« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

写真で振り返るメキシコ旅行2

Img_4638

Mazatlanのダウンタウンっぽいところにある屋内マーケット。まぁ、肉から野菜からみやげ物から何でも揃ってたんですが、とにかく気になったのがコレ。ピニャータ(人形の形をしたくす玉)の一種なのか、それの延長線上にあるものなのか分かりませんが、

バットマン、スーパーマンの胸元のマークの雑さが半端じゃない

あと、プーさんにヒゲらしき黒いモノが付着してます。

そして、プーさんの左隣は見ようによっては下半身露出してるように見えなくもないのですが、意図的にそうなってるんですか。どうなんですか。

いやー…凄いよ、メキシコ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真で振り返るメキシコ旅行1

Img_4553_2

本場メキシコで食べる、BURRITO。お店のおっちゃんが凄くエネルギッシュな人でしたよ。んで、カナダで食べるBURRITOよりも、全然細いんですよ、メキシコのは。直径3~4cmくらい。細長いロールになってます。たらふく食って、一人当たり約CAD$10。安い!美味い!言うことない!

ウメコ含めて4人で行った旅行だったんですが、そのうち2人がかなり野菜が食べられない事が発覚。タマネギ、トマト、ピーマン、アボカド、ついでにチーズ、これらは全部よけてました。

………何でメキシコ旅行!って発案したんだろう…?(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メキシコ帰り一発目の『本当にあった怖い話』

メキシコから帰ってきました、ウメコです!

いやぁ~暑かった、メキシコ。料理が美味かった、メキシコ。タクシーのおっちゃんがアグレッシヴだった、メキシコ。ヒキコモリストとして名高いウメコも、今回ばかりは日焼けをしましたよ。そうですねぇ…10年ぶりぐらいなんじゃないでしょうか。まともに肌が茶になってるのは。

た・だ……

その所為で、来週の木曜日に控えた卒業式に出たくなくなってきております。というのも、日焼け故にカメラのフラッシュをたかれると黒光りするのですよ…肌が(爆)。何が面白くて、大学卒業という華々しい瞬間に黒光りせにゃならんのですか。マグロじゃあるまいし。

あと、もともとソバカスが酷いのに、更に増えまして、今はリアルにキャンディ・キャンディです。どうしてくれよう。気がついたら、腕にまでソバカスが…|||○| ̄|_

まぁ、これは1年ぐらいかけて何とかしますよ。卒業式には間に合わないですけど。

まぁ、ベガス旅行のそれとあわせて、またおいおい写真をUPしていこうと思います。さて、楽しい旅行の話の前に、『本当にあった(ある意味)怖い話』

ウメコがメキシコから帰ってきたのは昨日なんですけど、玄関開けて、ルーミィと久々に言葉を交わして、キッチンを通ってウメコの住むリビングへと行こうとしたら、

キッチン&リビングエリアにやたらとコバエが飛んでました(爆)。

うん………薄々感づくと言うか、心配はしてましたよ。きっと、ウメコの留守中に、キッチンに何かしらの変化が起こるだろうな、っていうのは。でもまさかコバエがたかるほどになるとは思ってもみなかった。ガッカリしながら、今日はコバエ退治&キッチンの掃除に時間を割きました。まがりなりにも女の子ですよ(←酷い)。普通に綺麗にしてたらコバエなんぞたかりませんよ。いや、大学院の方が忙しいのは百も承知なんですけどね。

とにもかくにも、ウメコが帰ってきたからには、コバエの存在なぞ許しませんよ。ルーミィには…さすがにこればっかりはちゃんと言おうと思います…。いくらなんでも不潔すぎる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これほど自分のことをイヤになったことが今までにあっただろうか、いや、無い!と自問自答して断言できる事件

やっと荷造り始めました。で、やっぱり思うのは「パッキングが異常に下手」。とりあえず、はかどらない・はかどらない。しょうがないので、こうやって更新してるのですよ。現在進行形で部屋の中がとっ散らかってます。正味1時間やると飽きるのですよ(爆)。

さて、そんなウメコがこの間バイト先で貰えるチップの自己記録を更新いたしました。今までのMAXだと、まぁ$22ってところだったんですが(※2週間分のチップ)、この間はなんと、$30も貰えたのですよ!キャッホウ!!凄いぜ!!やったぜ!!1セントやら5セントやらが積もり積もって$30になったぜ!!

あまりにも嬉しくて、その時一緒に働いていた同僚にも自慢しちゃいました。実際、なかなか$30も貰える人はいないみたいで、同僚も「すげぇ!」と一緒になってキャッキャしてくれました。んがっ、さすがに仕事中なので、そのお金はエプロンのポケットに入れて、普通にシフトが終わるまで働いていました。

そして待ちに待ったオフ時刻。やれやれー、$30で何か新しい服でも買っちゃおうかな~なんて思いながらエプロンのポケットに手を突っ込んだら

手 に 何 も 触 れ て こ な い

………

………………あれ?財布にいつしまったっけ??

パカッ

………………

………………

………………………………あれ?$30が見当たらない…??









え?









んん?












Σ( ̄ロ ̄)



















ウメコの$30が消えとるぁあああああ!!!!!!



















「「「「ええええええええ!?」」」」

「ちゃんと、財布の中見た?」
「カバンのぽけっとには?」
「もっかいエプロンのポケット見てみ?」
「その辺に落ちてない?」

ウメコ「無いいいいいいいいいいいいっ!!!!」

この時点で大分パニックです。だって$30ですよ、$30!!大金ですよ!しかも、めったとお目にかかれない「小銭が積もり積もって出来上がった$30」ですよ!そんなもんどうやったって貧乏性なウメコがなくすんですか、ゴミじゃあるまいし、そんなドシャーーーッと捨てるわけがな…………

「ああああああああああああああああっ!!!!!!」

店長「見つかった!?」
ウメコ「うち、多分、ゴミ箱に捨てました…$30…」
一同「「「「えええ!?」」」

実はウメコ、働いている時に出る細かなゴミ(特にティーバッグの包装紙)をいちいちゴミ箱に捨てに行くのが面倒くさいので、ちょっとしたゴミが出たら、それらをいったんエプロンのポケットに突っ込むのです。で、ポケットがパンパンになってきたら、ポケットの中身を鷲掴んでゴミ箱にポイ。

ウメコ「…………って訳ですから、多分、いつもの癖で、チップが入ってるポケットにもポンポンごみを入れてって、無意識でそれらを全部捨てたんだと思います…汗」
一同「「「ちょっ…!!ゴミコンテナの中にほうってきたゴミ袋の中身見てきな!!」
ウメコ「ええええええ!?」
同僚A「いやいや、$30だよ!?でかいよ!?ゴム手袋つけて、さっさと中に入って探してきな!」

…そうなのです。悪運もここまで来るんです。実は$30失くしたと気づく直前が、丁度店のお掃除時間でして。ゴミ箱のゴミ袋を全部取り替えて、裏口にあるでっかいゴミコンテナの中にそのゴミ袋たちを放り込んできたところなのです。

Gomi

とりあえず、黄色いゴム手袋をオン。コンテナの縁によじ登って中を覗いてみました。幸い、中にはウメコが放り込んだゴミ袋が4つあるだけで、何とか飛び込んでって、コンテナの中でゴソゴソとゴミ袋をあけて中身をチェックすることが出来そうでした。

でもねっ!?

これって、なかなかやりたい事じゃないじゃないですか!ゴミコンテナの中に、いくらゴミが少ないとは言え、飛び込むだなんて!!近所をウロウロしてるホームレスさんと同じ行動ですよ!?そう簡単にしたくないわけですよ!!











………2分後。














Gomi2

人として大事な何かを失いました(爆)。

もう、しょうがないでしょおぉぉぅ!?

吹っ切れつつも、かなり懸命に探したのですが、何故か出てこない。何で!?他にもう心当たりなんて無いのによ!?あーもー駄目だー…なくした自分が悪い。高い高いレッスン料だと思って、これから二度とエプロンにはお金なんか入れないようにしよう……。

そう思い、戦利品のないまま、店に戻り、皆に$30をあきらめる旨を伝えました。

同僚A「駄目よう!それ、凄い気になるから、駄目!!あたしが探してあげる!まかして!私、昔ッから探しモノ見つけるの、凄く上手だから大丈夫!」

ウメコ「いや、もう、大概いろんなとこ探したよ…?」

同僚A「大丈夫!絶対見つけてあげるから!!」














で、3分後…。

続きを読む "これほど自分のことをイヤになったことが今までにあっただろうか、いや、無い!と自問自答して断言できる事件"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コスコのサーモンが異常に美味いよ

友達のA氏に誘われて、一緒にコスコに買い物に行ってきました。

ホストファミリーのところにいた時にいったのが最後だったと思うので、かなり久々でした。いついっても超特大なパックでだだん!!と置いてあって良いですねぇ。基本的に日常品の買い物で普通に楽しんでしまう性格なので、ああいうところ行くと、いつも以上にテンションがあがりますよ。

まぁ、よくよく考えたらそんなに買うものなかったんですが、ダイエット中なので、ヨーグルトを2kgとフローズンベリーミックスを1kgほど買いました。だってそのサイズしかないんだもん。あとは何を買おうかなぁ~とぶらぶら見てたら、A氏が「ここの肉とシーフードは美味いよ」と教えてくれたので、2人でカンパして買うことにしました。最終的に、

がっつりデカいサーモン(15cm×40cmくらい)を2切れ、

鶏ムネ肉を10個、

生ハムを10スライス、

いただきました。

実はウメコ、この時まで生ハムと言うものを食べたことが無くてですね…。興味本位で買ったんですが、何アレ、物凄い美味しいですよ。あれを知らずに今まで生きてきたのかと思うと、激しい後悔の念に襲われますよ。プリンとマンゴーに肩を並べて、ウメコの好き過ぎる食べ物に殿堂入りです。

で、サーモンはさっさと食った方が絶対美味いということで、飯友であるP氏を呼んで、ムニエルで頂きました。生で食おうと思ったのですが、生に対して一抹の不安が残るので、あえてここはムニエル。レモンを絞って、食ったんですが、

うまああああい!!!やわらかあああああい!!!

あーこんな美味い魚なかなか食えねぇよ!!何であんな美味しいの!!あーコレを食えないルーミィ(週末婚の為、不在)可哀想だなー!と思いながら、がんがん食いました。たいがいデカいサーモンだったんで、1切れを縦半分にして、P氏とウメコでわけっこしたのですが、そのムニエルもぺろりと食って、ミディアム・レアぐらいだったら、大丈夫なんじゃないかと盛り上がり始めて、残っていた1切れにも手を出し始めました。

厚めに切って、熱したフライパンの上で、10秒くらい焼いて、レモン汁つけて、食!

んまあああああい!!!

近くの寿司屋が出してるサーモン丼のサーモンみたいに生臭くなあああい!!

もう、ここまで来たら!!ということで、結局、最後は生で頂きました。半分はお刺身で、もう半分はタタいて、ニンニク醤油とごま油と混ぜまして、サーモンユッケで頂きました。ああもう、凄く美味しかった!!

で、翌日(今日)、腹壊してるかと思いきや、全然元気だったので、やっぱり最後、勇気出して生で食って良かったです。でもさすがに夜にあんだけ魚食ったらちょっと脂とりすぎなんじゃないかなーと思いまして、今朝はいつもの倍の2時間、ウォーキングしてきましたよ。5日目くらいですが、体重変わらず。体脂肪が2%減り、水分量は2%上昇!

ところで、なかなか「女性の月のモノ」がこないのが心配です。予定ではベガスあたりでなるハズだったんですが…。これ、下手したらメキシコ(リゾート地)でなるんじゃね?そしたら、バナナボートも、シュノーケリングも、ホテルのプールにも入れないYO!!(で、こういう悪い予感の的中率だけ異常に高いウメコ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こないだのFinal Exam並みに背筋が凍った話

何か…せっかく学校も終わって、暇こいてるのに、まったく更新が滞ってまして…申し訳ないです。っていうのも、学校終わった所為で、行動範囲が狭くなってしまい、結局、ブログにあげるような面白いネタに遭遇しなくなってしまったわけですよ。何て悪循環。バイトの方もさっぱりですし。あぁ、ベガスのネタはあるんですが、ただいま製作中ですので(旅レポートは意外と難しいことが判明)、もうしばらくお待ちをぉぉぉっ。

で、やっと久々に出てきたネタ。

帰国1.5ヶ月前にして、体重がヤバす!! |||○| ̄|_

事の発端は友達のP氏。「最近すげぇニクがついてきたから、運動し始める!」と声高らかに宣誓されまして@ウメコ宅。「じゃぁ、うちも学校終わって暇してるし、またダイエットし始めようかなぁ~」という、実に軽~い気持ちでスタートしたのです。もう、見てのとおり、まんま人に流され気味でのスタートな訳ですよ。

でね。

ダウンタウンに引っ越してくる前までいたところの家に、うっかり体重計を忘れてきてしまったので、これじゃぁいかんな…と思い、買いに行ったのですよ。家の近くのドラッグストアに。そこで溜めまくったポイントカードのおかげで、通常$74する体重計がたったの$8で買えました。もう、タダ同然ですよ。こういう瞬間、本当に心の底から嬉しいですよ。

ちなみに、この体重計、体脂肪と体の水分量まで測れるという素晴らしいものでして。早速家に帰って、いそいそと自分のデータ(身長、性別、年齢)をインプット。そして乗ってみたらば、















ヒイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!

↑声にならない声











あかーーーーん!!!!!
人としてあかーーーーん!!!!

もう、恐ろしい数値が出ておりました。内輪ネタで言わせていただくならば、NZ留学時代の頃に完全に片足つっこんでます。10階建てビル(10階=ウメコ的過去のMAX体重)で言うならば、軽く9階におります。

そして、体脂肪。生まれて初めて測ったのですが、

人間の体ってこんなに脂肪を蓄えられるのですか

と感心するぐらいの数値が出ておりました。あんまりにも酷かったので、ルーミィにすら笑いながら報告することが出来ず(汗)。まぁ、大概デブってますけど、何なんでしょうね…デブの隠れ肥満ってこんなに酷いのかと。真剣にへこみました。

で、更に驚きなのが、水分量。最初は「何のこっちゃ」と思って、大して気にしてなかったんですが、P氏が遊びに来て、ついでにこの体重計で測って「俺、水分量60%だ」って言うもんですから、随分水分があるねぇ~と感心したのです。さらについでにルーミィもやってきまして、測ってみたらば、なんと吃驚、80%って言うんですよ。あれれ、何かウメコ少ないのかも…。

P氏「ウメコはいくつあった?」
ウメコ「42%」
P氏「……何かえらい少なくないか?」

そもそも水分量って多い方が良いの?少ない方が良いの?多すぎても駄目ってもんなんじゃないの?

何だかよくわからないので、早速ググってみました。

結論:体の水分量が50%以下=老人

ヒイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!

老人のボーダーラインを軽々と下回っておりますよ!!!っていうか、そもそも人間って体の6割が水で出来てるとか何とか言いませんでしたっけ!?42%でどうやってやりくりしてんのよ、ウメコのボディ!!

でもねっ!

ウメコは何だかよく分からんのですけれども、とにかく物凄く水を飲むのですよ。健康に気をつけて、っていう訳じゃなくてですけど。カウントしませんけど、たぶん普通に2L近く飲んでますよ、一日で。それなのに42%て!!

で、更に調べたら、脂肪は水分を含めないから水分量が低いみたいです。
デブ=脂肪過多=水分量減!!うぉぉぉ!!何この悪循環!!!

という訳で、がっつり真剣に運動をしております。でも2週間後にメキシコ行きます。しかも1週間も。絶対、ここで終わるよね。っていうか、こないだハイジャックあったのに、行けるのか?行きたいのか?(謎)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カキ氷早食い競争

タイトルのまんまな事をしてきました。何だか中途半端に若い感じが否めませんね。

事の発端は、ウメコの妙な癖。基本的にレストランで、席に着いて、お水が出てきたら、まずそれを半分ぐらいゴクゴクと飲みます。で、料理が来る前に飲み干します。で、お水が注ぎ足されるまでは、グラスの中に入った氷をガリガリ噛み砕きます。水が足され次第、またそれをガブ飲みします。

家でも水をしょっちゅう飲んでるんですが、とにもかくにも、体を冷やさずにはおれん様になっとるみたいです。

まぁ、そんなウメコが例のごとく、いつもの面子でご飯を食べに行きましてね。ダウンタウンにある、『Barefoot』というお店。そこでご飯を食べながら談笑していると、ふと、「ウメコはいっつも氷ばっかり食ってる」という話になりまして。そこから、「そんなに食ってるんだったら、かき氷の早食いなんか得意なんじゃないの?」という事になりまして。

「面白そうだったら、とりあえずやってみよう」精神のある面子なので、しっかりやることになりました。ウメコと一番長くお付き合いしている友達のK氏が競争相手。あと2人いたんですが、腹一杯ということで不参加。

オーダーしたのは、イチゴ味のカキ氷。ウメコは宇治金時が一番すきなのですが、それにトッピングとして盛られている白玉が嫌いだとK氏がおっしゃるので、甘甘なイチゴで勝負することになりました。

よーい、どん!

の友達の掛け声でスタート。やるからには勝ちてぇ!と思いながら、スプーンで氷山をつつくのですが、出来上がってから若干の時間が経っているのか、妙に硬い!しょうがないのでスプーンでガンガンと山を崩す作業から開始。ガンガン崩しては、それを食べる。食べては、崩す。

その繰り返しをしつつ、横をチラ見すると、K氏は器をひっつかんで、豪快に口内にかっこんでるではありませんか!

えええええー!何かちょっと負けるっぽくない!?いやいや、ここでアレやったら、ペース乱れるよなぁ……と冷静沈着に考えてるうちに、お隣さんが

「あぁぁっ!イタイイタイイタイイタイ!!」

…“キーン”が来たようです。よっしゃ!

お隣さんが身悶えている間に、ガリガリ食べる!黙々とガリガリと食べる!

ザクザクザク…

シャリシャリシャリシャリ…

ザクザクザク…

シャリシャリシャリシャリ…

「「うぉー早ぇー」」(外野)



「はああああぁぁっ。はあっ、あああぁっ…!」




一同「ゲフッ!!」

K氏「ああああぁっ!いだっ………イタいぃぃ……はあああぁ…!」

ウメコ「ちょっwww……ゲフォッ!笑かすなああっ!」

体が悲鳴をあげだしたのか、K氏が体の気持ちを代弁するが如く変な声を出し始めました。ひゃぁぁぁ~、っていう声に近いんですが、何故か「はあああぁぁ~」に。口内の冷たさ故の声っぽいです。それが笑けて仕方ない。

でも、そうこうしてるうちに、ウメコの方が先にペロッと平らげました。イェーイ!

K氏「おま………頭がキーンとか、食道の辺りがキュウウウッとか、なんねぇの?」
ウメコ「……………あ、ならんね」

あれ?小さい頃は、カキ氷食べるたびに“キーン”が来てたんですが…よくよく言われてみると、食べてる最中、一切“キーン”が来なかった。良いのか?悪いのか?変なのか?慣れたのか?

なにこれ、あれれ、ウメコ、大丈夫なのか?

………妙な疑問を残しつつ、Tシャツのすそにイチゴシロップのシミを残しつつ、ウメコの夏は過ぎていきます(あの赤は洗濯しても取れんよなぁ…)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »