思い出の品?オマケ編

【思い出の品?】シリーズ、いかがだったでしょうか。書いてるのは水曜日なんですが、予約投稿という裏技を使って、毎日更新ぶってました(爆)。文章少ないのを写真でごまかしてるんだよ★ テスト期間中なんで勘弁してください。まぁ、こういうコトもありますよ。

で、“ウメゴリ”初の試み!(←まず、この略称が初の試み/爆)

動画アップしてみました。ウメコの卒業式の後に行った、お友達の卒業式の入場シーンです。バグパイプの音色と、カレッジの偉いさん達が着ているガウンに注目です。
★音が出ますよ。再生する場合は、再生前に音量チェック★

一番左端のおじさんの格好が完全に道化師ですね(爆)。妙に浮いてるよ。ガウンがKYだよ。何故にあの色合いなのかは不明ですが、割り切った答えとして「そういう伝統だから」っていうのがあると思います。

以前のエントリィで書きましたけど、ウメコの卒業式にはバグパイプ奏者さんはいませんでしたので、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の品?その5

Me カレッジの卒業式で貰った物その5:思い出、priceless(爆)。

とりあえず、ガウン、肩掛け、帽子、キチンと身に付けるコトが出来てよかったです。西洋文化圏の大学・カレッジでないと、なかなかこういうモノを着る機会って貰えませんからね。

何が残念って(帽子もそうなんですが)ガウンが長かった事。ふくらはぎの位置に、ガウンの裾がきてるのが私的理想だったんですが、残念なことに、くるぶしの位置でした(写真でも微妙に確認できます→)。

えぇ、地面から10cmも離れてなかったと思います。…身長が低い人用のガウンだったのにも関わらずですよ。さっき、「ちょっとは伸びてんじゃねぇか?」と思って、メジャーで測ってみたんですが、ミリ単位でみても伸びてませんでした(爆)。

駄目だ、もう伸びん。 |||○| ̄|_

ちなみに、この写真見て、「あれ?ウメコってもしかして○○○(リアル世界での名前)なんじゃ……?」みたいな疑問を持った人、

黙認でお願いします!
言いに来ないで下さい!
確認も取りに来ないでください!

そんな事したら、おばちゃん、こっぱずかし過ぎて、またブログ全消去しちゃうからね!(前科一犯)

「知らぬが仏」精神で生きてますので、見ててくださっても良いし、「内容の薄い事しか書いてねぇなぁ」とか「馬鹿な事してるなぁ、こいつ」って思ってくれてても構いませんから、ウメコに「何某がウメコのブログを見てる」っていうコトを認識させないでください。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の品?その4

Img_4114

カレッジの卒業式で貰った物その4:謎の筒(手の平サイズ)。
最初、全くもって何なのか分かりませんでした。 開け方すら不明でした。

スライドさせるのか?蓋がついてるのか?

何やかんやして、やっと開いたと思ったら………

続きを読む "思い出の品?その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の品?その3

Img_4111

カレッジの卒業式で貰った物その3:卒業証書。
当たり前ですね。日本に帰国するまでに倍ほど汚れる可能性100%。

続きを読む "思い出の品?その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の品?その2

Img_4108

カレッジの卒業式で貰った物その2:モルタルボード。
件の帽子です。日本に帰国するまでにカドが折れる可能性90%。

続きを読む "思い出の品?その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の品?その1

Scan002_2

カレッジの卒業式で貰った物その1:用途不明カード。
本当はちゃんと名前が書いてあります。 日本に帰国するまでに失くす可能性60%。

※【Alumni】…卒業生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

College Grad---Part 2

自分の卒業式が終わった後は、友達のちゅーちゃんの卒業式を観に行ってきました。お互い、同じ日・違う時間に卒業式だったので、「見あいっこ」が出来て良かったです。まぁ、詳しい話は彼女のブログから見るコトが出来ますので、そちらの方へどうぞ~。

さてさて…

Img_4058 彼女の卒業式の形式は、舞台上に卒業生と偉い人、シートに父兄・友達が座るという対面形式でした。これ、卒業生の顔が良く見えるし、写真もすごぉく撮りやすかったです。賢いなぁ…。写真は式が始まる直前の舞台です。前方に設置された椅子に偉い人が座り、卒業生が後ろに座る感じでした。

ウメコの卒業式は、日本と同じ形式で、卒業生を後方から周りから父兄が取り囲むように行われました。卒業生と父兄の間に距離があるわ、顔が見えないわ…よくよく考えたら、この典型的なスタイルって、阿呆ですよね(爆)。

さて、卒業式はバグパイプの派手な演奏により始まりました。SFUもそうなんですけど、バグパイプ演奏で式が始められます。

Img_4066_2
ベレー帽被って、スカートはいたおじさんが、チンドン屋みたいにプアァ~~てバグパイプ吹きながら、入場。そのおじさんに続いて、カレッジの偉い人が入場してました。

ちなみに、一緒に彼女の卒業式を見に行った、ちゅーちゃんの彼氏によると、バグパイプ演奏者はパンツをはかないんだそうです(爆)。「嘘やろ」って言ったんですけど、「『世界○見えテレビ特捜部』でやってた」って言われたんで、信用するしかありませんでした。たかがバラエティ、されどバラエティ。まぁ、この写真のおじさんが穿いてるか否かは知りませんが。いや寧ろ、知りたくないんですが

あと、ちゅーちゃんとこの卒業式の何がスゴイって、司会者の横に手話通訳者さんがいたんですよ。式の進行に合わせて、テキパキ手を動かしてました。うちのカレッジそんなん無かったよ(爆)。あ、もしかしたら、ちゅーちゃんのカレッジには手話通訳士のプログラムがあるのかもしれませんね。スゴイなぁ(あくまで推測です)。

例のプログラム1番『国歌斉唱』の時も、ステージ上で音楽科の生徒(1人)が歌を歌い、ピアノの生演奏がありました。

とにもかくにも、サポートメンバーが豪華!っていう印象を持ちました。

しかも、卒業式の後の立食パーティーのメニューも、うちのカレッジのより断・然・美味しくて、バラエティに富んでました。シュークリームあり、サンドウィッチあり、春巻きあり、何かのフライがありで、最高の晩御飯でしたよ(爆)。同じカレッジなのに…何、けちけちしてんだ、うちのカレッジは(怒)。

Img_4068 うちのカレッジ、しゃぶしゃぶ的なリンゴジュース噴水がありましたよね。ちゅーちゃんとこのカレッジでは、デカいボウルにクランベリージュースが注がれていて、レモンだかオレンジだかが沢山浮いていました。写真で見たら、毒々しい色なんですが、実際見たらめっちゃキレイな色でしたよ。

どうも、「ジュース噴水」って食いモンで遊んでる気がして、ちょっと許し難いんですよ(爆)。偉いなぁ、ちゅーちゃんのカレッジ。

しかし、1つ言わせていただけるならば、

立食パーティーは屋内でやって頂きたかった!!

…そうなんですよ。屋外だったんですよ。デカいテントがはられて、その下でやってたんです。こちとら、スカート&非防寒ストッキングやったもんで、寒かったですよー!!

でも、総合得点は確実にちゅーちゃんの卒業式の方が上ですからね。えぇ、出れて良かったです。まぁ、例の帽子が無い、ってコトで、ちゅーちゃんはちょっとご不満そうでしたが、

無い方がよっぽど良いぞ

と声とフォントを大にして主張したいウメコであります。

あとは…何が印象的だったかな………あ、式が始まる前ですね…。

続きを読む "College Grad---Part 2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

College Grad

卒業式ぃぃぃぃぃ!!

なのに雨 |||○| ̄|_

朝から晩まで雨だった今日、卒業式でした。晴れた空の下で、あっぱれ顔で写真撮りたかったのに

|||○| ̄|_

ちょっとドレッシィ(普段比)な格好していったが為に、物凄い寒かったです。膝上丈なスカートやったしね。ストッキングは防寒効果ゼロやしね。(あ、結局ワンピは黒にしました)

卒業式の前に、留学生オフィスの人達が、留学生の卒業生の為にちょっとしたミニ軽食会を開いてくれました。友達と一緒に「何か美味しいもん食べれるよね!」ってガメつい精神丸出しで行ったんですが、クッキーしか無くって死にそうでした。

なんせ、それに頼って、朝御飯抜いて行きましたからね(阿呆)。

文字通り、死にそうでした(餓)。
さて、オフィス・スタッフの人達の挨拶の後に、無料で記念写真を撮ってもらいました。卒業生が1人ずつ、バンクーバーの景色がデカデカとうつっているパネルの前に立たされ、オフィスの一番偉い人と2ショットで写真を撮ってもらったんですが、

何故かウメコの時だけカメラがキチンと作動せず、1回シャッター切ってもらえば良い所を、6回も切られました=(イコール)、6枚も写真撮られました(爆)。

早速、呪いか何かですか。

あたいに何か憑いてますか。

周りにいた他の留学生(写真撮り終わった人達)が、微妙な感じでこっちを見ている時のあの居た堪れなさ。うちが悪いんじゃないのに、何故だか申し訳ない気持ち&こっぱずかしい気持ちになりました。

……出だしから(ある意味)快調です。

その軽食会の後、ガウンと卒業証書と帽子を貰いに行きました。ここで分かったんですけど、こっちの卒業式って、卒業証書授与式じゃないんですねぇ。さてさて、そんな証書はさておき、長年恋焦がれてきた帽子とガウンをついに身に付ける時!!そらぁもうテンション上がって、ちょっと早歩きで指定の部屋に入って行きましたよ(本末転倒の究極形態と言っても過言では無い)。

そしたら、すぐにスタッフさんがにこやかにやって来て、ウメコにガウンを着せてくれました。スタッフさんがちょっとヒいてんじゃねぇか、って位ニヤニヤしてたに違いないですよ。そして、変な肩掛けも付けて貰って、

いよいよ例の帽子!!

帽子担当のスタッフさんに「卒業おめでとう」の言葉と共に手渡されたそれを持って、姿見の前に立ち、キュキュッと帽子を被ってみたらば!!















何、この異常な程のブサイクさは。



















………破壊力抜群で似合ってないんですよ。

顔がデカいのと、デコが広いのとのダブルパンチで、恐ろしいほど滑稽な面になった己の姿が、そこにはありました。

日々、己の姿に嫌気は差しておりますが、こんなにがっつり自分自身に凹まされたのはいつ振りでしょう。何なら瞬間的不細工破壊力で鏡が割れんじゃないか、って位でした。えぇ、本当、「晴れ舞台 己の面で 台無しに」と心の句を読むぐらい凹みました。

素直な友達(と書いてあけすけな物言いをする友達)が、うちの顔を見た瞬間、

グフェッ ( ゜з゜):;*.':;

って変な声で吹きだしてました。

結論を言いましょう。ウメコの帽子に対する憧れと情熱は、一瞬にして、(しかも自分の似合わなさ故に)海の藻屑となり消えました。消えてしまったのです。記念としての価値はありますが、何かもう、昨日まで持っていた程のパッションを、あの帽子に、微塵も感じるコトが出来ないのです。

………人って変わり行く生き物ですね。

さて、ガウンを貰った後、何故か卒業生証明書みたいなIDカードを作ってもらいました。生徒証と同じサイズのカードで、デザインも全く同じなのですが、生年月日は表記されないわ、デカデカと「卒業生」ってプリントされてあるわ、例の帽子を被った写真で作られちゃうわで、全くもって用途不明でした。身分証明にも使えない…。完全に記念品です。

そうしてやっと一通りの準備を終え、式を見に来てくれたちゅーちゃんや、他の友達(卒業生)と写真を撮ってるうちに、式の時間になりました。

Img_4043 卒業式は体育館で行われたんですが、今の今までカレッジの体育館に行った事が無かったウメコは、卒業式が体育館デビューとなりました(爆)。卒業生は全員あわせても100人弱。小ぢんまりしていて良い卒業式だったと思います。卒業証書は入場している時点で自分が持っているので、式自体は、校長やカレッジの上の方にいる人達の話を聞くのと、前に出て、その偉い人と握手するのがメインでした。

それらメインは難なくこなせたのですが、プログラム1番が全くもって出来ませんでした。万国共通のプログラム1番(開会宣言除)、そう、

国 歌 斉 唱

カナダの国歌『Oh Canada』は出だししか歌えません(Oh~Canada~、ってだけだから)。SFUの卒業式でも勿論歌うでしょうから、それまでには歌えるようになろうと心に決めましたよ。しかも、ちょっと歌詞とメロディ確認したら、物凄い簡単なコトが発覚。頑張らずとも歌えるようになると思われます(爆)。

Img_4057 式の後は、立食パーティーみたいなモノが用意されてたんですが、食いモンが軽食過ぎる上に、バラエティが無く(パン、チーズ、ケーキ2種)、ロクに腹が膨れん!ってことで、友達2人とカレッジ近くの寿司屋に行って、寿司を食いました。

質も大事ですが、量も大事です。

ちなみに左の写真、立食パーティーの所に置いてあった、ジュースの噴水です。子供は無邪気にコップを近付け、躊躇無くジュースを注いでいましたが、とあるマダムは訝しげな顔つきでウメコの友達に近づいてきて、「これ、中身何なの?」って聞いてました。

マダムに質問されてた友達は「これ、しゃぶしゃぶのアレにめっちゃ似てる」って言ってました。分からなくも無い指摘です。写真で見たら、ジュースの色がちょっと濃い目のダシの色みたいに見えますし。

いやぁー、とにもかくにも良い経験になりました&ようやくカレッジ卒業するコトが出来ました(officially)。でもこれでこの日が終わったわけじゃぁ御座いません!

なんと、同じ日に、友達のちゅーちゃんの卒業式もあったのです!ウメコの卒業式はお昼に、ちゅーちゃんのは夕方からだったので、彼女の彼氏とがっつり観に行ってきました。まぁ、その話はまた明日ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Graduation Invitation

なかなかカレッジの卒業式の案内が来ないなぁ…と思っていたら、やっとこさ今日、Invitation cardが届きました。Invitationというか、ただの案内なんですけどね。しかも、内容の殆どはウェブサイト参照ってなってました。紙の無駄使いを…(汗)。

とにかく、サイトを見ないことには何も分からないので、指示通りにウェブサイトにとんでみました。

何時までに集合して、何をして、どんな流れで卒業式が執り行われるか~みたいなのが細かく書いてありましたよ。あと、友達・家族などのゲストは卒業生1人につき、4人まで呼んで良いそうです。まぁ、そんなに呼ばないですけどね(友達も学校がありますし)。

そんなに重要そうな事は書いてないなぁ~と思いつつ、読んでいたら

【式典後】
卒業生はガウンを準備室の方に返してください。帽子(モルタルボード)は記念品として持ち帰ってもらっても構いません。

帽子(モルタルボード)は記念品として持ち帰ってもらっても構いません。

記念品として持ち帰ってもらっても構いません。

マジですかーーーー!!!!!

キャーーーー!!!

モルタルボーーードーーーーォォォ!!!!!

ウメコの通ってたカレッジにはてっきりコレが無いとばかり思っていたのに!(少なくとも、去年卒業式に出てた友達はそんなもんかぶってなかったです)嬉しすぎる不意打ち!!キャーーー!!!!しかも被れるだけじゃなくて、持って帰って良いだなんて、どうしよう~~!!嬉しすぎるぅぅぅぅ!!!

まさかカレッジの卒業式でそこまで良い思いが出来るとは思わなんだあああ!太っ腹だなぁ、うちのカレッジ!!

持ち帰っても良いって言われたからには、ウメコはしっかりと持って帰りますよぉ!!後から「やっぱり返して欲しいんですけど…」なんて言っても、絶対返しませんからね!!

うふふふふ。個人的には「記念品」というよりも、「戦利品」て感じです。戦利品故に欲しいわけです。ガリ勉の努力とその他諸々の何やかんや(適当)が詰まってるのですよ…あの帽子には。だから、欲しい。なんならガウンも欲しい。

うわーーっ、うわーーっ、こんなに楽しみな卒業式は初めてだーーーっ★

………って書いてたら、大家さんがやってきて、「土曜日の朝9時半に、次の店子さんになるかもしれない人に部屋を見せるから」って言い放っていきました。朝の9時半って早すぎやしないか。あ、それより部屋の大掃除だわ。全くの他人に見てもらっても構わないぐらい綺麗にしなくちゃだわ。

テンション、だだ下がりーーーdown

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セメスターの終わり

ご無沙汰しております、ウメコです。予定では、来週の13日にネットが繋がります。やっとですよ。暇で暇でしょうがないですよ。Final Examが終わると同時にネットが繋がってよかったですよ(夏休みの予定=限りなくネット)。

それは良いんですが、Coquitlamに引っ越してから、まだ1ヶ月ちょっとしかたってないのに、停電に2回も遭うって、どないやねん(爆)。大丈夫なんだろうか、Coquitlam。文明と技術が発達した21世紀で、2時間弱の停電って珍しすぎるぞ。

あ、話は変わりますが、おかげさまで、この夏セメスターも無事に終える事が出来ました。木曜日が最終日だったんですけどね。EnglishとLatin American Studiesのクラスがありまして。2つの授業の間に4時間ほど休憩時間があるんですが、その時間を使って、また

SUB(Student Union Building)で飲んで来ました。

まさに悪夢再来。前回と同じ人間の提案で、同じ人間+まったくの下戸友達2人で行ってきましたよ。飲んだっつっても、ビールを(コップ)2杯だけなんですが、飲んで1時間ぐらいしたら、やっぱり頭がぼんやりしてきて、気がついたらグダーッとしてました。昼からアルコールなんて摂るもんじゃねぇ!!(ってこの前、学んだのに…)

でも、誘われると断れないんですよ……って、何だ、この、接待的な感じは(爆)。

アルコールが入った所為で、セメスター最後の授業はかなりグダグダでしたよ。
うん、自業自得。………ってか、よくよく考えたら、

あの授業が今のカレッジで受ける
最後の授業でしたよ!!!

うわっ、締まりもくそもないやん!!駄目駄目やん、うち!!(汗)頭が朦朧としてただけやん!!ひぃぃ!!

うっわー…その事実にも凹みますけど、2日後の今になってその事実に気づいている自分にも凹みますよ…。大丈夫か、うち…9月から大学生なのに(死)。

そんな飲ませたがりな友達と下戸友達と、うちの最終授業後にまたおちあって、今度はお寿司を食べに行きました。SAMURAIっていうお店なんですが、ネタがでかい事で、バンクーバーでは有名です。

にぎり…シャリの2倍の長さのネタが乗っております。
巻き…一口では入らない直径です。しかも分厚い。

そのボリュームと安さがとっても魅力的なんですが…。その時のウメコの目的はサーモン丼でした。前に行った事がある人曰く、サーモンが切り身ごと乗ってる

んで、実際にお店に行って、注文してみたらば、確かに切り身レベルのサーモンが乗ってました。切り身を6つに分けただけですよ、みたいな。薄く切るっていう発想が無いんでしょうかね…。それで$8.00ですからねぇ。日本じゃありえんですよ。また今度食べに行く時にでも写真を撮ってきます。

そんなこんなで夏セメがおわっちゃいましたね。よくよく考えるまでも無く、本当にグッダグダなセメスターでした(爆)。残るはFinal Examです。気合入れ直して頑張ってきます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧