« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

役得

今日は7時間シフトのバイトの日でした。疲れますねぇ、7時間は。おまけに、1人が30分ほど遅刻してきやがりまして。おかげで最初の休憩まで、5時間ほどぶっ通しで働きました。
※基本的に3人で1組のシフト。1人が休憩してる間に2人働く、っていうシステムなので、1人が遅れてくると、必然的にそいつが来るまで誰も休憩が取れなくなるのです。

いやー、疲れた疲れた。

1日中仕事っていうのもそうなんですが、何故か途中で友達らが遊びに来ましてね。普段、あんまりニコニコしないウメコなんですが(鬼無愛想)、バイト中は店長に褒められる程の営業スマイルでやってるので…というか、もう、完全に別人です。そんな別人っぷりを見られるのはなかなかこっ恥ずかしかったです。何なんでしょう、精神的苦痛?(爆)

そんなバイトっぷりですが、ちょいちょい良い事もあります。常連のお客さんが、職場から色々差し入れを持ってきてくれるのです。「いつもありがとう~」位の意味合いで。

この間はmacの化粧品サンプルでした(いつぞやの記事にもしたと思います)。

今日はチョコレートを貰いました(子供レベル)。

Img_4220_3 昨日はLUSH(石鹸屋)で働いてるお客さんが、バリスタ全員に星型の石鹸をくれました。見た目、とっても可愛いんですが、如何せん、LUSHの石鹸なので、匂いが物凄くキツい。ドぎつい。ほんのり香ったらきっと良いんでしょうけれども、物凄くパンチのきいた匂いなんで、使おうかどうか非常に迷ってます。あと、こんな形なんで、ちょっと使いにくい…汗。

まぁ、今の所、石鹸として使う予定が無いので、部屋に置いて、ちょっとした芳香剤代わりにしています。

常連さんが大体ロブソン通り(ダウンタウンのメインストリート)沿いにあるお店に働いてらっしゃる方たちなので、こういう役得が起こるんだと思います。他のお店はどうなんでしょうねぇ。いやー、バレンタインが楽しみですよーう(セコい)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SFUの女子トイレのカオスっぷり

かれこれSFUに通って1年と半年ぐらいになります。あと少しで卒業でもあります。いやぁ、長いようで短かった。最初、カナダに来て、カレッジからスタートとなった時は、「4年は長いなぁ…大学卒業できんのかねぇ」と考えていたのですが、今はもう卒業の方がよっぽど近いです。嗚呼、時が流れるのは早いもんですね。

さて、そんなSFUで最近ウメコをもっともイライラさせてくれるモノをご紹介します。もう、何だったら、コレの為だけにオフィスに出向いて抗議したいぐらいのイライラです。それは、

女子トイレの鍵の壊れっぷり!!!!  Σ( ̄ロ ̄lll)

あのですね、些細なことかと思うでしょ?思うでしょ?全っっ然些細じゃねぇんですよ!思わずブチ切れる位なんですよ!鍵が壊れることによって、その個室が使えなくなるじゃないですか。鍵が壊れるだけで、女1人トイレに行けなくなるんですよ。長蛇の列が出来てしまう女子トイレにおいて、1つ個室が使えなくなるっていうのは、本当に考えられない、女子トイレで起きて欲しくないロスNo.1のロスなんですよ(爆)。

いやね、ウメコだって「超」が付くほどの短気サンじゃ御座いませんから、壊れてるのが1コや2コだったら、まだこんなにイライラしませんよ。でもね、

8つも個室がある女子トイレのうち、
5個が使用不可ってどういうことよ!?!?

意味が分かりません。しかも、随分前からそんな状態です。その女子トイレを使わなきゃ良いんですが、なんせそのトイレが一番クラスに近い場所にあるんで、休憩時間のときに行っちゃうんですよ。他のトイレは遠いし。

で、その壊れっぷりたるや、特筆に値します。SFUのトイレの鍵は細短い鉄の棒をスライドさせる、所謂、閂タイプの鍵です。この鍵がね、

① 棒がどこかに消えている

② 棒がスライド出来ない(何故かつっかかってる)

③ 棒の長さが足りない (←ドアが開いてしまう)

④ っていうか、鍵が丸ごと無い

みたいな、本当、「冗談だろ」みたいな理由で使えないんですよ。特に④。意味が分からん。意味が分からん。意味が分からん。もっと言うなら、③はどうやったらそんな風になるのか。阿呆か。阿呆なのか。設計者よ。①は、誰が持っていったのか。誰がそんなもんを外すのか。どんだけの馬力で鍵を掛けようとしたのか。

全てが謎です。

あ、ダントツに多いのは②です。個室に入って、鍵を閉めようとして、「ググッ」と力を入れても鍵がかからなくて、また外に出て、別の個室に移動して、そしたらそこもハズレで………みたいなことを軽く3度は繰り返すわけですよ。

もう、全くもって時間の無駄。

でね、これだけでも十分おかしいのに、

SFUの女子生徒はトイレの使い方が
異常な程なってない!!!

故に鍵以外の理由でも個室が使用不可になるわけです。そうするとですよ、どんだけ沢山の個室があっても、結局使えるのは2~3個なんですよ。

嗚呼、何だこの馬鹿馬鹿しさ。

「小学校じゃねぇんだから、トイレくらい綺麗に使え!!」とウメコが怒鳴りたくなるのも分かっていただけるかと思います(小学校のトイレほどカオスな物は無い)。「大学の勉強する前に、トイレの使い方勉強してこいや!!」とウメコが思ってしまうのも、理解していただけるかと思います。

さらに言うと、壊れるスピードも超特急で、先学期(秋学期)に完成した新しいビルディングの女子トイレの個室も、8コ中、既に3~4つが壊れ済。単純計算で、大体、1ヶ月に1コのペースで女子トイレの個室が壊されてることになります。

トイレ・クラッシャーでも居んのかと問いたくなります。じゃなきゃ、トイレの正常稼働率が常にどこも50%以下って 考 え ら れ へ ん 。

そんな訳で、SFUのトイレには常に頭を悩まされております。まぁ、冒頭でどこぞのオフィスに行ってクレームを付けたいだなんて言いましたけど、これがどこの管轄だなんて分かるわけないので、こうやってブログ上でグチグチ言うだけで終わってしまうのです。

嗚呼、何だこの馬鹿馬鹿しさ(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

露出

バイト先でズボンのチャックが全開なおじさんに遭遇(爆)。

タイトルがあれなので一応言っておきますけど、意図的な全開ではないです。断じて。ただ、ああいう場面に遭遇すると、「社会の窓が開いてるだけで、社会的に失うものって結構あるな…」と切に思いますね。

割とシャキッとした人だったのに、そこが開いてるだけで、全然駄目。「なーにがキャラメル・マキアートだよ」って思ってしまいます(意地悪い)。

という訳で、紳士サマも淑女サマもお気をつけあそばせ。




って、これだけで終わろうと思ってたんですが、今日、「心理学の為の統計学」のクラスの教授(♀)が、えっらい胸元の開いたブラウス(カッターシャツみたいなの)を着ていて、ぶっちゃけ、中身が見えてしまいました。ゴメンナサイですけど、見たくは無かった。そして、出来たらブラは着けていて欲しかった(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の茶色い物体台所事件

バスの中で隣に座った女の子にガッツリ寄りかかられてました、ウメコです。寝るのは良いけど、アレは結構迷惑なので、気をつけないといけないですね。まぁ、意識無いときになることなので、気をつけようが無いッちゃ無いんですが。

さて、そんな少し窮屈なバスで帰宅し、鞄を置いて、手を洗って、「さーて、お茶でも沸かそうかなぁ」とキッチンに立つと、シンクの排水口部分(ゴミ取り用にザル状になったトコ)に茶色い何かがこびりついてるではありませんか。色としては白ミソみたいな、薄い黄土色なのですが、とりあえず何かが全く分からない。しかも、そのわけの分からない何かがこびりつきすぎて、網目がちっとも見えない状況です。

「はっはーん、さてはまたroomyAが何ぞ怪しげなモノを作って&流して、それを綺麗に流し忘れたな~?まぁ、食べ物だから熱湯でもかけたら解けて綺麗に流れるだろう」

と考え、湯沸かし器のスイッチをオン(物凄い失礼ですが、この際しょうがない)。出来た熱々のお湯をシンクにぶちまけたのですが、

熱湯が一向に流れていかない。

解けるのに時間がかかるのかしら~?と思い、3分待ちました。

………

3分後

………

ちっとも流れていかない。

「え 、 何 コ レ 」

イタイケな妙齢(死)の女子の住むアパートに突如として現れた謎の物体。キッチンに流してあるから、何か食べ物(もしくは元・食べ物)だと思うのですが、全く持って謎。熱湯かけても駄目なものって何よ!?(何でも熱湯かけたら良いと思ってます)

とりあえず、こんなんじゃ困る!という当たり前な所にたどり着いたので、菜箸でザルになってる部分を取り外して、熱湯だけをサーーーッと流しました。で、とりあえず頑張って擦ってみようと思い、今度は水でザルを軽く流して、まずは爪で軽くこすってみました。

…………

……………………

………………………………

…………………………………………

…………………………………え、何この異常な硬度(汗)。

あのね、カッチカチなんですよ。爪でこすったら、コリッ・コリッっていったんですよ。こりゃぁ、熱湯如きでどうこうならんわなぁ!っていう硬度なんですよ。軽石みたいな硬度なんですよ!!何!?何なの!?

明らかに嫌な予感がバシバシしてきたので、とりあえず謎の物体の除去を諦め、夕食を作るのも諦め(お茶漬けにしました)、roomyAが帰ってくるのを待ちました。

そうして待つこと30分………

続きを読む "謎の茶色い物体台所事件"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

5:30am vs 8:00am

先週の金曜日のこと。大体、金曜日のバイトは5:30amから始まるのですが、この日は珍しく8:00am始まりのシフトが組まれていました。かなり久々の(ウメコ的に)遅番スタートでした。

当たり前ですが、4:00amにおきる必要も無く、のんびりと6:30amに起床しました。「これが人間が起床する、正しい時間だ」とか何とか思いながら、身支度をして、8時前に仕事場に行くと、

「うわぁ!ウメコ、今日、すっごくキレイだね!」

「顔色良いね!」

「いつもと違うね!」

「生き生きしてるね!!」

………同僚からも、常連さんからも言われました。

凄いね…8:00amに始まるって。そらぁ、いつもより睡眠多いですからね。逆に、いつもはどんな顔でやってんでしょうね…。割かし濃い目のチークで顔色はごまかしてたつもりなのに(爆)。低血圧なのに頑張って、朝起きてるんだから勘弁してくださいよ…顔色悪いのぐらい。死にそうな顔してるのぐらい。んで、たまにまともな顔見て褒めるな(爆)。こっちが普通だから。いつもが駄目なだけだから。

ちなみに、心理学のクラスの教科書によると、低血圧は上が100以下、下が60以下の状態だそうです。ウメコ、90/60です。ついでに貧血。見た目、全然そんな感じじゃないんですけどね(寧ろ図太い)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dominant side

こないだの授業中、隣に座った男子生徒の鼻が授業終了までピスピスピスピス鳴ってたので無駄にイライラしていたウメコです。鼻炎なら鼻かめよ。3時間もピスピスやってんじゃねぇ。

それとは別の授業なのですが、現在Health Psychologyという健康に関する心理学のコースを取っています。まぁ、ストレス関連の話が大半を占めそうな教科だと思っていただければ良いかと。

そのクラスでこの間、右脳と左脳のそれぞれの役割と人間のdominant sideの関係について、少しばかりやりました。Dominant sideとは、要は「利きサイド」…利き腕、利き足、etc…の総称みたいなものです(アバウト)。

総称として、右利き・左利きというのがありますが、細かく言うと、人間、少しずつ「利き」が身体の場所によって違うんですよね。この、身体部分によって「利きサイド」が違う人のコトをcross-dominantって先生は呼んでました(正式名称かどうかは怪しいですが)。例えば、ペンを持つのは右手だけれど、ボールを蹴るのは左足。こういう人がcross-dominantにあたります。

で、まぁ、大体こういう話になると、クラス内で簡単挙手アンケートみたいなのがある訳ですよ。別に何を見るってわけじゃないんですが、「○○に該当する人がクラスにどの位いるかな~?」ぐらいの感覚で。ということで、皆様もレッツ・チェック。

① 文字を書く手はどっち?(利き手チェック)

② ボールを蹴る足はどっち?(利き足チェック)

③ カメラのファインダーを覗く時の目はどっち?(利き目チェック)

はい、ファインダーなんて覗いたことねぇよ、みたいな若い世代の人は、「壁に穴があったらどっちの目で中をのぞくか」って考えてくれたら良いと思います。異常なシチュエーションですが、こっちが教授がクラスで言ったヤツですよ(爆)。「壁の穴をのぞく」って何!?と思って、カメラにしてみました。

さて、意外とcross-dominantだ!って人がいるかと思います。

ところで、右利き:左利きの割合ってどのくらいかご存知でしょうか。あ、ややこしいので言っておきますと、「どちらかというと左が利きサイドだと思う」を左利きとしています。大体、9:1なんですよ。人口の10%が左利きです。それなのに何故か…

150人もいるクラスなのに、「利き手が左の人~」っていう質問に挙手したのが5人(ウメコ含む)。

何も悪いことして無いのに、手を挙げているだけなのに、圧倒的な疎外感

「え、これだけ!?」という教授のリアクションにも納得です。しかし、ビックリしつつも「じゃ、左利きの中で、目も手も足も左利きって人~」って質問して、

5本しか挙がってなかった手が、なんと3本に(ウメコ含む)。

意外と、純・左利きって少ないのかもしれませんね…。一応、ウメコは箸は右手なんですが、これは矯正させられたお陰だしなぁ…。スプーン、フォークは左で持ちますし。ナイフは…まぁ、あれは右で持つものですから、しょうがないとして。あ、包丁は左です。

ついでに、寝るときは身体の左側を下にして寝ます。何か落ち着くので。これ、あんまり利きサイド関係ないんでしょうけど(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粘り気

バリスタの子が1人、朝から通勤途中で激しく転倒→足を捻挫するという事態になりました。そのおかげで、シフトが入ってなかったのにもかかわらず、「頼むから代わりにシフト入って!!」と言われ、仕事にかりだされました。くそぅ。意外と少ないんですよねぇ…朝シフトが可能なダウンタウン住人って。シフトを代わって上げるのは何ら良いんですが(金はもらえるし)、

休みだ~♪と思って、前の夜にガッツリ夜更かしして本を読み、就寝してから4時間ぐらいしたところで、けたたましく携帯電話の音で起こされる

っていうのが、我慢なりません。まぁ、言ってても仕方ないんですけどね。

さて、そんな臨時勤務のあと、店長から労いのお言葉を頂き、「いえいえ大した事はしてませんよ」と愛想笑い全開で謙遜してたら、

「ところで、そろそろウメコにLearning Coachの資格を取ってもらおうと思うんだよね」

と打診してきました。Learning Coachとは、要は新人研修をする人(コーチ)です。この話、実は3度目でして。前回と前々回…自分かいかに非論理的且つ感覚的な人間で、言葉で物事を説明するのが苦手か、というのを物凄く訴えたのですが、結局、この店長は人の話を何一つ聞いちゃいねぇ(爆)。2度あることは3度ある、という言葉通り動いてます。いや、そこに偶然っていうものは入ってないんですが。

で、再度、自分がいかに云々~のくだりを説明したのですが、"You can do it"、もしくはそれに似たようなことしか言わない店長。完全に諦めないモードです。松岡修造モードです。あの手この手でウメコの事を褒めちぎるのですが、完全に「そんな事した覚えないぞ」的な事まで持ち出してきてるんですよ。え、でっちあげ?

そんなこんなで、店長の説得が軽く20分を超えまして。ここまで来ると、壁に向かって「やりません」と言ってるのと同じようなものでね。結局、「この辺で折れてないと、学校に遅れる」という、一時の焦りと面倒くささに負け、「じゃぁ、やりますよ(やればいいんでしょ)」と言って、さっさと会話を終わらせました。

新人研修を担当するっつったって、まぁ、一通りのお仕事を教えれば良いだけのコトです。でもここで、「じゃぁ、そんな頑なに拒否しなくたって…」と思ったら大間違い。最終的にうちの店長は、何故かウメコの事をバリスタの1コ上の役職(shift supervisor)につかせようとしているっぽいのです(やんわり言われた)。これになってしまうと、仕事量が今の倍ほど増えるくせに、今とほとんど給料が変わらないという恐ろしい事態になるので、ウメコは全くなりたくないのです。しかも、今の段階で店には6人ほどその役職にいる人間がいるので、ウメコがならなくたって、全然誰もちっとも困らないのですよ。

うちの店長…悪い人じゃないんですけどねー。異常にしつこい(爆)。

そしてウメコは耐え性が無い

一時の苦痛から逃れられて、その後の後始末もそんなに大変じゃない…って思ってしまうと、「とりあえず、いかにしてこの状況をas soon as possibleで抜け出すか」って事を考え、行動してしまうのですよ。これの所為で何度学級委員になった事か(何で学級委員を決める時って、決まるまで帰りの会が終わらないっていうルールに則ってやってんでしょう)。

早く帰りたい。
誰も立候補しないし、する気がない。
微塵も無い。
嗚呼もういい。
何でも良い。
早く帰らせてくれ。

…で、学級委員。もしくは委員会の委員長になってました。超消極的立候補ですよ。お陰で先生達から妙に優等生だと思われてました。人の行動と腹の内が必ずしも一致するだなんて考えちゃいけませんね(心理学の授業でもしょっちゅうこの話題が出てきます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掘り出し物

Img_4193_2 写真整理してたら出てきたので、時間差ありますが、のっけておきましょう。

昨年の年の暮れ、SFUにテストを受けに行ったにもかかわらず、大雪の為、昼前に休校令が出た日のグランドです。朝の7時頃から学校に居たのにですよ。テストも何もかもキャンセルですよ。阿呆かと。馬鹿かと。

あー…あの時は寒かった。

とにかく、SFUの冬はヤバいです。冬=雪。霧はデフォルトです。20m先が見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻シロップの恐ろしき正体

ふと見てて気づきました。前回の記事で書いたメロン・シロップ…



大さじ2杯で80kcal!!!!



………鬼だ。鬼がうちに居る。3匹も居る。やべぇ。

えー…引取りたい方、大募集。切に

| | コメント (1) | トラックバック (0)

幻ドリンクの今

いよいよ明日、オバマさんが正式にアメリカの大統領に就任しますねぇ。“さん”付けもどうかと思いますが、とりあえず、頑張っていただきたいです。金融危機対策も勿論なのですが、個人的には医療制度改革を実現させて欲しいな~と思ってます(あそこの医療制度はいかがなものか…)。はい、そういうグローバルな話はこの辺で(爆)。

この間、バイト先に行ったら、バックルームに

"For Umeco"

と書かれてある紙袋がおいてありました。当たり前ですが、ウメコと同名の人なんざ働いちゃいないので、「???うち宛てになんだろう?」と疑問に思いつつも中身をのぞいてみました。そこにあったのはなんと、

今はもう使われなくなってしまった、
スタバ特製(?)メロン・シロップ!!!

実は今年の頭ぐらいまで、スタバではグリーンティー系の飲み物を作る時にメロン味のシロップを使っていたのですが、つい先日、それを廃止しましてね。今では、グリーンティー系の飲み物を作る時はクラシック・シロップ(要は何のフレーバーもないただの砂糖水)を使うことになってます。

店には常にどの種類のシロップも2~3ボトルほどストックしてあるので、この変更に伴って、メロン・シロップがお役御免となったわけです。

ところで、このメロン・シロップ…実はグリーンティー・レモネードに入れるとめちゃめちゃ美味いのです。グリーンティー・レモネードは、普通はクラシック・シロップによって甘みを付けられるわけなんですが、常連さんの1人が「メロン・シロップで作って」と言ったのを聞いて、こっそり試してみたのです。はっきり言って、普通のグリーンティー・レモネードよか、俄然美味い!この常連さんのオーダーから、ウメコの「いつもの」ドリンクは、メロン・グリーンティー・レモネードになったぐらいです。

そんな訳で、メロン・シロップ廃止に一番ガッカリしてたのが、どうもウメコだったらしくてですね…。ソレを覚えていた他のバリスタさん達が店長に言ったのか、はたまた、店長自身が覚えていたのか、とにかく、そんな同僚の素敵な計らいで、ウメコの元にメロン・シロップが届いたのです。

でもね………

続きを読む "幻ドリンクの今"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

想像力

「2009年以内にウメコちゃんの為に素敵な彼氏となる男の子を見つけてくる!」と女友達が妙に張り切っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。ちなみに、↑、頼んでませんよ(汗)。憐れまれてんでしょうか…うーん、知ったこっちゃねぇ☆(爆)

そんな愉快なお友達と一緒に食事をしていた時の事。

ウメコがあまりにも想像力に欠けているというコトになりまして。いや、実際そうなんですけど、これが思ってた以上に酷かったんですよね。「理想のデート」みたいなお題で想像力試しをしてたんですけど、もう、ウメコの10倍ぐらいのディテールを向こうが用意して、そらぁ、もうビックリしましたよ。

どんな風に起床し、どっちが先に起きて、どんな会話しながら、どんな朝食を何処で食べ、デート相手の仕草がどうで、etc……とにかく、朝から細かい(爆)。何だったら朝食のメニューまで細かいんですよ。「和食」っていう大雑把な感じでなくてね(←ウメコがやりました)。

外に出かけるってなったら、自分がどんな服装で、相手がどんな服装で、季節がいつで、1日のいつ頃で、空の色がどんな具合で、周りの景色がどうで、どんな風に手を繋いで、どんな風に歩いて、etc…って細かい。ドラマでも見ながら、リアルタイム中継でもやってんじゃないかってぐらい細かい。何、季節って。何、空の色って。

そんな訳で、あまりにもウメコの想像力と説明力が乏しかったもんで、友達が「普段から妄想とか考え事とかしないの!?」って聞いてきました。

友達「お風呂入ってる時とか、お皿洗ってる時とか、何か考えてるでしょう?」
ウメコ「え、風呂入ってる時………?うーーん…自分の汚れ落とすのに専念してるから、考えてはないね。皿洗いも同じで、こう、如何に綺麗にするかってところに集中してる」
友達「えええええ!!自分の憧れの有名人とばったり会ったらどうしよう~!?みたいな想像しないの!?」
ウメコ「何ソレ、しないよ(断言)。」

………するもんなんですか??

友達「じゃ、小説読んでる時に、登場人物の立場になって泣いたりするとかないの!?自分が登場人物だったら、とか!」
ウメコ「え、自分を登場人物とすり替えるってこと?」
友達「そう!」
ウメコ「いや、それはないよ」
友達「!?」
ウメコ「そりゃ、本読んで泣くこともあるけど、それは話だとか、主人公の心情だとかを想像して泣くわけであって、自分がその立場にいるから泣くわけじゃないよ。…っていうか、そういう風に小説って読むものなの?」
友達「そうだよ~!」

…これは素直に目から鱗体験でした。自分目線で小説の内容を想像して喜怒哀楽の感情を持つのもありなんですね。例えば、男の主人公の母親が亡くなってしまった、という流れであれば、ウメコはその男に起こった不幸や、男が感じてるであろう哀しさを想像して、悲しくなるのですが、友達は男になりきって、母親が亡くなった、というコトに対して悲しさを感じるみたいです。

どう考えても、ウメコの方が客観的ですね…。なりきらない分、一歩引いて物事を見ているというか。

新しい小説の読み方が出来そうですが、いかんせん、今までそんな風に読んだことが無かったので、なかなか難しそうです。なりきり。目から鱗体験…友達には感謝してますが、やっぱり風呂入りながら考えごとって不思議過ぎるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーコン問題

うっかり膝上丈のパンツをはいて登校したら、えらい目に遭ったウメコです。冬のSFUはナメちゃいけませんね。いや、ナメてたわけじゃないんですよ。ただ、うっかり家にあるパンツを一気に洗濯しちゃっただけで(爆)。どれも乾いてなかったので、しょうがなく穿いてったんですよ。

ところで、リビングに住むルームシェア中の人間にとって、一番の敵は何か分かりますでしょうか。少なくとも、ウメコ的に「これはやるな!!」と思う事が1つありまして。思うというか…、ぶっちゃけ、今ウメコのルームメイトがやっちゃってるんですけどね、

リビング住人(ウメコ)の洗濯物が干してある時に、寝室住人(ルームメイト)がニオイのキツい物をキッチンで調理

…これねぇ、本気問題ですよ。目下、ウメコの頭を悩ませ、ウメコの洗濯物に悪臭を付け、時間があえばウメコの睡眠まで邪魔するのが、

ベーコン

なんです。馬鹿げてると思うかもしれませんが、侮るなよ、ベーコンの臭さを。ベーコンのニオイは容赦無く半乾きの洗濯物にしみこみ、留まるのです。また、滅多なことで目を覚まさないと名高い(?)ウメコを瞬時に覚醒させることも出来るのです。もうね、臭くて目が覚めるだなんて、スカンクかベーコンぐらいなんですよ。目覚まし時計を4つセットしても起きられないんだなんて言ってる連中は、悪臭タイマー時計なるものを開発して使えば良いと思うのですよ。もうね、一発で目が覚めますよ。いや、マジで。聴覚よりも嗅覚に訴えた方が絶対良いですよ。

はいもう、訳が分からない主張になってきましたけれども、要はルームメイトのベーコンがウメコの洗濯物を(ニオイを通して)汚してしまうのですよ…。

でもね、ウメコの洗濯物が干されてる時にベーコン焼くな!っていうのは、なかなか理不尽な要求な気がしませんか?少なくとも、ウメコが彼女の立場だったら、「こちとらベーコン食いたいから焼いとんじゃー!好きな時にベーコンぐらい焼かせろ!」って思うと思うのですよ。誰にだって、ベーコンを好きな時に焼く自由ぐらいありますからね。

どうにか頑張って、彼女がベーコンを調理しないような日&時間を狙って洗濯物は干すようにしているのですが、ベーコンが彼女のお気に入りなのか何なのか知りませんが、やったらめったら頻繁に彼女はベーコンを焼くのです。しかも、ベーコン=朝食みたいなイメージなのに、焼くのはいつも夜。アスパラのベーコン巻きとか、ベーコン・スープとか、スパゲティみたいなバリエーションは一切無く、ただただ彼女はベーコンをタマゴと共に焼き、食すのです。

こんな風に書いてたら、村上春樹の小説に出てくる主人公のガールフレンドの描写みたいに思えてきましたが、現実問題、そうも言ってられません。しかして、彼女のベーコンの自由を奪うわけにも行きません。

何とも微妙な問題。それがベーコン問題なのです。

そんな訳で、目下、どうやって相手に不快感を与えずに「洗濯物を干してる最中は、ニオイのキツいものを調理するな」と伝えるかを考えております。何て下らない…(死)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仲良しこよし

こないだの週末に、友達2人(毎度ある意味御馴染みのK氏とP氏)と遊んできました。もう、閲覧者様には全くどうでもいい話なんですが、この3人組って異常にグダグダでして。まず、きっちりと予定を組みません。その日やりたい事だけ決めておしまい。具体的な集合時間は当日の朝決定します。

今回も、ウメコが少し早起きして(9時起床)身支度を済ませて、2人に電話をかける所からスタート。当然の如く、2人とも寝起きでした。そっから大体2時間後に集合、ってことになるのが通例です。でも、結局全員集まるのは3時間弱後ぐらいになります(遅)。
ウメコはちゃんと時間通りに待ち合わせ場所に行きますよ。

そんな時間にルーズ(過ぎる)2人ですが、一緒に居てとっても楽しいのも事実。でも、もう少しで終わりなんですよねぇ…。3人とも今年中に大学生活を終えるので、そうなると後は全員バラバラの道です。2人は働き出すでしょうし、ウメコは日本国内の大学院目指して勉強し始めます。各々の行く土地だって極端に違いますし、立場もバラバラです。

そんなだから、「最後に皆で旅行に行こう!」みたいな案が出たんですが、諸々のファクタを考えると無理だと判明。あっさり企画倒れ(爆)。

高校の時もやりましたけど、最後の最後で行く旅行って良いですよ。思い出作りもありますが、一種のケジメみたいなものにもなりますから。それでおしまい!って事ではなくて、これからは簡単にこんな風に会えなくなる、っていう再認識。会えるけど、遊べるけど、頻繁じゃなくなる。だから、今、在る状況・状態を有り難いと思う事も出来ると思います。

嗚呼それにしても、2人の時間のルーズさが少しは改善されれば良いのに…(待つの嫌いな人なので)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起き

バイトだー!と思って、早朝4:15に起き、シャワーを浴び、メイクをし、鞄に必要なモノをつっこんで、朝御飯を食べながらふとカレンダーに目をやると、

今日(月曜)オフ。

明日(火曜)バイト。

………

………

………

………………………悔しいので、肌に悪いと知りつつもメイクしたままで二度寝。くそぅ。起きてすぐにカレンダーを見ていれば、こんなことにはならなかったのに…!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機内珍事

時差ボケの所為か、妙な時間に妙な眠気に襲われ、ガッツリ寝てしまうウメコです。昼寝が酷いです。夕方6時からの昼寝てありえんですよ(やっちまってますけど)。

さてさて。今日は、この間、日本からバンクーバーに帰ってくる時の、飛行機内であった珍事を3つご紹介いたします。

【その1】
珍事というか、単に腹立たしい事件なのですが、あと30秒で離陸しますよ~位の時に、乗客の1人が“フライト拒否”をしたらしく、そやつの為だけに飛行機が中継場まで戻るという有り得ん出来事が起こりました。こんなん初めてですよ。乗務員さんが丁寧に「予定時刻通りに飛ばすに、一旦この客を降ろしますよ」的な事を言ってたのですが、どれだけ丁寧に言った所で、1人の為にフライトが遅れるというのはまごうこと無き事実。残りの何百人という乗客は普通に豪快にため息ついてました。今風に言うと「どんだけKYだよ!?」みたいな(え、違う?)。

【その2】
ウメコの隣りに、白人のおば様と、中東系のおじ様のカップルが座っておられたのですが、この2人、機内食でシーフード・カレーが出た時、それを「とってもミステリアスな味」と表現し、中に具として入っていたイカが何か分からなくて、挙句、「きっとゴムか何かで出来たフェイク・シュリンプ(人工エビ)だ」と仰ってました。どっからジョークなのか分かりません。さらに、朝食として「鶏のお粥」か「卵とハッシュドポテト」というチョイスがあったのですが、機内放送でこのチョイスが案内された時に、何故か「お粥って何かのジョークかしら」と仰ってました。もう、全然どの辺がジョークなのか分かりません。というか、お前らの存在がジョーク過ぎるぞ(爆)。

【その3】
超KYな客と超ジョークな客を目の当たりにする前。ブリッジから機内に乗り込むと、あちらこちらで子供ががんがん愚図り、泣き喚き、ほたえておりました。基本、とっても子供が好きなウメコですが、さすがにこのシチュエーションだけは無理でして。『機内に6歳以下の子供とその母親の為の防音壁で囲まれたシート・セクションを作ろう』みたいな署名運動があったら、頑張って200回ぐらい名前を書いちゃう位無理なんですよ。
で、そんな泣き喚く子供達の中で、一際大声でガアガア泣いている女の子がおりました。しかも、無闇にガアガア泣いてるんじゃなくて、何か叫んでるんですよ。よくよく聞いてみたらば…

「い゛ぃ~~や゛ぁ~~~~~だぁ~~~パパに会いたいっ!パパに会わせてぇぇぇ!もう一回だけで良いからぁぁぁ!!良い子にするからぁぁぁ!!会いたいよぉぉぉぉ~~パパぁぁぁ~~!!あ゛ぁぁぁぁぁぁ~~~~!!パパぁぁぁ~~!!」

…何、このシリアスな叫び(驚)。
今まで聞いた機内愚図りの中で一番シリアスな愚図りでした。こうなると、単身赴任中のパパの所に遊びに行ってたのか、はたまた、離婚ゆえの別居でパパとお別れすることになったのかが気になる所。いや、気にしなくても良いんですけどね。最近の子供は子供で色々あるんだなぁと思った瞬間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月5日ですが、明けましておめでとう御座います。

Newyear

豪快に一箇所色塗り忘れてますし(↑)、遅くなりましたが、皆様、明けましておめでとう御座います。2009年です。恐ろしい勢いで時間が過ぎてゆきます。光陰矢の如しとはよく言ったものですなぁ。そんなこんなで、今年もよろしくお願い致します。

さて、12月の半ばから、2日前まで、日本に一時帰国しておりました。日本に居た間に、ウメコと遊んでくださった皆様、どうもありがとう御座いました。うまく予定が合わずに、会えなかった皆様、次こそは会いましょう。

ところで、今日から学校だったんですが、いきなりのっけから

雪の為、休校!!!!

やってくれるぜ、SFUさんよぉ…。出鼻をくじかれるとは、まさにこのこと。まぁ、バスが走らないので、しょうがないっちゃ、しょうがないんですけどね。

ついでに今日からバイトも再開!!何故かいきなりのオープン・シフト(5:30am~)!!何でリターン早々オープンなんだ…鬼店長め…と思ってたんですが、時差ボケが良いように働いて、しゃきっと4時に目が覚めました。

ところが、一緒に店を開けるはずのベテランのバリスタがなんと、寝坊をぶちかまし、ウメコは雪がちらつく朝の5時半から、店の前で待ちぼうけを食らわされました。げふっ。寒い寒い!!結局彼は20分後に来ました。通常よりも30分遅れの開店となりましたよ。ちなみに、彼はバリスタになってから1度も寝坊なんてしたこと無かったのにですよ。2年間、無遅刻無欠勤ですよ。なのに、何故、今日に限って寝坊なのか。謎です。

で、気が付いたら新しいペイストリーメニューが追加されてるわ、配置が変わってるわ、新しいドリンクメニューも出てきてるわで、テンヤワンヤでした。新しいドリンクが出来るたびに、それの作り方を覚えなきゃいけないのでね…。復帰一発目から散々でした。

ちなみに、新しいドリンクは、コーヒーかと思いきや、思いっきりティーです。5種類ほど出てます。全然、味知らないのに、「とってもまろやかで美味しいですよ~」って今日、レジんとこで客に言いました。すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »