« ひぃぃ! | トップページ | 実験に参加してきました ~MRI編~ »

実験に参加してきました ~採血編~

えーっと、以前言っていた、心理学の実験に参加してきた話をさせて頂きます。グダグダかいてたんですが、あまりにも書くコトが多くなりすぎたので、分けて書くコトにしましたー。まずは前半・採血までの話。

--------------------------------------------------------------

やって来ました、実験日!遠足の朝を迎えた小学生の如く、物凄く早起き★(6:30/爆) 朝御飯を食べて、地図で場所を再確認。UBCに行くバスに揺られる事、1時間弱。UBC Hospitalに着きました。名前から分かるように、UBCの大学病院ってやつです。3つの病棟からなるこの病院。指定された、パーディー(Purdy)病棟の地下1階へ。…病棟の名前に特に意味は無いと思います。

いやー、こっちの病院に行くコトがこれまでなかったんですけど、日本の病院とちょっと違った雰囲気でした!病院=白、みたいなイメージがあったんですけど、パーディー病棟はベージュでした。あと、ビックリするぐらい人通りが無くて、地下だったもんだから、ちょっと気味悪かったです(爆)。パラサイト・イブ(ホラーゲーム)思い出しちゃったよ…。

待ち合わせ場所はMRI室だったんですけど、そこに行くまでに、色々なサインが案内板がありました。アルツハイマー・クリニック、不安障害・クリニック、神経科、etc…。多分、この病棟全体が心理・精神に関する病気をどうにかするトコなんだと思います。心理学の教科書で見たことある単語があまりにも沢山出てきたので、ちょっとテンション上がりました(阿呆)。

Gwen_1  さて、親切な案内板に導かれ、MRI室に到着。しばらくすると、実験メンバーの1人、グウェンさんがやって来ました。何というか、脳味噌について地味に詳しそうだなぁってイメージの人でした(あんなん→)。

グウェン「初めまして。ウメコさんね?」
ウメコ「はい、今日はよろしくお願いしまーす♪」

簡単に挨拶を済ませると、実験の内容が書かれたドキュメントを貰いました。「それ読んで、最後のページにサインをしてほしいの」といわれたので、チャチャーッと読んで、サラっとサイン。続いて、個人情報をちょこちょこと書いて、簡単な質問に答えました。大体10分ぐらいかな?

グウェン「じゃぁ、まず最初に採血しに行きますね」
ウメコ「はいっ」










いきなりキたよ!!!(←心の声)








Blooddoctor_2 そんな訳で、所変わりまして、同じ病棟の1階。事務室みたいな部屋に通されました。しばらくすると、おかっぱ頭の女医さんがやってきました。おばあちゃん、って呼んだ方がしっくりくるような感じです。

発泡スチロールの箱を胸の前で抱えていたので、「あぁ、アレの中に試験管(みたいなの)が入ってんだろうなぁー…まぁ45ml程度だし、やっても1~2本だろうな」とぼんやり考えてみたり。

先生「ウメコさん、じゃ、血を採るんで奥の椅子に座ってください」
ウメコ「はーい」

先生に連れられ、奥の部屋へ。立派な採血椅子(?)があったので、そこに着席。腕をまくって、肘掛にセット。先生はその横の椅子に座って、ウメコの腕にゴムチューブを巻き、例の箱をパッコリ開けました。そこには想像通り、試験管4本が。

Eh_2

何、4本って!!!???

ウメコ「せ、先生!!これっ、4本分の血を採るんですか!?」

先生「え?…………何言ってんの!当たり前じゃない!」

45mlってこんなにあったっけーーー!?!?!?いや、無い!
うっわー無理!断じて無理!確実に意識トぶ!

ウメコ「先生!実はちょっと貧血気味で、結構簡単にフラフラ意識がなくなるんですけど、何とかなりませんか!?」

先生「じゃ、椅子倒す?」

ウメコ「はい!(是が非でも!!)」

いきなり修羅場です。高校の時に、採血試験管1本分で、文字通り顔面蒼白&意識が消えかけたウメコが4本の採血に耐えられるわけが無い。断じて無い。

先生「はい、じゃー刺しまーす!」

この時の言い方が若干軽かったので、「えぇ!?大丈夫!?」と心配になったんですが、何の何の、ビックリするほど痛く無かったです。多分、今までやってきた注射の中で、ハンコ注射並みに痛みが無かったです!凄いよ、おばあちゃん先生!

心の中で拍手喝采している間に、先生が試験管を注射器にセット。ウメコの血がピシャーっと試験管へ。ドロドロしてるかと思いきや、適度にサラサラ流れてたので、ちょっと安心。しかーし、

段々と

頭が

ボンヤリしてきて

あぁ…

視界が

白く

なって

き…

た………

先生「大丈夫~?」

ウメコ「∑あ……は、い………(←全然大丈夫じゃない)」

先生「天井見て、全然関係ないこと考えてなさい」

ウメコ「はー……

そう言われちゃしょうがないので、ガッツリ見ていた血から目を離し、天井をぼんやり見ておくことに。うちの母親は絶対見ないらしいんですが、ウメコは「見てない間に何かあったら大変だ」と思うので、注射は針が入る瞬間から抜けるまでじっと見てるタイプです。

あぁ、そうそう。余談ですけど、気を失う直前の感覚って、寝る直前のウトウトしてる時の感覚なんですよ。「寝る」っていう行為も、「意識をとばす」って事と根本的には変わらないので、似たような感覚なんだと思います、多分。

かなり頑張って関係ない事を(朦朧とした意識の中で)考えていると、スポッと針が抜かれる感覚が腕にきました。

先生「はい、おしまい!」

そう言って、にっこり微笑む先生の横には、赤い血がなみなみとしている試験管4本が並んでいました。トマトジュースとはまたちょっと色が違うよなーって思ってみたり。いや、それより何より、

試験管4本分血を抜いたのに意識保ってた!。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

すげぃ!!(私的に)

先生「大丈夫じゃな~い♪貧血なんて思い込みに過ぎないのよう!アハハ!」

いや、確実に意識は朦朧としてますけど(汗)。

それでも、以前の採血時とは違って、立ち上がってもフラフラしなかったし、ボンヤリする頭もすぐにクリアになってきました。先生の言うとおり、貧血って思い込みなのか?何にしたって良かったです。

そんなこんなで修羅場を超え、次はMRIです♪(続く)

|

« ひぃぃ! | トップページ | 実験に参加してきました ~MRI編~ »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/13768880

この記事へのトラックバック一覧です: 実験に参加してきました ~採血編~:

« ひぃぃ! | トップページ | 実験に参加してきました ~MRI編~ »