« 【暗いところで待ち合わせ】 by 乙一 | トップページ | ドレスの件と栞に関しての云々 »

【ルパンの消息】 by 横山秀夫

Lupin_the_disappearance One of my favorites の横山秀夫さんの処女作品。今はバリバリ警察小説書いてらっしゃいますが、意外や意外、この作品は警察メインな話じゃ無いんですよ(ミステリィではありますが)。

15年前、とある学校で、嶺という女性教師が遺体で発見された。当時は飛び降り自殺として片付けられたこのケース…今になって、「あれは殺人事件だ」という通報があった。仮に本当に事件だったとしたら、時効が成立するのは24時間後!当時、『ルパン作戦』なるものを立てて、事件のあった当日に学校に忍び込んでいた3人を引っ張ってきたが、真相は…!?!?

みたいな話です。話自体は、3人の容疑者のうちの1人である、通称キタローの回想と、現在の取調べの様子の間を行き来して進んでいきます。

ちょっとずつ、ちょっとずづ、色んな真実が明らかになっていくのですが、そのたびに(良い意味で)裏切られるので、一気に読んじゃいました。こういう、続きが気になって途中でやめられない小説、って大好きです。ちなみに、最終的に三億円事件まで絡みだしますよ。凄いです。

そして最後の最後までしっかりとどんでん返しがあるのがまた素敵。全体像を見ると、何層にもなってるので、よくこんなに凝った話考えたなぁ~と感動してしまいます。しかもこれがデビュー作品て。世の中には凄い人が山ほど居ますな!

|

« 【暗いところで待ち合わせ】 by 乙一 | トップページ | ドレスの件と栞に関しての云々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/45490456

この記事へのトラックバック一覧です: 【ルパンの消息】 by 横山秀夫:

« 【暗いところで待ち合わせ】 by 乙一 | トップページ | ドレスの件と栞に関しての云々 »