« 返して | トップページ | 上海フード&感動の品々 »

女の子だけで遊んできたよー

今日も雨…バンクーバー、冬が戻ってきたみたいで困ります。ウメコの住家、ベースメントなんで、物凄い冷えるんですよ。

それが理由ってワケじゃありませんが、今日は、香港人の女の子と、とある日本人の友達ののおうちにお邪魔させてもらいました。バンクーバーのちょっとエエトコにあるんですよ、彼女の家。ウメコみたいな地下を住処としてるんじゃないんです。おっされーなアパートメントに住んでらっさるんです。ぼおいふれんどと一緒に(所謂、同居ってヤツです)。お部屋も小奇麗で、落ち着いていて。

そんな素敵な彼女の家で、香港人の女の子が持ってきてくれた、最近の日本のドラマの第1話を観させてもらいました。「気持ち悪い事すんなぁ」と思うでしょうが、案外ドラマの第1話だけ観るのってOKですよ。基本的に1話目ってサワリですから。

まずは【華麗なる一族】!キムタクがどんだけ格好良いか&どんだけキャスティングが豪華かっていうのをチェックするためだけに観たんですが面白そうですねーあれ。ああいう、がっちがちにカタくて、「やらなきゃ、やられる」「のしあがれ!」的な世界で生きてる人達の人間関係を描いた作品って大好きなんですよ。【白い巨塔】しかり。実際にそういう立場に立つのは嫌ですが、見てるだけなら大好きです(野次馬的発想)。キャスティングはちょっと豪華すぎてビックリでしたねー。

続いて観たのが【ハケンの品格】。ぶっとんでて面白かったんですが、加藤あい演じる、駄目派遣社員の駄目ぶりに物凄く苛立ちを覚えてしまったので、途中から楽しめませんでした(爆)。ああいうヌルい女の子って駄目です。ドラマであろうと、現実であろうと、ウメコを苛立たせます。あと、何で篠原涼子演じる大前さんがあんなにスペインと繋がっているのかが謎でした。何で?何でスペインなの?

スペインと大前さんの関連性が一向に分からないまま、3人で麻雀スタート。中国系の子は誰でも小さい頃から麻雀が出来るらしいです。親戚一同集まりゃ麻雀。可愛い顔した女の子もバチバチ出来るんですってよ。凄いねー。

日本の麻雀に比べて、断然簡単なのが中国麻雀(ポンとチーを混ぜっ返してても役として成り立つし、鳴いても翻数が減らない)。ローカルルールを含めるとややこしくなるらしいんですが、ローカルが何十・何百とある中国なので、誰でも出来るように大抵は標準ルールでやるそうです。さすが中国。ローカルが多すぎてローカルルールまで多すぎるって…。

そんな訳でローカルルールは一切使わず、香港人の子とウメコで、もう1人の女の子に麻雀を教え込みました(中国麻雀ルールだけど)。その子もえらく麻雀が気に入ってくれたので、また今度、もっと友達呼んでやる事になりました~♪ね、やったらハマるんですよ。麻雀。老若男女問わずね。

そうこうしてたら、その日本人の女の子の彼氏のお兄さんがご帰宅。何故かビールをグラス1杯くれました。彼のお父様の故郷(イギリスのどっか)で造られているビールらしいんですが、

今まで飲んだビールの中で一番辛かったっっ!

「喉越し爽やか」とかいうキャッチフレーズからは程遠い苦味。ほろ苦いとかじゃなくて、苦いんですよ。あーぁ、銘柄きいときゃ良かった。結局謎の劇的ビールでした。

次に彼女の家に遊びに行く時は覚悟していかねばです。
お世辞で「美味しいね、このビール」って言っちゃったから/爆

|

« 返して | トップページ | 上海フード&感動の品々 »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/14863099

この記事へのトラックバック一覧です: 女の子だけで遊んできたよー:

« 返して | トップページ | 上海フード&感動の品々 »