« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

食いもん

Img_3839 いやー、山の上の学び舎は寒ぅ御座います、ウメコです。普通に寒いです。そのくせ、たまに「お前、感覚神経をどこかで落としてきたろう」みたいな人間がウロウロしてるので、視覚的にも寒さを覚えます。キャミソールはどうかと思いますよ…いや、本当に。

さっ、ハロウィンだの、夏時間終了だの(今週末ですよ・1時間戻るんですよ)、Research paperだのと、とにかく行事が目白押しなこの時期ですが、寒くっちゃ話にならんという事で、体の中から暖かくなるために、柚子茶を買ってきました。いやね、ヒーターもあるんですけどね、あれ、長時間つけてると、目が乾燥してくるから嫌なんですよ。

韓国に居た時にも、結構飲んでた気がします。美味しいですよー。韓国語ではユジャチャと言います。柚子のすりおろしと蜂蜜(砂糖?)が混ぜてある、ジャム状のもので、コレをちょこっとマグカップに入れて、お湯を注ぐと出来上がり。蜂蜜檸檬みたいなもんですな。ほっこりします。

言ってしまえば糖分の塊みたいなモンなんで、あんまり一気に沢山は飲めませんが、学校から帰ってきて、一息つくのにはもってこいな一品であります。

いやー、そうこうしてたら、ミスドまで賞味期限切れの何やらを使ってたみたいで。うふふ、日本もそろそろ平和ボケから抜け出せますかな?規制が厳しくて、安全性が高いのも良いんですが、それ故に廃棄処分となる食べ物の量も半端じゃないんでしょうからねぇ。その辺のコト考えると、贅沢志向もそろそろやめた方がよろしいんじゃないかと思います。まぁ、その大量の廃棄処分食品がホームレスやその他の人の所に回って、その人達の胃袋を支えているとかいう細かいことは別にしてですよ(このシステムが普通に成り立ってるのが凄い所ですよね…)。

別に賞味期限を1週間ぐらい切れてるモン食ったって、そうそう死にゃしませんよ。腹も壊さないし。あ、これは人に…というか、人の胃腸によるなぁ。うちはこの前、ちょっと変な臭いを出してるカレーを食いましたけど、平気でしたよ(変な臭いがちょこっとし出すのは大体常温放置3日目からです・爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和菓子が消えてゆく

Img_3831 結局物凄い昼夜逆転生活の所為で、いつまでたっても夜寝られないウメコです。どのタイミングで戻るんでしょうね。

いや、そんなことよりも、日本の和菓子が最近大変なことになってますね。自業自得かもしれませんけど。コレの所為で、ウメコの予定が大幅に狂ってしまいましたよ。

っていうのも、この間の夏、日本に一時帰国していた友達が、日本のお土産ってコトで、福岡の【博多とおりもん】、北海道の今は無き【白い恋人】、あと四国の何処ぞからのわらび餅を買ってきてくれたんですよ。北から南から、凄いです。で、どれもこれも非常に美味しかったので、関西圏の和菓子をお返しとして、今度帰国した時に買おうと考えていたわけです。

関西圏と言えば、京都の【八つ橋】、三重の【赤福】、兵庫(は神戸)の【ゴーフル】、とかなんとか色々考えてましてね、関西では何処の駅のキオスクにも売ってる【赤福】って案外関東圏の人は食ったコトが無いんじゃないか、と思って、結構有力候補になってたんですが、

どういうことだ、赤福!!

こちとら数年前に家族旅行で赤福本店まで観光しに行った事あるんだぞ!!
(↑さして意味は無い)

そして赤福の一件で売り上げを伸ばし、入れ食い状態になってた

御福餅、お前もか!!

どうなってるんだ、和菓子業界。創業○○○年とかいう店の看板が泣いてますよ、まったくもう。そして、どうしてくれるんだ、うちの和菓子お土産計画(まったくの私情)。そんな悪い人達はもうブルータスらに八つ裂きにされれば良いのです。シーザーばりにビックリするが良い。そして名台詞をはくが良い。

とりあえず、【八つ橋】は実は東京の方でもバリバリ買えるらしいので、却下することにしました。地域限定って難しいなぁ。

この調子で関西圏の和菓子銘菓がガンガン減ってったら、非常に困ります。特にむか新の“逆みたらし”こと【大阪みたらしだんご】が無くなったら困ります。普通のみたらし団子って、タレが団子にかかってるんですが、このみたらし団子は、団子の中にタレが入っている、ちょっと変わりダネ和菓子なのです。

あと、個人的には大阪の茜丸の【五色ドラ焼き】が気になりますね。あそこのCM、意味不明なんですよ。関西圏の人は知ってると思いますけど。社長、出張り過ぎですからね(それ故に、不祥事があった時が怖い)。

ビックリなのが、551の蓬莱が案外知られていなかったこと。関東圏の人に「何ソレ?」と言われた時は普通に「何ソレ、って何それ?!」と思ってしまいました。豚まん自体も美味しいんですが、ウメコはあそこのアイスキャンディが好きです。特にミルク味。ただ、カナダに持ってこれないので、お土産としては却下です。

あとー、何でしょう…。【たこ昌】?いや、冷凍品だから、やっぱり駄目だな。常温保存可能な和菓子でないと…。あ、もうたこ焼の時点で、和菓子じゃないですね。

大阪の和菓子はー…うーん…、粟おこしなんでしょうけど、アレは好き嫌いがありますからねぇ。大阪は食いモンは沢山ありますけど、和菓子ってなると、あんまりパッと思いつくものが無いですなー。やはり京都の方がこういうのは沢山ある気がします。

まぁ、そんな訳で関東人に食わせるべく、関西和菓子を探しておる訳です。何か良いモノがあれば御一報願います~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天然の破壊力

Img_3821 写真は、ウメコの大学の一角にあるルネサンス・カフェ。朝6時ぐらいから営業しております。

この写真撮ってたら、知らないおじさんに「ポーズとってあげようか?ロッキー・バルボアみたいに!」って言われたので、物凄く丁寧にお断りしておきました

断ってもなお、両手を挙げてロッキーのポーズしてました(ランニングの最後、階段を駆け上った後に『ウォー!』ってなってる、あの名シーン…階段つながりと思われ)

さて、金曜日のディナーの席でのこと。久々に集まる面々だったので、お互いの近況を報告しつつ、面子のうちの1人の誕生日を祝いつつ、出てきた料理に舌鼓を打ちつつ談笑していました。すると、横に座っていた、天然ボケな友達のM氏が話しかけてきました。

M氏「ウメコちゃん」
ウメコ「ん?何~?」

M氏「ウメコちゃんってオジ専だよね!?」

( ゜з゜):;*.':;ブッッッ!!!

席にいた全員が一時停止。

ついでに場の空気も一時停止。

天然ボケの破壊力ほど恐ろしいものは無いな、と改めて思いましたね。えぇ。だって、一歩間違えば、これ、ただの(物凄い直接的な)悪口ですからね(爆)。

ちなみに、厳密に言うと、ウメコはオジサンが好きなんじゃなくて、渋い人が好きなんですよ。ただ、若い人に渋い人があんまり居ないもんだから、結果として中年…というか年上が好きになってしまうだけなんです。しかも、専門じゃないから。若い人もそれなりに好きだから。松田龍平とか松山ケンイチとか大好きだから(微妙って言うな)。そして正直、現実世界じゃ普通に歳の近い人間の方が好きだから。あくまで理想として、渡辺兼とか阿部寛とか仲村トオルとか佐藤浩市とか田中要次とかぐらい渋かったら良いなぁーってだけなんです。

M氏「あれ?違ったっけ?(天使の様な笑顔で)」
ウメコ「えっ…はっ!?何?何で?いや、オジ専て言われれば、そうかもしれないけど。えぇ、まぁ、ハイ、そうですね、オジ専ですね。オジ専ですよ(ヤケ)…何で?」
M氏「上はどの位まで、って年齢の限度ある?」
ウメコ「(質問無視…?)え…あー14歳上までかな…ってだから何で?」
M氏「いや、ちょっと最近50歳ぐらいの人から、微妙に言い寄られてて…」

もしや、そいつを押し付ける気だったんですか。

ウメコ「あ、そうなんだー。格好良い?」 ← 一応聞いてみた
M氏「ううん、その人ちょっと気持ち悪くって

じゃ何でうちにオジ専か否かの確認取ったんスか。|||○| ̄|_

凄く謎のまま、この話題は強制終了しました。

………一説によると、天然ボケな人は、右脳と左脳を繋ぐ、【脳梁(のうりょう)】と呼ばれる神経の束のような部分が通常の人間よりもぶっといそうです。脳梁は、ぶっとければぶっといほど、一度に右脳-左脳間で交換される情報量が多くなるそうです。つまり、普通の人間よりも一度に沢山の情報をやりとりしてしまう為、普通の人間が1つの話題に対して2つの関連情報を見つける所を、天然さんは5倍の量の関連情報+その関連情報の関連情報ぐらいまで考えてしまっている訳です。そんなだから、普通の人から見たら「ブッ飛んだ発想」の持ち主、または、ちょっとズレてる人のように思われてしまうのです。

平たく言うと、天然さんは物凄い連想ゲームを脳内で展開しているわけです。ただ、凡人がそのスピードと、彼らなりの論理展開についていけてないわけです。

この説が正しいなら、天然さんは、元の話…つまり、今、交わされている会話の内容を一切まともに聞いてないことになります。完全に脳内で別のコト、もとい、物凄い先の関連話について考えてるわけですからね。でも悲しいかな、ウメコの知ってる限り、天然さんは話を聞いてないコトが非っ常ぉぉぉに多いです。だから、この仮説を聞いた時、正直、「なるほどね!」と物凄い納得してしまいました。

問題は、彼・彼女らが脳内での連想ゲームを終えた直後、すぐにその連想ゲームの先の方にあるトピックについて話し出してしまうことです。【発言直前の一時停止機能】とか、【話題に関するフィルター機能】が作動してないわけです。うん、頼むから作動してくれ。ウメコみたいな凡人を救う為に作動してくれ。

…という訳で、後半、物凄い真面目な話になりましたが、言いたい事はただ1つ、ウメコをオジ専て呼ぶな、って事です。「専」じゃないから。渋い人好き故に、年上好きな傾向にあるってだけだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある男の悩み

Img_3827 結局32時間ぐらいブッ続けで起きてて、その後18時間寝てました、ウメコです。起きたら、夕方の6時でした。頭がぐわんぐわんしてます。脳内だけ船に揺られてる感じがします。

写真は大学の北回廊。中途半端な時間に撮ったので、生徒が少ないですが、授業あがり直後の時間帯には、もっと人通りがあります。

さて、昨日の話。ディナーまで時間があったので、友達の買い物に付き合ってました。ウメコと同じく心理学専攻で、カレッジ時代から一緒の東南アジア系カナディアンです。「先週誕生日で、親にお金を貰ったから、その金でセーターを買いたいんだ」とのことでした。この友達、すげぇんです。食が細いんで、物凄い華奢でちびっこなんですよ。男なのに…。同じ歳の男の子(21歳)に比べると、そりゃぁもう…。いや、モヤシっこって訳じゃぁ無いんですが、身長が低いし(155cmぐらい)適度に痩せてるから、どうしても華奢に見えるのです。

それ故に服のサイズは当然XS。初めて知ったんですが、こっちでは男物のXSってあんまり無いらしいんですよね。それ故に、彼が買い物する店は、絶対にXSサイズがあるAmerican Eagleだけだそうです。

ウメコ「え、本当にAEしか無いの?というか、Sじゃ駄目なの?」
友達「Sだとデカすぎるから」

Sがデカい、って凄い矛盾ですよ。

ウメコ「GAPってXS置いてなかったっけ?」
友達「あーたまに見るけど、本当にたまにだけだね」
ウメコ「Old Navyは?」
友達「置いてないよ」
ウメコ「Urban Planetは?」
友達「置いてない」
ウメコ「bluenotesは?」
友達「置いてないって」
ウメコ「(こいつ……詳しいな!)」
友達「だから俺はAEの服が多いんだよ」

そう言う彼は確かにAEのジャケットにトレーナーを着てました。んで、当たり前のように、American Eagleのお店に直行。おいおい。でも、実際着てみたら、そんなにデカい服を着ているように見えないんじゃないか?と思い、XSのセーターばかりを抱え込んで試着室に行こうとする彼に、1枚だけ、Sサイズのセーターを着るように無理を言いました。

そしたら、確かにダッボダボでした(爆)。

特に腕の裾っこ。2回折りしないと駄目じゃないか。あーもう無理矢理着させてごめんよ…おねーさん、涙が出そうになったし、心の中でちょっと笑っちゃったよ(鬼)。だって予想外のダボダボ具合だったんだもの!

結局、彼はダークグレイ×ライトグレイのボーダーのセーターを1枚買いました。

ウメコ「ねぇねぇ、他にも探したらXSアリの店、あるかもよ?」
友達「探して、無かったから、AEでしか買い物しないんだよ」
ウメコ「あ、はい…すんません」

絶対探したらと思うんですけどねぇ…。

友達「まぁ、最悪子供服なんだけどね」

ウメコ「!?えっ!?入るの!?」

友達「子供服のXLがピッタリ

ウメコ「………GAP kids見る?(超笑顔)」 ←鬼

友達「いや、いい(微笑)」

子供服試す前に、女物を試す事を思いつかなかったのだろうか?と疑問に思いましたが、ツッコむにツッコめずでした。シンプルなシャツとかセーターって、女物で売ってても、結構ユニセックスな感じだと思うんですけどね。

んでショッピングの後、ふとした事で年齢の話になり、彼がウメコの事を27だと勘違いをしていた事が発覚。何だその中途半端に意味不明な年齢違いは。年齢間違われの新記録ですよ。6歳も上に見られてたて…。ちょっとキレ気味に「てめぇと同い年だ」って言ったら、何故かキョトン顔(爆)。いや、嘘ついてないから。バリバリ昭和の晩年生まれですから。86年生まれですから。勝手に70年代生まれにすんなや。

若干マジで凹んでたら、「あ、じゃぁ1発殴らせてあげる」って言われました。発想までちびっこじゃねぇか!殴ろうか迷いましたけど、公共の場で殴るのはマズイと思ってやめときました。

……さっ、そろそろ、サバ読もっかなっ(年上になるように)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山越えぇぇぇ!!

Img_3819 よっしゃ、終わった!何か色々終わった!頑張ってリサーチペーパーも書いたよ!!徹夜で無駄にハーイテーンショーン!でもきっとあと数時間もしたら急降下ですよ、うふふあー今日の晩御飯はウメコの素敵な仲間達(爆)とマレーシア料理を食べるんだけどなー。確実に食いながら寝ますね。そうですね。もしくは寝ながら食いますね。ぐー。

写真は大学の一角にあるInternational Rounge。名前だけで、別に留学生が集まる場所というわけでは御座いません。あ、でも妙に韓国人率が高い気がします。すぐ、「オンニー!」って聞こえてきます。あ、激しく逆光ですいません。ちなみに、「オンニ」は年上の女友達を呼ぶ時に使われる言葉です。

こっからかなり余談ですが、大学の中で大学の風景を撮るのってちょっと勇気が要ります。多分、誰もそんなに見てないんでしょうけど、見られてる気がしてならない。自意識過剰ですかね?自意識過剰ですね。えぇ。そろそろメインの建物の回廊あたりも撮って来ますー。勇気を出して。

ちなみに現在、午前6時30分。あと40分ぐらいしたら学校に行きます。ううぅ…徹夜すると、どうしても目が乾燥しがちです…。目薬は必需品です。んで、目薬さすごとにアイメイクがガンガン取れていくわけです。こういう二者択一は非常に辛い。

まぁ、辛いといいながら、痛みの方が耐え難いので、迷う事無く目薬選びますけどね。えぇもう矛盾しまくりです。ハイテンションの時のウメコは大体こんなです。もう思考回路がメチャンコなわけです。それ故にか、ハイテンション時のウメコはタチが悪いと評判です。普段がローテンションなので多分、そのへんのギャップも手伝ってるんでしょうけど。

さーて、今日も一日、張り切って頑張りましょうー!
(↑張り切らないと途中で寝るから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学のレクチャーホール

Img_3816 音信不通過ぎて、身内からレンラクマツとのメールが届きました、ウメコです。ギリ死んでます。

写真はレクチャーホール。しょぼい映画館みたいですね。えぇと、どんなもんだろう…400人弱ぐらい収容出来そうな気がします。

そして全く関係無いけど、物凄い眠たいっす。とりあえず、今夜がやまだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右脳 vs 左脳---アナタはどちら派?

よっしゃ、1つ中間テスト終わりましたよ。ものっそい色んな意味で。適当な講義だったのに、テストの内容だけみっちりシッカリしてやがったんですよ…汗。大丈夫かな…成績の40%がここにかかってるんだけどな…。

ま、とりあえず息抜きということで、ネットサーフィン。色気皆無なのがご・愛・嬌(爆)。B'zの新曲【Super love song】を聴きながらネットサーフィンです。久々にロック全開な曲ですよー。良いですよー。タイトルが妙に時代錯誤でダサい気がしますけど。すーぱーらぶそんぐ、て…。でっ、でも良い事言ってるのですよ(歌詞がね)。

紛争なんか いらないよ
君と僕との間に 今さら
冷戦なんかも アホらしい
見栄を張りあったってキリが無い

狂信的な正義が
道行く人々を脅しまくる
そんな行為は粋じゃない

恋愛について歌った歌詞の中に、社会風刺・批判が存在する。それが稲葉さんテイストです。ここ最近の稲葉さんは特にそんな感じですね。【ケムリの世界】っていうアルバム曲はもう顕著ですよ、社会風刺。まぁ、こんだけ言っても実際聴く人はそんなにおらんと思いますので、この辺でB'zネタ終わり(爆)。

さて、話は変わって………

Livedoor のニュースを見てたら、オーストラリアのHerald Sunっていう新聞社が、脳派鑑定テストを作った、という記事がありました。ぶっちゃけ、人間の右脳と左脳は情報交換しまくりで動いているので、右脳ドリル!とかああいうのは実はどうでも良いらしいんですけどね(うちの心理学の先生曰く)。でもまぁ、なんだか面白そうなんでやってみました。以前にも、ウサウサ診断を紹介したコトがありますけど、あれよりももっと単純です。

Right Brain vs Left Brain(←まずはコチラへ行って、女の人がグルグル回っている絵をぱっと見てください。ぱっ!とですよ。自然に見てくださいね)

女の人が時計回りに回っているように見えるなら、右脳派

女の人が時計回りに回っているように見えるなら、左脳派

だそうです。

ウメコはどう頑張っても女の人は時計回りに回っているようにしか見えません…。5分ぐらい眺めたんですけど、無理。どう考えても、どんだけ見ても、反時計回りに回ってないですよ。何で何で?むむーっ。そんな訳でウメコは右脳派らしいです。

それぞれの特徴まで書いてありました。英語が面倒くさいよという人は、↓のウメコの訳で我慢してくださいませ~っ(若干の意訳入ってます)。

左脳派のアナタの基盤となるもの&特徴】
論理的           詳細を知りたい派
事実ベースな考え方   言語優先(文章による説明が好き)
過去&現在        理数系
理解             知識が大事!
認められたい        秩序・規則で物事を捉える(算数でいうと関数派)
物を名前で覚える     現実的
計画をたてる       実践的
安全第一。

右脳派のアナタの基盤となるもの&特徴】
感覚的。           全体を把握したい派
想像ベースな考え方    記号優先(絵や図による説明が好き)
過去&未来         文系(哲学・宗教)
感覚で“分かる”       信仰・信念が大事!
評価されたい        空間的に物事を捉える(算数でいうと図形派)
物をそれの機能で覚える 空想的
いきあたりばったり       突発的
リスクテイカー。

えーと、完全に右脳派頭弱い人みたいに見えるのは気のせいじゃないよね。ちなみに、大半の人間は反時計回りに回っているように見えるらしいです。つまり左脳派が多いって事ですね。どう考えても、この説明書きだけ見てたら、完全に右脳派、阿呆ですからね。そんな人達ばかりじゃ社会がなりたたないだろうし…左脳派万歳です。

よくよく考えてみれば、ウメコ=右脳派…まぁ確かに当たらずとも遠からずな事もありますねぇ。感覚で生きてるあたり、特にそう。でも空想的ではないかなぁ。なるべく現実見ようと心がけてます。あと、絵とか図とか大好きです。文章よりも、絵が好き。教科書に写真やら図やらが少なかったら凹む人です(爆)。だって理解しにくいんだもの!!(まんま右脳派?)でも安全第一です。常にローリスクな道を進んでおります。でも行き当たりばったりです。

こんな風に、一概に人を2つの種類に分ける事は不可能です。がっ、まぁちょっとした息抜きというコトで。

皆さんはどっち派でしたか~???

| | コメント (7) | トラックバック (0)

寝過ぎ

Img_3812 徹夜明け。朝イチの授業に出て、即帰宅。午前10時半から、翌日の午前3時まで寝てました。

寝る直前に撮った写真(←)。

単純に、寝過ぎ。そしてもう徹夜が翌日に響く年齢です。無理無理。おばちゃんもう徹夜は無理だよ。反動がでかすぎるよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うわもう限界キたよ

…ってことで、サイコな~(略)恒例、不定期更新期間に突入です。

も~無理無理。まず、目が無理。もう、痛いし、血走ってるし、ダルいし、乾燥するしでツラいです。読み物多過ぎ、レポート多過ぎ(=PC使用時間過多)。目薬が手放せません。んで、もう切羽詰り過ぎ。

あんまり切羽詰ってるもんで、シャワー浴びながら泣きそうになりました(爆)。精神的にキテます。キテますよ。でもここが踏ん張り所ですからね。頑張ります。

多分、3週間はほぼゼロ更新だと思われますので、悪しからず。<(_ _)>
それではしばらくの間、お元気で~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのアボカド

Avocado キャンパス内には、芸術作品が結構展示されてあります。その中で、ウメコが一番気に入ってるのがコチラ。勝手に「アボカド」と呼んでおります。種くりぬいたアボカドに見えません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの大学 その2

Img_3793 メイン校舎ことAcademic Quadrangleの別アングルです。たまにこの辺で勉強してる人間がいます。

…絶対寒いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの空中要塞

Img_3792_2 空中要塞改め、図書館です。

物凄い陰気臭いです。中は普通なんですけどね。このコンクリートムキ出し、うちっぱなしのビルディングはどうなんだろう…。

ちなみに、生徒の間でも不人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの大学

Img_3797 早起きの金曜日。授業が始まる30分前に着いたので、写真を撮ってきました。昨日、一昨日まで天気が悪かったんですが、今日は妙に朝から晴れてましたね。左の写真、爽やかに見えますけど、実際はくそ寒いだけです。山の上にある大学なんで、恐ろしく気温が低いです。校舎の中はそれなりにあったかいんですが、レクチャーホールは寒いです(空調がおかしい)。

で、これ、一応メイン校舎です。本当に生徒がウジャウジャいる所は地下です。写真に写ってるのは、5~6階部分のみ。地下に、1~3階があります(4階=地上=教室が無い)。Academic Quadrangleっていうのがこの校舎の名前なんですが、えーと、ある意味名前の通り、四角形の校舎です。上空から写真撮ったら、正方形に見えるはず。写真に写ってるのは西回廊と南回廊部分です。

これから3日ぐらいにわたって、写真をのっけてく予定(怠)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とり憑かれたように泣く

今日一日、家に篭りっきりで家事&課題をやってました、ウメコです。ちょっと本気で暗いですよ、この生活。しかも、来週あたりからフルスロットルで忙しくなります。いやもう、徐々に忙しくなってきてるんですけどね。

とりあえず、毎週のReading summaryとLecture commentaryは引き続きあります。それに加えて、再来週と3週間後にはテストが控えております。まだ勉強始めてませんから、死を覚悟でこれから勉強します。そして、来週までにTerm paper(論文?)のトピックを決めて、簡単な説明書きを提出しなくちゃいけません。

今でも十分必死なのに、更に何か書け、と。考えろ、と。
もうね、ちょっとやめてくれよ、と一言言いたい。いや、小1時間ぐらい懇々と言ってやりたい。5週目が始まった所なのに、2~3回ほど「死にたい…」って思えましたよ(早っ)。

今日だって、ひたすらReadingでした。今週のヨミモノは内容が特に難しくてですね…読むのにまずてこずってます。Summary書けるのか?(汗)サイコパスについてだから、読む前は興味津々だったんですけど、読み始めて5分で意味不明だと思って、気分ガタ落ちですよ。要点が見えにくいヨミモノは辛いです。

サイコパス…反社会的(良心欠如、平気で嘘をつく、冷淡など)な性格を持ち、問題(暴力、詐欺、性的暴行など)を起こして社会や自分をも困らせる人格を持つ人間の事:Antisocial Personality Disorderともいいます。一種の人格障害です。

でね、ウメコが珍しく必死こいて勉強してる時に限って、大家さんの子供が物凄い勢いで泣くんですよ。何で子供ってトチ狂ったように泣くんでしょうね?ウワーーンとかじゃなくて、何かもう、「お前、絶対とり憑かれてるだろ」的な。

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ ぁ ぁ ーーーっ っ っ!!!

マ゛ミ゛ィ゛ィ ィ ィーーーッッ!!!

ってね、濁音で泣く訳ですよ。

ちょっと怖ぇです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキン再来

皆様、覚えておられますでしょうか…。

ちょっと前の地学のクラスで、先生の代わりに講義をした、物凄い訛り(?)の酷い大学院生を…。そう、Shakingが何故か“チキン”にしか聞こえないという、笑いの神様が光臨している彼を…(参照記事はこちら)。

「もう金輪際あいつは勘弁だ」と切実に思ってたんですが、なんと今日、

帰宅途中のバスの中で彼に遭遇しました(爆)。

ある意味、未知との遭遇です。
人が沢山乗れる、ちょっと長めのバスに乗ってたんですけど、この長めのバス、椅子が向かい合わせな所があるんですよ。ウメコはそこの片側に座ってたんです。ぼーっとしながら、音楽を聞いていたら、すっと目の前の席に座る男子生徒1名。何気なく顔を上げたら、奴でした。

すいません、瞬間的に目をそらしたんですが、「クッ」て笑ってしまいました。チキンやん!っていう驚きと戸惑いが、一瞬にして笑いと化しました。その後、不自然なぐらい正面を避けて視線を泳がせておりましたよ。

結局、ウメコの方が先に下りちゃったんで、彼がどこら辺に棲息してるのかなんて、知らないんですが、同じバスを使ってるというコトが発覚したので、絶対またいつか見かけると思います。うあー絶対笑うよー。本当、不意打ちは勘弁してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく裏から入るのが基本

下品と言われても仕方が無いのが、ヨーグルトのフタの裏にくっ付いた、ちょっとコッテリめのヨーグルトを食べる事。カップに入ってるメインのよりも、何故か美味しく感じてしまうあの部分。外出先じゃぁやりませんけど、家でなら、すいませんが、普通に舐めます(卑)。同じような感じで、基本、何でもフタの裏から入ります、ウメコです。

Img_3787_2

処方してもらったクリーム薬だって、

Img_3789

ここから使います。
ちなみに、妙に長い筒上のクリーム入れですが、実際にクリームが入っているのは、上3分の1だけです。凄い上げ底です。必要以上の長さにしてるのは、ただ単にそうしないと名前やらその他の必要事項がサイドに書けなくなるからだと推測。

Img_3783

医者に「君、唇を無意識に舐める癖があるでしょう?バセリン買って、常に塗っておきなさい」とツッコまれたから買ったバセリンも、

Img_3786_2

御覧の通り、フタの裏にこびりついてるのから使います。

…ただの貧乏性かしら。でも、なーんか勿体無い気がするんですよねぇ、この部分を使わずして、メインの所を使うのは。

いや、それより、うちって無意識に唇舐めるとかいう奇妙な癖があるのか?丁度セールで$1.00しかしなかったから、バセリン、買っちゃいましたけども。えっ、そうなの?そうなの?どうなのよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてカナダの病院に行ってきたよ

ちょっと前から唇に妙な痒み&痛みがあるウメコです。ちょっと前ってもう、かれこれ1ヶ月近く放置してたんですけどね(爆)。一時的なモンだろうと思って、放置してたんですが、これがいつまで経っても治らないし、痒み故にイライラするので、今日、とうとう、近所のクリニックに行ってきました。

カナダに来て2年半、初めてのクリニックです。初めての来院理由が「唇が痒い」っていうのに、若干の切なさを感じます。いや、実際問題は、痒みじゃなくて、痒みの所為で起こるイライラなんですよ。落ち着いて教科書が読めやしねぇですから。

そんな訳で行ってきたんですが、まずビックリ。1時間半待たされました(爆)。

で、診察してもらって、結局、ナントカっていう、バクテリアがひきおこす感染病だってことが発覚しました。病名は一応教えてもらったんですけど、忘れましたよ。キから始まってたような…。いや、だって、英語の病名って知らなかったら、絶対分からないでしょー!日本だと、漢字から推測することも可能ですけども。ま、とにもかくにも、薬を塗っておいたら治るって言われたんで、そのクリーム薬の処方箋だけ頂いて来ました。

それから、クリニックを出て、となりにあるドラッグストアに処方箋を持っていき、クリームをゲット。【VIADERM-K. C.】っていう怪しげな名前のクリームです。抗生物質・抗菌物質・抗炎症剤を混ぜてあるらしいです。あと、そのクリームの使い方やらなんやらが書いた、説明書も貰いました。帰り道、歩きながらソレを読んでたんですが、POSSIBLE SIDE EFFECTS(起こり得る副作用)の欄に有り得ない事が書いてました。

Side effects include burning, itching, or stinging.

いやいやいやいや、痒いのを治す為にクリームを貰いに行ったのに!!副作用にitching(痒み)ってどういうことだ!?塗ってまた痒くなるのか!?Stinging(チクチクする痛み)も気になるし!!もしかして、ヤブ…?

でも、薬は買っちゃいましたからねぇ。しょうがないんで、家に帰ってつけてみましたよ。

……案外、平気でした(安堵)。よくよく考えてみたら、POSSIBLE side effectsだしね。全員が全員なるわけじゃぁないですからね。いやー、さっさと痒みが収まってくれるのを期待しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »