« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

TA for Japanese class

昨日はウメコの通っているカレッジの日本語のクラスにTA(Teaching assistant)としてお邪魔してきました。中級レベルの日本語クラスの生徒と、ネイティヴ(日本人)がディスカッションをして、会話の練習をしよう…っていうのが目的。

最初はペアワーク。TA1人&生徒さん1人で、予め用意されていた質問で質疑応答。ウメコのパートナーの男の子は台湾人の男の子でした。

事前に先生と打ち合わせをしまして、その時に「ゆっくり目に話してあげてください」って言われていたので、文節ごとに区切って、ゆっくり話してたんですが、

奴、かなり話せるし、聞ける&理解出来る!!

ゆっくり喋り忘れた時(!)も普通に受け答え出来てましたよ!でも、日本語を勉強し始めてからまだ1年も経ってないって…!おばちゃん、普通に心の中で吃驚してました。しかもナチュラルに「んーと」とか「なんていうか」とか使ってましたからね。ナチュラル!凄い!

うち、英語始めて1年以内に、彼の日本語並みに、英語喋れてませんでしたよ。関係代名詞も分かってませんでしたよ。筆記体すらロクに…っっ!(中国系・カナダ系関係なく、日本語クラスの生徒さんは300字程漢字が書ける&読めるらしい…!!)

……日本の外国語教育…大丈夫かな。

感心しっぱなしでいると、ディスカッションの時間になりまして。他のペアと一緒になって与えられたトピックについて話し始めました。この時に一緒になった生徒さんの1人がですね、日本×カナダのハーフだったんですけど、(【Dirrty】時の)クリスティーナ・アギレラ並みの濃いぃB系メイクしてて、目がきれいなマリンブルーで、めっさ格好良かったんですよ!ヘソ&舌にばっちしピアスしてて。しかも、ハーフだから、普通に日本語も喋れる!(書きが駄目らしい)あんまりにも目がきれいだから、ギラギラ見ちゃった!(爆)西洋文化、目をギラギラ見てても何にも言われないから好き!(日本じゃ失礼にあたる)

あ、トピックは【日本語を勉強していて良かったこと】。アバウトすぎて泣きそうでしたが、みんな色々答えてくれました。

なるほどなぁと思ったのが、「日本の歌の歌詞の意味が分かる」っていう意見。中国系の人は日本のドラマやら歌やらが大好きなので、これは結構デカいみたいです。なるほどねー。ウメコがこっちの映画見て、ちゃんと意味が分かるようになれて嬉しいのと同じですね。……まだそれでも「分かんない」って時がありますけどね!2年もいるのに…。

まぁ、そんなこんなで楽しく貴重な経験をさせて頂きました。こういうの初めてやったんですけど、お互いがお互いの為になって良いですねぇ♪

あと、物凄く蛇足と承知で言いますが、
日本語のクラス担当の先生がめっさ渋くて格好良かったっっ!!
久々にダキューーン!って。ズガーーン!って。きましたね、えぇ。別にこっからどうもしないけど(だって2まわりも年が離れてるんだもの)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

儚き友情

1年半以上の付き合いがある友達が、うちの苗字を

山根

だと思ってました。
アンガールズじゃねぇよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おじさんに声をかけられる。

久々に近所に買い物に行きました(久々…)。家から徒歩1分。帰り道、買い物袋を両手にぶら下げて歩いていたら、グレーのセダンがウメコの横につけてきて、「○○ High Schoolってどこにあるか教えてくれない?」って聞かれてたんで、「~~の交差点にありますよ」って教えてあげました。そしたら、

「ありがとう。ところで、君可愛いね~。シングル?パートナーいる?家、この辺なの?送って行ってあげようか?カモン、乗りなよ!大丈夫だから!」

って言われて、ドン引きしてしまいました、ウメコです。平穏な住宅街に住んでいるのに、まさか怪しげなちょっとダンディーなおっさんに声をかけられるなんてっ…!!シカトぶっこいて、帰宅しました。あぁ怖い怖い。

阿部寛みたいに格好良いおじさんでも、やっぱり↑みたいに寄って来られたら、ウメコはドン引きしますね。うん、そこは理想と現実の違いですから。いや、現実に阿部寛が家の近所に住むとか有り得んけどね。

あと、関係ない話なんですが、Dreams Come True(ドリカム)の【大阪LOVER】って曲を数日前から聴いてます。関東方面の彼女が、遠恋中の大阪人彼氏(&大阪)を想ってヤンヤヤンヤするっていう内容の歌です。吉田さんが頑張って大阪弁で歌ってる例のヤツです。良い曲だし、気に入ってんですが、どうしても主人公の女の子に共感出来ない個所があって。

“万博公園の太陽の塔 ひさびさ見たいなぁ!”

ってくだりなんですけどね。あれを久々に見たくなる女の子っていない確実にいない。いたとして、凄い感性の持ち主としか言いようがない。しかも、万博公園って何とも言えず中途半端なトコにあるから、行きにくい。男の方が

“「そやなぁ…」”

って言っちゃうのも納得ってハナシです。絶対この「そやなぁ」の後には「でも万博公園て遠いやんけー…もー何でわざわざ駅まで迎えに来たってんのに、そんなとこまで行かなあかんねーん、大体、何で太陽の塔みたいとかなんねん、俺は家帰って寝たいねん、疲れとんねん、ほんま勘弁してくれ」ぐらいくっついてますよ。うん、ここまで思っちゃったら多分、彼氏でも何でもないですけど。

個人的に、大阪人でもないのに、大阪弁を真似する人間は凄く無理です。イントネーションの間違いが気になって気になって、(申し訳無いですけど)イラァアァッ!!としてしまいます。心狭いです。そのくせ、ウメコは東京弁もとい、標準語使いますけどね(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

What I've gained and lost

やっと一息つく事が出来るとこまできました~。いや、まだ終わってないんですけどね。いやぁ、危ない危ない。これがあと2日続いてたら、確実に友達に電話掛けまくってダレれたでしょうね。グダグダに。それか、リカーストアに行って、酒買って、自棄酒してましたね。うん、その位精神的に危なかった。

そんなウメコがここ2週間で無くしたもの第1位:髪の毛

シャワー浴びるたびに詰まってました…。んでまた、その詰まったブツを取り除く時の、寂しいこと・悲しいこと。何か、精神的に参ってて悲しいのか、単に髪の毛が抜けて悲しいのかさっぱりっていう状況。あたしゃ、単身赴任中の寂しいおっさんか。

そんなウメコがここ2週間で得たもの第1位:
ヨダレでベロベロになった教科書

Oh_my_text

図書館で勉強してて、「ちょっと仮眠取ろう」と思って寝て。20分後に起きてみたらば、この惨事ですよ。慌てて拭いたら、インクがかすれて読めなくなったっていう二次災害付きですよ。ついでに前後数十ページにわたって紙がベロベロに波打っちゃったっていう始末ですよ。

絶対アレだ、精神的に参ってる時は、いつもよりもヨダレが沢山出るんだ。
そうだ、きっとそうに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きてます

生きてます。それ以上でも、それ以下でもなく…。それだけです(爆)。

ちょっと、本当、どういう忙しさだこの野郎!!!このままだと普通に体調不良&精神不安定もしくは精神異常で死んじゃうぞ馬鹿たれぇぇぇ!

って思ってた所に、昨日はESL時代から一緒に頑張ってきた友達のK氏から電話がありました。最近、全然会わなかったのに、何だかちゃっかりうちの心配なんかしてくれちゃって、うっかり泣きそうになった次第です。どんだけ弱ってんだ、うち。

「頑張れ」じゃなくて、「頑張ろう」って言ってくれたのが嬉しくて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひぃぃぃぃぃぃぃぃ!

全然更新せずで申し訳ないんですが、とりあえず、今、激しく忙しい!!今死んだら、間違い無く過労死!過労死!!過労死ぃぃぃ!!!ってなわけですので、まだまだまともに更新出来ません。来週ぐらいには何とか…。すんませんです。

物凄い余談ですが、今日、初めてとある(一回りほど年の離れた)男性の方から「君ってすっごく癒し系だね~。今、挨拶してもらっただけで、何かすっごく癒された~」って言われました。

……いや、それだけなんですけどね。続きは何もなかったんですけどね。強いて言うなら、うちが久々に豪快に照れただけで(阿呆)。隣にいた友達が、真似して「うめこってすっごくいやしけーだねー」って棒読みしたからドツいただけで。

そんなうちに誰か癒しを。というか、休みを(切実)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆ピース

写真撮りまーす!ってなった時に、大抵の日本人女子ならピースしますよね。ピース。最近はバリエーションが妙に増えて、

自分の頬にくっつけたり

立ててる指を少し曲げてみたり

手の甲を外側に向けたり

色々なのがありますが。手の甲を外側に向けるピースサイン。実はブリティッシュでは

F*CK(中指立て)

と同じ意味らしいです!!!向こうにいた事のあるカナディアンの友達が教えてくれました。ついでに「何で日本人はあんなにピースするの?」って聞かれました。知らんがな(爆)。っていうか、それ以前に、日本人女子、swearingしながら写真撮ってたんですね…。いや、文化圏が違うから良いんですけど。ドキドキ。ブリティッシュが見たら「えー!!」でしょうね。

ちなみに、カナダじゃ逆ピース=F*ckは通じないです。それを良いことに、その友達は「ビッチィな子がいたりしたら、最近は逆ピースしてやるんだ」とか言ってました。周りにはわからないけど、自分だけ凄い清々するから良いらしいです。

ボディ・ランゲージ…深いぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっ…

被験者数、総計191人。あと9人。で、

風  邪  ひ  い  た  |||○| ̄|_

風邪というか、ストレスとやる気のない飯故のGeneral Adaptation Syndromeのexhaustion stageの結果だと思う。要は、ストレスで体が弱って、通常ならやられない風邪菌にやられた、ってことです。

しかーし、明日は脳研のテスト(爆)。寝てられん(汗)!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぬか喜び

GETした被験者数が117になったよ!!ヽ(´▽`)ノ

終わったーと思ったら、男女それぞれ100人必要とのこと(i.e 合計200人)。

頼むから解放してくれ。この実験のせいで、最近、早起きしなくちゃいけなくって、でも寝坊しがちで(間に合ってはいる)バタバタしちゃうから、ノーメイクで学校行く日がほとんどなんだよ(痛)。んで、そんな時に限って、友達に沢山会うんだよ(誰もツッコまないのは、みんなが優しいからだと思う)。勘弁してくれよ。

寝れないし、常に何かに追われてるし、気がつきゃヤク無しでハイ(爆)。グループメンバーもハイ。とにかくハイハイじゃないと乗り越えられない。ある意味清々しい笑顔で毎日過ごしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳地獄

しんどいよ、脳の勉強!!!泣

テストが来週の水曜日にあるんですが、あまりにも覚えなくちゃいけないことが多いです。脳のいろんな部分とその機能を発見してきた科学者達を激しく恨んでる最中です。ノーベル賞がなんだ。知的探究心がなんだ。(一部の)後世の人間が苦労するんだぞーっ。同じ理由で、歴史も嫌いです。

本当…覚える単語が100を超えてしまってて…もう、どうしたら良いのやら。
しかも全部脳の各部の名称…。これに各々の機能がくっつきまして。覚える量が半端じゃねぇです。何で、小テストをして、問題を小分けにしないんだろう…うちの先生は。

とりあえず、大脳・小脳はいいんですが、それらを更に細かく分け出すと、もう、無理(弱)。唯一しっかり覚えてるのは、何故、後頭部に対する攻撃が有効かということだけです。

後頭部にはですねぇ、脳幹(brain stem)って呼ばれるところがありまして。ここで呼吸、血圧、意識、体温などをコントロールしてるんですね。でまぁ、ここに強い衝撃なり、ダメージを与えると、呼吸etcのコントロールが不可能になって、間も無くご臨終となる訳です。人間ってモロい(爆)。

だから、喧嘩の最中は、何が何でも、後頭部と体の中心線(急所が多数存在してる)を守りましょう。って先生も言ってました。一体、何の授業だ。

あ、あと「人間は全体の5%の脳しか使っていない」っていうのはですってよ。右脳も左脳もフルに使って、初めて脳として正常な活動が出来るんですってよ。この5%っていう数字は、脳に電気的な刺激を与えて、どんな反応があるかを調べた科学者さんの所為で出てきた数字だそうです。彼は見える脳の部分にしか刺激を与えなかったらしいですよ。で、変化がなければ、そこは無意味!って判断したみたいで。目に見える変化が無いからと言って、その部分が無意味な訳じゃぁ無いんです。だから、右脳のトレーニングだなんて謳ってるブツも、単なる頭の体操にすぎないんだぜ

…なんか、こういうくだらないことはしっかり覚えてるんですが、各部の名称が一向に頭に入ってこないです。もうちょっと頑張ってよ、うちの脳。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

japanese love hotel

同じグループの女の子が唐突に、

「ねぇねぇ、日本ってさ、ラブホテルっていうのがあるんだよね!」

って聞いてきました。お前、どこからそんな情報を…。

メンバー「行ったことある?」
ウメコ「ねぇよ!!ってか、どっからそんな単語拾ってきた!?」
メンバー「あたしの好きな写真家のウェブサイト。ラブホテルの中を撮った写真があるんだけどねー、何か小奇麗だし、可愛いんのー♪行ってみたいー!」
ウメコ「……。ちょっと見せてよ、それ」

ってことで見てきました。知らない世界でしたが、写真家の腕がいいのか、それとも、ただ単にソウイウ事をしている生々しい人間が写っていないからか、確かに小奇麗で可愛く見えなくもなかったです。

写真家さんの名前は、Misty Keasler。ウェブサイトはこちら。サイトを開いたら、左上の写真をクリックしてみてください。知られざる?ラブホテルの中身が見れます。うん、でも本当、なんか小奇麗…。ただ気になるのが、ほとんどのラブホのロケーションが大阪だということ。なんか…そういうイメージついたりしないかな(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シゴト プライベート

心理学実験の為にカレッジの隅から隅までうろうろしてた、ウメコです。友達見つけたら、即刻、巻き込み(笑)。本当は、どっかの授業に行って、クラス単位でやろうとしてたんですが、この時期忙しいので、どの先生も実験させてくれないんですよね。でも、理解可能な理由があるので、そこはしょうがないと割り切ってます。

それ故、今日はウロウロして、いろんな人に声をかけ、実験に参加してもらったんですが(実験といっても、アンケート形式)、グループの皆で頑張ったお陰で、53人からデータを得ることが出来ました~!ヽ(´▽`)ノ 頑張ったーっ。これ、結構すごい数字なんですよ。何せ今日は金曜日で、あんまり学校に人がいないんですよ。それなのに、ノルマ(100人)の半分まで達成しちゃったんですから!いやぁ、この調子でいけば、データ取りは月曜日に終わりそうです!また、カレッジ内うろうろするのは大変ですけどねぇ。頑張りますです。ハイ。

しかーし!何も問題が無かったかと言えば、そういう訳でもなく。昨日も言ってた、例の神経質な女の子が、今日もやらかしてくれました。

53人からデータを取った後、心理学部の実験室(PCと資料がある部屋)でPCにデータを打ち込んでたんですが、それをしている最中に神経質女の彼氏がやってきたんですよ。打ち込むデータはあと20程。

グループの一人がいなくなったところで大した支障もないし、何より、関係の無い彼氏クンがずーーーっと実験室のいすに座って、詰まんなそうに退屈そうにしているのを見てると、ちょっと悪いなぁ…って気がしてきて。

「彼氏が待ってるんだし、帰っても良いよ。あとやっとくから」って皆で言ったんですけど、全然帰ろうとしなくって。しかも、途中からムキになってきて。「帰りなよ」「帰らないよ」「彼氏待ってるよ」「関係ないでしょ」の押し問答の末、

「あーもう分かった!リチャード(彼氏)、出てって!」

って彼氏を追い出しました(爆)。実験室からすごすごと出てく彼氏クン。違うよー、根本的に間違ってるよー。視界に入らなきゃいいって訳じゃないんだよー。

どうも、神経質過ぎるが故に、自分がデータの打ち込みをしないと、気が済まない様子。他人に任せるなんてもってのほか。早い話が、あんまりグループメンバーを信用してないんです。何て言うか…分らないでもないんですけど、そんなに表に態度として出すのは駄目ですよ。しかも、追い出した後、やっぱり不機嫌になっちゃったし。どうしたいっちゅうねん。どぉせえっちゅうねん。

こういうの、本当鬱陶しい~~(-ω-;)

グループワークを始め、学校で与えられた課題・宿題って一種の仕事だとウメコは思うんですよね。『勉強』は本人の自由、権利ですが、それを選んだからこそ与えられる課題をするということは一種の義務です。プライベートとは切り離して、全く別の「やらなくちゃいけないこと」として扱わなければならないと思うのです。だから、その『仕事』と『プライベート』をゴッチャにして、他人に気を遣わせて、それが気に入らないからって、挙句、彼氏を追い出して…ってもう、身勝手にも程があるってもんで、見ててイライラします。

同じ学校に通ってるんだから、彼氏がそこにいるのは構わないんですが、せめて、“オフィス”の外でプライベートなことをしてくれって思います。うっかりプライベートが仕事に割り込んできてしまったなら、仕事に差し支えがないように、周りに迷惑がかからないように、対処すべきなんです。もちろん、逆も然り;プライベートに仕事は持ち込むべきではないです。

まったくもう…ガキんちょのクセして本当、タチ悪いですよう。

まぁ、そんな訳で、ウメコはさっさと彼女に帰ってもらいたかったんですが、結局彼女は最後の最後までデータ打ち込みをやっていきました。やれやれです。彼女が帰った後、(昨日彼女にブチ切れた)別のメンバーが「何考えてんだか…」ってあきれ返ってました。うん、みんなそう思ってるよー。

まぁ、大体、どこのグループにも困ったサンはいるみたいで。本当、これ、万国共通。ザ・ユニバーサルですよ。別のグループの男の子と話してたら、そのグループの1人は、話し合いにも参加しないし、指定時間に指定場所に姿を現さないとか…。しかも謝りもしないとな。……ウメコがそのグループなら、確実にそいつ見放してるぜ 必要ない人間としてね。

なんか、詰まんない話になっちゃったので、別の記事も書いときます。ライトすぎるけど、ちょっと卑猥気味だけど、面白いと思ったから書くよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Frustration

偽ブッシュ先生のクラスで、グループプロジェクトとして、実際に心理学的実験をやろうとしてるとこなんですが、ちょっと予定してたスケジュールよりも遅れ気味のウメコのグループです。まぁ、遅れてるって言っても、2~3日程度なんですけどね。慌てる必要は全然無いんですが、うちのグループの中に物凄く神経質な女の子がいまして、その子が予定通りにコトが進んでいないからって

物凄い不機嫌オーラ飛ばしてるんですよ。

イライラ感も伝わってくるんですよ。

しかも閉口しっぱなしで。

困りますよー。話し合いしてても、前なら結構元気にあぁだこうだ言ってたんですが、今はもうブッスーーーとしちゃって。どんだけ子供だよ…って思ってたら、ついに今日、別のグループメンバーの女の子が、

「ちょっと予定通りに行かないからって、ふくれてんじゃねーよ。空気読め。大体、そんなに遅れてるわけでもないだろーがよ。ったく…」

って爆弾発言しちゃいましたお前も空気読めよ、っていうツッコみはさておき、イライラが別のイライラを引き起こしちゃいまして、げんなりです。ウメコと残りの女の子(1人)で「まぁまぁ、落ち着いて」ってなだめ倒しまして。話し合いも、結局、話し合いじゃなくなりました。このままの険悪ムードが続くようなら、今度は別の女の子がイラっとしそうで怖いです。

え?ウメコはイライラしないのかって?

めっさくそしてるに決まってんでしょ★ Σ( ̄ロ ̄lll)

表立ってソレを表さないだけです。大人ですから(阿呆)。まぁ、今日、久々に会った日本人の友達に、「個人主義文化圏なのに、何でグループワークがあるのさ!?」って愚痴りましたけどね。良いんですよ、その人関係無いから。

本当に…何で個人主義なのにグループワークが必要なんでしょ。いや、あっても良いんですけど、グループワークするなら、まず集団主義を学べよ!って思います…切に

そんな訳で今日学んだ事、【和を大切に】の心、(とっても)priceless

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超えられない

ここ2,3日、無意識のうちに八代亜紀の【舟歌】を口ずさみだしてしまうウメコです。気が付いたら止めるんですけど、しばらくしたら、また歌ってるっていう…。今日なんか、通学途中、歩きながら「♪しみじみィ呑めばァ~」とか言ってて、本気でやばいと思いました。

そんなウメコですが、カレッジでは毎日楽しくやっております。ただ、最近気になるのが、勉強しなくても、テストで点が取れる友達の存在です。

そいつ、ごりごりのアニメオタクなんで、勉強するよりはアニメ観たいってタイプのヤツなんですよ。で、大体会ったら「昨日はNARUTOを一気に10話観た」だとか「DRAGONBALLの古いエピソードを掘り返して、4時間見てた」だとかっていう話を、ウメコが聞いてもいないのに、してくれるんですけどね、

絶対そいつの方がウメコよりテストの点が良いんですよ。
クラストップ3に入るぐらいの点を取りやがるんですよ。もう、めっさ悔しい、の一言に尽きるわけですよ。何でなんよ。授業中もね、隣に座ってるから、こそっとノートを覗いたりもするんですけど(爆)、

ノート白紙なんですよ。
気が付きゃペンすら握ってない状態なんですよ。
最悪、そいつ寝てるんですよ。

先生のテスト…講義でやったトコから出てるから、ノートとって無いと点取れないはずなのに、なんで取れてんだろう…。最近の一番の疑問です。物事を記憶する為の脳内回路が物凄く発達してるんだろうか。

たまに居ますよね、こういう人。悔しいやら、羨ましいやら…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

みんな、つべたい…

Img_3429 左目の斜め上に出来た吹き出物を潰したら、それにばい菌が入って、ちょこっと化膿しちゃって、現在、左目だけめばちこ状態なウメコです(爆)。二重も見事に途中で切れてます。嗚呼、左まぶたが重い…。

同じ心理学のクラスの子に、今朝あったら、「蜂に刺されたん!?」て聞かれました。確かに、それっぽいかも。

ついでに今日、朝からバインダーを失くしたと思って、血の気が引きました。実は、昨日、心理学部の実験室に置き忘れてきただけだったんですけどね。いやー、あの血の引き具合はなかなか久しかったです。

そんなウメコ、今、心理学の偽ブッシュ先生のクラスでグループ・プロジェクトとして、実際に心理学的実験をしてます。で、それをやる為には、最初にPilot testと言って、実験のためのお試し実験みたいなのをしなくちゃいけないんです。試運転…と思ってもらえれば良いです。でもまぁ、試運転とは言え、ちゃんとした参加者(20人ぐらい)が要るので、昨日、カレッジ中をグループメンバーの子と一緒に徘徊し、色んな人に「実験に参加して欲しいんですけどー」って声かけてました。そこで分かった事…

皆、つべたい。  

皆、ひきょうりょくてき。

|||○| ̄|_

たった20人の参加者を見つけるのに3時間以上かかりました。途中から脚が棒になりましたよ。うちらの実験って色んな異性の写真を見て、どんだけその人が格好良いor可愛いと思うかを答えてもらうっていう、非常にシンプルで、5分ぐらいで済んじゃうようなもんなんですよ。たった5分なんですよ。

でも、皆つべたかったよ…。

「えー…ごめんね、これからバイトだから」   ←これはしょうがない
「バス来るから」   ←まだ来てないのに
「いや…パス」   ←特に理由は無いけど、とにかくやりたくないらしい
「えぇ~~~~」   ←相当嫌らしい
「今、吐きそうで…」   ←その後、友達とはしゃいでる所を目撃

でも究極に凹まされたのが、まだ実験の説明すらしてないのに、途中で

「あたし、そういうのに一切興味ないから」

Σ( ̄ロ ̄lll)

ピシャ!!って。おっかなかったわー…。一緒に回ってた友達と、「拒絶されるって辛いね」っていう結論に達しました。何とか頑張って20人集めた後、2人でジュースで乾杯しましたよ。すげぇ仕事したー!お疲れー!って感じで。プハーって。

んで今日、そんな話を授業前にしてたらば、別のグループの友達がやってきて、物凄い愚痴り始めました。

「ちょっと聞いてよ!昨日、プロジェクトの為に、わざわざ予め予約入れてた心理学基礎のクラスに行ってさ、(本番の)実験やろうとしたのよ。そしたら、クラスメイト40人中、参加してくれたのがたったの6人だったんだけど!!ちょっとこれどうなんよ!?」

…もう、ムゴいとしか言い様が無いです。

実験するにあたって、得られたデータがある程度信用出来るものにするために、被験者の数はそれなりに多くないといけません。今回のプロジェクトでは、大体どのグループも最低100人は必要なのです。

もうね、無理矢理参加させたいんですけどね、心理学的実験において、被験者は必ず自発的に参加したいって人(volunteer)でないと駄目なんです。だから、強制的に参加させることは出来ないんです。

最悪、NOとは言えない文化に育った日本人だけに聞いてやろうかと思いましたが、そうすると今度はculture differenceがデータに影響しちゃうのでやめました(爆)。カナダはその辺も適度に気にしないといけません。ついでにsexual orientation(ストレート、バイセクシャル、or ホモセクシャル)も気にしなくちゃいけません。色々複雑なんです。

あ、唯一物凄く協力的だった人達がいました。ずばり、ジャーナリズム学部の人達。ジャーナリストになる為の学部なんですけどね、そこの人達は取材の大変さに似たようなものを感じてくれたらしく、凄く協力的で、最終的には同情&励ましまでしてくれました~(感動)。ありがとうっっ!!

でも、驚異的な協力姿勢に比例するかのごとく、バイセクシャル・ホモセクシャル率も妙に高かったです(ドキドキ)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2年越しの間違い

Primacy effectってもんがあるんですよ。コレが何かと言いますと、例えば、10個の単語を覚えてください、って誰かに言われて、その人が10個の単語をあなたに言ったとしましょう。そうしたらですね、大抵、どんな人でも、5個目、6個目のものよりも、最初の2つ、3つの方をしっかりと覚えているもんなんです。この、リストの最初の方のモノをより覚える傾向のコトをPrimacy effectっていうんですけどね、ウメコ、さっき気付いたんですが、これの名前をずっと、かれこれ2年間ぐらい、

Primacy じゃなくて Primary だと思ってました(爆)。

えーもー自分にビックリ。最初の学期の心理学基礎のクラスでやった時も、「あーPrimary effectかぁ」ってな感じで覚えてましたし、もしやと思ってその頃のノートを見返してみたらば、やっぱりPrimary effectって堂々と書いてあるし…。2年越しの間違いですよ。いや、その間になかなかコレと接触するコトが無かったってだけなんですけどね。

うあー…妙なショックが…。|||○| ̄|_

ついでに、コレと対になって覚えなくちゃいけないのが、Recency effect。これは、Primacyとは逆に、リストの最後の方のモノを覚える傾向がある事を指します。人間、PrimacyもRecencyもあるので、早い話が、最初と最後に言われたことはそれなりに覚えてんだけど、真ん中抜けてますよって事なんですよ(凄いまとめた/爆)。

だ か ら

クラスのプレゼンの発表だったり、何かのオーディションだったり、とにかく順番があって、自分がそのリストの中の1アイテムだとしたら、最初か最後にやる・いる方が、相手に自分をより印象付けるコトが出来るわけです。実力も大事なんですが、こういう認知的な問題によって、多かれ少なかれ影響されてしまうのが人間な訳ですよ。

大体ね、何で久しぶりにPrimacy effectなんていう単語にぶつかったかって言うとですね、第一印象の出来方についての勉強をちょこっとしてるんですよ。で、それのリサーチをしていてですね…えぇ。ぶつかったって訳です。で、「あれ、何か違うぞ!」って。

第一印象…大事じゃないかという人もいるかもしれませんが、ぶっちゃけ、人間は物凄く第一印象に影響され、左右されてます。「人は見かけによらない」なんて言いますが、そんな事言ってる人だって、多少なりとも「あぁ、この人ってちょっと神経質っぽいなー」みたいな感じで、勝手に無意識のうちに、他人の性格を第一印象で決めてしまうんですよ。ウフフ、人間って怖いね

で、どう大事なのかと言いますと…

Primacy effectが関係してきます。早い話、“最初の最初”がカギなんです。例えば、初対面のAさんがアナタに対して「優しそう」という印象を持ってくれれば、以降、アナタが友達に結構激しいツッコミを加えたとしても、「あぁ、この人、ツッコんでるんだなぁ、楽しい人だなぁ」ってな具合になるわけです。これは、“最初”の「優しそう」という印象だけが強烈に残ってくれてるお陰なんです。

ところが、その第一印象が「キツそう」とか「意地悪そう」とかだったりすると、同じ度合いのツッコミを誰かにカマしたとしても、「そんな猛烈に頭ハタかなくても…。何か凶暴そうな人だなぁ…怒られそうだなぁ」ってな感じで悪印象な上に、あとでどんだけ良い事しても、なかなか思うように印象UPには繋がりません。印象UPするとしても、かなりの時間を要するわけです。

若干、例えがおかしなことになってしまって、分かりにくいかと思いますが、その辺は上手いこと意味を汲んでくれ(爆)。

そんな訳で、大事な第一印象。例え、シャイでも、目つきが悪くても、喋るのが苦手でも、新しいクラスやら職場やらに行ったのならば、初日だけでもニコニコしておいた方が得なんじゃないかと思います。

…物凄い余談が長くなりましたが、とにかく今度からはしっかりPrimacy effectと覚えます。こんだけブログに書いたから、いい加減、忘れないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テストとカレー

期末テストのスケジュールが発表されました。去年と同じく、ウメコの誕生日の翌日にテストがある模様です。ついでに、誕生日の前日にもテストがありまして。

テスト→誕生日改め勉強日→テスト

って感じです。カナダに居る限り、4月中旬はテスト期間なので…あと2~3年はこの調子ですね(爆)。やる事もなく、友達にも祝ってもらえずな孤独誕生会を開くか、勉強でその日を終わらせるからなら、まぁ後者の方が良いんで、誕生日=勉強日で全然構わないんですが。

気が付きゃ、じきに21ですよ。んぁー…色濃い20歳な1年だったなぁ…。

Dinner

そんなウメコの今日の晩御飯。カレーだ!と思って、カレーを作ったのは良いんですが、米が無い事をすっかり忘れてまして。ナン(インドのパン)なんか、更に無い訳で。しょうがないんで、食パンをディップして食いました。独り暮らししてると、「自分さえ良ければ、何でも良い」みたいな食事になってしまいます。早い話が適当って事です。
 ぶっちゃけ、カレーの具はベビーキャロットタマネギ鶏肉です。ジャガイモは家に無かったから良いや、と思って。サラダの中身もレタストマト大根の薄切りだけ。キュウリやハーブは家に無かったから良いや、と思って。…恐ろしいほど適当ですよ。でも、この食パンはちょっと拘って買ってます。Flaxseed(亜麻っていう植物の種)が入ってまして。食物繊維豊富なのです。白い食パンより味もあります♪…何故、同じぐらいカレーの具にも拘れないのか。不明です。

あ、あと、ウメコだけかもしれませんが、未だにサラダを作る時のレタスの量が分かりません。大体、多めに葉っぱを剥がしてしまいます。んで、てんこ盛りになるっていう…。こんなもんかなーっていう目分量が大体間違ってます。うーん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ニヒルで無感動で(以下略)

このブログにピッタリなサブタイトルはないかなと思い、キャッチコピー・ジェネレーターなるもので作ってもらった所、【ニヒルな戦略家 ウメコ】という、えげつないモノを頂いてしまったウメコです。死んだって、使いません

さてさて…。

いつものごとく突然ですが、ものすごーく感動しやすい人って、実は日常生活に刺激が足りてないらしいです。普段から、そういった刺激に慣れてないから、ちょっとした刺激(出来事)にでもウルッと感動しちゃうそうです。

これ、統計の先生が授業中にぽろっと言ってたんですが、これが本当なら、ウメコ、常日頃から何かしらの刺激に晒されてるって事になります。うちは、感動屋から一番遠い所にいる存在なんでね(卒業式でクスクス&ニヤニヤ笑ってしまうような人間です)。でも個人的には、平々凡々な毎日を送ってると思うんですよ。何なんでしょうね。せめて、大学卒業の時ぐらいはちゃんと感動しようとは思うんですが…。でも、感動しよう!って意気込んで感動するって言うのも変な話だし。

あ、だからニヒルって言われるのか!
(ニヒル=虚無的・世の中なんて~人生なんて~虚しいわ~って考えてるさま)

ニヒルで、無感動で、ドSで、腹黒で、老け気味な自分。…もう少し、ポジティヴな何かが欲しいです。そういえば、以前友達とやったSMチェックで、S度:138%M度:62%という結果が出ました。凄いドS。しかも先天的らしい。

お…女の子はきっとMぐらいが可愛いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言ってる事とやってる事が…

2日ぐらい前、何故かその日のアクセス数が200越えしてて、かなり焦ったウメコです。絶対、何かバグってるよ…。ウメコのブログにそんな大量の人間は通常来ませんからねぇ。えぇ、よくて80アクセスぐらいです。訪問者数にいたっては、40人ぐらいですから。割とひっそりやってるモンですからね…。まぁ、ネット上にある時点で、ひっそりも何も無いんですが…。

さて、以前、環境問題について取り組んでいらっしゃるゴア元米副大統領のドキュメンタリー映画【An Inconvenient Truth】について話しましたが、そんな彼のビックリ且つショッキングなニュースが。ゴア氏の家…なんと、

アメリカの平均的な家の電気使用量の20倍もの電気を
使ってるらしいんです!!!そしてその額、なななんと、月約16万円!!

ちょっと、ゴアさん!?
(゜Д゜;≡゜Д゜;)

そ、そりゃぁね、普通の家の4倍サイズの家に住んでたら、それなりに金はかかるでしょうけど、月々16万円の電気代はマズいですよ。いや、それより、環境問題云々言ってるならまず自分とこから何とかしましょうよ。言ってる事とやってる事が矛盾してますよ。まずい、まずい。まずいよね。

あと、ウメコの、ゴアさんに対する尊敬の念をちょっと返せっ(泣)。

何ていうか…環境問題に対して真摯に取り組んでるからって、政治家だからって、元副大統領だからって、そんなに電気使って良い訳ないんですよ。いや、ウメコがそんなに環境問題に取り組めているのかって言ったら、そりゃ彼よりも断然何も出来てませんけどね?でも、彼ほど電気は使ってないですよ、いや、マジで。大体、うちの払ってる家賃より高いんですからね、16万円って。

……なんか、家で何にそんなに電気が要るのか気になってきました。彼の家には何があるんだろうか。何してたらそんなに電気を使うことになるんだろうか。何か、地下に工場とかあるんかな。チョコレート・ファクトリー並みなヤツ。毎日毎日ゴウンゴウンいわしてるんでしょーか。それとも、セキュリティに力入れすぎなんでしょうか。あぁ、こっちの方がありえそうだなぁ。戦争大好きな政治家さん達からは嫌われてるだろうしなぁ。

ニュース記事を読みたい方はコチラからどうぞ(英語です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »