してるのにも関わらず、休み時間とか遊びに来てくれてましたからね、彼女達。タックル抱きつかれたりもしたし。

後輩「ウメコ先輩~~~♪♪♪」 ドスゥッ!!(←激しく抱きつかれた音)
ウメコ「グホッ…!!いっ…いつも元気だね…○○ちゃん…」(←ジェントルマン?)

…今になって思いますけど、誰の人生にも3回は訪れるといわれている【モテ期】を、ウメコはあそこで一回使ってしまったんじゃなかろうか…女相手に

話が豪快にウメコの昔話へと逸れてしまいましたが、皆さんも是非、指の長さチェックしてみてくださいね!ウメコと同じ感じになってしまった人、是非一報願います!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大家さんの職業

今月分の家賃を払いに、大家さんに会いに行きました(つっても、階段上がれば良いだけの話なんですけどね)。

で、大体いつもここで5分ぐらい世間話します。基本的には、ウメコがカレッジの…というか、勉強の出来具合の話をして、大家さんが彼の家族のコトについて話します。

子供はやっぱり反抗期か何からしいです(とうとう、大家さんの口から聞いちゃったよ|||)

奥さんは、ウメコと同じカレッジの学生さんなので、テスト勉強に追われていて忙しいそうです。うーん、親近感湧くなぁ…。

そして、大家さんはというと…何と今度、彼の書いたレポートが(上手くいけば)日本で
出版される事になったらしいんです!!すげーーぃ!!大家さん、【もののけ姫】に出てくるジコ坊みたいな(エロい)顔してるけど、実は凄い人だったんだねーーーっっ!!

…………

……………………え?待て待て。そういや、大家さんの仕事って何だったっけ?

ウメコ「あの、大家さんって何の仕事してらっしゃるんですか?」

大家さん「研究室で働いてるんだ。研究分野は石油でね」

おい!研究者かよ!!(滝汗)
知らなかったよ!!ただの顔のエロいおっさんかと思ってたよ!!(失礼)

さすが、ユダヤ人。頭が良いわぁー(国籍:イスラエル、で宗教がユダヤ教です)。某大国のトップを裏で仕切ったりするだけのコトはあるわぁ…。長男もたった3年でこっちの大学卒業しちゃってるみたいだしねぇ。いやぁ、それよりも、いまだに彼が研究者って信じられんわ…。家じゃただの口うるさい親父なだけなのに…。はっ、結局、研究者もただの人って事ですかね(爆)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

気付かないうちに…

今日のお昼、冷蔵庫に残っていた野菜で、野菜炒めを作りました。ウスターソースで味付けして、ちょこっとコショウをかけて、「いただきまーす」って食してみたらば、何か変。ソースかけ過ぎたかなぁ?と思ってソースを手にとって見てみたら、

Photo_6

賞味期限、めっちゃ切れてたよ!!!!(爆)

そら、何かちょっと変な味もするってもんですよ。しっかし、軽く5ヶ月気付いてなかったって…(鬱)。どんくさいっていうか、冷蔵庫管理・食品管理が出来て無いっていうか…。あーぁ、勿体無い…あとボトルの3分の1ぐらい残ってんのに(←ソース)。

ふぅ。

でもまぁ、野菜が勿体無かったし、お腹すいてたから、変な味の野菜炒めは
しっかりちゃっかり完食いたしました。
ゴチソウサマデス。頑張れ、胃腸。負けるな、胃腸。明日はテストがあるから、何が何でもカレッジに行かなくちゃ行けないのだよ!(他力本願ならぬ、胃腸本願)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【自殺】について

テスト勉強しないといけないと思いつつも、息抜きでブログ(爆)。

最近の心理学的発見によると、2~5歳の子供でも、自殺を図っちゃうらしいです!しかも、ちゃんと意図的に。

そんな幼子が自殺を考えちゃうなんて、ちょっと信じ難いですけど、ちゃんとした心理学者さんが調査した結果なんだから、間違っちゃ無いでしょう。っていうか、教科書に載ってる資料だし、間違っているわけが無い(と思いたい)。

最近、中学生の自殺が話題になってて、「最近は自殺年齢が随分と若くなってきてるな」なんて思ってましたけど、5歳っつったら、若いどころの話じゃ無いですよ…全く。

えーと、じゃぁ、話題にのって、自殺のお話をしましょうかね。

(アメリカの)統計を見てみると、自殺未遂率は女性の方が男性よりも2倍ほど高いのですが、自殺成功率(こうやって書くのは凄く変ですが)は男性の方が女性よりも2倍高いです。これは、男性の方が「確実に死ねる」方法…20階ビル頂上からの身投げや(こめかみ)銃殺なんかを選ぶからだそうです。女性は死のうとするのですが、薬の過剰摂取等の非致命的な方法を選ぶケースが多いんですよ。女性の方は、ヘルプを求めるサインとして、また、そこまで決心が固くついていない段階で自殺を図る人が多いみたいです。

それから、もう1つ。自殺の前触れというものが存在します。全員が全員、それを見せる、という訳ではありませんけどね。

例えば、長期間にわたって、ずーっと悩みこんでいた人が、ある日突然、晴やかに・穏やかになっているのは回復の兆しではなくて、自殺の兆しなんです。もう、自殺するんだ…この世界から抜け出せるんだ、と覚悟を決めた後は、心がうんと軽くなるらしいです。だから、悩むことをやめて、生き生きしてくるんです。凄く皮肉的。

あと、長年続けていたもの、愛用していた物をやめる・処分するのも自殺の前触れです。日記を捨てたり、ずっと大事にしていた小物や衣服なんかを友達にあげたりするのが、これにあたります。

「これあげるよ」
「何でよ?コレ、凄い大事にしてたじゃない」
「うん、でももういらないから。良かったら、代わりに使ってよ。お古で悪いけど」

なんて会話が実際にあるみたいです。心理学の先生が仰ってました。

自分で自分の命を絶つって、凄い事です。ウメコは絶対に出来ません。頑張ったとしても、薬物過剰摂取です。自分で飛び降りたり、首つったり、手首切ったり出来ません。五感で【痛い】とか【怖い】とか感じてしまうのは、ダメです。だから、そんな事が出来る人って凄いと思います。

でも、その凄さが生にいかされないのが悲しいです。負の力はいつだって正の力よりも大きくて、強い。だから、人間にはソレに呑まれてしまうというポテンシャルが最初からあるんだと思います。誰しも皆、大きくて長く深い谷にかけられた細くて脆いつり橋を渡っているようなものなのです。そこを気をつけて、気をつけて渡っているのに、いつも風が吹いていて、つり橋はぐらぐらと大きく揺れていて。

だから、谷底に落ちてしまうか、しまわないかの違いは、どれだけ自分を支えてくれる人がいるかどうかなんだと思います。

落ちそうになった時、ぐぃと自分の手を掴んでくれる人がいるかどうかなんだと思います。そして、それが正の力なんですよ。その手を掴んでくれる人が沢山居るなら、落ちる確率はぐんと低くなるし、誰も手を差し伸べてくれないのなら、自分のバランスを崩した時や風が吹いた時=(イコール)落ちる時です。

ウメコには幸い、正の力となる人…家族や友達、それに人生の目標があるので、そんな簡単には落ちません。でも、今、誰かの正の力になってあげられているか、と聞かれても、強くYESとは言えないです……言えないけど、自分の大切な人たちが落ちそうな時は、いつでも助けてあげようと心に決めています。それは些細な力でしかないかもしれませんが、それで誰かが落っこちてしまわないなら、本望です。

そういう、小さな事で、世の中・人の心ってちょっとずつ良い方向に向かっていくんだと思いますからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

まず、自分で考える

季節が変わったので、ブログのデザインも変えてみました♪うん、気が早い(爆)。でも、サンタに混じって1匹だけ居る、トナカイの絵がどうにも愛くるしくって…コレにしました。ずんどうトナカイww (100%オレンジさんの絵はスキですよ!)

さて、突然ですが、皆さんはどの位【まず、自分で考える】って事をしますか?例えば、数学の問題、授業中にやる練習問題、バイトでの突然のハプニング、etc…。どうしたら良いのか分からない!となってから、何分or何秒ぐらいで他人に助けを求めますか?

まぁ、仕事の場合は、上司にちゃっちゃと聞いた方が、無駄なロスが無くて済みそうなので、すぐに聞いちゃっても良いと思うんですが、勉強に関しては、5分はまず自分で考えないといけないとウメコは思っております。

実はこれ、中学ん時に通っていた、ちょっとした個人塾の先生に言われた事なんです。当時、数学が壊滅的に苦手だったウメコは、とにかく分からない問題が出てきた瞬間、すぐに先生に聞いてたんです。で、勿論、応用問題、発展問題と進むに連れて、ウメコが先生に聞く回数も当然のように増える訳でして。そんな時に、(頭に来たのであろう)先生が、

「まず考えて!5分考えて!基本を思い出して!それでも分かんないなら聞きなさい!」

って仰いました(っていうかキレました/ 爆)。…今思えば、相当鬱陶しい生徒だったんだろうなぁと思います。でね、それを言われてから、自分でまず考えるようになりました。

確かに、5分考えると分かるんです。解法の糸口が見えてくるんですよ。
そんな訳で、先生にそれを言われてからは、すっかり質問する回数が減りました。まぁ、早い話、当時のうちは【考える】というコトを放棄していたんだと思います。

で、今現在。何でもかんでも、まずは自分でトライする、というスタンスをキープしているわけなんですが、そんなウメコの前に、昔のウメコを思い出させるような人間が現れました。その人、哲学のクラスで一緒なんですが、

軽く30秒ごとに先生に質問してます (-_-;)

しかも、タチが悪い。

【タチの悪さ その1:説明直後に質問】
たった今、先生が丁寧に、めっちゃ分かりやすく説明してくれた事柄に対して、「どうしてそうなるんですか?」ってマジで質問しちゃいます。全然、先生の話を聞いていなかったんじゃないかと思えるほどです。

【タチの悪さ その2:ぶっとんだ質問】
今、150ページの練習問題1をやっている最中にもかかわらず、いきなり、
「先生!68ページの練習問題3の5番が分かりません!」
とか言っちゃいます。話の腰、ならぬ、授業の腰を根こそぎバッコリ折ります。
ってか、やっぱり授業聞いてねぇ!!(怒)

【タチの悪さ その3:クラスを無視】
先生を自分だけの家庭教師か何かと勘違いしているのか、授業進行に差し支えるほどの質問を浴びせます。故に、授業の進みが滞って滞って…。先生も、うっかり彼女の質問に答えちゃうから、それもまた問題。

【タチの悪さ その4:基礎を覚えない】
今やっている論理の中には、どうしてそうなるのか、を理解するのではなくて、もうルールとして覚えなくてはいけない事がいくつか存在します。でも彼女はそれを覚えないので、応用問題が出てくるたびに、何故それがそうなるのか!?っていう質問をするのです。質問レベルで言うと、「何で信号が赤の時は、進んじゃいけないんですか!?」みたいなモンです。理屈じゃないんです。ルールなんです。でも彼女はルールを持ち合わせていないんです。………なんで論理のクラス取ってんだろう?

そんな彼女に振り回されまくりな、うちの哲学のクラス。彼女が質問するたびにクラスのアチコチからため息が漏れ、中には小声で「Shut up, b**ch」って言う人なんかも出てきます。うん、ぶっちゃけ、そのぐらい【まず自分で考えない】って人は鬱陶しいんです。もう、本当、彼女の脳内にセンサーとかフィルターとか取り付けて、機械管理したい位です。

そんな訳で結論:【まず、自分で考える】って自分の為にも、人の為にもなるので、きちんとまずは5分、自分で考えるようにしましょーっ!

個人塾の先生には感謝感謝です<(_ _)>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

パラフィリア---Paraphilia

今週の心理学の授業は【パラフィリア】についてやってました。んで、コレ、結構聞いてて面白い(興味深い)なぁと思ったので、ご紹介いたします。

名前は聞いたこと無いでしょうが、【パラフィリア】っていうのは、物凄~~く平たく言ってしまうと、不適切な人や物に性的興奮を覚えてしまう、という一種のsexual disorderです。まぁ、平たく言ったところで、全然具体的じゃないので、例を挙げますと、フェティシズム、サディズム、マゾヒズムなんかが良い例です。

うちの心理学の先生が以前、彼女のクリニックで受け持った患者さんの中には、掃除機フェチの男の子がいたそうです。

「掃除機がめちゃんこ好き」

ってことじゃありません。彼の場合、自分の性器を掃除機のホースに入れて、性的快感が得られる、ってことなんです。逆に言うと、それ以外のコトや人が対象では、性的快感が得られない、ということなんです。これが、フェティシズム。

サディズムはご存知の通り、誰かを傷付けたり、痛めつけたりする事で性的快感を得ちゃうコト。マゾヒズムはその真逆で、自分を痛めつけて性的快感を得る事を指します。ビックリしたのが、マゾヒズムが原因で、死んでしまう人が結構居るというコト。例えば、

自分で自分の首を絞めて、快感を得ようとし、やりすぎちゃって、呼吸困難で死亡。

サディスト(性交相手)にロープで強く体のあちこちを縛り上げられて、血が上手く体内で流れず、死亡。

なんてコトがあるみたいなんですよ。うぅっ、痛っ…。
サディズム&マゾヒズムの困った所は、そこに需要と供給が成り立ってしまっている所だ、と先生は仰ってました。確かに。実際、SMクラブなんてのもあったりしちゃうわけで。勿論、そういう商売目的の場所なら、死に至るなんて確率は比較的低めかもしれませんが、それでもやっぱり、痛めつけてor痛めつけられてお金を貰うって、モラルに反してるから、いけないことだ、とウメコは思います。

はい、じゃぁ、次のパラフィリア………Pedophiliaについて。

もう、これはね、英語で書くとちょっと格好良いように見えるかもしれませんが、単純に、幼児性愛・幼児性嗜好のコトです。これは世界規模で問題になっているsexual disorderなんですねー。教会の牧師が日曜学校に来た少女に悪戯をするだとか、父親が実の娘と性的関係を持つとか、とにかく幅広い所で勃発してまして…。

そういう人たちは、自分の性嗜好をキチンと理解しているので、【戦略】として、学校の先生になったり、スイミング・スクールの先生になったりするそうです。あぁ、こんな事書いたら、学校の男性教諭が皆こんなんかと思われるな…。決して皆が皆、そういう訳ではないので、誤解なさらず。

でもね、この人達も何かがキッカケで、そういう性嗜好になっちゃったんでしょうが、これを世間一般で受け入れられている性嗜好に戻すって言うのは物凄く骨の折れるプロセスなんです。っていうかもう、めちゃんこ難しいわけです。

彼らの性的興奮を与えてくれるモノ(掃除機や幼子)を年相応の人間女性or男性に替えるっていうコトは、一般的な性嗜好を持つ人に、「じゃ、今日からお前、6歳の女の子に対して興奮しろよ」って言ってるようなもんなんです。ね?難しいでしょ?そんな簡単にヒョイっとは替えられないでしょ?

もし、あなたに同い年や2~3コ年の違う彼氏or彼女or好きな人がいるなら、もっとリアルに難しいと分かるはずです。その付き合っている相手or好きな相手のコトをやめて、10歳の男の子(女の子)を、性的興奮を覚えるほどに好きになれるでしょうか?

他にも、全くの他人の裸(着替え中)を【のぞく】事で性的快感を得てしまうVoyeurism、【自分の性器を露出】する事で性的快感を得てしまうExhibitionismなんかがパラフィリアとしてカテゴライズされています。まぁ、これらの問題点は、共通して、犯罪に発展してしまう事ですね。だから、彼らの性嗜好を普通に戻すのがどれだけ大変であろうと、それはなされなくちゃいけない事なんですって(先生曰く)。どうしても、そこに被害者が生まれてしまいますからね。

ちなみに、パラフィリアの殆ど…というか、ほぼ全員(90%)が男性で、パラフィリアの女性っていうのは非常にレアです。

それにしても、彼らも大変ですよ。普通に性的欲求を満たしたいだけなのに、普通の方法ではそれが満たされないって……ある意味、究極のパラドックスです。

……あぁ、奥が深いなぁ、人の心理って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »