« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

横道に逸れると、全然帰って来れないよね

相変わらず、Reading summary と critical analysisに追われております、ウメコです。いつまで経っても終わらないから嫌ですよ。っていうのもね、この課題の為にある学術記事がね、面白くって面白くって、1人でソレを読みながら悶々とそのトピックについて考えちゃうんですよ。で、延々に脳内活動だけが活発になされて、1ワードすら打ててない、っていう状況になるわけです。やべーよ。心理学、奥が深いから、ついつい考えちゃうよ…。すっっごい簡潔にまとめると、

人間って不思議~

ってことなんですけどね。 (´Д`|||)
そんな訳で、煮え切らない心理学とウメコの脳内活動の話をします。

今読んでるのは、Subliminal Effect(サブリミナル効果)…特に、Backmaskingと呼ばれる現象についてです。Backmaskingはですね、ロックなんかの音楽を逆再生することで、全く別の言葉やフレーズが聞き取れるようになるらしいんですが、その言葉が人の潜在意識に影響をもたらす…っていう現象のことを言います。

先に言っときますけど、科学的には未だに証明されてません。証明されてないからね!くどいけど、証明されてないからね。いや、本当に。

でも信じてる人間がいたんですよ。今読んでるのは1985年の記事なんで、ちょっと古いんですが、その記事曰く、アメリカのとある州では、この現象を信じて&重大視して、CDやレコードなんかに警告文をのっけよう!っていう法律まで作っちゃったらしいですからね。

YES、阿呆。THAT'S 阿呆。

Backmasking信者は、悪魔やドラッグ関係の言葉が聞こえるって言うらしいんですけどね。嘘くさいですよねぇ…。

で、ウメコが何をそんなに悶々と考えるのかと言いますと、こんな嘘くさい事を本気で信じてしまうような人間はどんな思考回路してんだって事なんですよ。何でもかんでも簡単に信じ過ぎな人っていますよね。あと、妙にオカルト好きな人とかね。もっと物理的且つ現実的に可能な現象なら、証拠を見せてもらった後で信じますけど、そんな悪魔的な言葉だとか、潜在意識への影響がうんたら~とか、物凄い胡散臭いじゃない!ウメコ的に5000ウサンクサー(単位)なんですけど、どうもそういうわけじゃないみたいなんですよね…世の中の何人かの人達にとっては。

それがどうも理解できないんですよね。

じゃぁ、何でその人達が物理的且つ現実的に物事を見れないかというと、多分、彼ら彼女らの認識力欠如だとか、もっと単純に知識、あるいは判断力欠如とかが原因なのかな~って思うんですよ。もしくは、それらに問題は無いのだけれど、現実的に物事をはかるっていう練習・訓練をしてこなかったかですよ。他にも可能性はありますけども。

で、その後、それらを治す・改善する為には何が必要なのかな~ってまた考え出す訳なんですよ。この辺になるともう、ただの教育問題とかメディア問題になってくるんですよ。大体、そういう胡散臭いものを発信してるのってメディアでしょ?いや、元はそんなに胡散臭くないんでしょうけど、視聴率やら金やらの関係で、情報なんて簡単に操作されて、それが当たり前のように電波に乗せられちゃうじゃないですか(あるある大辞典のように)。で、視聴者側はソレが嘘か本当かだなんて知る術がないわけですから、信じてしまうわけですよ。

本当は、視聴者だって、それなりの知識と教育があれば、「いや、それは嘘だろう」って分かるんでしょうが、誰も彼もが全ての専門分野に精通しているわけじゃないですから、やはりそこはメディアの責任が結構あるんじゃないかなーってウメコは思うわけです。まぁ、Backmaskingの胡散臭さに気付かないっていうのは、明らかに基礎的な知識と判断力に欠けてますから、この辺は教育レベルの問題でしょうけど。

もうね、御覧の通り、記事をまとめる作業なんてマジでそっちのけな訳です。で、この脳内活動が最終的に何処に行きつくかっていうと、

やべぇ、こういう認知心理も楽しいかも!いや、待て。目下、目指すは臨床心理士だしな…。そして、認知心理はまた脳味噌&神経がどうこうって話になってくるから、あんまり関わりたくないんだけどな……あーでももう3年生だし、そろそろマトモに的を絞って心理もやった方が良いよなー……いやぁ、でも司法心理のクラスは興味本位だけど取ってみたいしなぁー

っていうまさかの進路オチなんですよ(爆)。

とりあえず、

落ち着け、自分。

課題仕上げろ、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯屋で貰ったプレゼント

昨日より筋肉痛が悪化、ウメコです(痛)。

今日は久々~な友達と晩御飯を食べてきました。皆それぞれ違うカレッジ・大学に行ってるので、集まるのが本当に久しぶり。誰も変わって無かったです。やりたい放題、言いたい放題です。ザ・無法地帯

あ、御飯はチャイニーズの大衆食堂みたいなトコで食べました。炒飯、酢豚、レモンチキン(揚げた鶏肉をレモンソースで戴くのです)、海鮮系のスープに、ワンタンメン。あとチャイニーズ・ブロッコリィ……ブロッコリィの茎の先に、ほうれん草の葉っぱがついてるような野菜……を皆で分けて食べました~。たまの外食は良いですね~。

腹いっぱい食べた後は、食後のコーヒーを近くのカフェで飲みました。そこで、友達の1人のちゅーちゃんが、物凄い熱心に【STAR WARS】シリーズについて語ってました。実は政治が絡んでたり何だりで奥が深いんだよ~って。ウメコはかれこれ21年生きてますが、今の今まであのシリーズは一切見たコトが無いので、さっぱりでした(爆)。どうもあのSF具合がついていけなさそうなので…(夢見ぬ乙女)。まぁ、どちらかと言えば、ウメコに対して語ってた訳ではなくて、別の友達のK氏に向かってこんこんと語ってました。寧ろ、途中からディベート気味でした。K氏のコトだから、多分途中から意識半分どこか別の所に行ってたとは思うんですけどね。あ、ウメコは途中、トイレに行ってました(←全然聞いてない)。

あ、そうそう。

その熱血【STAR WARS】ファンのちゅーちゃんが、高校時代の友達から、ウメコ宛の韓国土産を預かってたらしく、御飯の最中に頂きました。それがコチラ。












Img_3782


変な靴下 キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

えー、この送り主のからは以前、ヨン様の顔入りの靴下を戴いたこともあります。彼女、韓国大好きなんです。よく旅行に行ってます。そして毎度毎度、絶対変なものをお土産でくれます。有り難く戴きますけどね。いや、それより…そんなことより、

こんなピンク色の靴下、
久々に肉眼でじかに見た&触れたわ。

流石、韓国…悪趣味の宝庫だ…。


……えーと、 わざわざ郵送して届けてくれたんで、心して履かせて頂きます。<(_ _)>
素晴らしい靴下とネタ(爆)をありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イン・ザ・プール

何故か唐突に一念発起して、今日は朝から大学のプールで泳いでまいりました。ウチの大学の生徒であれば、プールでも、フィットネスセンターでも、エアロビやらヨガやらのクラスでも、何でもフリーで使えちゃうのです!高い金払ってんだから、使わん手はねぇ!と思ってたんですが、今の今まで放置でした(爆)。まぁ、今になって、ようやくそういう事に目が行くほど落ち着いてきたって事なんでしょうが。

えー実は実は、何を隠そう、ウメコは昔は意識もロクに無いような赤ん坊の頃から、家の近所のスイミングスクールに通ってたのですよ。赤ん坊の頃は、母親と一緒のベビースイミングで、途中、いつの間にやら普通のクラスに放り込まれてました。

で、そっからひたすらに泳いでおりまして。小学校4~5年の時が多分ピークです。地域の他のスイミングスクールとの試合にも出てました(スクール同士の対抗戦兼記録会)。小5の2学期に韓国の方に引っ越してからも、近くに(小汚い)スイミングプールがあったので、そこに通ってました。最初の頃は、普通のクラスに入ってたんですが、中学部に上がったぐらいからは、個人的に泳いでました。今日は1.5km泳ごうとか決めてね。

結局、中2ぐらいでやめちゃったんですが。
そっからひたすらに泳ぐ事無く、ガツガツ太り始め今に至ります(爆)。

でっ!

今日久々に………6年ぶりに(汗)……競泳用の水着を着て、キャップかぶって、ゴーグルつけて、ガッツリ泳いでみたんですがっ……!!

気分爽快なのに、体が重たい……っ!!!(撃沈)

ハッキリ言って、昔の自分が凄いと思いました(爆)。何で1kmぐらいブッ続けで平気で泳いでたんだ…。今日の自分は…300mが限界でしたよ。ついでに、肺活量も格段に減った所為で、潜水距離も酷いモンでした。きっとフォームもめちゃんこでしたよ。キック力も無かったですし。

それでも何とか合計1kmぐらいは泳ごうと思い、休み休み、泳いでまいりました。泳いだ後、結構死にかけてましたけど、久々にマトモに体を動かしたので、気持ちの良い爽快感がありました。いやーやっぱり身体は動かすもんですね。でも思ってた以上に泳げなかったのはさすがにちょっとショックだったので、これからもちょっと続けて泳いでいきたいと思います。地味にウメコの唯一得意なスポーツなので(コレがなくなったらマジでスポーツ何も出来ません)。

さて、がっつり泳いだ後、1人で機嫌良く帰宅し(今日はOFFなので、水泳のためだけに大学に行きました)、1時間ほど仮眠を取りました。起きたら、溜まってた洗濯物やら、片づけやらをしようと思ってたんですが、起きたら

物凄い筋肉痛(主に腕)。Σ( ̄ロ ̄lll)

早くない!?ちょっ…早くない!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ガチャピン

全くランダムなブログで、ガチャピンの日記が面白いという記事を見かけたので、どんなもんかと思って覗いてみたら、

妙にツボ……!!

写真までご丁寧についてるブログなんですけどね、たまに「このアングルだと、ガチャピン、妙に出っ歯に見えるな」みたいな意図せずな面白さがあるのですよ。

あと、ムックに対してのガチャピンの仕打ち・コメントが妙にドライ腹黒さを感じます。そこがウメコ的にツボです。

あと、楽しむコツとして、ガチャピン(とムック)っていう生物が真に存在すると思い込むことが大事です。一歩下がって「誰かが書いてんでしょ」って思うと全然面白くないです。

余談ですが、ガチャピンの日記を見て、奴がエアギターの大会に出てた事を知りました。そしてあやつ、国内大会で3位だったんですね。ガチャピン……っていうか、この場合中に入ってる人…恐ろしいよ、お前。確実にそんじょそこらの人間の身体能力を遥かに凌駕する能力備わってるよ。すげぇ…すげぇよ。

そんな訳でちょっとガチャピンのファンになりつつあります(爆)。
皆様も是非チェック!!(ガチャピンの日記へ飛ぶ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イビキの絶対距離

久々に4時間睡眠だったウメコです。高校の時はこんなもんでしたけど…駄目だ、もう年ですね…昼寝しないと午後がもたない…っ(爆)。ってなわけで、休憩時間、ちょっとカフェテリアで寝てました。

まぁ、睡眠誘発剤として、休憩前にあった心理学の歴史のクラスが効いてるんですけど、そのクラスでまたやっちまいましたよ、あの女。そう、例のイビキ女。

っていうか、気が付いたら、やっぱりウメコの後ろに座ってたんですよ。(´Д`|||)

で、例によってガーガーイビキをかいて眠り始めました。今回は授業が20分ぐらいしてからだったんですけど、そのイビキが何故かこの前よりもグレードアップしておりましてですね………4列前の席に座ってた生徒までもが振り返る始末だったんですよ(爆)。えーと、想像してください、映画館の列幅を。4列前って結構前ですよ。そいつが振り返るぐらいのイビキ…。

ただの騒音ですよ、もう。勝手に騒音おばちゃんと呼ばせていただきますけど、よろしいですか?よろしいですよ。ちょっとおばちゃんみたいななりの女のコだし(酷)。

ちなみに、騒音おばちゃんがガーガーと寝ている間、ウメコと友達の間では

「お前、起こせよ」
「嫌だよ」
「つつけよ」
「お前がやれよ」
「そっちがやれよ」

という会話が交わされておりました。もう、凄いやりたくない仕事やってますよーっていう感じですね。

ちなみに、ウメコは一番前から6列目に座っていたので、多分、彼女のイビキは前でつまらない講義を延々としていた先生の耳にも届いているはずです。少なくとも、4列前の生徒の耳には届いているわけですから、あと2列分ぐらいどうとでもなるでしょう。いや多分聞こえてなくとも、先生の視界の中に、彼女の堂々とした居眠りっぷりは入ってるとは思うんですが。まぁ、結局の所はウメコも友達もつつかずで、彼女がまた例の如く、先生の授業終わりの合図と同時にレクチャーホールを出るって言う形で終わりましたよ。あんだけ寝てたのに、何でそんな時だけ機敏に動けるんだ。

大体、そんなに眠くて、ろくに授業聞かない上に、人様に迷惑かけるぐらいなら、授業に来なきゃ良いのに…(汗)。
出席が成績に関わらない授業なんです

いつか背中にこっそり「I was snoring during my class (私は授業中イビキをかいてました)」っていう張り紙を貼ってやろうかなぁ~って真剣に1分考えてしまうぐらい五月蝿いです。本当にやってやろうかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガッデムバス

いやぁーもぉーー久々にガッデムですよ。何考えてんだ!?ですよ。

学校に行くために、最寄のバス停で、バス到着予定時刻の10分前から待ってたんですよ。嗚呼それなのに、それなのに……バスが来ない。一向に来ない。コレ、来ないと授業にギリギリ遅刻なんだけどなーなんて思ってたんですが、結局そのバスが来なくって、さらに待ちぼうけ。このバスは30分に1本だけ。

しょうがないから待ちましたよ、更に30分ね。

……

…………

そしたら、その30分後のバスすら
来ないんですよ!!!(怒)

キエェェィッ!!!
お陰で遅刻どころの騒ぎじゃなかったです。そんなレベルじゃなかったです。大学に着いたら、軽く授業が半分ぐらい終わってたので、もう完全にやる気なくして、授業は出ずに、独りでカフェテリアで勉強しましたよ。授業が終わった頃に友達に携帯メールを出して、カフェテリアに来てもらい、ちょっとだけノートを見せてもらいました。

全く……大学に入ってから、寝坊で授業に遅れたことなんてないのに、何でバス如きの所為で授業に遅れなくちゃいかんのだ…。いや、結局フケた所はモチロン自分の責任ですけどね?でも、講義半分終わってたら普通萎えるでしょー!?(支離滅裂)

お陰で待ってる最中に【蒼穹の昴】読み終わっちゃいましたよ(爆)。4巻まで読んじゃったよ…それは良いんですけどね!?(良いのか?)

もー最低ですよ。何考えてんだ、Translink(バス運営会社)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21年と6ヶ月ぐらい全くもって気が付かなかった事実

友達の誕生日パーティーに行って来ました、ウメコです。もう、セメスター中には飲まないとかいうポリシーなんて無視です(爆)。ビール飲んで、ピザ食べて、ジンロック飲んで、チキン食って、カクテル飲んで、ケーキ食べて、日本酒飲んで、寿司食って…って確実にヤバい晩でした。ついでに、ゲーム(ジェンガ)して、負けたら飲みっ。ショット飲み~。うへへ♪1回しか負けなかったんで、被害を最小にとどめたのですが、まぁ、飲んでる人は飲んでましたね。でもやっぱしカナディアンは強いから、粗相をする人もおらずで良かったです。

で、ソレとは全く別の話なんですが、最近生まれてこのかた、全く気付かずにいた事実に気が付いたんですよ。ウメコ、

実はツリ目なんです!!



My_eye




ねっ!?

実はツリ目っていうか、普通にツリ目なんですけど、2~3日前まで気付かなかったんですよ。いや、本当に。気づいた時も、ふと「あれ?何かよくよく自分の目を見てみると………おぉ!ツッてる!!」ってな感じで気付きました。

丁度昨日、母親から電話があったので、「ウメコってツリ目やんなぁ!?」って確認とったら、「何を今更言っているんだ」的なことを言われました。そらそうだ。母親曰く、幼少時代はそうでもなかったが、いつの頃からかツリだしたらしいです。うぉぉぅ。ツリ目マジック!(違)

ツリ目の人って普通は自己認識してるもんですよね?少なくとも毎日自分の顔ぐらい見るんですから。それなのに今の今まで気づかなかったウメコって、一体毎朝鏡で顔の何処見てたんでしょうね…。っていうか、鏡見てたのか?いや、見てたよ。見てるよ。うーん…おかしいなぁ(ウメコの頭が)。

でも、おかげで何で第一印象が悪いのかの理由が分かりましたよ。ツリ目だから、キツそうな印象を与え気味なんですよ!んでもって、視力が悪いから、目つきも悪いわけですよ。相乗効果で、目だけで物凄い悪い印象を与えてるわけですよ。いやー…最悪ですなぁ。

素敵なパッチリした大きな目だと認識した事は一切無いですが、少なくともツッてもタレてもない小さい目としか思ってませんでしたから、結構ビックリです…自分の顔と認識力に。

ツリ目

ツリ目

…ツリ目ってだけで、ちょっとSっぽいですよね(爆)。

ってなわけで、案外自分の顔ってよくよく見たら大発見があるかもです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現実的な人は○○○です

イェーイ!金曜日!朝8時半の授業に今度こそメイクして行こうと思い、奥の手(半徹夜)使ったら、12時半からの講義、爆睡だったYO!(死) 友達に始終肩をつつかれてました…。いや、だって眠いし…心理学の歴史の講義…。割とキーポイントでもある心理学が心理学として成り立ったあたりの話だったっぽいですけど…あとで教科書読めば良いしね。うふーっ。

あっ、でもイビキはかいとりませんぞ。これ重要。とっても重要。

さてさて、ソレとは別の心理学のクラスの学術記事で面白いコトがちょこっと書いてあったので、お話します。久々の心理学バナシです。たまには真面目な事も書かなきゃ、大学生?って疑われますからね…汗。

えー、現実的・理論的な人の多くは、悲観的でもあるそうです。

現実的・論理的な職業と言えば、弁護士。北米で職業別にうつ人口を見てみると、ダントツで弁護士のうつが多いんです。法というルールのもと働くわけですし、また、人が社会的・金銭的・その他のトラブルに巻き込まれた時に駆け込むところですから、まぁ言っちゃえば、人間がある種の本能で動いている所のみを見、それをきちきちとルールに則って解決するという職種ですよね。弁護士(&未来の弁護士)さんには申し訳ないんですが、絶対しんどいよね、この仕事。いや、楽な仕事なんて無いですけども。

逆に、「今、幸せ真っ只中よ♪」って人ほど、物凄い楽観的且つ非論理的なんだそうです。要は、幸せな人は、現実見てないから幸せなんだってこと。当たり前っちゃ当たり前です。

究極論ですが、明日自分が交通事故にあって死んでしまう!って思いながら生きてる人は稀ですよね。でも、これって有り得ない事ではないですよね。数字で見るなら、そのパーセンテージは限りなく0に近いでしょうが、0じゃぁ無い。でも、大多数の人間が「明日突然死ぬわけが無い」というコトを仮定して生活してるわけです。何の根拠も無く。

世の中には、本当にそういう風に外からの害を恐れて、家の中に閉じこもってしまうような人だって居ます。Agoraphobiaっていいます。一種の恐怖症なんですけどね。一般論で言えば「いや、心配しすぎだから」で済んじゃうんですが、彼ら彼女らの主張は間違っているわけではないのです。だって、「じゃあ、お前、何の根拠があって俺が明日死なないって言い切れるんだよ!?」ってつっかかられたら、論理的に説明する事はおろか、ろくな根拠だって提示するコトが出来ません(少なくともウメコは出来ません)。

そう考えると、彼らの方が断然論理的なのです。彼等は限りなく0に近い可能性すら見落とす事無く心配しているのです(その所為で普通の社会的生活が送れないっていうのはさておきね)。

まぁ、こんな感じでそのリサーチをした研究者は「故に悲観的な人間ほど、逆にきちんと真実・現実を見ているのではなかろうか」と〆ております。

ウメコはかなり納得。なんですが、皆様、いかがでしょう。

個人的にこの記事を読んだ後、「じゃぁ何で弁護士みたいに悲観的で現実的な人間がうつになるんだ」って疑問がわいたんですが、多分、それは彼らの中の理想と、彼らが見る現実が明らかに違っていて、それを上手く受け止められてないからなんだという私的結論に行き着きました。あ、こっからは物凄い私的な意見ですよ。仮に「世の中は思っていたほど良い場所じゃない」って悲観的に物事をとらえていたとしても、それをあるがまま受け止めているならば、精神的なショックってそんなに無いんじゃないでしょうか。平たく言うと、「世の中こんなもんだよな」っていう諦め「渡る世間は鬼ばかり」っていう割り切り

あ、でも諦めっていったって、人生を諦めるわけではないですよ?そこは発想の切り替えです。難しいですよ、えぇ。世の中汚ぇし、いつ何時自分がポックリいってもおかしくないけど、それだからこそ地道に努力せねばなーって思わなくちゃいけないって思います。ちょっと視点を変えて言うならば、根拠無き希望は持つべからず、です。自分が自分の目標に向かってやるべき事をやって、初めて、現実的な、その努力相応の希望って持てるわけですよ。

…とまぁ、長々と書いてきたわけですけども、多分、実際こんな人間ばっかりになったら、相当生活しにくいと思います。理不尽な事は減るでしょうけどね。ま、ちょっとした小話程度に読んでいただければ幸いです。

よし、ちょっと意地悪くシメよう。ヾ(-д-;)

悲観的だと思ってる人、それで結構。ただ、鬱にはなるな。
今幸せな人、本当に幸せ?それはただの楽観では?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

化粧も整形も似たようなもんだなぁ…

ベースメントが寒くって、とうとうヒーターをつけてしまいました、ウメコです。夏は涼しくて快適だけど、冬がちょっと厄介です。まぁ、ヒーターあるから良いんですが。

さて、寝坊をして化粧をせずに学校に行き、久々の友達3人に会った、という話をこの前したんですが、それに対して友達がメールで「化粧無くても、ウメコとして確認してもらえたんだから良いじゃない。もし仮にウメコがこの子だったら、確実に気付いてもらえないよ」と言いつつ、とある画像を送ってきました。

それがこちら。

Makeup

ギャーーーー!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

たたたた確かにここまでの変化はうちには無いです!!化粧下手だし、派手な化粧もしないのでね。いやーでも驚きますよね、ここまで違うと。もう、ここまでくると、化粧も整形も同類ですよ。そして男は騙されるんですよ(爆)。女のうちでも騙されますよ。

何か…世の中のストーカー被害で困ってる女の子は、スッピンで外に出て、ストーカーに顔を拝ませたら良いんじゃないかと思いました。夢から覚めるよね。色んな意味で。

ものはついでで、ハリウッドのセレブのスッピンを探してみたら、どっさり出てきましたよ。つくづく化粧ってすげぇなぁと思います。実は化粧さえ上手ければ(or 上手にしてもらえば)、誰でもメディアに出られるって事なんじゃないのか?っていう気すらしてきました。だって……スッピンやばいぞ!って人、多々いますよ、ハリウッド(汗)。興味がある人はコチラへどうぞ~。あ、夢を壊されたくない人は見ないほうが良いかと。

………はぁ、世の中、嘘ばっかりですなぁー(しみじみ)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

手相から結婚から

バンクーバーの夏が先週で終わり、今週から妙に冷え込みだしまして、毎朝「結局今日はどの位まで気温が上がってくれるんだろうか」と心配しながら箪笥を開けます、ウメコです。

先週の話になりますが、台湾人の友達に手相を見てもらいました。何か、見れるらしいです。ちょっと半信半疑。そもそも、手相って当たるのか??でも、彼女曰く、手相って科学的に証明されてるらしいですからねー。その情報自体がちょっと疑わしいんですが(めっちゃskeptic)。

で、何故か彼女はウメコの結婚運を心配してくれて(爆)、結婚に重点を置いてみてくれました。うん、多分彼女の中の老婆心が働いたんだと思いますよ。

ついでに、結婚するチャンスが高まる時期なるものの見方も教えてもらいました。

Tesou_2 見るのは右手だそうです。左利きとか関係ないらしいです…彼女的には

小指の下から中指の下ぐらいにかけて伸びている長い線と、小指の付け根の線の間を見ます。右図でいうとオレンジ色の線2本です。

このオレンジ色の線の長い方が20歳、小指の付け根が30歳を表してるそうです。その中間地点が、25歳(赤いラインの所)。これらを参考にして、結婚線の位置を見て、大体結婚するであろう時期がわかるそうです。

ウメコは薄いのが1本、濃いのが2本ありました。彼女曰く、濃い方が結婚の可能性が高いそうな。

ウメコ「じゃぁ、この22歳頃にある薄い結婚線は無視して良いよね!」
友達「良いと思うよ~。22は早すぎるしね~」
ウメコ「早いし、来年に結婚は現実的に無理があるよ。今、彼氏すら居ないのに」
友達「出来るかもよ~?今年中に」
ウメコ「うちにそんな時間的&精神的余裕は無いぞ!!」

…ちなみに、残り2つの濃い線は26歳と28歳のあたりにあります。小指よりの線です。すいません、物凄い結婚したくない頃です(爆)。ウメコの素敵な未来計画によると、その頃は丁度仕事を始めたばかりの頃となってるのですよ。そんな時に結婚なんかしたくないぞーっ!!(汗)

っていうか、まず皆さん、結婚したいですか?あたしゃどうしても「結婚したい!」って思えないのですよ。出来ればしたくないなぁー。すこぶるしたくないなぁー。っていうのも、どうしても、結婚というものに対してポジティヴなイメージが持てないのですよ。ウチの両親はすこぶる仲の良い夫婦ですけど、そういうの関係無しでポジティヴなことが見当たらんのですよ。

大体、結婚のメリットって何だ!?アレはもう一種の契約だろう。一つ屋根の下に住み、同じ釜の飯を食い、同じ寝床で夜を共にし、労働から得たお金で共に生きて行きますよーっていう契約だろう。何て不自由極まりない契約なんだ、嗚呼、絶対嫌だ、自由無き人生なんて嫌だー!

…とまぁ、独身貴族男子みたいな事を思うわけです(爆)。

そんなだから、「結婚したい」って思ってる世の中の女子は凄いなぁと感心するわけです。「結婚したい」って思う位だから、結婚してからも上手いことやってける自信があるわけですよ。根拠があるにしろ無いにしろね

うち、そんな自信は皆無です。まず、自分以外の人間が家の中にいるってだけで落ち着きませんもん。同じ理由により、同棲も厳しいです。厳しいです…っていうか、無理です。絶対途中で発狂します。「何、あたいの家に住んでんだよおおおぉぉ!」とかいう理不尽極まりない事言ってキレるはずです。もしくは鬱病になるはずです。仮に彼氏が居たとして、1ヶ月でも同棲が平穏に続いたら、ミラクルです。

もう、とにかくウメコは自分1人の時間が大好きなので、家=憩いの場なのです。心休まる場所は1人で居たいのです。そこに彼氏だろうが旦那だろうが、他人に踏み込まれるのはかなり不快なのです。

こんなだから、確実に結婚に向いてません。向いてるとしても、別居婚とか、結婚早々だんなの単身赴任とか、そういうシチュエーションです。うわぁ、結婚の意味無ェ(爆)。

…えーと、手相から随分トんだ話になっちゃいましたが、今のところ、ウメコ、結婚する気が御座いませんし、その兆しすら無いということで、今後ともよろしくお願い致します。あ、婚約が決まったよ~という方がいらっしゃるのなら、バンバン教えてくださいね。心をこめて祝電考えますから(そこか)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Sleeping Beauty in a lecture hall

【蒼穹の昴】が面白すぎて、課題が進んでおりません、ウメコです。うっかり2巻目も終わってしまいました……。マズーいよー、これー。

そんな中、今日も今日とて物凄くつまらん心理学の歴史の講義を聴いてきたんですが、また事件が起こりました。一言に「物凄くつまらん」と言いましても、所々(個人的に)興味深いと思うところはあるし、テストだって後々控えてるので、それなりにウメコは(眠いながらも)ちゃんと聴いてたんです。

で、80分ある講義の半分が終わろうとした頃、どこからともなく変な音が聞こえてきたのです。がああ……って。最初はそんなに気にしてなかったんですが、段々とその音が大きくなってきて、しまいには隣に座っていた友達と目が合って、

「何の音?」
「どっから??」

ってな具合になったので、講義中なのに…と思いつつ、かなり思い切って身体をひねり、あたり一面をぐるりと見回すと、

なんと、ウメコらの真後ろに座っていたカナディアンの女の子が大イビキをかいて爆睡していたのです!!

Sleepingbeauty_2 もうね、それがちょっとやそっとのイビキじゃないんですよ。完全にオッサンのイビキな訳ですよ。百歩譲って、女の子もイビキぐらいかくわよ!っていう言い訳を聞いてあげたとしても、まだ納得いかないぐらいのイビキな訳ですよ。

若干のヨダレも確認できましたしね(爆)。

あんまりにも豪快にガアアァァゴオオォォォとイビキをかくんで、周りに座ってる他の生徒はもう呆れるか笑うかのどちらかでした(友達は大爆笑してました)。

そしてこいつ、結局授業が終わるまでの残りの40分間ぐらいも、寝てました…豪快にイビキをかきながら。もう、普通に騒音です。そして、教授が「今日はここまで」と言って、皆がバタバタとノートをカバンに入れたりなんだりし始めると、

さっさと起きて、ウメコよりもテキパキと勉強道具をカバンにしまい、ウメコよりも先にレクチャーホールから出て行きやがりました(爆)。

何かもう、勝手にして…って感じでした。
結論:寝てもいいけど、イビキはかくな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確実にチキン

谷亮子さん、金メダルおめでとー!!!やっぱりアンタは凄い!!と訳分からん立場から大喜びのウメコです。いや、生で見たわけじゃないけど、やっぱりニュースで見るだけでも十分嬉しいですよ…(感涙)。32歳のママが金メダルvvv 51歳の鬼マッチョ隊長(=ビリー)ぐらい響きが凄まじいです。格好良いなぁ~(前者は)。最近の日本柔道界、ちょっと盛り上がりに欠けてますからね。ママメダルのお陰で、ちょっとは活気付いてくれると良いですな~♪

はい、そんな素敵なニュースを知った今日は地球地学の授業の日だったんですが、何故か今日は教授がお休みで、代わりに教授の弟子?である大学院生が講義をしてくれました。がっ、

この院生…第一言語が英語じゃないらしく、どうもフランス系らしく(でもちょっと色黒だから、元フランス領土だった国の出身かと推測)、とにかく発音が物凄い聞き取りにくかったんです!いや、もう正直に言います、

98%分かりませんでしたーっ!

……これがね、ウメコだけなら「はぁ~やっぱりカナダだし、いろんな国の人が居る=色んな発音があるってことだから、そういうところにも適応していかなきゃなぁ~」とちょっとだけポジティヴに考えるかもしれないんですが、英語が第一言語の人間ですら全く何を言っているのか分からなかった模様で、その証拠に、最初の15分はざわめきが絶えませんでした。そのざわめきの大半が「あいつ、何言ってんの?」「何処出身だよ?」「わかんねぇ」の3つという…(爆)。しかも、授業開始してから15分もしないうちに、クラスの5分の1ぐらいの人間がレクチャーホールを堂々と去るという…。何かもうイジメに近いよね…汗。ウメコは友達と列の真ん中に座ってしまったので、出るに出られず、しょうがなくなくステイしておりました。

ところがこのステイのお陰で、大変な体験をしてしまったのです!!

今週の授業内容は、地震の原因とソレに関するプレートの動き。それ故に彼は地震の「揺れ」について話さなければなりませんでした。でもね、彼ったらあんまりにも発音が英語発音じゃないから、

SHAKING(揺れ)が

CHICKEN(鶏)になっちゃってたのーー!!

(゜Д゜;≡゜Д゜;)

しかもね、この空耳、マジで英語版空耳だったみたいで、

他の生徒も小声で「チキン」「チキン」って
笑ってたのーーー!!!

「地震後の被害は、揺れの大きさが大きく影響しています」っていうのも

「地震後の被害は、の大きさが大きく影響しています」になっちゃって、

もう、何が何だか意味不明(爆)。ニワトリさんもびっくりです。

けれど、彼の講義は続いていきます。ウメコの腹がよじれまくっているのにもかかわらず、無情なぐらいチキン連発していきます。彼にその気は全く無いんでしょうが、ごめんなさい、ウメコにとっては一種の拷問でしかありません

そして、その後にきたのが「水」という単語。そう、WATER。普通、Waterって、ウォーター(英)とかウァーラー(米)とか、これらの間ぐらいに存在するような発音になるのに、彼のは







「ワチャー!」






あっ………新しすぎる…っ!!!! ∑(゜Д゜;
ってか、ブッ………ブルース・リー!!!???いや、それよりその発音にこっちが「ぅわちゃ~」と言いたい!しかも何でWaterだけそんな気合入った言い方なんだ!?

…とにかく彼の「ワチャー!」の瞬間に、脳内がツッコミの嵐となりました。もう、こうなりゃ授業放棄ですよ。授業聴くのやめて、別のクラスの課題を黙々とやり始めましたよ。横に座ってた友達も、普通に別のことしてましたしね。「やれやれ、今このクラスの中で誰か真面目に講義を聴いてて、尚且つ100%彼の言った事を理解している人間が居るのだろうか」と切に思った時、

「ジャニーです」

と物凄い空耳がっっ(爆)。そう、元々英語で何て言ったのか不明なんですが、とにかく日本語でその院生、「ジャニーです」って言ったんです。かーなりクリアに。ブルース・リーでは飽き足らず、アイドル事務所社長まで出てきましたよ(滝汗)。

そしてその後も彼の暴走はとどまるところを知らず、

"On city(オン・シティ)"を「おちち」と言い、

"San Fransisco(サンフランシスコ)"を「タバスコ」と言い、

"Fire(ファイア)"を"Water"並みの気合いの良さで言い、

"Shaking Chicken is dangerous"

という言葉で授業をシメました。もーお前の発音がデンジャラスだよ(爆)。ウメコが大袈裟に言ってるだけのように聞こえるのが切ないんですが、本当に全部言ってました…。今日、本当に「発音って大事だ」と改めて痛感させられましたよ。そして、「この授業分だけ授業料を返してくれ」とも切に思いましたよ。

次の授業は教授がやってくれますようにっっっ!!!(切実)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

週末をツブしてでもやんなきゃいけねぇことがある

Img_3765 そう、課題です。心理に関する学術記事を読んで、それを簡潔にまとめる、っていう課題です。毎週出ます。ただまとめれば良いだけじゃないのが難点です。もっと前からやっときゃ良かったのに、ついつい週末までくいこんでしまいましたよ…。

こんなことなら、【黒革の手帖】を読み終えた後に、浅田次郎さんの【蒼穹の昴】を読み始めるんじゃなかった!(阿呆)

4巻完結なんですけど、あんまりにも引き込まれるストーリーだもんで、一気に昨日1巻読んじゃったんですよ…。あの2時間が今は物凄く悔やまれます。くそう!(読書に関して、ブレーキがきかない性質)

えー、課題の方はあんまりにも出来てなくて、グロッサリーショッピングにすら行く暇も心の余裕も無く、晩御飯がキュウリ1本と紅茶という有様でした。酷いなー…。しかも、かじりながらのタイピング(爆)。キュウリだけじゃ頭が回りませんので、糖分補給というコトで、紅茶にばっさり砂糖を入れて飲んでました。分かったことと言えば、

キュウリと紅茶の相性は最悪

ってことぐらいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブルガリア人って…

昨日、カフェテリアで朝御飯を一緒に食べた友達はブルガリア人です。9歳の時にカナダに移民したらしいんで、別に英語に不自由してるわけではないし、むしろペラペラなんですが、どうもやっぱり生粋のカナダ人とは違う雰囲気出てます。あの、ギリシャとか、トルコとか、西洋と東洋の中間地点の人達は、やっぱり顔立ち整ってるし、ハッキリ言って美しいですよ。彼女も相当に美しいです。変な話、好みの顔です(そういう趣味は無いですけどね)。

はい、ここでウメコがWikipediaで得たブルガリアの基礎情報をのっけておきます!ブルガリアはギリシャの北に位置している共和国です。漢字表記は「勃牙利」………何かイヤにたくましい感じです。首都はソフィア。もう、首都の名前だけで素敵な国だと思います。ちなみに、最近日本の角界で有名な琴欧洲も、ブルガリアの出身です。

そんなブルガリア出身の彼女と長々と話してたわけなんですが、聞いてた中で一番驚いたのが、

ブルガリアでは女がトップレスでいる事なんて普通

という事実。

ブルガリア人「向こうじゃ男だって物珍しがったりしないよー。あぁ、そうそう。この前こっち(カナダ)で家族で湖に遊びに行ったのよ。で、トップレスで遊んでたら、向こうの方からカナディアンの男2人組が歩いてきてねー。遠目からでも分かるぐらいそわそわして、ビッッックリする位凝視されたー

すいません、ウメコも多分凝視します(爆)。

ブルガリア人「女の胸、見た事無いわけでもないのにね~」

理屈としてはあってるけど、何か違うぞ、と思いました。ってことで、ブルガリア人は相当にオープンみたいです。凄いなぁ、ブルガリア人女性。潔さが格好良く思えます。「じゃぁ私も」とは断じて思いませんけどね。

この話を聞いて思い出したのが、NZに留学していた時に見た、とあるデモ。「公共の場での、男の上半身裸がOKなのに、どうして女性の上半身裸が駄目なんだ~!女性にも公共の場での上半身裸になる権利を~!自由を~!」とか言ってるトップレスの女性達がダウンタウンのメインストリートを練り歩いてました。あれ、チャリに乗ってたかもしれないな。この人達は、そんなデモを起こすよりも、ブルガリアに移民すれば良かったんです。そんな短絡的なことしないでしょうけども。

そんな訳で、世界の大多数の男にとって最もそわそわしてしまう国になる事請け合いなブルガリア。彼女の話に、若干のカルチャーショックを覚えつつも、文化の違いって面白いなぁーとしみじみ思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【黒革の手帖】 by 松本清張

Img_3761_2 何か良い感じに殺虫剤が効いたみたいで、かまれなくなりました!しかし、その効果が他の生き物にまで影響を及ぼしまして…結果、蜘蛛の死骸もゴロゴロ出てきちゃいましたよ★流石、ベースメント。部屋に湧いてくるイヤナモノなら何でも効くみたいです。

ちなみに買ったのがコレ(←)。

Raid House and Garden Bug Killerです。何かお困りの際は、使ってみてはいかがでしょう。何気に今日行った、別のドラッグストア(Shoppers)にも普通に売ってましたから(でもやっぱりバルサンは無かった)。

さて、それはさておき、夏休みの間に買って、全然読んでなかった小説【黒革の手帖】をついに読み終えました。テレビドラマ版を観てハマって、「大体こういうのって小説(原作)の方が数段面白い」という信念のもと購入したんですが、お金払ってまで読む価値がありましたよー!!($2.00均一の棚にあったので、かなり得しましたよ)

ドラマ版しか観てない人は、絶対原作読まなくちゃですよ。なんてったって、ストーリーの大筋は一緒で、主人公の原口元子が悪者を強請ってタカってお金を巻き上げてクラブのママとしてのし上がってくっていう感じなんですが、彼女以外のキャラクタの性格や外見、ぶっちゃけラストまでもがドラマとは違うんですよ!ラストは、原作の方がドロドロしてないんで、その分気持ちが良いです。がっ、とっても怖いです。人間って怖いなァってつくづく思います。怨念とか、恨みとか。人間不信になれますねー、コレ読むと。

あと、この作品が書かれたのが1970年代後半で、それ故に雰囲気が昭和テイストなのが、ウメコ的に凄くツボです。単語の表記の仕方もそうですが、キャラクタの話し方が今では使わないような、ちょっと気取った、ハイカラ(死語)な感じなのが大変よろしいです。趣があるのですよ~!

アガサ・クリスティなんかの作品もそうですが、【黒革の手帖】もまた、綿密に計画されたストーリーなので、ラストに辿り着いた時に「おぉ!」と感動・驚愕してしまいます。強いて言えば、主人公がちょっと切れすぎ(頭良すぎ)ですよ!という気がせんでもないですが、それはまぁ、しょうがないっちゃしょうがないかと(じゃなきゃ話が進まない)。

個人的には、小説のラストがドラマ版のラストと全然違ったので、普通の人が驚くより驚いてしまいました。心の中で「安島さあああぁぁん!!!」て大絶叫でしたよ。あ、安島さんは、中年の星こと仲村トオルさんが演じる議員秘書さんです。

あー松本清張の作品、いいなぁ~。(´∀`*) シビアでストイックなキャラクタの生き方が最高です。日本に帰ったら、別の作品を漁ってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Freakin' Lucky Day

大学に入ってから2週目にして、大寝坊やっちまいました、ウメコです。7時35分に家を出なくてはいけないのに、起きたの、7時25分でした(爆)。いやー…冷や汗モンですよ。何せ、朝イチの授業、重要なヤツですからね。即、着替えて、歯を磨いて、教科書をバックパックに詰め込み、食うもの食わずで家を飛び出しました。10分で出れたのは良いんですが、バスにもちゃんと乗れて、朝イチの授業に間に合ったのも良いんですが、

2週目にして、NO MAKEUPで登校
っていうのがもう駄目駄目(爆)。

おかしーなー…。昨日の晩は12時過ぎに寝たのになー…。
頭をひねりながらチュートリアル(例の個人塾的な規模のクラス)教室に飛び込むと、なんとカレッジで同じ心理学コースを取っていた友達がそこにいるではありませんか!!

ウメコ「うわー!!久しぶりーー!!」
友達「あ、やっぱり~?どっかで見たことあるな、って思ったよ~久しぶり~!」

教室の中にはウメコらを除いて4人くらいしかいのに、変にテンション上がっちゃったもんだから、注目を集めちゃいましたが、そんな事気にしてられません。何てったって彼女は、2学期前に取った、死にそうな心理学コース(グループプロジェクト)で一緒だったコなんですからね!もう、戦友ですよ。厳密に言うと、グループメンバーではなかったのですが、仲良くなった別のグループの中にいた女の子でした。

授業が終わった後、2人とも3時間ぐらい休憩があったので、カフェテリアで朝御飯を一緒に食べることにしました。朝マックばりのメニュー(ベーコンチーズエッグサンド、ハッシュドポテト、コーヒーのセット)を頼もうと並んでいると、前に並んでいる女の子に見覚えが。

女の子「あ、ウメコ!!」
ウメコ「うわおぉぉう!!え!あ!同じ大学だったんだねー!!」

彼女は、夏セメにカレッジで取ってた英語のクラスメートでした。グループプレゼンで同じグループになって、ちょっと仲良くなったんです。でも、プレゼンが終わった後、別にプライベートで遊ぶ事も無く、まぁ、これから(言っちゃなんですが)全く会わないし、関わる事も無いだろうなぁと思ってたような人だったのですよ。それなのに、まさかの再会!!

女の子「今、何取ってんの~?」
ウメコ「心理学2つと、Earth Science(地球地学)」
女の子「え、Earth Science?どのコース?」
ウメコ「EASC104。何だっけ、Geohazardについての……」
女の子「え!あたしもそれ取ってるよ!」
ウメコ「えええええ!」

まさかの再会どころか、同じコースまで取ってました。ちなみに、Earth Scienceは、地学の基礎と自然災害について勉強するクラスです。今は地震とプレートについてやってますよ(当たり前ですが、事例として日本出まくりです)。

ウメコ「ってか、えっ、いつもどの辺に座ってる?!」
女の子「真ん中のブロックの、前から5列目ぐらい」
ウメコ「うちもその辺に座ってるんだけど!!」

物凄い接近してたみたいです。それなのに気付かないって………。
どんだけ周り見てないんだ、2人とも(爆)。

女の子「うわーどうしよう、折角会えたのに、これから授業なんだよー」
ウメコ「あぁ~しょうがないね~。また今度クラスの時にね~」
女の子「うん。探すわ~(笑)」
ウメコ「OK~。ちゃんと居るからね~!」

今までビックリするぐらいに友達に会えなかったのに、いきなり2人続けて会えたのって何か変な感じですよ。明らかに今日は何かあるな、って思いますよ。よくよく考えれば、ソウいうコトがあってもおかしくは無いんですけどね。

そんな訳で、「今日、絶対ツイてる。よく分からんけど、絶対何かある」って心理学の友達に話してると、遠くの方から妙な視線が。誰?と思って顔を上げると

「ウメコォォォォォォォ~~~!!!」

なんと、またもやカレッジの時の友達がっっ!!
彼女は妙にウメコの事を可愛がってくれる、韓国人の女の子なんです。あんまり久しぶりなんで、がっつりハグられて、物凄いほっぺた撫でられました(爆)。別にそういう趣味の人じゃないんですよ。ただ、韓国人ってお国柄、気に入った年下を妙に可愛がるんですよ(彼女はウメコより7つほど年上)。いや、本当、そういう意味じゃないですからね(汗)。

っていうか、何で今の今までちっとも誰にも会わなかったのに、今日いきなり立て続けに3人にも会うんでしょう!?すんごい嬉しいんだけど、すんごい気持ち悪い…!現実的に考えたら、別におかしい事でも何でもないんですよ。単なる確率の問題ですからね。でもっ、やっぱり気持ち悪い!!(爆)2人ならまだしも、3人ってちょっと…偶然にしても出来すぎてる気がするっっ!!んでね、この偶然の何が凄いって、

謀ったかのごとく、うちが一切化粧してない時に
起こったってトコですよ(爆)。

せめて人前に出れる顔で久々の再会を果たしたかったなァ。
…これについて考えると、つくづく自分は運が良いのか悪いのか分からなくなります。嬉しい偶然だけど、100%手放しで喜べない自分がいます。何で水曜に起こらなかったんだ。何で一週目に起こらなかったんだ。あーそう思うと、何かちょっとハズれた感があって悔しいぞー。

ハァっ…やっぱり早起きと化粧は大事ですねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

未確認生物にかまれたっっ!!

結局起きたら昼過ぎでした(爆)。やれやれーじゃぁさくっと身支度して、IKEAに行こう~なんて思ってベッドから這い出たら、

普段なら絶対にかまれる事が無い腹部、二の腕、膝の裏、首まわりなどなど、色んな所にポツポツと虫刺されのあとが…。

………え、何か発生したな…コレ(滝汗)。

ちなみに、普通の蚊にかまれるようなことはマズありません。何故ならウメコはベースメントに住んでて、普段、窓を開けっぱなすことなんて無いから、蚊が入ってこられるわけが無いんです!ついでに、ウメコはどんだけ深く眠っていても、蚊のプゥ~~~~ンというあの音を聞くだけで瞬時に起きるコトが出来るので(蚊が大嫌い)、昨晩、一度も起きずに今日の昼過ぎまで寝ていたというコトは………やはり蚊以外の何かにかまれたってことになります。

畜生…去年ぐらいから蚊にさされずに生きてきてたのに…!

目に見えない敵に対して憤っておりますと、段々と腹部のかまれた箇所が痒くなってきたので、今日はIKEAじゃなくて、ドラッグストアに行かねば…!と急遽行き先を変更しました。

お目当てのモノは、勿論、バルサン。いや、バルサンっていう名前じゃないんですけど、ああいう、薬物霧散系のブツ。実は、高校の時にニュージーランドに留学していた時も、得体の知れぬ虫だか何だかにがっつりかまれましてね…その時に向こうのバルサンを使ったら、たちどころにかまれなくなったので、「これっきゃねぇ!」と思って、急いで目的地へ行きました。

そしたら、

置いてないーーーー!!!|||○| ̄|_

何で殺虫スプレーがあって、ゴキブリホイホイがあって、ネズミ捕りがあって、アリの巣撃退用スプレーがあるのに、バルサンが無いんだ!!??

ドラッグストアじゃないのか!?と思い、同じショッピングモール内にあるWALMARTに行って、探す事5分!






やっぱりバルサンだけ置いてないーーー!!







そんなに需要無いのか!?うちは物凄い今それを欲しているのに!!ぬおおぉぉう!なんてもどかしいんだ!!………どうしようもないので、スプレーを買って、それをふりかけまくって、煙まみれにして、バルサンと同じ効力を得る事にしました。要は、無茶することにしました(爆)。

家に帰って、テキスト類をキッチンに移動させ、いざ、スプレー噴射。ベッドに、枕に、掛け布団に、ブランケットに、床に椅子に、部屋の隅っこに……。
かなり頑張って色んな所に振りかけて、息苦しくてこれ以上無理!!ってとこまで頑張りました(死)。まさに命がけ。使用用途間違いまくりですけど、これで1時間ほど放っておけば何とかなるでしょう。

そんな訳で今日のブログはキッチンよりお送りしました~。あー腹が痒い(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懐かしの味を求めて

午後7時頃仮眠をとったら、起きたのが夜中12時…という最悪な生活パターンに。どうも、ウメコです。最近、本気で睡眠サイクルがおかしいのか、へんな時間に物凄く眠たくなったり、逆に、夜寝る時に、異常に寝つきが悪かったりしてます。おいおい、頼むよ我が神経。幸い、明日(というか既に日付が変わってるから今日とも言える)はオフ。ちょっとIKEAに行って、シーツを買ってこようかと企んでおります。えぇ、実は今、シーツ無い状態でベッドに寝てるんですよ(爆)。

まぁ、シーツのないベッドはさておき。そもそも、今日は何故そんな変な時間に寝てしまったかと言いますと、実は、授業がある前に、先セメまで居たカレッジの方まで出向いてたからなんですよ。いつも以上に動き回って疲れたというか。もう、体力無さ過ぎです。

え?理由?大した事無いです。ただ、カレッジからずーっと一緒の長い付き合いになる友達のK氏と一昨日、大学で会った時に、
「カレッジの近くのチャイニーズが最近恋しくてさぁー」
「分っかる!」
「無性に食べたいんだよ」
「よっしゃ、明日行こう!」
という会話が繰り広げられたからなんです。えぇ、単純に、昔よく通っていた中華系庶民食が恋しくなったから、それ食いに行く為に足のばして遥々行って来たんです。

YES、食い気>色気(爆)。

食い物としては、チャイニーズのファーストフードなんですよ…ほんと、単純な。主食1品+おかず2品で$4.25っていう超良心的でチープなお値段。美味しいし、物凄い量を盛ってくれるので、コレを昼に食べたら、晩御飯は味噌汁でいいよ…ってなるぐらいの代物なんです。コレをね、「カフェテリアの食いモンは不味いから」ってコトで、ことある毎にK氏とか他の友達と食べに行ってたんですよ。昼御飯として。

まぁ、そこにはかなり足繁く通っていたので、大学に移ってから妙に恋しくなるというのも分かっていただけるかと。もう、ただでさえカレッジシックなんですからー(大分落ち着いたというか、諦めましたけど)。

そんな訳で、それを食いたいが為に、今日は早起きして、12時ごろに現地集合しました。相変わらずの店員さんを見ながら「あ、あの人まだ働いてるよ」「ってか、髪切ったな」「ほんとだ」っていう、もうご近所さんの噂話的な会話をしてました。

ウメコはお気に入りの酢豚とチンゲン菜の炒め物をおかずとしてチョイス。K氏は牛肉の炒め物と酢豚を選んでました(濃)。それらをテイクアウトでオーダーして、「折角此処まできてるんだし」って事で、カレッジに行って、友達に会えることを望みつつ、カフェテリアで食べる事にしました。

カレッジに着くと、すぐに友達に会えたので、そのままその子とカフェテリアでお喋りしながら御飯を食べました。途中、別の友達のY氏に電話したんですが、授業だったみたいで出ませんでした。一応、コールバックがあったんですが、そのコールバックに気付かず、コールバックに対してのコールバックをしたら、やはり出ず。結局会わんままでした。

いやぁ、それにしてもやっぱりカレッジは良いです。小規模万歳。ってな事を呟きながら、カレッジを懐かしみながら、食べてました。そしたら、食べなくなって久しい所為か、昔は全部事も無げに食いきれていた量のソレが、そういう訳にはいかなくなっている自分に気が付きました。K氏も右に同じで、「昔は普通に食えてたんだけどなぁ…」と言いながら食べてました。………ちょっと前より確実に胃が縮んでますよ。えぇ、確実に

それらを何とか食べきって、20分ほどお喋りして、大学の方に戻りました。あ、授業は3時半っていう中途半端な時間からだったんですよ。だからこんな無駄なコトが出来たんです(爆)。昼飯食べに往復2時間かけるってなかなかしませんよね。

で、当然の如く、腹いっぱい食べ、バスに揺られ、電車に揺られた後の授業は、授業って言うか、睡魔との戦いでした(爆)。途中どんだけコクコクしてたことか…。

今度は長期休暇に入ったら行こうと思います。そして、そろそろ眠くなってきたんで寝ます(現在3:30am過ぎ)。9時ごろに起きれたらいいや…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日パーティーにご招待

心理学友達の21歳の誕生日パーティーに呼ばれたウメコです。わーい!と思いつつ、よくよく招待状(メール)のパーティー会場の場所を見てみたら、

Renaissance Hotel

……

…………ルネッサンスホテル キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

どうしよう。どうしましょう。汚い話、ヤラしい話、パーティー代いくらなんだ!個人的には物凄い重要なトコなんですよ。そもそも、普通誕生日パーティーって自宅で開催するもんじゃないんですかね…。うわあーん、仲良くしてるコだから行きたいけど、$30.00位請求されたらどうしよう…。いや、実はもっとかかる…?

仮に場所だけルネッサンスホテルだったとしても、それなりの場所代がくるような…。

リアルな話をしたいんですが、そんなお金の事でヒトの誕生パーティーに行こうかどうか迷ってるって言うのが申し訳ない気もするし…(でも切実な問題なのです)。

迷いに迷って、やっぱり招待されていた別の心理学友達に「ルネッサンスでやるからには、それなりにお金かかると思う?」って意見を聞いてみたらば

「え、何、有名なホテルなの?」

って言われました。あれっ、おかしいな…世界中にゴロゴロそびえ立ってるホテルなんだけどな…。またうちの高級妄想ですか?実は結構お手ごろですか?いや、そんなはずねぇ!(と信じたい)

余談ですが、ルネッサンスを英語発音で言うと、レナサーンスに聞こえます。「サ」にアクセントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログで発生している不具合について

慢性的な首筋肉痛になる予感がビシバシします、ウメコです。何か、毎週レポートだの、Reading summary(指定の学術記事を読んで、それを簡潔にまとめ、尚且つ、ソレに対しての意見・批判などを書く課題)だのを出さなくてはいけないのが苦痛です。今学期もがっつりです…|||○| ̄|_

いや、それはさておき、最近どうもブログのコメントやら何やらの調子がおかしい模様です。コメントが出来ない・コメントしたのに消えてる・コメントがアップされない等々…メールで知らせてもらって、初めて気付いた次第です。1人2人だと「偶然?」って感じなんですけど、どうもそうじゃないみたいなので。

ウメコが意地悪ぶっこいてコメント設定を変えた!とかいうオチでは、断・じ・て、ありませんので、少々の間ご辛抱下さいますようお願い申し上げます。<(_ _)> 出来るだけ早く、問題解決したいと思っております。

が、ASAPがそんなに近い将来じゃない気がするので、本っ当にノンビリとお待ちいただければ幸いです…。誰だ、こんな忙しいセメにしたのは!泣 (※自業自得)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キてます

Scan002_2 肩凝りが異常なくらい悪化。そして、首の後ろが筋肉痛です。筋肉痛の理由は、レクチャーホールで、前の方の席に座ってたからです。

勉強の最中はずっと下向いてるんで、常時首が痛いです。右手が空いてる時は、マッサージしてます。何て言うか………

………切ない新学期だ|||○| ̄|_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと1週目が終わりましたよ

無意識のうちに緊張している所為か、ここ1週間、異常なほど寝付きが悪いウメコです。12時前に布団に入っても、軽く3時ぐらいまで起きてます。暗闇の中、頑張って寝ようとするんですけど、アレって頑張りすぎるとかえって寝れないもんなんですね。寝方を変えたり、寝返りうちまくったりしてるんですけど、駄目です。とりあえず、慣れるまでの辛抱ですなぁ。

そんなだから、今朝は寝坊。遅刻しそうになりましたが、ちゃんと(自分で決めた)予定時刻に家を出るコトが出来ました。これだから学校の近くに住むって良いのよねェ。

…と思いつつ、バス停で待つこと10分、7時47分に来るはずのバスなんですが、朝だったので、若干の渋滞に巻き込まれたのか、予定よりも5分遅れ。まぁ仕方ないですよね。でも、バスに乗ろうとしたら、

バスの最後部から運転手の横まで人がミッチリ詰まってました。

運転手にバスパス(定期券)を見せる隙間すらありません。っていうか、車内の空気がモワッとしてて耐え難いことこの上ない。でも、耐えずして学校には行けませんので、我慢して、無理矢理乗りましたよ…。幸い、そこのバス停から乗り込んだのはウメコともう1人だけでしたから、運転手さんも、本当は「サイドミラーが見えなくなって危ない」から駄目なんですけど、乗っけてくれました。まぁ、ウメコが乗る以前から、サイドミラーなんか見れる状態じゃなかったんでしょうけど。

次のバス停には10人くらいの学生さんが待ってたので、運転手さん、がっつりスルーして行きました。「しょうがないよね…これ以上乗せられないし」と話しかけられ、「そうですよねー」と相槌をうちました。

………自分ってセコいな、と改めて実感(爆)。

しょっぱなの授業が朝からなのは金曜だけなんですが、金曜日は授業の1時間前ぐらいに学校に行こうと思いましたよ。そしたら多分、そこまで混んでないハズ。

あ、大家さんの車に乗っけていってもらおうかとも思ったんですが、いかんせん、大して会話した事無いんで言い出しにくい。何故か、家賃を受け取ったり、領収書を書いてくれるのが旦那さんの方なんで…。うーむ。

閑話休題。

そんなすし詰め状態のバスに乗られた後の授業は、初の小クラス(20人弱)授業でした。ウメコの初めての3年生レベルのコース…Critical analysis and writingのコース…なんですが、このコースは2パートに分かれてます。普通のレクチャーと、少人数でやる『チュートリアル』と呼ばれるクラスです。で、今日は後者のクラスでした。

『チュートリアル』のクラスでは、レクチャーでやった内容のおさらい、Writingの練習、グループ・ディスカッションなどをします。イメージとしては、少人数制の塾みたいな感じですかね。レクチャーよりも、断然アクティヴに勉強したり、自分のスキルを磨くコトが出来る時間なのです。教えてくれるのは、TA(Teacher's Assistant)と呼ばれている院生さんで、このTAが付きっ切りでウメコらのWritingの面倒を見てくれます。

さて、ここで問題なのがウメコの基礎的な英語スキル。Σ(゜Д゜;
ハッキリ言って、Readingは留学を通して進化遂げてますけど(しかも心理分野に偏った進化)、Writingはいまだにクソ同然ですからね。しかも、TAの説明を聞いてみたらば、クラスメイトのミニエッセイの添削・批評までしなくちゃいけないらしいんですよ。クソみたいなスキルしか持ってない人間が、そんな事して厚かましくないかしら!?と思うんですけど…やらなきゃ、やられる(成績に響く)んでね…。半泣きで頑張っていこうかと思っております。

あ、そうそう。チュートリアルを受けて気付いたんですけど、3年生レベルの中にはパンクみたいなぶっとんだ人間が居ない事が発覚しました。これは3年生レベルだから?それとも場所が大学だから?良く分かりませんが、物凄い安心しました。ついでに、横に座ってた中国系カナディアンの男の子の顔がEvery Little Thing (ELT)のいっくんに異常に似てた事も、ウメコに妙な安心感を与えてくれました。

わーい、いっくん最高
来週も張り切って行きます!っていうか、生きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔色

「そういや、カレッジに卒業のアプリケーション出してなかったな」と今頃になって気づき、今日、書類を出しに、カレッジに行ってきました。あ、今日は大学の方はお休みです。ウメコは毎週木曜OFF!

書類は夏休みの前から手元にあったので、後はちゃちゃっと中をうめちゃえばOKでした。家でちょちょいと書いて、バスに乗ったり、電車に乗ったりする事約1時間。カレッジについて中に入ってみると………確かに夏セメスターより人が多いんですが、全然「混んでる」感じがしない!!嗚呼、そうよ私が求めている人の数というのはあああぁ!と思って、1人、心の中でうっとりしておりました(危)。なんて素敵なんだ、カレッジ。なんて人が少ないんだ、カレッジ。何てこぢんまりとしていて良い感じなんだ、カレッジ。

そんな感じで元学び舎を懐かしく思いながら、オフィスに行き、書類を出してきました。用事としては3分で済む事だったんですけどね…ちゃんとオフィスに来い、て書類に書いてありましたから、ちゃんと行きましたよ。でもこれだけでさっさと家に戻るのは勿体無い、と思い、ちょっくらカフェテリアに誰か知り合いは居ないもんかしら~と思って、カフェテリアに入ってみると、ガッツリわんさか団体でいました。

なーつーかーしーき友よおおおおーーー!!(大袈裟)

と思って、(ウメコ的に最上級の)笑顔で手を振りながら駆け寄ると、

「「「「えぇぇ!どどどどうしたん!?」」」」
「「「「顔色悪っっ!!!!」」」」



Σ( ̄ロ ̄lll)



予想外の反応が返ってきました。

ウメコ「え、そんな白いの?」

あ、夏休み中、ほとんど屋内に居た故に日焼けしてないから…

友達A「白いっていうか、青白いよ」

何ぃぃぃぃぃ!?

友達B「ちゃんと食べてる?!」
ウメコ「食べてるよ!」

昨日の晩御飯は、お好み焼き2枚だったし。朝もしっかりシリアルとヨーグルトと洋ナシ食ったし。別にファンデーションを寒色系に変えた訳でもないし…。

何故だか分かりませんが、夏休みをまたいだだけで、顔色が悪くなったらしいです。今日だけ?何で?っていうか、健康体そのものなんですけど。

あんまりにも気になるので、昨日大学で会ったK氏にメールで「昨日、実はうち、顔色悪かった?」と意味不明な確認まで取りましたよ。そしたら、「見せてくれた生徒証の写真は顔色悪かったけど、実物は普通だったよ」って微妙に喜びにくい返事が来ました。え、そんな、半永久的な写真の方が顔色悪いって、ちょっと…(爆)。

まぁ、そんなこんなで意味不明に顔色が悪いらしいです。一時的なものだろうから、心配はしてませんけど……っていうか、繰り返しますけど、普通に健康体そのものですから!何でだろ~何でだろ~(そういやテツトモは何処に行ったんだろう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きい学び舎と書いて大学

いやー行ってきましたよ、大学初日!!朝はどんより曇り空で、山の上にある大学に行ったらば、がものっ凄い濃かったです(爆)。「冬は毎日こんな感じですか」と1人ツッコみして、いざ出陣。バスから降りて、メインの広場に辿り着くと、

ここはショッピングモールか!!

っていうぐらい沢山の人が居ました。3週間も引き篭もっていたことも手伝って、ウメコ、単純に人の多さにビビりました(阿呆)。大学ってデカいよー!人が多いよー!しかも、広すぎて簡単に自分の目的地に行けないよー!!(迷子とも言う)

…もうね、授業に出る前から気疲れしましたよ(早)。うぅぅ、カレッジ(の小規模具合)が恋しいよう。

何とか最初の授業の場所に辿り着くと、そこは教室ではなく、Image Theatreと呼ばれるホールでした。ここ、何気にこの前のオリエンの学部説明があった場所です。「えっ、こんな広い所でやるんすか!?」…っていうのが正直な気持ちでした。確実に200人はいましたよ。これは、アレですよ、カルチャーショックならぬ、ユニバーシティショックですよ。

ショックついでに申し上げますと、流石大学、設備も良いんですよ。天井からでかいスクリーンがゴゴゴゴーっと降りてきて、PCのPowerpointが立ち上がって、映し出されて。もう、それだけで「何だかプロフェッショナル…vv」と阿呆を浮かれさせるには十分な訳ですよ。

んで、やる気出して、先生の顔もハッキリ肉眼で確認出来る前から3列目のど真ん中に陣取ったんですが、いざ授業が始まったら、あんまりにもスクリーンに近すぎて、困りましたよ。ずっとやや上の方を向いてなくちゃいけなくって……あれですよ、映画館でかーなり前の方に座ってしまった感じでね、首が途中から痛くなったんですよ(痛)。

次はもう少し後ろに座ろうと心に堅く誓いました。

あ、そのクラスは心理学の歴史の授業だったんですけどね……先生がめっちゃんこ心理学者!って感じの顔の先生でした。これねー、過去の心理学者の顔がいくつか思いだせる人がいたら物凄い分かって貰えると思うんですが……眼鏡かけてて、ヒゲがはやしてて、ちょっと気難しそうな感じです。心理学者の最終形態って絶対そこなんですよね…男の場合。

そんな気難しそうな先生の授業は物凄い単調で眠かったです。ちょっとカレッジのマッドサイエンティストみたいな風貌の心理学の先生が恋しくなりました。

今日は授業というか、シラバス配って、アウトラインの説明だけでした。それだけでウメコを眠らせるこの先生、(ある意味)凄いです。あれ、それだけで眠たくなるウメコが凄いのか??

さて、次の授業は引き続き心理学。こっちはやっとの3年生レベル!こっちも別のそこそこにでかいレクチャーホールで行われました。先生は何だか気さくな感じで、ちょっと安心。と一息ついてたら、いきなりQuick writingというものをやらされました。これ、5分間の間、与えられたトピックに対しての考えをノンストップで書くって言う、ちょっと不思議なトレーニングなんです。絶対にペンを止めちゃいけなくって、考えに行き詰ったら、前の単語なり、文なりを繰り返し書きつつ、新しいアイディアを考えろ!とまで言われました。書くことで考えることが出来る、っていうのが基礎となってるみたいなんですが、あたしゃ、time pressureに弱いんで、時間制限されて、尚且つ、書き続けろ!なんていわれたら、簡単にパニックになります。お陰で意味不明な文が出来上がりました。最低なのが、その文を隣りの人間のと交換して、コメントしましょう♪というオチ。久々に穴があったら入りたいなと思いました(死)。

あんまりにも(精神的に)疲れたので、家に帰って即寝てやりました。グォー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ・カルチャーに侵される

実は実は、ウメコの大学では毎年夏にアニメ祭りみたいな、とんでもないイベントが開催されています。その名も、Anime Evolution(アニメの進化)。このイベントのウェブサイトによると、これの概要が、「アジアの文化と日本のアニメを知るためのイベント」となっております。「日本のアニメ」を「アジアの文化」から独立させて書いてるあたり、要はそこがメインテーマなんだろうがよと思わずには居られない訳なんですが…。

ところで、うちの大学のウェブサイトのトップには、ランダムで最近の(大学内の)ニュースと、それに関係する写真が表示されます。ウメコが今日、明日の授業の教室がどこか調べようと、そのウェブサイトに行ってみたらば、

Anime_evolution_05_sr_0807seraynews

こんな写真が。 Σ( ̄ロ ̄lll)

ってか、コっ……コスプレ!!!!

大学のウェブサイトのトップにコスプレ写真!!!

大学のウェブサイトのトップに
コ ス チ ュ ー ム プ レ イ 写 真 ! !

…日本でやったら抗議モンだろうな。

っていうか、原作のキャラとかけ離れすぎてる!!
………ご存知かどうか知りませんけど、【新世紀エヴァンゲリオン】っていうアニメ・漫画があるんですよ。そこに出てくる女の子のキャラクターなんですよ。何でそんな事知ってんだよって?アニメ見たからに決まってるじゃないですかー、小6の時に。友達がゴリ押ししてきたんで、見せてもらったんですよー。

で、実際のキャラクタがどんなもんかというと、

Hgif3

こんな感じ。まぁ、アニメなので、「人間的に有り得んスタイル」に関しては放っておいてやってください。っていうか、この画像に辿り着くまでに、異常な量のフィギュア画像をスルーしましたよ…(滝汗)。しかも、若干エロスなものも混じってたりで。恐るべし、オタクグッズ。上の画像にもフィギュアあるし…。もう、日本経済はオタクダイエットカツラエロスで回ってるって言っても過言じゃないっすよ(自動車・電化製品業界無視)。

あ、話が逸れましたが、とりあえず、大変な事になってます。しかもこのAnime Evolution、かなり凝ってまして…。物凄い色んなコンテストがあるんですよ。

【Anime Music Video Contest】
【Cosplay Contest】
【Gundam Model Building Contest】
【Anime Idol Contest】

などなど…。とりあえず………ガンダムが別枠扱いなのが気になります(爆)。

他にも、ちゃんとゲストスピーカー(声優、監督、デザイナーetc)を呼んで、レクチャーまで聴けるみたいです。あと、日本から、アニメの主題歌を歌ったバンドをわざわざ呼んだりしてね。すげーなー、おい。

こっちの人って、仕事でも趣味でも、自分の好きなことに対する打ち込みようが半端じゃないです。イベントだって、かなり凝ってます。興味が無い人は興味が無いけど、興味がある人にとって、そこは聖地と化するわけですよ。残念ながら、ウメコにとってそこは聖地とは思えませんけどね…。

いやーリアルにうちの大学が大丈夫かどうか心配になってきましたけど、よくよくAnime Evolutionのサイトを見てたら、このイベント、UBCのAnime ClubやVancouver Japanese Animation Societyとかまでもがカんでる事が発覚しました。っていうか、そんな団体がローカルエリア単位で存在するんですね……。

恐るべし、日本のアニメ!!!

もっと詳しく知りたい人は、ウェブサイトへ→

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界大会

世の中にはつくづく色んな大会があります。最近では、ウメコの地元・大阪で行われていた世界陸上なんかがソレです。選手達は憧れの頂点を目指して、命を懸けて、人生をかけて、日々努力していくわけです。ウメコだって昔は、地域の水泳大会なんかに出てましたよー。一応、長いことスイミングスクールに通ってたんでね。

しかーし!

そんな陸上よりも水泳よりも地味なのに、それと同等の…いや、それ以上と思われる努力を必要とされる大会がこの世にはあるのです!!ずばり、

世界ヒゲ大会!!!
(The World Beard and Moustache Championships)

Thumbnail22
(from The World Beard and Moustache Championships 2007 website)

YES、ヒゲ!!ひげ!!髭!!ニュースで見つけたんですけどね、すげぇですよ…ヒゲ大会に出てる人って。まず、のばすのに時間がかかるでしょ。そして、手入れに時間がかかるでしょ。

下手にアート爆発(例えば上の写真みたい)なのにすると、日常生活で困るでしょ。ゴミが引っかかったり、食事しにくかったり。シャワーの後でどっかが絡まろうもんなら、物凄い慎重にソレを解かなくちゃいけない訳ですよ。

抜け毛も無駄に長いのがボロボロ出てくる訳ですよ。もし奥さんがダブルベッドで一緒に寝てるなら、かない感じ悪いですよ。「あなた、またヒゲが…」的な会話が週5ぐらいで交わされちゃったりなんかしてね。えぇ、うちが奥さんなら間違い無く寝込みを襲ってますよ(ヒゲをちょん切りますよ)。そしてソレが原因で離婚・別居。うわー、その名もヒゲ離婚死んでも死に切れませんね。5代先まで恥ですよ。

…とまぁ、色々とネガティヴに彼らの日常を心配したりもしたんですが、写真を見る限りでは相当面白いです。そして何より、サイトが最高です。ヒゲのタイプに名前をつけて、イラスト付きで解説までしてますからね(英語サイトを見てみる)。例として、鼻の下のヒゲ(beard)のカテゴリーはこうなってます。

【ナチュラル】…ワックスなどを一切使わない、自然なままの形のヒゲ。
【英国式】…上唇中央より、サイドに細く長く伸びたヒゲ。先端部分は若干はねる。
【ダリ式】…細長く伸びたひげが真上に弧を描いて跳ね上がっているヒゲ。
【帝国式】…小さくモジャモジャしたヒゲ。先端部分はクルリとカーブしている。
【ハンガリー式】…大きくモジャモジャし、サイドに長く伸びたヒゲ。
【フリースタイル】…上記5つのカテゴリーに属しないタイプのヒゲ。

上の写真の人は確実に【フリースタイル】ですな。っていうかもう、この人の生き方自体がフリースタイルですよ(爆)。Liberty for the beard and moustache!(ヒゲ面に自由を!)みたいな。いや、確実にそんなもん、本人等の自由ですけどね。

何でも良いから、こうやって何か楽しめながら極められるものがあるって良いですね。ソレがヒゲであろうとなんであろうと。【情熱大陸】とかで取り上げないかな…ヒゲ大会に情熱を注ぎ、ソレに向けて毎日ヒゲと(ある意味)戦うベルギー人とか。かなり数字取れますよ。間違いなく(少なくとも関西圏で)。

あ、ちなみにアゴヒゲ(moustache)のカテゴリも別でありますし、それはそれでまたイラスト付きで紹介されてますんで、興味があれば是非

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Student IDをよくよく見ると

Img_3758 どうでも良いんですが、小島よしおの面白さが全く分からんウメコです。強いて言うなら、終始一貫してイタイタしいのが凄い…普通、最低1つは面白い所があるのに。

で、ソレと全く関係ないんですが、写真は、オリエンで貰ったTシャツとバインダーです。全く同じデザインだよっ、っていう…。そして、かばんの中に突っ込んでたから、Tシャツがクシャクシャだよ、っていう…。まぁ、寝間着・部屋着に決定してるんで、別に構わないんですけどね。

さて、今日は日本に一時帰国していたA氏の家にM氏と転がり込んできました。何したかって?決まってるじゃないですかー、休み最後の麻雀ですよ、麻雀。三人麻雀、略してサンマですよ。麻雀しなきゃ、夏が終わらないって話ですよ。

ところで、A氏も9月から別の大学に編入するんですが、別の大学の生徒証がどんなものなのか気になったので、見せてもらったら、明らかにウメコの大学のよりも格好良い!グレーで統一されてて、シックで。それにひきかえ、ウメコのは、キャンパスの写真がソフトな色合いで写っている、何かダサめなデザイン。「良いなぁ、この生徒証~。うちの生徒証、こんなだよ」と言い、彼にウメコの生徒証を見せたら「解像度低っ!!」とツッコまれました。解像度…?と思い、よくよく自分の生徒証を見てみたらば、

確かに、四角が見える。 Σ( ̄ロ ̄lll)

線が物凄いブロックの列になってるんですよ…。くっきりと肉眼で確認できるほどに。しかも、キャンパスの写真の中に、明らかに人影と思われるものまでありまして…。

何かちょっと色々と切なくなりました。大学…大丈夫かなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »