« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

断固拒否

2日ぶりに大学がオープン!そこに辿り着くまでに、えらい目に遭いましたよ…。バンクーバーよりもずっと東に位置する、コキットラムってとこにウメコは住んでるんですが、そこはバンクーバーよりも寒いのか、それとも市の対策がなってないのか、とにかくえらい雪の積もりよう&残りよう。除雪車が通るのはメインの通りとバスのルートだけで、住宅街の道はビッチャビチャグッチャグチャ

通常、バス停まで徒歩10分なんですが、
今日は雪に足をとられて20分かかりましたよ(汗)。

しかも、雪かと思って足を置いた場所が、実は水溜りだった(水溜りの上に雪が溜まってた状態)っていうパターンが物凄くあって、バス停に着く頃には、足元から歩くたびに

グッチョ 

グッチョ

グッチョ

と嫌な音が聞こえてまいりました(爆)。あれ、いつなっても嫌なモンですね。冷たいし、グチョグチョな感触が気持ち悪いし。替えの靴下を持っていけばよかったと激しく後悔いたしました。

まぁ、しょうがないんで、グチョグチョのまま大学に行ったんですが、そしたら、大学の一角…雪が大量に積んであるような所に

雪で出来たピラミッドとスフィンクスがいました Σ( ̄ロ ̄lll)

…どうも誰かが作ったみたいです。「札幌雪祭りかっ!」と(心の中で)ツッコんだんですが、よくよく見たら、なかなか上手いこと出来てました。頑張って明日まで残ってたなら、写真とってきます。

授業には、意外にちゃんと生徒が来てました(酷)。こっちの人、結構天候で休んだり、フケたりするんですよ。何か良く分かりませんが、そういう意味では自己判断が物凄いちゃんと出来てます。

そして、2時間の授業後……

朝のグチョグチョをもう1度味わうのはちょっとゴメンなので、帰り道ルートを変えました。普通なら、バス1本で帰れるんですが、あえて大学からバスで電車の駅へ、そこから電車を使って自分の家に一番近い駅まで行き、そこからまたバスを取る、というちょっと面倒なルートです。大幅に遠回りなんですが、こっちの方が歩く距離が断然少ないので…。

Couple そうなると、自然と大学から取るバスもいつもとは違うのになりまして。いつもと違うバス停で待っていたら、ビックリする位彼氏にベッタリしている女の子がいました。

しかも彼氏が物凄い『拒否』って顔してるのにも関わらずに、物凄い接吻をせがんでおられましてね。

顔近い!やめろや!みたいな感じで彼氏はボソボソ反論&頭部を左右にフルスイング

彼女無視(強)。

尚のコト唇をキュッと突き出してキスをせがんでました。

段々とコント臭さえ漂ってきた2人。そんな2人を全くお構いなしにガン見してたのが

わたくし。

Cut_2

                    「おたくも大変ねぇ」 ←心の声


ちょいちょい彼氏と目が合ったのは気のせいだと思います(嫌がらせの境地)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休校~

大雪の為、大学休校~!!!

しかして、休校に気づいたのは、身支度して、バックパックしょって、靴履いて、家出た瞬間です。外の景色(いつもより多めな積雪量)を見て

「………いや、バス走れへんやろ!」

とツッコミを入れ、部屋に戻ってネット開いて、大学のウェブサイトをチェックしたら、『大雪の為、本日休校』とありましてね。

イヤッホ~ィ!

…と言いたい所なんですが、今日の授業は週1のものなので、今日キャンセルになると、自然と1チャプター授業で出来なくなるから、微妙に喜びづらいです。しかも、来週中間テストの予定…うーん、テスト…延期であってほしいなぁ~。

あ、そんな訳で大して面白い話が今日は無いです(爆)。
しょうがないから@niftyさんとこの、デイリーポータルZの、とある記事を御覧下さい。先週みたネタのなかで、個人的に1番ヒットしたものです。フリーハグ万歳。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

発見

Student Visa延長の為の書類を集め終わったウメコです。いやー、面倒くさい。この一言につきます。でもまぁ、一通り揃ったので、明日、大学の郵便局に出してきます~。

最近、どうにもClose RelationshipのクラスのReadingが面白くて、色々ネタとして使っちゃうんですが、今日は普通に大発見ですよ。

「ドキドキの勘違い」もとい、『つり橋効果』ってご存知でしょうか。心理学者のダットンさんとアロンさんがつり橋の上で行った実験が大元です。

ぐらぐら揺れるちょっと不安定なつり橋を渡っているところに、ちょっと素敵な異性がやってきて、ちょっとした質問をします。街頭アンケートならぬ、つり橋上アンケートですな(何)。で、質問が終わった後に「何かあったらコチラに連絡してくださいね」と連絡先をくれます。

まぁ、この異性は普通に実験者(アシスタント)なんですが…

このちょっとした実験、ガッチリ丈夫で、殆ど揺れない橋の上でもやったんですよね。で、2つのシチュエーションを比べました。そしたら、なんと、つり橋で質問に答えた人の方は、安定した橋の上での回答者に比べて、俄然、ちょっと素敵な実験者に何らかの連絡を後日取ってきたっていう結果が出たんです。

要は、ちょっとした恐怖心故にドキドキしてる最中、いきなりちょいと素敵な異性と接触すると、いつの間にやらそのドキドキが恋愛故のドキドキとなってしまう、っていうわけなんです。まぁ、単なる脳の勘違いなんですが。

さて、前フリが長くなりましたが、この『つり橋効果』を発見したダットンさんとアロンさん、

実はカナダ人だったんですよ!♪Oh~Canada~(国歌)

…すいません、この効果、大分前から知ってたくせに、誰が発見したのか知りませんでしたよ。カナダに居るから、カナディアンの心理学者…というか、有名な効果や理論の発見者・考案者ぐらいいい加減ちゃんと覚えなくちゃいけませんね(汗)。

でも、このぐらいではブログのネタにはせんのですよ!もう一つ凄いのがね、このつり橋実験が行われたの、

実はあのキャピラノの有名なつり橋だったんですよ!

やったね、バンクーバー!(正確にはノース・バンクーバー)
凄いぜ、バンクーバー!

心理学界は勿論、一般の人々にまで浸透している『つり橋効果』が生まれた場所だったとは!(ウメコの無知っぷりはさておき/爆)

ウメコも一応渡ったコトがあるんですけどね…いやぁーまさかそんな心理学に縁のある場所だとは思ってなかったから、普通に観光客気分で渡っちゃいましたよ…丁度、家族がバンクーバーに遊びに来てくれてた時でね…。これ、もうちょっと前に知ってたら、もう少し感動しながら橋渡ってたはずですよー。嗚呼、勿体無い。

あ、ちなみに意外に知られてない『つり橋効果』の補足がありまして。

続きを読む "発見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪…鬱…

Img_3897 何この積もり様は…。

何この銀世界は…。

え~~も~~勘弁してくださいよ~。大学行く途中の道で、バスがスリップしたらどうするんですか!あたしゃ、カナダで骨を埋めるつもりなんか無いですよう。ましてや、バスのスリップ事故で死ぬ予定も無いんですよう。

ううう…。凄いネガティヴになれる。雪って凄いね。パワフルだね。多分、学校が山の上に無かったらもう少し楽観的になれたのかもしれないけど…。

はぁ、鬱だわ(雪だけで)。

あ、そうそう。身内の話で申し訳ないんですが、何とウメコの妹が原付の免許を取ったそうです。気がつきゃ、姉のウメコが無免許。完全に追い抜かされました。良いなぁ、原付。ウメコもあったら、もう少しお買い物が楽になるのに。

まぁ、この調子で、妹が車の免許も取ってくれたら、姉のウメコは彼女を運転手の如く使う予定です(酷)。だって、どう考えたって、あと2年は免許取らないもの!日本帰るまで免許取らないものー!身内だから良いじゃない!(違)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「おぉぉぉ!」で「あぁっ!!」

Img_3895 とうとう雪が降ってきちゃったよ……そんな訳で凹み気味なウメコです。雪=鬱材料なんですよ。明日も雪降ってたらどうしよう。月曜日学校あるのに…。

今日は、2月頭に日本への永久帰国が決まった友達と会ってました。

会う前にぶらりと入ったドラッグストアで、見た目だけで買ってしまったのがコレ(写真参照)。掌サイズのジェリービーンズ(ケース入り)です。百味ビーンズとでも言うべき、アレです。ただ、色んな味がありすぎる所為で、ハズレ味まで入ってます。いや、『ハズレ』として入ってる訳じゃないんですが、日本人の舌的にハズレな味があるのです。

特にリコリッシュ(Licorice)ココナッツバターポップコーンはイタダケナイ。
ある意味、3大珍味です。

リコリッシュは単純にめちゃ苦くて、ココナッツはココナッツココナッツし過ぎてて、バターポップコーンは場違いなんです。誰もジェリービーンズに中途半端な塩気は求めてないってハナシなんですよ>バターポップコーン。バターポップコーン味食った瞬間、ちょっと後頭部に衝撃走りますからね。

そんなバターポップコーン味含め、ジェリービーンズ・ハズレ組は、食った瞬間、物凄い後悔の念に襲われる、そんな味たちなのです。

さて、ビーンズを買って、ドラッグストアを出たら、丁度友達がやってきました。帰国するというコトで、ウメコに色々な生活用品を持ってきてくれました。最近、色んな物貰ってばっかりです。皆、優しいなぁ…(哀れまれているという可能性を否定しつつ)。

続きを読む "「おぉぉぉ!」で「あぁっ!!」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テンション上がるぜ

Img_3889

ちんすこうGETォォォォォォォッ!!!!

…凄く好きなのです、ちんすこう。沖縄行った事無いけど、ちょいちょいお土産で貰って、食べてます。沖縄へご旅行の際は、是非、ウメコに清き1ちんすこうを買ってきてやって下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間関係チェック

今、Close RelationshipのクラスではAttachment (愛着)についてやってます。まぁ、愛着って日本語では訳されてるみたいですが、もっと平たく言うと、人間関係形成です。他人とどのように付き合うか、っていうことです。人付き合い、ですね。

たかが人付き合い、されど人付き合い。やはりそこは人間、個性が出てきます。人間関係形成における個性です。皆が完璧にノープロブレムで新しい人と仲良くなれるわけじゃありません。「人とはある程度距離をとっておかないと落ち着かないんだよね」って人もいるでしょう。

でね、ちょっと前の偉い学者さんが、Anxiety(不安)とAvoidance(回避)の2つの軸をベースに、4つのAttachment styleを考案したんですよ。偉いよなぁ~(爆)。不安は「不安がり度」。回避は「他人を避ける度」と思ってくれればよろしいかと。

そんなんどうやったら分かるんだ、と授業中思ってたら、先生、しっかりネットで見つけてきてくれてました。GOOD JOB、先生!!

http://www.yourpersonality.net/
(飛んだページの一番下から3番目"Close Relationship Questionnaire"をクリック♪英語での心理テストになります~)

そんじょそこらの雑誌に載ってるような心理テストじゃなくて、マジモノをベースにしてるヤツですよ。それ故に結果があんまり面白く無さそうなんですが、結構ドキーン!としましたよ。丁度勉強してる内容だからかもしれませんけどね。

10分かかるって書いてありますけど、全然かかりませんよ♪続きまして、4タイプのちょっとした説明と、ウメコの診断結果をどどんと見せます。大した事ありませんけどね。

続きを読む "人間関係チェック"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

悪意が働いてるとしか思えん

ひたすら寒さに縁があった今日この頃。

というのも、レクチャーホールで誰かがうっかり空調のボタンを押してしまって、休憩後の授業がまさかの冷房フルスロットルだったんですよ(死)。

最初は「何か冷気を感じる…?」ぐらいだったんですが、徐々に本格的に寒くなって、皆が上着を着込む始末。でも皆「自分だけ?」と思ってたみたいで、しばらく誰も何も言わずに授業が続行。最終的に誰かが「空調おかしくないですか?!」と発言してくれました(遅)。勿論、その意見に誰もが「だよなぁ!?」「そうよねぇ!?」と同意。激しく同意。

とりあえず、ボタンを間違えて押した奴が憎い(爆)。

そしてそんな授業が終わった後、バス停に向かったら、何故か10分後に出発予定のバスが丁度発車(死)。次のバスまで極寒の中待ちましたよ…皆(赤の他人)とバス会社の文句たれながら。えぇ、30分もねっっ!!待ちましたよ、氷点下の中!!っていうのもね、クラスが終わったのが8時20分だったんですよ…ナイト・クラス(夕方始まりのクラス)だから。

夜、

山の上、

…気温が0℃まで下がらないワケが無いよね★

未だに数日前の雪がとけずにいるような場所ですよ…そんなところで30分待つのは、はっきり言って地獄。久しぶりに足がガクガク震えましたしね。皆で静かに、ガクガク震えながら、耐えました。勝手に我慢大会です。っていうか、NO 我慢、NO LIFEでしたからね(リアルに)。

元はと言えば、発車時刻守らずにフライング発車したバスの運転手が諸悪の根源。そいつが誰だったのかが滅茶苦茶知りたいです。どいつか身元割り出して、1時間半ほど極寒地獄を味合わせてやりたい(3倍返し)。

くそおうぅ…!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつだって血沸き肉踊るのは

今日はマイナス1℃!!! Σ( ̄ロ ̄lll)
寒すぎて、ついに感覚が「寒い」から「痛い」に…ウメコです。

さて、発達心理学のチュートリアル(小グループのディスカッションクラス)を担当するのは、TA(teacher's assistant)と呼ばれる人達です。まぁ、大体修士やら博士課程の人なんですが。何と、ウメコのチュートリアル担当のTAがドンピシャで

すんごいタイプ(爆)。

んで、よくよく自己紹介を聞いたら、ドイツ人って言うんですよ。

やっぱりゲルマン最高おおおぉぉぉぅ!!!!

前回のフィーバー(死語)はバーバリー王子ですからね。彼もやっぱりドイツ人でしたからね。別に顔は似てやしないんですが、ゲルマンの血が入ってるだけで凄ぉぉく格好良いのです。何なんでしょうね、あそこの血は。よくは分からないけれど、DNAが凄く素敵に外見を仕上げてくれる傾向があるのですよ(超個人的見解)。色素薄くて、瞳が綺麗めな色でね。

あ、ハリーポッターの不死鳥の騎士団に出てた、Luna Lovegood役の女の子(イヴァナ・リンチっていう女優さんらしい)にそっくりですよ。何か色薄くて、ミステリアスな感じがね。体毛まで金色というよりも、もっとこう限りなく白に近い薄~い金色でね。そんな感じで、すごーくすごーく外見はタイプなんですが、

イヤにピッタピタの黒のVネックの
半袖セーターなんぞ着てたんで、却下です。

最近は変な格好が流行ってんですか?(滝汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

We always hurt the ones we love

95%位までに体調が回復しております、ウメコです。健康が一番ですよ。朝も適当な時間に起きて、朝御飯(ざるそば)を食み、昼はカレーを作り、夜は鍋、という意味不明な食生活でも大丈夫なんですからね。風邪引くと、もっとこう…栄養がどうだとか、野菜をしっかりとか、身体をあっためなきゃとか、色々と考えないといかんので面倒くさいんですよ(爆)。

で、本日のタイトルなんですが、何故かそういうシリアスな感じ。
「好きなのに、傷付けてしまう」っていうのが、まぁしっくりくるニュアンスかな、と思います。「好きだから、傷付けたい」のは病んでる人です。

何を隠そう、これ、今週のReadingのタイトルなんですよ…(爆)。例のClose Relationshipのクラスのreadingなんですが、一言で言ってしまうと、

「上手く行くと思っていた結婚生活が上手く行かない訳」

みたいなものを8項目+αに分けて、心理学視点から書かれている記事なのです。何て恐ろしい…。

読み進めるごとにズーン。 |||○| ̄|_

あるあるネタをシビアに説明されてズーン。 |||○| ̄|_

こういうシビアな話を中学生ぐらいにしたら、世の中をもうちょっと現実的に見るようになって、結婚に変な夢を抱かなくなるんじゃないか、と思える内容です。

続きを読む "We always hurt the ones we love"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気になるモダン・カウボーイ

Moderncowboy_4 認知心理学のクラスが、3時間授業のはずなのに、先生がスピードとばしまくりで進めてくれたおかげで、2時間で切り上げになって、ちょっとラッキ~なウメコです。
んで、その認知心理学のクラスに黒いテンガロンハット(カウボーイハット)を被っているシブい学生がいるんですが、頭の帽子以外はいたって普通…というか、むしろカッチリ系のオシャレさん。何故にテンガロンハットを被っているのか不明です。

下マツゲが濃いのを気にしてんでしょうか。
(遠目でわかる位に濃い ←酷)

しかも小脇にMacのノートパソコンを格好良く抱えてるもんだから、余計に「何でその服で、iBook持って、テンガロンハットなんだよ」とツッコみたくて、仕方ありません。

「彼なりの美学で、今日の服には要るだろう!と思って被ってるんじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

コイツ、先週もテンガロってましたからね!!(造語)

しかもバリバリのレザージャケット付きで!!先週の格好の方がよっぽど全体のバランスとれてたよ、って話ですよ。もう、接着剤でテンガロンハットをうっかり頭にくっつけたとしか思えん(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風邪が治りつつあるよ

要潤と金城武の顔の区別があんまりつかないウメコです。いや、『ピューと吹く!ジャガー』の実写映画のニュースをネットで見てたんですけど、要潤の顔がどうしても金城武とカブってしまって、もう誰が誰やら…。思わず、金城武主演だったドラマ『ゴールデンボウル』を見てしまう始末(結構好きですよ、あのドラマ)。

いやー、おかげさまで、1年ぶりに引いた風邪もようやく治りつつあります。ここ1週間ほどは、ずっと食ってるか、寝てるか、でしたよ。「早く治さんと」っていう気持ちからです。まぁ、ありがたいことにセメスターの始めだったんで、がっつり寝て、がっつり食って、ここまで回復したんですが。

それにしても、今回の風邪は咳風邪に始まり、それが引いてきたな~と思ったら、何故か鼻風邪にシフトしたんで、いつもより大変でした(通常は後者のみ)。2日ほど前にあったクラスでは、猛烈に鼻がかみたくて、でもクラスの中であんまりでかい音立てて「ブーン!」と鼻をかむのもいかがなものかと思って、ひたすら我慢してましたよ。そしたら、途中から異常に目が痒くなりまして。

…鼻をかむのを我慢すると、目が痒くなる?

よく分かりませんが、「あ、花粉症の人ってずっとこんな感じなのかな~」と。花粉症の人は大変だなぁ、と。

ウメコはあんまり集中力が無いので、鼻が落ち着かないとか、鼻づまりの所為でちゃんと寝れないとか、そういうのが凄くイヤなんですが…普通に寝れない人がいるのを今日知りました。今更感丸出しですが、明石家さんまさんは寝れないらしいよ!!一種の病気で!!

そんな話の続きが気になるなら日刊イトイ新聞の睡眠論を読めば良いじゃない。
(責任転嫁オチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対抗心

夜のキャンパスが(文字通り)死ぬほど鬱蒼としております。しかも寒い。さっぶい。そんな所がMy University、ウメコです。

えーと、ウメコの通っている大学はSimon Fraser University(略してSFU)と言いまして、British Columbia州内にある大学の中では多分1,2を争う大学です。いやまぁ、分母(数)が少ないから、争うもクソもないんですが(Universityは4つぐらいしかないです・爆)。あ、カナダ全域でみたら、(学力レベル的には)全然なんですよ?

えー、そんなSFUが常にライバル視しているのが、同じ州内にある、世界に名高い(と思われる)University of British Columbia(略してUBC)。まぁウメコはそんなにライバル視はしちゃいないんですが、中にはバッチバチに対抗心を燃やすような輩も居まして。

今日ね、カフェテリアで友達と喋ってた時、女の子3人組がふっとウメコらのテーブルを横切ったんですよ。その女の子の中の一人が

「UBC people, NO imagination!」
(UBC連中って想像力皆無よねぇ~!)

と声高らかに言いまして。しかも肩を(なだぎのディランばりに)すくめて、「まったく、やれやれ、しょうがないわね~」っていうジェスチャー付きで。

お前、とりあえずUBC生全員知ってるわけじゃないだろう、と思ったんですが、あんまりにも言い方が面白かったんで、友達と喋ってる合間に吹き出しちまいました。

アメリカ人と比較された時、いつも「温厚」とか「田舎者っぽい」とか、「穏やか」みたいに形容されがちなカナダ人ですが、今日のこの女の子の発言振りを見る限り、全然温厚じゃないです。特に対抗しているものに関して。妙に愛校心があるから、学校関係のことは尚更です。凄いよね(愛校心あんまり無いから、単純に凄いと思う)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

当たり前な事を勉強する

咳が止まりません、ウメコです。くっそー、猛烈に咽喉が痛いぞー。

鼻風邪の時は「咳だけなら、どんだけ楽だろう」と思うのですが、咳風邪は咳風邪でやっぱりツラいです…。鼻風邪は息がしづらいんで困るんですが、咳風邪は、咳をするたび、妙に体力使ってるんで困るんですよ…。力の限り(?)息を吐き出してるわけで…ちょっとした全身運動的な感じがしないでもないような…(どっちだ)。

…とにもかくにも、しんどい…というか、鬱陶しいのです。自分が。咳が。咽喉が。

Readingもおちおちやってられませんよ。いや、やってますけど。内容が面白いんでね。今読んでいるのは愛着(attachment)についての学術記事です。凄く当たり前の事を、凄く真面目~に解説してるから面白い。Interestingというか、funnyな訳ですな。

多くの社会が本妻(もしくは恋人)以外の人間と性的な関係を持つ事をタブーとしているのは、第三者との物理的な接触が、新たな性的感情の繋がりを生み出し、結果、それが本妻との関係に亀裂を生じさせるからである

とかね。常識的な問題も、あえて学術的に論じる訳ですよ。もう少し読み進んでいくと、

第3者に性的感情を抱かないために、売春婦はキス等の顔と顔を接触させる行為を避け、また、複数の人間と性的関係を持つ同性愛者の男性は、本命のパートナー以外とはキスをしないようにしている

なんていう、「必要ですか、コレ!?」「いつかどこかで聞いたコトがある!」っていう情報まである訳です。しかも、ちゃんと別の研究論文から引用された情報だったりするから驚きです。心理学って、色んなこと調べるんですなぁ。まぁ、こんなコトが書いてないと、ウメコも飽きずにreadingが出来ませんから、そういった意味では非常に必要な情報ですよ(爆)。

もう少し真面目なことを書くと、赤ちゃんと保護者間で行われていた行為(キス、頬ずり、手を握る、抱きつく、etc)って、実は恋人の間で行われる、所謂、スキンシップと同じなんですよ。言われてみれば「確かに」って思うんですが、言われなかったら、案外気付かないこの共通点。どちらも、安心感心地良さ落ち着き等を得る為にやっているそうです。

一言で言うと、幼少の頃に取っていた親に対しての行動が、大きくなるにつれて、恋人や結婚相手に対する行動になるわけですよ。

うぉぉ何だか面白い!!(この場合interesting)

まぁ、こんなことでテンションあげるのは、ウメコぐらいでしょうけども(爆)。うーん、当たり前な事を研究するのも中々面白い。いやぁ、心理学は奥が深いですなぁ。

(良いオチが思いつかずに終了・爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼教授

妙に喉がいがらっぽいウメコです。どうしてもこの時期だけは風邪をひくのか…?まだ完全にひいたわけではないので、これ以上風邪っぽい事になら無いように注意します。皆さんも風邪にはくれぐれも気をつけて!

はい、そんないがらっぽい喉状態で、今日は認知心理学の初授業でした。これがですよ、物凄いクセモノでしてね。ヤバいにおいがプンプンするんスよ。そんなニオイの発生源は勿論、プロフェッサー(教授)!!あ、あくまで比喩ですよ。教授自体は何の体臭もしてないっすよ(多分)。

えー、話を戻しまして…

この教授、なんと、以前、教鞭を取っていた場所が、カナダの東大・京大とも言うべき

University of Toronto!!(トロント大学)

本人曰く、テストが非常に難しくて、クラスの平均点は常に60前半(泣)。それ故に、成績の付け方は相対評価。これが吉と出るか、凶と出るかは、神のみぞ知るってとこですかね。ううう…。

おまけに、小テスト(Quiz)は事前にいつやるのかを知らせない、抜き打ちタイプ(i.e. Pop Quiz)。しかも、1回の小テストが、全体の成績の5%を占めるんだから、下手な点数も取れない…(合計4回で、トータル20%を占める事になるのでね)。

そういうのも怖いんですが、常に笑顔のくせに目が笑ってないのが、何よりウメコの恐怖心を煽るのですよ…。授業の最後に「しっかり教科書読んできてね」と言われれば、

イエッサー!!

と思わず言いたくなるような感じで。いい人そうだけど、限りなく厳しそうです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1st week中間報告

今学期のクラスが基本的に午後…というか夕方始まりで鬱気味なウメコです。もうね、山の上のキャンパスってだけで、鬱。昨晩、ちゃっかり雪が降りましてですね…家の周りは、今朝までに雪が全部とけたみたいなんですが、バスで山の上に上がっていったら、途中でガラリと景色が変わって、さあ大変。全体的に白いんですよ…。

しかも、冬のバンクーバーに欠かせない、雨降り続きもちゃんとアリで。寒いわ、冷たいわ、地面がグチョグチョするわでもう散々です。

さて、そんな中、今のところ、どの授業も順調に進んでおります。昨日はClose Relationshipのクラスでしたよ。初の3時間授業。集中力も切れるってもんです。途中で一応休憩時間が入りましたが、ものの10分程度のモノ。幸い、講義の内容が面白かったので、寝ずにすみましたが、これからが心配です。この最初の授業で得た知識と言えば、

恋愛・結婚関係のトラブルは、人間が精神的に一番苦痛だと感じるもの

ってことです。早い話、恋愛関係でゴチャゴチャすることが、一番デカいストレスの元ってことです。仕事のストレス、健康面のストレスなんかに比べたら、遥かにこっちの方が人間をイラァァ~っとさせるとか。何て言うか…人の人生から切り離せないといっても過言ではないモノなんで、どうしようもないですな(爆)。仲良しこよし、夫婦円満が一番ですねぇ。

で、今日の授業は発達心理学のクラスでした。このクラス、先生が非常に良いっ!大アタリ~な感じで素敵です。黒縁眼鏡が素敵に似合う、30代後半と思われる男教授です。一見痩せ型なのに、何故か太鼓腹……え、メタボリック症候群?(違)授業の内容も面白かったのですが、なんと意外なことに、この前取っていた心理学の歴史のクラスで習った内容がチョコチョコ出てて、つまらん授業も侮れんなぁと思った次第であります。

あ、余談ですが、ウメコの斜め前に座っているやつが、授業中、ずーーーっと(2時間)PCで格闘ゲームしてました(爆)。PCでノートを取っても良いので、クラスへのPC持込は可なんですよ。勿論、先生の方からは生徒が何を見ているのか・何をしているのかが見えないんで、チャットしてたり、ネットしてたりな輩もかなりいます。でも、格ゲーしてる奴は初めて見ましたよ。しかも、そこはかとなくアニメ美少女総出演な感じで。

とうとう心理学エリアにもオタクがキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来客

昨日、実はOFFでした、ウメコです。月曜から授業かと思いきや、月曜に入れているのはチュートリアル(講義とは別の、小さなディスカッションクラス)だったので、ありませんでした。全部がそうかどうかは知りませんが、1週目のチュートリアルは無いみたいです。

そんな訳で、家で遅めの大掃除をしておりました。いかんせん貧乏性なので、「もしかしたら、いつか使うかもしれない」というようなものが中々捨てられないんですよ。でも、これじゃぁいかん!ということで、一念発起、バンバン捨ててやりました。迷ったらキープ、じゃなくて、迷ったら捨てる、という感じでね。そしたら、案外色んな物が捨てられましたよ。おぉ、掃除って簡単!(違)おかげで、大家さん一家と兼用のゴミバケツ(2個)がパンパンになりましたが、気にしない★ゴミ収集は水曜日だから、あとちょっとの辛抱だよ、大家さん!(酷)

要らない物をバンバン捨てて、よっしゃーこれから整理整頓だ~!と思っていたら、大学で暇こいてる友達のK氏から電話が。今日授業が無くて、家に居る旨を伝えたらば、暇つぶしの為に家に来ることに。

うん、マズイぞ。

以前にもこんなコトがあったような…?デジャヴ?とにかく、掃除終わってから、シャワー浴びようと思っていたので、化粧どころか、基本的な身支度すら一切出来ていない状態。この時、初めて通学20分圏内に住んでいる自分を恨めしく思いました。しょうがないので、掃除は中断。4次元ポケットもとい、3次元タンスに散らかっていたモノを押し込み、大慌てでシャワーを浴びて、着替えて、お出迎えしましたよ…

…すっぴんで(爆)。

だって、K氏も化粧しなくて良いから、って言うから!!カレッジ時代からの男友達で、かれこれ何度となくスッピンで登校しているウメコを見ているので、ウメコが化粧してるかどうかなんて、どうでも良いみたいです。うん、何だこの敗北感。

まぁ、そんな若干身内化しているK氏が2時前位に来たので、家で蕎麦を一緒に食いました(2人とも昼食とってなかったので)。あとはひたすら世間話。あ、丁度ウメコのPCでiTuneを開いて音楽を流していたんですが、曲目見られて、

「お前何世代だよ」

というお褒めの言葉(違)を頂きました。浅く広く、上は親世代(50代前後)、下は自分世代で曲を聴いているのでね…。でも、どの曲が何世代か分かっているK氏もK氏…。お互い、親の聴いていた曲の影響がデカいみたいです。まぁ、最近はありがたい事に、昔一斉風靡した曲やアーティストさんがまた盛り返してきたりしてますからね。若人もそういう曲に触れたら良いと思いますよ(「お前何世代だよ」)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナダに帰ってきました

遅ればせながら、明けましておめでとう御座います。今年もウメコ&このブログをどうぞよろしくお願い致します。

いやぁ、日本でがっつり遊んできましたよ~!!…と言いたいところですが、正味、ダラダラしてきただけです(爆)。友達にも遊んでもらいましたけどね?いかんせん、ウメコの友達って基本的に京都に住んでいるので、頻繁に行けなかったりするわけですよ。交通費が馬鹿にならないんで。

ついでに、地元友達は1人だけ。小学生の時に韓国に行っちゃったんで、誰もうちの事覚えてないし、うちも覚えてないっていう(↑の1人除き)。地元があってないようなもんです。

あ、でも偶然、幼馴染と呼ぶべきであろう男の子(同い年)に会いました。丁度、母親と買い物に行く時に、地元駅のホームに居たんですけど、まぁ、見事に喋るコトが無い。「お久しぶりです~」で終了。気まず過ぎて無言でした。「照れ」を通り越して「焦り」ですよ。ぶっちゃけ、最初の心の声は

「誰?」

でしたからね。その再会、実に10年ぶりでして。小学校の時以来、会ってなかったんスよ。人間の成長期、なめちゃいけませんね…見事に幼馴染の彼は別人でした。初対面ばりに知らない人と化してました。母親が彼に話しかけなきゃ、絶対そいつだって分かりませんでしたよ。

その幼馴染以外は、皆、普通に認知出来る範囲で変わってらっしゃいました。まぁ、高校の時の同級生は殆ど変わって無かったですけどね(1年前にも会ってますし)。皆、就活or就活準備の時期みたいで、大変そうでした。頑張って、自分の希望する就職先に就けると良いですね。いや、本当に。そんな友達を見て、いい加減将来決めんといかんなぁ、と思いましたよ。やはり、色んな人に会う事で良い刺激がもらえますねぇ。

そしてやっぱり実家は良い!!飯が美味いし、話し相手がいる!!カナダの自分の家にいると、下手すりゃ1日中声を発する事が無かったりしますからね(特に休日)。

あと~日本のテレビ番組はやっぱり面白かったです。でもM-1が例年よりもレベルが低かった気がします。最下位のコンビは翌年のM-1参加権剥奪、っていう制度をもうけりゃ良いのになぁ(よりシビアな戦いに/鬼)。

そしてプリンが美味かった。酒が美味かった。居酒屋メニューが美味かった。

あと、冬が冬じゃないぐらいに暖かかった。ザ・温暖化。

そんな訳で、たまに帰ると最高です、日本。カナダに戻ってきた日(昨日)は、頑張って夜7時前ぐらいまで起きて、就寝(時差ボケ対策)。お陰で今日は午前8時起床!素晴らしいです。今年1年を通しても、その位頑張れるよう、精進いたします(意外と時差ボケ対策は大変)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »