時事ニュースと心理学

いやぁ~バンクーバーも花粉が舞う季節となりました。花粉症の友達や同僚(バリスタ)が鼻をグズらせていて、大変そうです。花粉症じゃないウメコとしては「花粉症ってそんなに大変なの…?」ってなモンです。すいません。

ところで、こっちの人ってマスクしないんですよね…。マスク=大病みたいなイメージみたいで、つけないそうです。…そんな、見た目の云々言ってる場合じゃないような鼻水とくしゃみレベルなのにですよ。

とにもかくにも、花粉症の方、頑張って耐えてください。

さて、某大物カップルが離婚だの、日本がWBC連覇だのって何だか世間は賑わってますねぇ。前者のニュースに関しては、「2年で!?早っ!!」ぐらいの感想しか最初持たなかったんですが、何だかよくよく考えてみたら、変な話ですよね。両者揃っての会見なり、離婚報告なりが普通な気がするんですが、何故か嫁の居ぬ間に両親がしゃしゃり出るという訳の分からん展開。しかも、(まぁ本人にも悪い所があるんでしょうが)夫に物凄く不利な状況。何であんなに嫁贔屓な感じなんでしょ。いやね、そらぁ、浮気がどーのこーのあったっぽいですけど、あそこまで贔屓する必要あるんでしょうかね。しかも、嫁がめちゃ爽やかに帰国して、コメント残して、何だか妙にモヤッとします。報道の贔屓っぷりといい、嫁の対応といい、出来すぎじゃね!?と思うのはウメコだけでしょうか。

っていうかね、基本的にスピード婚は続かないのです。心理学の観点から見ても。ざっくり言っちゃうと、精神的にも物理的にも近い者同士の方が長く続きます。で、精神的に近くなるには、まぁ、長く一緒にいるってことが大事なんだと思うんですよ。長く一緒に居ることで、お互いの本質が見えてきます。また、共同作業が増えてきます。単純に、人間は「似ている人」と長く上手くいく傾向にあります。長いこと一緒に居て、共同作業が増えることで、「自分に近い」と認識するわけです。で、自分に近ければ近いほど、ぶつかることも減り、結果、長続きしやすくなるんです。

講釈が長くなりましたが………

そんな訳で、付き合って1年も経たないうちに結婚した2人が続くわけねぇ!!ましてや2人とも芸能人な訳で。まともな夫婦生活は無理ですよ…。

あと、男は浮気する生き物です。正確に言うと、遊びであろうが、本気の心変わりであろうが、チャンスがあれば浮気します。そういうもんです。しない男はチャンスがないか、浮気の代償がでかすぎるか、盲目状態になってて周りが見えてないか、女がよっぽど出来た人間で手放すのが勿体無い!って場合です。

子孫を残す、ってことを考えても、男は量で、女は質で勝負ですからね。男はやろうと思えば1時間で複数回種付けが出来ます。言い方がアレですが、数が多いほど、次世代で生き残る子孫の数が多くなるわけです。でも、女は身籠る(約10ヶ月の間は子孫作りが不可能)ので、1回1回が大事なってきます。だから、自然と量より質に重きを置くわけです。だからね、もう、男が浮気するのも、女が浮気を嫌がるのも、本当にしょうがない、男と女の違いなんだと思いますよ。浮気を許すわけじゃないですが、単純に、女のアプローチの方が、現代社会と倫理にあってるだけなんじゃねぇかなぁと思うわけです。

で、話はWBCに移りますが………(唐突)

日本の2連覇ってどうなの!?(えええ)
いやね、ほら、皆こぞってアメリカのメジャーリーグに行きたがるじゃないですか。だから、ウメコは勝手に「アメリカ>日本」って思ってたんですよ。なのに、アメリカ下して、韓国下して、2連覇。あわわわわ。これって、あれですか。ルールが特殊だからですか。同じ投手を連日でずうーっと出せないってだけで、やってる側からしたら、2試合、3試合先のコトまで考えて、今日の投手を決めなきゃいけないわけですよね。うわー面倒くさっ(爆)。チーム全体の強さも勿論ですが、何だかこの投手決めも「勝利」の要因になってきてて、何だかそれって普通の野球とちょっと違うような…と野球ファンでも何でもないウメコは思ったわけです。昨日の投手選択をミスって、今日勝てなかった!ってありえんですよ、普通だったら。

もっと普通の野球がよろしいです。普段、特別野球見る人でも何でもないですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最近の競泳に一言、二言

唐突ですが、皆様、競泳に興味はありますか?ウメコは昔、ずっと水泳やってたんで、今でも競泳が好きで、競泳関係のニュースもよく読むんですが、最近はどうも納得行かないコトが多いですね。

えーと、北京五輪に出るには、決められた水着会社の水着を着ないといけない!っていう訳の分からん取り決めがあるんですが、どうもその決められた3社(ミズノ、アシックス、デサント)よりも、SPEEDO社の水着の方が速いタイムが出るのだとか(詳細記事はこちら)。

ウメコが思うことその1。

何でそんな面倒な取り決めがあるん!?何着ても良くないか!?訳が分からんですよ。しかも、その取り決めを破ったら、違約金として億単位の金を払わなきゃいかんとか。阿呆かっ!

その2。

既に競泳選手の技術よりも、水着の性能でタイムを出してるやん!!
もう、全然競泳じゃないっすよ。生身の体での勝負じゃないっすよ(その辺は全身スーツタイプの水着が登場してから、薄々思ってましたけど)。0.5秒縮まったとして、それが良い水着の結果ならば、それは選手自身の能力が成長した、っていうのとは全くの別モノ。

ってことで、無駄な争いと無駄な金を払わせない為に、また、純粋に選手の身体能力勝負をする為に、

競泳は真っ裸でやるのが一番だと思います(爆)。

いや、真っ裸は問題だな(当たり前)。

前者の問題は各国の五輪出場選手全員が同じ水着を着れば解決です。身体能力のみで勝負をさせるには…うーん、水着の表面積に上限&下限リミットをかける、ってどうでしょ。身体能力勝負に限りなく近づける気がするんですが。

水着会社の技術はどうすんだ、って事になるでしょうから、それはそれで、全く別モノとして、大会を開けば良いと思いますよ。とにもかくにも、競泳とテクノロジィを混ぜちゃいかんのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

働かない事 カブる事 悶死する事 

朝のニュースで、サッカーW杯の思わぬ効果が伝えられていました。ズバリ、

働かずにゲーム観戦をしている
労働者が増えている!!(爆)

特にまだ勝ち残っている国からやってきている肉体労働者のおじちゃん達が、豪快に働いていないみたいなんですよ。インタビューまでされてたんですが、とある工事現場においては現場監督すら「サッカー終わってからで良いじゃん、仕事なんて!」なんて言ってたので驚きました。ソコまで情熱的なのはある意味素敵ですが、普通に考えて行き過ぎです。お国柄の違い?考え方の違い?っていうか、もし自分とこの国が優勝なんかしたら、どの位働かずにドンちゃん騒ぎする気なんだろう…。

あぁー日本じゃありえんよなぁ…阪神が18年ぶりに優勝した時も、皆(ハシャいだけど)ちゃんと仕事には行ってたし(ものっそい大阪なハナシですいませんが)。

さて、おっちゃんらが盛り上がってるのと同時刻、ウメコも大変な事になってます。期末試験の予定がウェブで発表されたんですが、

4教科中、3教科のテストが同じ日程になってる…|||○| ̄|_

しかも、最後の1教科もその翌日という、激ヘヴィな内容。何でそんなことになってんだろうか…。一応、ありがたい事に時間までしっかりとかぶっているので、1教科を別の日にズラしてもらえるのですが、それをするにはオフィスに出向いて【個人的なテスト時間変更リクエスト】をしなくちゃいけないのです。あー面倒くさい!!(書類書くの嫌い)期末テスト期間は2週間もあるのに、何故にたったの2日間にウメコのテストは密集してるのでしょうか。もう、謎過ぎて困る。しかも、2週間のうちの後半だし…(=夏休みが短い)。踏んだり蹴ったりですよ。

あ、踏んだり蹴ったりと言えば、今日、経済のクラスで隣に座ってた男の子の口臭の所為で悶死しそうになりました。1時間耐えた自分を称えたい…。

そんな訳で(関係ないけど)明日は社会学のテストです。頑張ろう、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アウェー・ゲーム イン バンクーバー

経済の中間テストを終えてまいりました、ウメコです。明日は生物の小テスト…糖分を如何にしてATPっていうエネルギーに変換するかっていう、そのメカニズムについての小テスト。ウメコ的には既に中間テスト位の感じがします。

さて、今日は日本とブラジルのW杯の試合日でしたね。それ故に物凄いアウェーな気分を今日は味わいました。

バンクーバー時間では、試合はお昼開始だったらしいんですが、それより早く、午前中に生物のクラスがあるウメコは、10時半頃にカレッジに登校して生物の教室に行きました。そう…いつもと変わらぬ一日の始まりだったのですよ、教室の前までは

生物の教室…そこにはブラジル・フィーバーが充満していました。

発生源はブラジル代表のユニフォームを着た、ブラジル人(女)!!!
とその周りを取り囲むカナダ人!!!

「今日、ブラジルの試合があるんだ~♪」
「でももう、決勝進出は決まってるじゃない」
「それでも試合は試合よ!あー、興奮するわぁー!」
「大丈夫よ、今年の優勝候補だもん!」
「試合観たいな~」
「あたしも~」
「何時からなの?」
「12時頃だったかな」(←この発言で初めてその時間に試合があることを知った)
「出来たらスポーツカフェとか行って、応援したいんだけど…vv」
「さすがブラジル人!」(←発言の意味がよく分からない)

…………うん、物っ凄いアウェー

そして一言も出てこない“JAPAN”という単語。ブラジル人も、彼女を取り囲むカナダ人も、対戦相手などには興味が無いご様子。うふふ、何気に対戦相手国出身が同じクラス内にいるとも知らずに、ブラジル最強トークに花を咲かせていました。

当の本人のウメコと言えば、黙っていつもの場所に着席。のほほ~んと彼女達の会話を聞いていました。何で黙ってたのかって?

1.彼女達の盛り上がりようについていけない(朝はテンション低)

2.ブラジルより弱い日本なのに、「ちょっと、日本は絶対勝つよ!ブラジルなんかに負けないわよ!」てウメコが発言するのは明らかにおかしい。そしてその発言は明らかに負け犬の遠吠えにしか聴こえない。

ていう2つの理由で黙ってました。うん、下手に彼女達の盛り上がりに水を差すのも悪いしね。そしてココで先生の登場。彼女もW杯ブラジル戦が楽しみらしく、ブラジル人の女の子が着ている目の痛くなる蛍光黄色のユニフォームを見て、

「今日の試合、ブラジルが勝つに
決 ま っ て る わ ね ♪」

ってニコニコしてました。やっぱし対戦相手は無視(笑)。ここまで対戦相手国の名前が挙がってこないW杯トークって無いなぁと思いつつ、ニマニマしながら聴いていました。多国籍故に、こういう世界規模のスポーツの祭典になるとバンクーバーは色々な表情を見せてくれるので非常に面白いです。

蛇足ですが、ウメコはそんなにサッカーで熱くなれません(汗)。1つ1つのプレーにはそれはそれは沢山の動きだの、テクニックだのがあるのでしょうが、ウメコ的に、試合時間が長い割に変化の少ない、点の入らないサッカーは盛り上がれません。ごめんよ、サッカーファン。世界水泳なんかは好きですけどね。うん、あれはアツい。イアン・ソープ&ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドが大好きv 超格好良いです。鬼の速度で泳ぐしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表チームは…

いつから彼らはサムライ・ジャパンって
呼ばれてるんですか!?

ずっと、ジーコ・ジャパンやと思っとったのに…。Σハッ、もしや、すでに死語!?ジーコ監督への期待の薄れが「キャッチコピーから“ジーコ”を外そう」的な発想を巻き起こして、結果サムライ・ジャパンになったのかな?

まぁ、些細で素朴な疑問なので、放っておいてあげてください(ウメコを)。

さて、サッカーとは何ら関係の無い社会学の授業で、今日はクッキーを食べました。うちの社会学の授業の決まりで、「携帯鳴らしたヤツは、次の授業日に全員にクッキーを配る」という罰があるのですが、先週うっかり鳴らしたヤツがいたので、そいつがクッキーを持ってきました。で、頂きました。ありがたく。ちょっと恩着せがましい感じがしたけどね、その携帯男からは。

もっと関係ない話ですが、今日、社会学の先生のTシャツが物凄い韓国してました(変な日本語だが、ご理解の程よろしくお願いいたします)。太極旗と共にハングルで大韓民国、て書いてました。うん、テーハンミングッ!(←分かる人は分かる)

あ、韓国と言えばフランスと引き分けたらしいですね、W杯。韓国人の友達から今日聞いて初めて知りました(爆)。うん、とにかくW杯に対する情熱みたいなものが無いです。韓国人の友達にも「ウメコ、4年に一度のエキサイティングなイベントなんだから!」って言われたけど、サッカー以外のW杯を完璧に無視している輩に言われたくないとか思って笑顔でかわしておきました(ヒネてる)。そう、何気にどんなスポーツにもW杯ってあるのに、なーんでサッカーだけあんなに盛り上がるんでしょうね?まぁ、サッカーを楽しんでる人口と国数の問題なんでしょうけど。ていうか、サッカーのW杯が盛り上がるなら、

カバディのW杯だって盛り上がるんじゃないだろうか

と思うのはウメコだけでしょうかね。あー懐かしいなぁ、カバディ…真剣にやった事ないけど(爆)。カバディ・カバディ・カバディ・カバディ・カバディ・カバディ…(エンドレス)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

女子アイスホッケー・カナダ金!

カナダの女子アイスホッケーが見事に金メダルをゲットしちゃいましたね~。男のアイスホッケーに比べたら、女子アイスホッケーは多少穏やかな感じがしますが、それでもアイスホッケーそのものの豪快さは一向に失われていなかったように思えます。何てったって、あのプロテクター一式(装備効果:見た目のゴツさUP)をつけてますからねΣ( ̄ロ ̄lll)

そんな訳で、カナダに3つ目の金メダルをもたらしてくれました~♪(パチパチ)お国芸とも言える、アイスホッケーですからね。この調子で男子の方も勝ってくれたら嬉しいなぁvv

で・も・

カナダの…というか、COC(カナダ・オリンピック協会)の本当の狙いは、実は現在行われているトリノ五輪ではなく、次のオリンピック=バンクーバー五輪だということを皆さんご存知でしたか?!(←知る分けない)なんてったって、そう!!!(あまり聞かないフレーズ)

ここ近年、カナダは今ひとつメダルの獲得数が低迷していて、COCも「どうしたもんか」と頭を悩ませていたのですね。で、この低迷期を脱出しようと、現在COCは物凄い勢いで次期五輪向けに調整を重ねている選手の資金サポーターを探しています。まぁ、平たく言っちゃうと、一流アスリートに相応しいトレーニング器具、スポーツウェア、etcを買う為の金が欲しい訳です。実際、カナダの選手が使用しているスポーツ用品は、他の国の選手が使うモノに比べて、2年前後「遅れて」いるらしくて…。つまり、COC的見解から「メダル獲得数低迷」を見れば、不充分なサポート体制がその理由だ、という事になるのです。

地元五輪でバンクーバーを盛り上げたい!!という気持ちは分からなくも無いですが、メダルを取る為に、最悪の場合、税金からそのサポート資金が出されるのはどうなんでしょう??個人的に、普通のメダルだったらまだ良いですけど、今回の五輪の様なドーナツ型メダルだったら、もう、何か切ないです(爆)。アレって金・銀・銅の節約のために穴空けたんですか?しかも、出資者=納税者に何のメリットも無いっていう結果が火を見るより明らかです。COCももう少し考えて、メダルだけが全てじゃない、という原点的発想に戻るべきなのではないでしょうか。

という訳で、日本勢がいくら暫定メダル獲得数ゼロだからといって、メゲることはありません!!!ギリギリ、アイススケートで何とかなるかもだし!!(適当)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アイスホッケー観戦

昨晩、ウメコが住んでいるバンクーバーで、アイスホッケーの試合があったんで、家でファザー&マザーと一緒に観戦してました♪ちなみに初観戦でした。まぁ、テレビやってんけどね。観戦したのは、地元チームのVancouver Canucksとジョージア州はコロンバス(コロンブス?)のチームであるColumbus Blue Jacketsとの一戦。試合を観ながら、「そういや1~2年前にキムタクがドラマでアイスホッケーやってたなぁ」なんて思い出してたんですが、ぶっちゃけあのドラマみたいな試合じゃなかったです。もうね、強いて言うなら合戦ですよ。合・戦。スティックが激しくカッコンカッコン鳴るし、プレイヤー同士体当たりだし、壁にも普通にぶつかってくし、「ぉい、やんのか、コルァ!?」みたいな雰囲気もたまにたまにあったしで…(オトコ)のスポーツだなぁと。あ、漢と言えばVancouver Canucksのコーチが渋くて格好良かったん!!!!!

marc_crawford ねっ!?(←写真参照)

格好ええよね!?

渋いよね!?

TVに映った時に、「うわっ、格好ええっ」

って言ってしまったぐらいです。

マザーは「うん、彼、格好良いわよね」って

言ってくれたけど、ファザーは

「えー…生え際が植毛っぽい」

って言い切りました。……………多分、違う(と思いたい)。
試合自体は5-3でVancouver Canucksが勝ちました☆☆☆☆いぇぃっ。楽しめたっちゃ楽しめたんですが、1つ致命的な問題が発生。それは……….

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

パックの動きが速すぎ&TV画面上じゃ小さすぎて、どこにパックがあるのか分からん|||○| ̄|_

マザー&ファザーは普通に観てたんですが、うちだけCanucksがポイントを決めた瞬間に喜べませんでした(スコアしたかどうかも見えんかった…)。マザー曰く、慣れればプレイヤーの動きで分かるそうなんで、もう少し本格的に楽しむには時間がかかりそうです……(-ω-)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がちこーん

hockey2 今日は次女シスターのホッケーの試合を見てまいりました♪アイスホッケーもさることながら、フィールドホッケーも人気みたいです。次女シスターは基本的にかなりアクティブでスポーツ万能。走れば速いし、サッカーじゃ常に大活躍のDFだし、この前は学校のスポーツ優秀者部門で表彰されてました。すげぇ!

そんな彼女&チームメンバーが団結して戦っていた試合だったのですが、途中、写真中央に写っている彼女と、次女シスターがボールを同時に取りに行き、頭からガチンコ衝突!!!∑( ̄ロ ̄|||)

…………マジでお互いがぶつかった衝撃で軽く吹っ飛んでました。写真の彼女はい゛ったーーーーーーーーぁぁぁっ!!って位ですぐ起き上がったんですが、うちの次女シスターは立ち上がる気配が無い……!!どうも打ち所が悪かった模様。レフェリーも慌てて試合を中断し、次女シスターはマザーに連れられそのまま病院へ。

ウメコも病院に一緒に行ったのですが、その後、ファザーと一緒に一旦家に帰りました(医者以外何もしてやれないしね)。しばらくして家に帰ってきたシスターとマザーだったのですが、シスターは即行で自室で睡眠をとってました。真面目に打ち所が悪かったみたいで、脳が勝手に「眠たい」信号を送ったり、突如として気分が悪くなって嘔吐してしまったりするみたいです。うん、何か帰って来てからの次女シスターは少々デタラメな感じでした。スポーツって楽しいけど、突如としてこういう事が誰の所為でもなく起きてしまうので大変です。ぶつかった相手の彼女も普通に試合は続けていましたが、おでこが異常に腫れていました…遠目で見てもわかるぐらいに!こればっかりは気をつけてどうにかなるモノじゃないんで、何とも言えませんが、とりあえず今は次女シスターの回復を祈るばかりです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー観戦。

今日は唐突にサッカー観戦に連れてってもらいました!ホストシスターの長女が地域のサッカークラブでプレイしてるんですけど、そのチームメンバーと一緒にバンクーバーのサッカーチーム「Whitecaps」対トロントのチーム(チーム名が分からんι)の一戦を観に行こうという事になりまして。で、車に乗って10分足らずで試合会場に到着。なんかイメージしてたのと違って、

普通のこぢんまりとした競技場でした。

コートも絶対普通のより小さい気が…。…っでもそこはホーム試合らしく、沢山の人で賑わってましたよ!もう、ファイアダンスのパフォーマーがいるわ、チーム旗振り回してる熱狂的なファンがいるわで、ちょっとしたお祭り騒ぎ

で、コートの片側に用意された簡易席に腰を下ろしたところで試合がスタート!

試合自体は結構白熱してたんですが、何か簡易席側の観客のノリがいまひとつ。反対側にあるちゃんとしたスタンド席の方は、マスコットキャラクタの着ぐるみがやいやいと盛り上げて良い感じ。それを見て、仲間内で盛り上がったのが

あれ(マスコット)は青いバードか青いダックかという事。

確かに微妙だったなぁ…。そして両者共に点が入らぬままハーフタイムに。するといきなり小さいコートを二面作って、どこからか現れたちびっこサッカーチームがゲーム開始!!エンターテイメントとしては勿論の事、なかなかのプレイも見られて楽しかった~~♪何より可愛かった~~vv

そうして後半戦に突入したんですがっ、点が入りそうになったシーンがあったものの、結局0-0の引き分けで試合終了~。帰ろうか~と腰をあげると、ホストマザーが「花火があるからもう少し居ましょ」と一言。エンターテイメント性が強いなぁと感心しつつしばらく待っていると、時間つぶし的に現れたのが、最初に見たファイアダンサーズ。最初はすごい、すごいなんて皆言ってたけど、5分近くやられると

もはや火を振り回している以外の何者でもないので

簡単に飽きる始末。「まだ~?」なんてブツクサ言ってると

ドーーーーン!!

はっきり言って、爆音。ってか五月蝿すぎた…。さすがに油断してたのビクってしまいました。シスターの友人1名はビックリしすぎて腰抜かしました…驚きすぎです。でもそこ以外は至って普通の大きさの音で、花火の方も綺麗でした☆☆ただ、小生は大阪出身なので、やはりPLの方が断然良いなぁとは思いましたね。

花火も終わって、帰ろうかとゲートに向かっていた時、
「背番号15がいるーーーっ!!」とシスターが駆け出した!!サインが欲しかったみたいで、仲間もダーッと行ってしまいました…。数日前にきた小生にサッカーの有名人が分かる訳も無く、しょうがないのでマザーと待機…しようと思ったら、スタンドの方にさらにプレイヤーを見つけたらしく、そこまで人波を逆走!!マザーとウメコも後を追ってスタンドまで入っていきました。そこでビックリしたのが、

ありえない位に捨てられていたゴミの数!!

もう、汚いの何の…!!日本でサッカー観戦なんてした事ありませんが、日本のサッカー観戦者のマナーが良い事くらいは知っていたので、これには驚きました。捨てて帰るのが当然かの如く、ホットドックやポップコーンの入れ物が散らばっていました。それを清掃係の人が1個1個拾って歩いてたんですよ。その間にもシスターと仲間達は沢山のサインを貰ってご満悦。

もうちょっとちゃんとしようぜ、カナディアン!

小生、別に生真面目人間じゃありませんが、ゴミはゴミ箱へ入れる事くらいは当たり前にしなくちゃいけないんじゃないかなぁと思います。うーん、面白い事半分、残念な事半分な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)