« 運が無い話・チューペットが無くなる話 | トップページ | こないだのFinal Exam並みに背筋が凍った話 »

カキ氷早食い競争

タイトルのまんまな事をしてきました。何だか中途半端に若い感じが否めませんね。

事の発端は、ウメコの妙な癖。基本的にレストランで、席に着いて、お水が出てきたら、まずそれを半分ぐらいゴクゴクと飲みます。で、料理が来る前に飲み干します。で、お水が注ぎ足されるまでは、グラスの中に入った氷をガリガリ噛み砕きます。水が足され次第、またそれをガブ飲みします。

家でも水をしょっちゅう飲んでるんですが、とにもかくにも、体を冷やさずにはおれん様になっとるみたいです。

まぁ、そんなウメコが例のごとく、いつもの面子でご飯を食べに行きましてね。ダウンタウンにある、『Barefoot』というお店。そこでご飯を食べながら談笑していると、ふと、「ウメコはいっつも氷ばっかり食ってる」という話になりまして。そこから、「そんなに食ってるんだったら、かき氷の早食いなんか得意なんじゃないの?」という事になりまして。

「面白そうだったら、とりあえずやってみよう」精神のある面子なので、しっかりやることになりました。ウメコと一番長くお付き合いしている友達のK氏が競争相手。あと2人いたんですが、腹一杯ということで不参加。

オーダーしたのは、イチゴ味のカキ氷。ウメコは宇治金時が一番すきなのですが、それにトッピングとして盛られている白玉が嫌いだとK氏がおっしゃるので、甘甘なイチゴで勝負することになりました。

よーい、どん!

の友達の掛け声でスタート。やるからには勝ちてぇ!と思いながら、スプーンで氷山をつつくのですが、出来上がってから若干の時間が経っているのか、妙に硬い!しょうがないのでスプーンでガンガンと山を崩す作業から開始。ガンガン崩しては、それを食べる。食べては、崩す。

その繰り返しをしつつ、横をチラ見すると、K氏は器をひっつかんで、豪快に口内にかっこんでるではありませんか!

えええええー!何かちょっと負けるっぽくない!?いやいや、ここでアレやったら、ペース乱れるよなぁ……と冷静沈着に考えてるうちに、お隣さんが

「あぁぁっ!イタイイタイイタイイタイ!!」

…“キーン”が来たようです。よっしゃ!

お隣さんが身悶えている間に、ガリガリ食べる!黙々とガリガリと食べる!

ザクザクザク…

シャリシャリシャリシャリ…

ザクザクザク…

シャリシャリシャリシャリ…

「「うぉー早ぇー」」(外野)



「はああああぁぁっ。はあっ、あああぁっ…!」




一同「ゲフッ!!」

K氏「ああああぁっ!いだっ………イタいぃぃ……はあああぁ…!」

ウメコ「ちょっwww……ゲフォッ!笑かすなああっ!」

体が悲鳴をあげだしたのか、K氏が体の気持ちを代弁するが如く変な声を出し始めました。ひゃぁぁぁ~、っていう声に近いんですが、何故か「はあああぁぁ~」に。口内の冷たさ故の声っぽいです。それが笑けて仕方ない。

でも、そうこうしてるうちに、ウメコの方が先にペロッと平らげました。イェーイ!

K氏「おま………頭がキーンとか、食道の辺りがキュウウウッとか、なんねぇの?」
ウメコ「……………あ、ならんね」

あれ?小さい頃は、カキ氷食べるたびに“キーン”が来てたんですが…よくよく言われてみると、食べてる最中、一切“キーン”が来なかった。良いのか?悪いのか?変なのか?慣れたのか?

なにこれ、あれれ、ウメコ、大丈夫なのか?

………妙な疑問を残しつつ、Tシャツのすそにイチゴシロップのシミを残しつつ、ウメコの夏は過ぎていきます(あの赤は洗濯しても取れんよなぁ…)。

|

« 運が無い話・チューペットが無くなる話 | トップページ | こないだのFinal Exam並みに背筋が凍った話 »

つぶやき。」カテゴリの記事

コメント

君たち・・・・・・・

投稿: Yuki | 2009/09/02 07:47

しょーも無いことが大好きな阿呆な連中の集まりなのですww

投稿: umeco | 2009/09/10 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99825/46095362

この記事へのトラックバック一覧です: カキ氷早食い競争:

« 運が無い話・チューペットが無くなる話 | トップページ | こないだのFinal Exam並みに背筋が凍った話 »