« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

理想

バイトを始めてから分かったことの一つに、「良いお客さん」っていうのがあります。これの定義が難しいんですが、大雑把に言うと「笑顔でThank youと言ってあげたくなるお客さん」です。

まぁ、人間そもそも十人十色で、その日・その時々の心理状況やコンディションによって、人からどう映るかだなんて変わっていきますから、どんな『性格』の人が良いお客さんだなんていうのはとっても決めにくいです。

ただ、「お客さん側」からでなく、「接客側」から見てると、どんな風な振る舞いや物の言い方が好ましいかっていうのが、凄く分かります。人のふり見て我がふり直せ、ってね。

まず、挨拶。一言"Hello"、"Hi"というのがあるのと無いのとでは、やっぱり違います。

個人的には笑顔のあるお客さんの方が好きです。

フレンドリィな人も好きです。

注文をハッキリ言ってくれる人が好きです(←これによって、ウメコのミスが減る)。

物言いが柔らかな人が好きです。

最後に"Thank you"って言ってくれるお客さんが好きです。

当たり前そうで、みんながやってそうで、意外とそうでもないんですよ。やっぱり中にはムスッとしてるお客さんや、ウメコの顔すら見ないお客さんや、「お客さん=立場が上」(上から目線)と思ってるようなお客さんもいます。その人がいつもそうとは思いませんが、うーん、何と言いますか、やっぱり損をするのは、そのお客さん自身なんだと思います。

接客側だって、人間ですから、感じの良い人には感じの良い対応を、感じの悪い人にはそんなに感じの良くない対応をとってしまいがちなんです。どんなにスマイルを心がけていても、人間、嫌な気になると表情や対応に出ちゃいます。そんな対応取られたら、やっぱりお客さんだっていい気はしません。結局、物凄く悪循環。

そんな訳で、スタバで働き出してからは、極力、お店でお買い物する時も、レストランで御飯を頼む時も、フレンドリィにいこうと心がけています。いや、別に昔の「客としての態度」が最悪だったとは言いませんけどもよ。可もなく不可もなく~みたいな客でいるよりは、笑顔で"thank you"って言われる客になりたい、とね。思ったわけですよ。自分も嫌な思いしたくないですし。

あ、全くの余談なんですが、

今日は7時間シフトだったのにもかかわらず、エスプレッソ・マシンで作った飲み物はたったの3つでした(爆)。5分とかかっちゃいない。あとはずっとレジ、コーヒー作り、ペイストリー(食べ物)、掃除。えー、「スマイル・クイーン」っていう言葉で騙せてるとでも思われてんですかね。甘いぞ、店長(でも新人だからあまり強くもいえないし、飲み物作りに回されたとしても、小坊主君ぐらい上手には作れないという現実)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

冥福を祈ります

悲しいお知らせがあります。

今日の新聞で知ったのですが、ウメコが大好きなVancouver Aquariumの例の手を繋ぐラッコカップルの片割れ(Nyac:メス)が天国へ召されました。白血病に冒されていたそうです。20歳でした。

もう二度と可愛らしく手を繋いで泳ぐラッコを見られないのかと思うと、かなり辛いです。あと10回は見に行きたかったのに。

もう二度とNyacと泳げないMilo(オスの片割れ)も淋しいんだと思います。

っていうか、ラッコに肩入れしすぎててすいません。でもでも、とっても可愛かったのですよ!あんな愛らしいラッコのカップルは他を探しても出てこないんじゃないか、ってくらいに!

水族館に連れて行ってもらったのが今年の4月だから…あれがほんとに最初で最後のラッコカップル見学になってしまいました。良いタイミングで連れてってもらったなぁ。地味にPには感謝しておこうと思います。

Nyacはいなくなってしまったけれど、Nyac Forever!です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バリスターズ

敢えて酷いタイトル付けてみました(爆)。

今日は勝手にうちの店のバリスタ陣をご紹介します。

【店長】
以前紹介した通りのラーメンマンです。最新情報によると、プールとジムに通ってるらしいです。SM(ソフト・マッチョ)で色黒の優しいおじさんです。でも実は結構アグレッシブらしい。

【めがね君】
小暮君似な訳じゃないよ(スラダン)。黒ぶち目がねをかけてる、面倒見の良い男の子です。いや、年上ですけどね。ベテラン・バリスタです。物覚えが悪く、ミスの多いウメコに、有り得ん位の忍耐強さでアレコレ教えてくれます。器がでかい。

【寺の小坊主君】
丸刈りで、小坊主っぽいさっぱり顔の男の子です。飲み物作りがとっても上手。彼がいる時は、ウメコは常にエスプレッソ・マシンに触らせてもらえません(彼の方が上手だから)(故に常にレジ係)。ついでに美術学生なので、絵がクソ上手い。坊主とアートの融合ですよ(爆)。

男は3人だけで、あとは全員女です。

【ティーチャー】
本職が高校の英語の先生という27歳。眼鏡が似合うわ、ブロンドだわ、愛想も性格も良いわと、とにかく悪い所が一切見当たらない美人女性。当たり前ですが、恐ろしく常連客から人気があります。

【オープン・プロ】
ダウンタウンに住んでるが故に、常に開店スタッフとして店を開けてくれていた女の子。故に、開店準備のプロ(←ラーメンマンのお墨付き)。隙あらば、ウメコを驚かせようとしています。それで1度、ウメコと間違えて、お客さんを驚かしたコトがあるとかないとか(爆)。

【委員長】
物凄くキッチリしている女の子。特に、掃除のタイマーを誰かがし忘れると、激しく不機嫌になります。ついでに綺麗好きで、冷蔵庫の掃除にはやたらウルサい。そのくせ、自分ではやらないから、実はものぐさ?クラブが大好き、夜は別の顔を持つ子です。

【大型新人】
ウメコよりも2週間ほど遅く入ってきた女の子。しかし、ウメコよりも随分物覚えが良いらしく、今日も委員長からお褒めの言葉を頂いておりました。あれれ、ウメコ、委員長から褒められたことないぞ!?(爆)

【未成年】
3日ぐらい前に入ってきた、新人バリスタ。まだ18歳。恐ろしく若い。若いって良いね。

女の子は他にももう少し居るんですが、何せシフトで一緒になるコトが少ないので、あだ名を付けられるほど仲良くは無いのですよ。また、残りは追々。

余談ですが、今日、ラーメンマンに

「ウメコはスマイル・クイーンだからレジにピッタリだね!」

と言われました。

………え!?目指せ小坊主くん(飲み物作りのプロ)なのに!!!!
そして、あんな胡散臭い営業スマイルでいいのか!?

レジでの頑張りが、間違った方向に働いている気がビシバシしつつも、一人前のバリスタ目指して頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起き

何だか最近バイトと勉強ばかりで、ちっとも毎日更新出来てませんね。申し訳ないです。

今日もバイトでした。バイト→大学、という無駄に忙しいスケジュールの日です。前まではシフトは7時始まりだったんですが、ダウンタウンに住んでいるからという理由で、何故か先週末に開店研修を受け、今日、早速開店スタッフとして送り込まれました。開店スタッフは、お店の開店時間30分前に行って、コーヒーやペイストリー(マフィン、スコーン、サンドウィッチ、etc)の準備をするんですよ~。そしてその開店スタッフのシフト…

恐怖の5:30amスタート。

当然、今の今まで夜型人間だったウメコが、そんな時間のシフトに間に合うように簡単に起きられる訳もなく…。頑張って早寝をしようとしていたのですが、そんな時に限って無駄に整理整頓を始めてしまい、結局いつもと同じくらいの深夜12時頃にベッドに入ったのでした。

ここからがチキンの本領発揮(爆)。

「5:30ってことは、4:30には起きとかないと店に間に合わないよな。ってか、そんな早くにホントに起きれるのか?起きれるのか、自分?(自問自答)うわ…うっかり寝坊なんかしちゃったらどうしよう…とりあえず、めっちゃ怒られるし、迷惑かかるし、下手したらクビかしら…」

と早起きできるかどうか、がスゴく心配になってきて、挙句、緊張してきて、さっさと寝なきゃいけないのに、一向に眠くならないのですよ!!

すーーーーごい頑張って寝ようとしたんですけど、結局途中、2回ほど起きて、トイレに行き、リビングで仕事をしていたルームメイトBに「そんなに心配なんだったら、起こしてあげるよ~。あたし、早起きしても、その後すぐに寝れるって分かってたら、そんな時間(4:30)に起きるの全然構わないから」と言われ、がっつりお言葉に甘えることにして、ベッドに戻っていきました。

それでちょっとは安心したんですが、それでも何だかんだで結局2時ごろまでは確実に起きてました(爆)。

そして今朝。

緊張の賜物(?)で、見事4:30に起床!!!

ガッツリ仕事に行ってまいりました。

がっ

あんまりにも睡眠時間が短かった所為で、仕事の最後の方、貧血起こして倒れそうになりました。|||○| ̄|_

後に何の支障も無いように早起きするのは難しいですね…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好き?嫌い?

パンプキン・クリームチーズ・マフィンを美味しいと仰った、ウメコのルームメイト。彼女は基本的に何でも「結構好き」って答えてくれます。ウメコは未だに日本食が大好きなんですが、彼女は結構普通にカナディアン料理?なるものや、スタバのこってり甘めのペイストリーをモリモリ食べてます。

先日もキッチンで、スタバのペイストリーを夕食で食べてました。ウメコはまだ食べたコトが無いものだったので、「それ、美味しい?」と聞いたら、「うん、結構美味しいよ」とニコニコしてました。「じゃぁ、食べてみようかなぁ」と思いつつ、翌日起床してみたら、

キッチンのゴミ箱にそれの食べ残しが………!!!
(しかも豪快に半分以上残してある)






………。



















…見なかったことにしました。

ち、ちなみにウメコの好きなペイストリーは「オーガニック・ブルーベリー・バー」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一般常識に欠ける人

一般常識に欠ける人。はい、自分です。

学校の帰り道、自分の住んでるアパート玄関先で、これからおでかけ!って感じのルームメイト(B)にばったり出くわしました。

ウメコ「どこ行くの?」
ルーミィB「友達とディナー。ウメコちゃんも一緒においでよ~♪」

ってことで、急遽、外食ディナー。水族館パトロンことP氏、共通の友達のY氏とA氏もきておりました。

ルーミィB「そうそう、もう一人のルーミィ(A)がね、熱出して寝込んでるから」
ウメコ「えぇぇぇっ!?」

今朝、誰よりも早くに家を出たウメコは、まさかルーミィ(A)が寝込んでるだなんてしらなかったのです。まぁ、それはさておき。

ルーミィ(A)の寝込み具合を聞いて、Yちゃんがトローチを出してきました。

Y「これ、渡しといて~。あたしも風邪引いてるんだけど、まだ沢山あるから~」
ウメコ「分かったー」

ここで問題発生。

実は、ウメコ、生まれてこのかた(名前は聞いたことあったんですが)トローチというものを生で見たことが無いばかりか、服用した事も無くてですね。興味本位でどうしても食べたくなったんですよ。

で、勝手にパツンと一粒出して、食ったんです。

………というか、

豪快にカコーーーーン!って音鳴らして噛んだんです。

P氏「おいっ!!!おまっ、何噛んでんだよっ!?」

ウメコ「!?(゜Д゜;≡゜Д゜;)」

唐突に物凄い大声でツッコまれました。
久々に物凄いビックリしました。
ビックリしすぎて、思わず涙目(爆)。

皆さん、知ってましたか。トローチって舐めるものなんですよ。その場に居た友達の反応を見る限り、これって一般常識っぽいですよね。いやぁ、ビックリした。まさか大声でツッコまれるほどアブノーマルな事してただなんて。

しかも、アレ、結構美味い。「美味しいからもう一粒食わして」って言ったら、食べさせてもらえませんでした。しかして、後味が物凄い薬っぽかったので、まぁ、貰えなくてもいいかなぁと。

トローチって一家に1つ持ってるようなものなんですか。ウメコは風邪にかかって咽喉が痛くなっても、大抵自己治癒で何とかなるから、常にほっといてます。まぁ、そもそも、ウメコは年に1回風邪を引くか引かないかっていう人間なんで、本当に薬には疎いです。

………でも、疎いにも程があるね(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カボチャ祭り

スタバは季節ごとに期間限定メニューなるものがあります。今現在、カナダでやってる限定メニューは

かぼちゃ。

そう、かぼちゃでゴリ押しなんですよ。パンプキン・スパイス・ラテに始まり、

●パンプキン・クリームチーズ・マフィン

●パンプキン・ケーキ(ローフ)

●パンプキン・スコーン

●パンプキン・フラペチーノ(しかも2~3種類ぐらいある)

って、もう、とにかくカボチャ。どんだけカボチャ好きなんだよ、ってくらいカボチャ。期間限定メニューというか、もう単純にカボチャ祭りがしたいだけなんじゃねぇか、ってくらいカボチャ。

果たしてその実体は、そんなにカボチャ味でもない(爆)

先日、「バリスタたるもの、置いてあるメニューの味は知っておくべし」的な事を散々言われたので、わざわざ自費でパンプキン・クリームチーズ・マフィンを買ったんですが、やっぱりんなにカボチャじゃない(爆)。そしてそんなにワンダフルな味では無い(死)。

…小声トーク、失礼しました。

えーと、食べた当日、帰宅して、同じようにスタバで働いているルームメイトに件のマフィンの話をしたら、彼女、「結構好きよ、あれ」と仰いました。人の味覚は十人十色ですが、ここだけは賛同を得たかったと心から思いました。あたいがガンコなのか、彼女がカナダ人的味覚を身につけてしまったのか。

ここでふと疑問が。

日本のスタバでも、この期間限定カボチャ祭りは開催されているのか!?
正式名称はカボチャ祭りではありません)

ネットでチェックしたら、京都抹茶ラテなんていう、物凄い美味しそうなものが発売されてました。というか、全体的に日本のスタバの方が食べ物が美味しそうなのですが、どういうことなんでしょう。





……………あーもーー見るんじゃなかったよ、ママン。 |||○| ̄|_

明日からますますカボチャ祭りが憎たらしく思えてしまいそうです。

あ、ちなみにカボチャメニューの売れ行きは結構良いです(興味本位で食べてみてるだけなのか、ほんとに気に入ってリピート買いしているのかは不明)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男女間におけるいざこざ

何とか他のバリスタに褒めてもらえるようになってきたウメコです。まぁ、限りなく甘い点の付け方だということは、百も承知なんですけどね。でも良いじゃない!(自分が誰より自分に甘い)。

さて、そんなバイトの帰り道の話。店を出て40歩ぐらい歩いた所にゴミ箱があるんですが、今日はそのゴミ箱の陰に何故かめちゃんこパンク・スタイルな男女がうずくまってました。「え、何事?」と思いつつもそ知らぬ顔で歩いていたら、どうも女の子(20代前半?)の方が泣いているのを、男の子(やっぱり20代前半ぐらい)がなだめているよう。

こんな所で喧嘩しなくたって良いのに………と思いつつ、2人の横を通り過ぎようとした時、女の子が一際大きな声を上げて、

「I didn't do it!!! I...I didn't!!! It wasn't me!!!!」
(あたし、やってない!やってないったら!あたしじゃないんだってば!!)

………

………………

………………………

………………………………え、何かサスペンス?(爆)

女の子が完全に何らかの濡れ衣を着せられているようです。男の子が追い詰めているようです。ミステリードラマとか、サスペンスドラマでありがちな台詞を、まさか現実で聞く日がこようとは。結局何がどうなったのか分かりませんが、とりあえず、

あの叫び方は尋常じゃなかった(怖)。

そして、そんな2人を横切り、1ブロック半ほど行ったところで、今度は綺麗な女の人(20代後半)が腕を組んで、路上駐車(メーター)している車の横の歩道でムスっとしておられました。その横には、こっちが申し訳なくなるほど低姿勢で何かを必死に謝っている男の人(30代前半)。

「何やってんだ」とまたしても気になり、2人の横を通り過ぎる時に会話を聞いたら、男の人がしきりに

「とにかく車に乗ってくれ」、「俺が悪かった」

を連発してました。彼女の逆鱗に触れて、車に乗ってもらえないようです。何だかしょっぱい話ですな(爆)。

……えー、たかだか10分弱の間ですが、痛感しました;やっぱり面白いですよ…人が沢山いる所は。不思議な人に会う確率が非常に高いですよ。そらぁ、当の本人達は至って真剣そのものなんでしょうけどね。というわけで、今日の教訓;

皆仲良し★平和が一番        Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンマン in スタバ

そういや言い忘れてたんですが、旅行中だった店長がようやく帰って来ました。ウメコがバイトを始めた頃にいたのは、副店長(店長代理?)だったんですよ。とっても親切なおば様でした。

で、一方の店長はというと、ちょっと背の低い、アジア人なんですが(国籍まで聞いてない)、何と何と、ヒゲがね、

ラーメンマンのヒゲなんですよ。

Ramen_2

↑ こ れ

…いや、ほんとに。まさかこんな漫画めいたヒゲした人間が現実に存在するだなんて、しかもスタバの店長やってるだなんて、「どんなギャグだよ」って思わずツッコみたくもなるんですけど、実際にいるんですよ。うちの店に。初対面の時、どんだけツッコもうかと考えあぐねた事か。

ちなみに、未だにツッコめてません。あぁ~「中華レストランか!」って言いたい(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Free Hug

よく分からない理由で更新が滞り気味なウメコです。すいません。アレですね…ルームメイトにバレないようにブログを書くのってなかなか大変ですね。

そして気付けば9/11の同時多発テロ事件から7年も経ってるんですよ。そんな昔の出来事だったっけ?と思わずにはいられません。

さて、真面目な前フリをしておいて、全く関係の無い昨日の出来事について(爆)。

SFUのSurreyキャンパス(メインキャンパスではない)で授業がありました。3階にある教室を出て、階段を使って階下へ行こうとしたら、何故か異様に階段が混んでいるではありませんか。幅にして約3mぐらいの階段なんで、授業終わりで生徒がドヤドヤしてるから混んでるんだろうなぁ~と思ってたら、階段の行き着く先、2階の所で

フリーハグ集団が物凄い手を広げて、階段を下りてくる生徒らを待ち構えていたのです。




もっと広い所でやれや!!!(怒)

後ろがつかえとんねん!!!

しかも、フリーハグなのに、結構強引。押し売りハグみたいになってました。そんなんでいいのか、フリーハグ。

その時の光景は正に、一昔前の料金所(ETC普及前)の所為で起きる、高速道路での渋滞みたいでしたよ…。

あ、ウメコがハグしたのかどうかですが、えー…、してません(爆)。フリーハグの目標とか意図とか、そういうのは素晴らしいなぁと思います。で・も、そんな素晴らしさを感じるより先に、全くの赤の他人と体を接触するってことに耐えられんのです。こればっかりはしょうがないです。すいません、フリーハグの団体の皆さん。

もう少し言うと、通行の邪魔をしてる人らと何故にハグしなきゃならんのだ、と思いました(結構根に持つタイプ)。最低限のモラルは守ってくれないと…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のぞかれる

今日は8時間シフトでした。オフィスで働く常連さんが多いお店なので、日曜日はかなりスロウに感じられましたよ。

で、仕事上がりまであと1時間半といった頃でしょうか…エスプレッソマシンで久々に飲み物を作っていました。トレーニング期間は終わったといえど、未だに半人前なウメコは飲み物1つ作るのにもかなり集中してたんですよ。何気にカウンター越しに飲み物を待ってるお客さんもいるから、それがまた緊張感を持たせるというか。本当はもっとお客さんに「How are you?」って言ったりしなくちゃいけないんですけど、そんな余裕は皆無です(爆)。

そんな感じで必死こいてたら、飲み物待ちのお客さんに「貴女のお友達が来てるわよ」って言われました。「え、何で?」と思って、顔を上げて周りを見渡したら、ガラス張りの向こう側(外)からニタニタした友達らが物凄いこっち見てました。

全くの赤の他人から「お友達」ってバレるほどの冷やかし様。そしてはしゃぎ様。
|||○| ̄|_

必死すぎな所を見られて、えっらい恥ずかしかったですよ。せめて店内に入ってきてくれたなら、何か一言二言言えたものを…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

でろんでろんのぐでんぐでん

久々に仲良しメンバで集まって、飲み会をしました。日本に帰っていた友達が日本酒を持ってきてくれたので、いつものビールに加えてちょっとがっつりアルコールを摂取してまいりました。

ウメコの家でやったんですが(ルームメイト共々共通の友達)、お料理はウメコ達住人ではなくて、水族館に連れてってくれたパトロンことPが作ってくれました。何故だか分からないのですが、物凄く料理が上手で、尚且つレパートリーが多いのがP。皆で「美味い美味い」と舌鼓をうちながら頂きましたよ。野菜と肉のバランスも、味の濃さ・薄さのバランスも絶妙で、「絶対うちより料理出来るなぁ」とぼんやり思いました。もう少しお料理も勉強しなくては。

皆で美味しくPの料理を食した後は、アルコールを取りつつカードゲームをしていたのですが(健全)、途中で、物凄くお酒好きで酒豪でザルだと思っていたルームメイトが、誰より先にグデグデに酔ってひっくり返りました。

しかも、どうも酔うとハグ魔になるらしく、友達に引っ付きまわってました。まぁ、ハグと言うより、羽交い絞めだったんですが(危)。

そんなルームメイトも最終的には「気持ち悪い」とか何とか言いつつ寝付いてくれまして、その後は残ったメンバでカードの続きをやりました。

そして、その健全な飲み会が終わったのが2時頃。

数時間後。起床して、ルームメイトと話したら、昨晩の出来事の9割は覚えてないとのことでした。でも、自分がデロデロに酔ったことはしっかりと覚えているらしく、起き抜けで昨日飲み会に出てた面子に謝罪電話をかけてました。名誉挽回の為に優雅な午後のティーパーティーをやろう!とまで言っております(ノンアルコールなのがポイントらしい)。

ウメコは顔が物凄く赤くなりますけど、人格豹変するようなコトがないので何ともいえません。そんな風になるまで飲んだコトがないのでねぇ…。そこまでいったらどうなるのかっていうのは、ちょっと気になりますけど。しかして、確実に友達の手を煩わすことになるので、イマヒトツ踏み切れませんね。そして、そんなにアルコールにお金をつぎ込めませんしね。

とりあえず、お酒はほどほどに、というお話(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新学期開始---4th year at SFU

いやー、始まりましたよ、新学期。SFUは3つのキャンパスがあるんですが、それぞれのキャンパスで何かしら授業を取っているが為に、一週間でSurrey、Burnaby、Vancouver間をウロウロしまくってます。何て面倒な。

まずはメインであるBurnaby キャンパス。ここでは心理学のクラスを2つ取ってます。どちらもClinical Psychology(臨床心理学)なので、かなり面白そうなことになりそうです。一応これが一番取りたかったクラスTOP2なので、今学期は気合入りまくりですよ。

しかもですよ、教授がとっても男前!声が格好良くて、外見も割と好みで、そんな顔でanxiety disorderがどうだとか、phobiaがああだとか言われたら、んもぉぉぉぉ身悶えするほど素敵!!

……ってルームメイトに言ったら、ヒかれました。あれれ、おかしいな(うちの頭が)。

続いてはVancouver キャンパス。これはダウンタウンにあるキャンパスなので、家から20分ぐらいで行けて最高です。ただ、夜のクラスなので、必然的に昼間は働いている人が多いです。学生学生しているのはウメコと、他の数人だけで、あとは銀行員、小学校の先生、エンジニア、50歳のおば様、サラリーマンなどなど、大人な人達ばかりです。

このクラスはセミナーと呼ばれているもので、少人数のクラスです。教科は老年学(gerontology)。ウメコも初めて耳にしましたよ。どうなるかは分かりませんが、まぁ、心理学に若干の関係はありそうなので、良しとしましょう。

そして最後にSurreyキャンパス。ここでは統計学のクラスを1つとっています。これは完全にGPAboosterとして取っているので、なるべく良い成績で終わらせたいところ。教科自体は可もなく不可もなくなんですが、いかんせん教授がいやにお笑い系で、物凄くジョークが面白い!というか、無駄にジェスチャーが多くてですね…。あんなコミカルな統計学者っているんだぁ…と変に感心しました。

さてさて、何気に5教科とる!ってこないだまで言ってたんですが、5教科目のHumanitiesのクラスは、初日にクラスに出向いて、シラバスをもらって、読む量とworkloadを確認した所で、確実に自分の力でどうこう出来る限度を超えてるな、と本能的に察知し、即DROPしてきました。一週間目でのDROPはrefundがきくのでね。あ、勿論ちょっとは返って来ないお金もあります。でも$50.00なので、後々落として、50%しか返って来ない…なんていう場合よりマシかなぁと思い、初日で落としてきました。

あのね、本気であんな量のreadingとwritingは駄目ですよ。そりゃぁね、ウメコが3教科しか取ってなくて、おまけにバイトなんかしてなかったら何とでもなる教科なんでしょうけど、バイトしてるわ、心理学2個も取ってて、それだけでも十分readingが多いわ、書かなきゃいかんわで、どう考えてもhandle出来ないと判断しました。ただでさえ大したキャパシティがあるわけじゃないんですからね…そして下手にGPAを下げたくないんでね…。

そんなわけで、今学期は4教科で行きたいと思いまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »