« 昔懐かし、あの頃の… | トップページ | チャジャン麺~♪ »

悲しみのタイムラグ

2月1日。ウメコの大好きな友達が、日本に永久帰国しました。

友達、と言いながらも、彼女はウメコよりも2まわり弱ほど年が離れている人です。でも、友達なのです。長きにわたって、このブログを見ている人なら分かるかもしれませんが、一緒にビクトリアに旅行に行った友達です。心の中では姐さんと呼ばせていただいております。

1週間ほど前にサシで会って、一杯喋って、言い足りないんですけど沢山お礼を言って、更に数日前には送別会に行きました。

彼女は本当に素ん晴らしい人で、ウメコが尊敬する人の1人です。常に目標を高く掲げていて、その目標に向かって、全力で突っ走ってるような人です。そして、物凄い癒しオーラが出ている人なのです。

彼女のようになれたら良いなぁ、と心から思います。まぁ100年かかっても難しいんですけどね…いやもう、本当、その位凄い人なんですよ。その凄さ故に、送別会にも、20人以上の方がみえてました。今、ウメコが日本に帰る!ってなっても、まず20人も集まりませんよ(爆)。

人柄が良くて、皆に平等で、相手のコトを考え・思いやる姿勢をいつも忘れない。

そんな女性です。そんな彼女だから、沢山の人が集まってくれたんだと思います。

でも、『彼女が数日後にいなくなる』…という感じが、送別会の席でどうしてもしなくて、寂しいとか、悲しいとか、切ないとか、嫌だとか、そういう感情が湧いてきませんでした。

うちだけかもしれませんが、『別れ』故の悲しさって時間差でやってきます。送別会とか、会える最後の日とか、空港でのお見送りの時とかじゃなくて、その人と普段していた事をする時に、スーッとくるんです。しかも、その頃になると、『悲しみ』と言うよりも、『物足りなさ』になってるんですよね。

「あれ、何かいつもと違うなぁ」

ってね。まぁ、早い話、鈍いんですよ。だから、別れの間際で感極まる人は、ある意味、空気…少し先の未来の空気…読めてるなぁと思います。想像力、予測力がある、とも言えますね。

あ、別に「後者の方が良い」って言ってる訳じゃないですよ。個々の性格の違いって、そういうとこまで出てるんだな~ってなもんです。

彼女と一緒に映画を観たり、お茶をしながら話をしたり出来なくなるのは、かーなり残念ですが、ベタな話、一生会えないわけじゃないし、寧ろメールでやりとりするし、また日本で必ず会うと心に誓ってる人なので、大丈夫です。あ、そう思ってるから、余計に悲しい感じが遅く来るのかも。

何にせよ、彼女の日本での頑張りを、カナダから応援していく次第です。

|

« 昔懐かし、あの頃の… | トップページ | チャジャン麺~♪ »

たまのSERIOUS話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/17930175

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみのタイムラグ:

« 昔懐かし、あの頃の… | トップページ | チャジャン麺~♪ »