« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

芸能人のブログ

何故か最近妙に芸能人・有名人のブログ巡りをしています。

で、行き当たったのが「叶姉妹」のブログ

別世界から発信されてる気がして、何故かのめりこみます。何がどう面白いの?って言われると、ちょっと説明しにくいんですが。何故かハマる。多分、ウメコだけなんですが。

あと、LONDON HEARTSのスペシャルを見た影響で、狩野英孝に興味が出てきて、彼のブログも見ております。世の中の60%位が、ああいうタイプの人間で構成されてたら平和だろうなぁと思いますよ。何、あの、自己陶酔&自意識過剰&自画自賛人間。しかも悪気が無いっていうのが凄いですよ。素直でええ子や。身近に居たら、距離とりたいタイプではあるけれど(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参加することに意義がある的バレンタイン・デイ (独り身編)

Img_4271_2 さてさて、今日は楽しいバレンタイン・デイ。皆様、いかがお過ごしになったのでしょうか。

ウメコはとりあえず、週末なので、家事をこなしてました(掃除、洗濯、ゴミ捨て、etc)。

あ、あと、課題。

…くぉぉぉぅっ。かなりLOSER感出てますよ。でも、そういうもんですよ。バレンタインに縁の無いヤツの2/14って(開き直り)。

でもね、でもですね。

今年の密かな目標は「女らしくなる」なので、ここは何か一発やらかしてた方が良いんじゃないかと思ったんですよ!ほら、2/14の女の子はチョコレートに触れておかないといけないような雰囲気出てるじゃないですか!(爆)

ってことで、ググって一番美味しそうなチョコレート・レシピを選んで、材料買って、作ってみました。チョコ大福。接写の所為で、↑の写真じゃデカくみえますけど、どれも一口サイズです。なかなか上手く作れましたよ!

案外、やれば出来るじゃないか、自分。  ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

一口サイズ故に、20個ぐらい出来たんですけどね。最初の3つは「うめぇ!」と思って食えたんですが、残り17個が食えません。甘い…甘いよ………セミ・スイート(semi-sweet)の製菓用チョコレート選んだのに………。

あんまりにも甘かったので、直後に味噌汁作って、飲みました(爆)。

………この辺が女らしくなれない所以なのですよ。
チョコ作ってすぐに味噌汁飲むってねぇ…。

この甘さは無いなぁ…と、ふと、思いついたのがルームメイト。何を隠そう、彼女、超甘党なのです。コーヒーの半分が牛乳&砂糖(どっさり)っていう恐ろしい子です。でも物凄く痩せてらっしゃるのです。そんな彼女に食べていただこう、そうしよう!と思ったら、

彼女、一週間の外泊中でした。  |||○| ̄|_
(今、丁度Reading Break-学期の中休み週間なので)
(彼氏とラブラブ・ウィークですよ)

タイミング悪い!めっちゃ悪い!
彼女なら喜んでドカ食いしてくれそうな位の甘さなのに!
んで、意外と美味しいのに!

しょーがないから、友達にあげて回ろう!と思ったのですが、よくよく考えたら、友達の90%が恋人アリな状況。

皆、恋人アリ。

今日、2/14。

チョコ配り→完全にお邪魔虫。

じゃぁ、シングルな友達にあげよう!と思ったら、大体のシングルがダウンタウンに住んでいない状況。

………諦めましたよ。 |||○| ̄|_

のあああぁぁぁぁぅっ。

改めて声を大にして言おう!

バレンタインは和菓子プレゼントな日にすべきだ!!(泣)
甘いものなんか嫌いだ!!(←自分で作っておいてこの言い様)
お陰で、明日の朝食がチョコ大福じゃねぇか!
(どんなに甘くて食べれなくても、食べ物を粗末に出来ない、悲しき貧乏性)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バレンタイン心理学

健康心理学(Health Psychology)のクラスのテストが今日あったんですが、がっつり朝寝坊をして、危うくテストに遅れるところでした、ウメコです。いやー、冷や汗かいた。駄目な22歳ですいません。仕事もあわせたら、ある一定の周期で朝寝坊をしているみたいです。

さてさて。そんなテストの出来はともかく、世の中はバレンタイン・ムード一色なんじゃないでしょうか。バンクーバーもちょいちょいバレンタイン関連のモノをみかけますが、想像するに、日本の4分の1ぐらいのはしゃぎようだと思います。何でしょう…日本ほどアグレッシヴではないです。日本の女子たちの、あのバレンタインの時期特有の、免罪符を得た人間みたいな、「この日だけは何でもやれる!」みたいなアグレッシヴさは嫌いではないですよ。見てる時に限り、ですが。

さて、このアグレッシヴさ。実はとても大事です。まぁ、普段…そうですね…5月の半ばとかね、そういう中途半端な時期って、どうにもこうにも好きな人に告白する、っていう勇気が出ないですよね。勇気なり度胸なりがあったとしても、イヤらしくも「タイミング」だとか「立場」だとか、そういうモノを考えちゃうじゃないですか。特にウメコみたいなチキン達は(爆)。

「○○君に『好きだ』なんて言ったら、100%撃沈して、それをちゃっかり盗み見してた知り合いにバラされて、回りから超冷やかされて、噂されて、『身の程知らずだ』なんて言われて、挙句イジメられて、『何であんなバカなことしちゃったんだろう』って一生後悔する」

とか何とかネガティヴな思考に走るじゃないですか(例が極端ですが)。

間違いです。おもくそ間違いです。間違いまくってます。

どの辺が?「一生後悔する」ってくだりがです。人間って確かに「何であんなことしちゃったんだろう」っていう後悔を沢山します。

そこから少し発展して、人間は「やっちまった!」っていう後悔をしたくないので、頭を使って、ある行動が起こす結果を想像します。で、その想像(予想とも言えますね)でネガティヴな事を考え、思いとどまります。「これをすると結果として後悔するだろうから、やめておこう」って二の足を踏むってことです。で、実際、想像した「後悔」をする事無く平和に過ごしていけますので、しばらくは「良かった~」ってなります。安心・安堵・心の平和ですね。

しかーし!

これが1年、2年、3年………と歳を重ねるごとに、なんと、この「後悔したくなかったからやらなかった」っていうコトに関して後悔をし始めるのです!もっと簡単に言っちゃうと、

「何であの時、あれをやらなかったんだろう!!!」

っていう後悔に変わるのです。
この後悔が特に多いエリアはやはり学業です。「もっと昔からちゃんと勉強しておけば良かった!!」って思うことが、1度や2度は誰にでもあったはずです。でも、その当時は「勉強よりも友達が、部活が、趣味が大事だ!勉強は大学でも出来る!」って思ったんだと思うんです。とにもかくにも、何だか今思えばマイナーな理由で勉強をしなかったんです。で、しない自分に納得すらしてたわけなのです。

この、「何であの時やらなかったんだろう!」っていう後悔に変わる理由は非常に単純です。そこに未知なる世界があるからです。

今ある自分は、「やらなかった」結果です。Aという行動を取らなかった場合の結果が、ずばりそのまま自分としてあります。

でも、「やった場合」の今の自分の姿・「行動を取った後の人生」というものは誰にも知ることは出来ません。もしかしたら、今よりずっといい大学に入ってたかもしれません。もしかしたら、今よりもずっとお金持ちになってたかもしれません。もしかしたら、今よりもずっと素敵な方と結婚だなんてことになってたかもしれません。もしかしたら、今の自分よりもずっとずっと幸せな生活を送ってたのかもしれません。

………この、「もしかしたら」達に憧れみたいなモノを抱くわけです。今の自分に100%満足している人はかなり稀です。どんなに些細な決断でも、「別のチョイスを選んでおけば良かったかも…」と思うのが人間です。別のチョイスが簡単で、尚且つ素敵なように見えるのならば、この後悔は大きくなります。

ついでに言ってしまうと、ある行動を起こさなかった理由っていうのは、大抵しょーもない事に終始します。いやね、その当時としては凄く重大で意味のある理由なんですよ。意味は無くとも、少なくとも納得がゆく理由だったんですよ。でも、歳を取って、振り返ってみると、呆れるくらいちっさいことだったりします。仮にその行動を起こして、何か失敗したとしても、その時は一時的にしんどかったり辛かったりしますが、年月が経てさえすれば、笑い話に変わるのです。

父親の海外転勤について行った事も、

大学をカナダにしたことも、

心理学のクラスのプロジェクトで2日連続徹夜をしたことも、

課題提出期限ギリギリまで何もしなくて、一晩でレポートを書いたことも、

やっちまった当時は「ああーーーー」と思いましたが、今となっちゃ、完全に笑いながら話せるしょーもない話です。もしくは自分の成長の糧となってるなぁと思います。引越しが死ぬほど嫌で、ギャースカ泣いた海外転勤でしたが、海外転勤があったからこそ、海外・世界に目を向けたり、英語に興味を持つようになりました。海外で大学だなんてリスキーだけど、その道を選んだから、今のウメコと大事な友達が出来たんです。2日連続徹夜したから、良い成績をもらえましたし、グループのメンバーと今でも続く友達関係があるわけです。一晩のレポートをやっちゃったから、「案外自分も火事場の馬鹿力があるんだな」と知れたわけです。

まぁ、最後のはどうかと思いますが、とにかく、何ごともチャレンジなのです。ゴチャゴチャ考える前にやっちゃえば良いのです。長い目で見れば、「やらない」後悔よりも、「やらなかった」時の後悔の方が、後々長いこと引き摺るのです。

という訳で、意中の相手に思いを伝えるかどうか激しくお悩みの方(無理矢理そこに戻る)、某ブランドのこのコピーを捧げます。↑を読んだ方ならキチンと理解してくれると信じながら。











Justdoit

もしくは「当たって砕けろ」(爆)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Canadian Pride

心理学のクラスで、Social Groupについてやりました。皆、誰しも何かの社会的な集団の中に入っていて、その集団は同じ学校、同じ地域、同じ出身地、同じ出身国だったりします。まぁ、基本的に皆何かに自然と属していて、それに属していることによって、ソーシャル・ネットワークが広がるってことです。 そこで出てきたのがこのCM。Molson社が出してる、"Canadian"って名前のビールのCMなんです。こんなものがあるだなんて知らなかったんですが、非常に面白かったのでご紹介。

I'm not a lumberjack or a fur trader.
(僕は木こりじゃないし、毛皮商人でもない)
I don't live in an igloo or eat blubber or own a dog sled.
(イグルーに住んでる訳でもないし、鯨の脂も食わない。犬ぞりも持ってない)
I don't know Jimmy, Sally, or Suzy from Canada
although I'm certain here...they are really really nice.
(カナダ生まれのジミーやサリー、スーザンなんて知らないけど、
良い奴等だってことには間違いない)
I have a prime minister. Not a president.
(カナダには総理大臣がいる。大統領じゃない)
I speak English and French, not American.
(公用語は英語とフランス語で、アメリカ語じゃない)
And I pronounce it 'about', not 'a boot'.
(で、'ABOUT'は「アバウト」って発音するから。「ア ブート」じゃないから!)
I can proudly sew my country's flag on my backpack.
(誇りを持って、リュックにカナダの国旗をつけられるし)
I believe in peace-keeping, not policing.
(治安維持/理不尽な規制じゃなくて、平和維持を信じてる)
Diversity, not assimilation.
(ここには色んな人種がいる。似たもの同士が集まってんじゃない)
And that the beaver is a truly proud and noble animal.
(それから、ビーバーはホントに誇りに思うし、高貴な動物だとも思う!)
A tuque is a hat!
(トゥークはどう考えても帽子だし!)
And it is pronounced 'ZED', not 'ZEE'! 'ZED'!
(「Z」は「ゼッド」って発音だから!「ズィー」じゃないから!「ゼッド」!!)
Canada is the second largest land mass!
(カナダは国面積世界第2位の国だし!)
The first nation of hockey!
(ホッケー発祥の国でもある!)
And the best part of North America!
(そして何より、北アメリカの「ベスト」だ!!)
My name is Joe!
(僕はジョー。)
And I! Am! Canadian!!
(カナダ人だ!)

アメリカとの比較がおもろいです。コレ見て気づきましたけど、確かにカナディアンって「ゼッド」って言いますね。あ、カウチのくだりがどうしても聞き取れませんので、聞き取れた方は教えてください(爆)。

注釈として…
1.最初のくだりは、カナダの先住民じゃないけど…っていうことをいってます。イグルーは氷と雪で出来た、エスキモーの家です。あの、雪見大福みたいな形してるやつ(爆)。

2.ジミーやらサリーやらのくだりは、「カナダ人=良い人」っていう論理の元での発言だと思います。

3.カナディアンのリュックには結構な頻度で国旗ワッペンだったり、国旗のピンバッヂだったりがついてます。

4.ビーバーはカナダに棲息してる動物です。Rootsっていうブランドのロゴにも使われてます。

5.トゥークは毛糸の帽子です。ニット帽。アメリカ人的にあれは「帽子」カテゴリに入らないから、主張してんでしょうかね。

気のせいかもしれませんが、カナディアンってどうも自分が属してるグループを愛してる傾向が強いと思います。愛国心しかり。愛校心しかり。愛学部心しかり。なんせ、学部のオリジナルTシャツとかジャージとかありますからね。たまにキャンパスで着てる人を見かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女試しをやってみた。

毎日チェックを欠かさないサイトで、「女試し」なるものを管理人さんがやられて、高得点を叩き出しておられました。あー…確実にウメコは無理だな、と思いつつ、トライしてみたら、





Onna_2


何か意外と良かった!!! Σ( ̄ロ ̄lll)

グラフ見る限り、物凄く好成績の方ですよ(汗)。これ、↑に出てきた管理人さんも言ってましたけど、「男心が分かる」んじゃなくて、「心が男」ってことなんじゃないかな。この2つ、似ているようでまるで違いますからね。

で、グラフの下には丁寧にコメントとイラストまでありまして。

Rank_07

あなたはまるでサーカスの団長のように男ゴコロを上手に操るすご腕!
めちゃめちゃモテるでしょ?そのカワイイ笑顔と計算つくされた
男たちへの対応は生まれもった才能。
ただ、定期的に男ゴコロを読む力をトレーニングしないと
その力は衰えていきます。。最新の男事情をチェックすることを
心がけて!

「ウメコ」という人間の説明から、一番対極にある説明がのってました。何なんだ、サーカスの団長のように、っていう例えは…。本当にそんなんだったら、こんな長いことシングル生活してませんて(爆)。あと、男心を読むトレーニングってどうやってやるんスか。最新の男事情ってどこでチェックできるんスか。具体的なようでめっちゃアバウトですよ、このアドバイス…。

しかもこれ(女試し)、オモチャとして発売するらしいじゃないですか。大丈夫なのか。よくよく読んだら、男性1000人からのアンケートを基にして作ったデータらしいですよ。どっから取ってきた1000人だ。絶対この1000人に妙な偏りがあったに違いないですよ。どーせ東京から若い1000人集めたんでしょ。そんな若い都会っこばっかりじゃ駄目だろ!若い衆とミドルエイジのタイプは違うんだぞ!(論点が異常)そして、1000人からモテるよりも、大好きな1人から好かれるほうがよっぽど意味があるんだぞ!もし、そいつが物凄い一般から外れてたら、どんだけ他の男を手玉に取ることが出来ても、無意味なんだぞ!ズレる方が正しいんだぞ!

…っていう、バレンタインデー仕様なオチです(オチてないけど)。

皆様もお試しあれ(そうしたら、判断基準/質問項目がおかしいことに気付くはず)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

現役バリスタによるスタバ講釈

えー、1つ前の記事のコメントで、「今、カナダのスタバでは何がプロモーションになってるのか」というご質問を頂いたので、丁度ネタも切れ掛かってた所ですので、ご紹介いたしましょう!(Thanx Kana.Kさん!)

Bev_lineup_154x154 現在、カナダ(というか、多分北米全域)でプロモーションされてるのが、Tazo Tea Lattes と Tazo Tea Infusionです。Tazo Teaっていうブランドのお茶を使って作る飲み物をプッシュしてるってことです。

えぇ。スタバなのに。コーヒー屋なのに。コーヒー差し置いて、ティーに逃げましたよ。

余談ですが、経済危機に伴って、アメリカじゃ600ほどの店舗削減が行われたとか行われてないとか。まぁ、これがお茶に逃げたことに繋がるのかどうかは知りませんが(爆)。

さてさて。

ティー・ラテだなんて、ちょっとオシャレぶった言い方してますけど、ぶっちゃけ、普段のティー・ミスト(お茶とミルクの割合が1:1の飲み物)のティーバッグ(ファニングス)が、フルリーフのティーバッグになっただけのことです。まぁ、それゆえに確かに味は良くなってるんですけどね(気のせいかもしれません)。

ティー・ラテは3種類あって、

●ブラック・ティー・ラテ (Black Tea Latte)

●ロンドン・フォッグ・ティー・ラテ(London Fog Tea Latte)

●バニラ・ロイバス・ティー・ラテ(Vanilla Rooibos Tea Latte)

があります。どれも、お茶とミルクを1:1の割合で混ぜて、シロップを入れたものです。ブラック・ティーは一番ベーシックなお茶だと思います。イングリッシュ・ブレックファスト(English Breakfast)なので。

ロンドン・フォッグは、アールグレイ×ミルク×バニラシロップの組み合わせのコトを指します。このプロモーションが始まる以前から、人気がある飲み物です。今回、プロモがかかったので、ロンドン・フォッグの存在を知らなかった人も、ちょいちょい飲み始めているようですよ。

バニラ・ロイバスはかなり特殊なお茶で、味としてはアップルパイとバニラアイスを足したような味の何かを飲んでる感覚です(爆)。要は、リンゴとシナモンの味がするお茶だと思っていただければ。個人的にかなりオススメ出来ません。Σ( ̄ロ ̄lll)

あと、どれもこれもシロップがクソ甘いので、注文する時はhalf-sweetened(甘さ半分)で注文することをオススメします。疲れてる時はディフォルトの甘さでもいいかもしれませんねー。

このティー・ラテ・シリーズと肩を並べてプッシュされているのが、Chai Tea Infusion。こちらは2種類で展開していて、

●Apple Chai Infusion

●Berry Chai Infusion

となってます。えーと、要は、チャイ・ティーの凝縮液(シロップ)とスティームされたリンゴジュース(またはベリィジュース)を混ぜた飲み物です。どうしてこんな、「混ぜるな危険」的なものを混ぜて、商品にしてしまったのか分かりません。

一言で言うなら、大変な味になってます
(゜Д゜;≡゜Д゜;)

とにかく甘い。

でも好きな人は好きみたいです。ウメコの好みではありませんが。どーしても試したい!という度胸と金のある方は、せめてhalf-sweetened(甘さ半分)でベリィの方を試してみてください。

続きは余談。バリスタが思うこと。

続きを読む "現役バリスタによるスタバ講釈"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ついに現る

メロンシロップを引き取ってくれるツワモノが現れました。

っつっても、同じ店で働く同僚なんですが。

彼女もメロン・グリーンティー・レモネード愛飲者だったらしいんですが、何故か彼女のところにはメロンシロップのオファーが無かったらしいです(あれっ?)。この間の金曜日、久々に彼女と一緒のシフトになりまして。働きながら談笑してたら、メロンシロップの話になり、ウメコが3本もメロンシロップのボトルを貰ったことを話すと、「あたしも欲しい!!」とハイテンションで言ってきたので、「是非!!」と二つ返事でOKしました。

さーぁ、あと残り1本ですよ。引き取り手は引き続き募集中ですので、遠慮なさらず、がつがつ申し出てきてくださいませ(日本への発送は受け付けませんよ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »